メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

エビ大量死「病気より技術を疑った」 タイから沖縄に輸入 ヒトには感染せず

2020.10.20 5:30 沖縄タイムス
上は正常時のバナメイエビ。下のバナメイエビはAHPNDにかかり、上部の肝膵臓部が白色化している(東京海洋大学の廣野育成博士提供)

上は正常時のバナメイエビ。下のバナメイエビはAHPNDにかかり、上部の肝膵臓部が白色化している(東京海洋大学の廣野育成博士提供)

 沖縄県水産課は19日、大宜味村にあるバナメイエビ養殖場で、甲殻類の伝染病「急性肝膵臓(すいぞう)壊死(えし)症(AHPND)」の発生が確認され、タイから輸入した稚エビ約10万匹のうち、9万8千匹が死 ...

関連記事 一覧へ