メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

九州飛行機工場へ学徒動員。博多駅に着くと雪だった。朝から晩までジュラルミンの板にやすりをかける。手はしもやけで真っ赤に。後に「震電」部品と知った〈証言 語り継ぐ戦争〉

2020.9.16 17:00 南日本新聞
「自由に物が言えない時代を二度と繰り返してはいけない」と話す樋渡カズエさん

「自由に物が言えない時代を二度と繰り返してはいけない」と話す樋渡カズエさん

 ■樋渡カズエさん(91)曽於市末吉町岩崎    1941(昭和16)年4月、満開の桜並木に迎えられ、末吉高等女学校(現曽於高校)に入学した。実家のある南之郷・橋野集落からの新入生はわずかに ...

関連記事 一覧へ