メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

「五山送り火の本質と伝統を守る」 コロナで規模縮小、各保存会の揺れた思い

2020.8.15 11:00 京都新聞
火床の前で思いを語る鳥居形松明保存会の荒毛谷さん(左)ら=2日、京都市右京区の曼荼羅山

火床の前で思いを語る鳥居形松明保存会の荒毛谷さん(左)ら=2日、京都市右京区の曼荼羅山

 盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内で行われる。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して点火することが決まっているが、「3密」の回避と江戸時代から続く伝 ...

関連記事 一覧へ