メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

テニアン島で戦死の兄 76年ぶり届いた遺品 「家のことは心配せず…」 出征激励の手紙、米兵家族が保管 遺族「平和引き継ぐ」 鹿児島

2020.8.12 0:20 南日本新聞
兄の遺影と遺品の手紙を手に当時を振り返る西田俊男さん=瀬戸内町於斉

兄の遺影と遺品の手紙を手に当時を振り返る西田俊男さん=瀬戸内町於斉

 太平洋戦争中、マリアナ諸島で20歳で戦死した旧日本兵の西田保さん=瀬戸内町加計呂麻島出身=に宛てた家族の手紙が11日、弟の俊男さん(91)=同町於斉=に返還された。元米兵が米国に持ち帰ったとみられ、 ...

関連記事 一覧へ