メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

キュウリ栽培省力化実験 収穫ロボット開発目指す benefic、エムケー技研、福島タネセンター

2020.7.8 8:02 福島民報
「つるおろし栽培」で育つキュウリ。左は橋本社長

「つるおろし栽培」で育つキュウリ。左は橋本社長

 ITベンチャーと農業関連企業計三社がプロジェクトチームを結成し、須賀川市でキュウリ栽培の省力化に向けた実証実験を開始した。全国的に珍しいキュウリ専用収穫ロボットの開発も目指し、関係者は「後継者不足な ...

関連記事 一覧へ