メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

ブロンズ像を自ら鋳造 彫刻家の上床さん、溶解炉手作り 隼人

2020.7.7 23:00 南日本新聞
地中に埋めた鋳型に、溶かした青銅を流し込む上床利秋さん(左から2人目)ら=霧島市隼人町内

地中に埋めた鋳型に、溶かした青銅を流し込む上床利秋さん(左から2人目)ら=霧島市隼人町内

 霧島市国分の彫刻家、上床利秋さん(62)=日展会員=は、隼人に構えるアトリエでブロンズ像の鋳造(ちゅうぞう)に取り組んでいる。高温の金属を扱う危険な工程。高い技術が必要とされ、作家自ら手掛けるのは珍 ...

関連記事 一覧へ