メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

高精細CGで運転を疑似体験 県警、新教材お披露目

2020.7.5 10:37 山形新聞
県警に導入された「動画KYT」の画面。突然左から車が出てくるなど危険な場面が多く登場する

県警に導入された「動画KYT」の画面。突然左から車が出てくるなど危険な場面が多く登場する

 県警交通企画課は4日、安全運転を促す新しい教材として活用していく「動画KYT(危険予測トレーニング)」をお披露目した。高精細なCGで表現した市街地や山道、高速道路の運転を疑似体験できる。日本損害保険 ...

関連記事 一覧へ