メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

新型コロナPCR検査、6時間→20分に”時短” 鹿児島大学がナノテクで新手法

2020.6.7 6:30 南日本新聞
開発した糖鎖ナノ粒子法を用いたPCR検査をする隅田泰生教授=鹿児島市の鹿児島大学

開発した糖鎖ナノ粒子法を用いたPCR検査をする隅田泰生教授=鹿児島市の鹿児島大学

 鹿児島大学大学院理工学研究科の隅田泰生教授(63)=糖鎖生物化学=らのチームは、新型コロナウイルスのPCR検査にかかる時間を大幅に短縮し、精度も高い手法の臨床研究を進めている。従来の方法で約6時間か ...

関連記事 一覧へ