メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

<備えはいま 普賢岳大火砕流から29年・中> 登山客の“安全”実現を

2020.6.1 15:00 長崎新聞
仁田峠展望所階下の退避スペースから平成新山を指さす本多事業部長=雲仙市小浜町雲仙

仁田峠展望所階下の退避スペースから平成新山を指さす本多事業部長=雲仙市小浜町雲仙

 雲仙・普賢岳が再び噴火し周囲に噴石が降り注いだ場合、登山客の安全をどう確保するのか-。  「私たちが避難誘導するしかない」。雲仙ロープウェイの本多浩二事業部長(51)は、仁田峠展望所(雲仙市小浜町雲 ...

関連記事 一覧へ