メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

14歳版画作家、コロナ退散へ願いの「鍾馗」版画 「見た人の励ましに」

2020.5.29 12:21 京都新聞
コロナ退散の祈りを込めて作成した「鍾馗」を手にする吉田悠太さん(南丹市園部町・同市役所)

コロナ退散の祈りを込めて作成した「鍾馗」を手にする吉田悠太さん(南丹市園部町・同市役所)

 若手の版画作家として知られる京都府南丹市園部町の園部中3年、吉田悠太さん(14)が、魔よけの神とされる鍾馗(しょうき)の版画を作った。新型コロナウイルス退散の祈りを一刀一刀に込めた。  小学5年生 ...

関連記事 一覧へ