×
メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

47CLUB特集

47NEWS編集部が、あなたの知らない47CLUBの名産品・特産品情報をピックアップ!47CLUBは共同通信加盟の地方新聞社がご当地グルメなど自慢の掘り出し物を紹介するお取り寄せ・贈答サイト。協力関係にあるニュース配信サイト47NEWSがこの中から耳寄り情報を厳選、お知らせします。

紅白のトマトジュースが北海道・東北代表 宮城の「幻の品種」を使用 河北新報社推薦

2017.8.29 20:28
「デリシャストマト丸しぼり『プレミアム』&露しずく」
「デリシャストマト丸しぼり『プレミアム』&露しずく」

 「こんなのあるんだ!大賞」北海道・東北ブロック予選で1位になった宮城県のトマトジュース「デリシャストマト丸しぼり『プレミアム』&露しずく」は、濃厚な赤色の「丸しぼり」と、透き通った黄金色の「露しずく」の2種類がセット。いわば紅白のトマトジュースだ。野菜不足の筆者も一口飲んでみた。

 トマトジュースといえば、赤色で、少し塩気があるものをイメージする。「丸しぼり」は濃厚な甘みが特長。「露しずく」はすっきりと飲みやすい。「これがトマトジュース?」予選会ではこんな声も聞かれた。

 使用しているのは、栽培が難しく「幻の品種」とも呼ばれる同県大崎市特産のトマト「玉光デリシャス」。製造元の「デリシャスファーム」(同市)が、約30年前に土作りから始め、試行錯誤を繰り返して生み出してきたものだ。

 種まきから摘み取りまでの約180日間、手間と愛情を込めて育てる。商品には、その中でも糖度が10度以上あるものを使っている。2商品はどちらも無添加、無塩で、トマトそのものの味わいを楽しめる。

 河北新報社の小林秀虎さん(44)は「なかなか飲めないトマトジュース。ぜひ多くの人に味わってほしい」と話している。

 (共同通信秋田支局 崎勘太郎)

最新記事

関連記事 一覧へ