メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

<いまを生きる 長崎コロナ禍> 「誰が守ってあげるのか」 命と向き合う飼育員  長崎県内の動物園、水族館

2020.5.2 14:00 長崎新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、長崎県内の動物園や水族館も休業を余儀なくされている。いつものにぎわいは消えても、動物たちはいつも通り、その場所で生きている。飼育員は、ウイルスという見えない敵に不 ...

関連記事 一覧へ