メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

「下水熱」冷暖房や給湯に 県が取り組み、諏訪赤十字病院が整備へ

2017.6.23 8:24 信濃毎日新聞

 県は、下水道管を流れる下水の温度が年間を通じて安定している特長に注目し、外気との温度差を冷暖房や給湯に利用する取り組みを進める。県管理の下水道管は計約190キロに及ぶ。この「下水熱」の利用を民間事業 ...

関連記事 一覧へ