メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

【那須雪崩事故】27日、発生3年 発信続けてきた遺族「また事故起きる」 変わらない現状に危機感

2020.3.26 10:55 下野新聞
提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。遺影の公輝さん(左奥)は発信を続ける父の姿を見守ってきた=20日午前、さくら市氏家

提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。遺影の公輝さん(左奥)は発信を続ける父の姿を見守ってきた=20日午前、さくら市氏家

 那須町で2017年3月、大田原高の生徒と教員計8人が死亡した雪崩事故は、27日で発生から3年となる。この間、遺族らは「遺族・被害者の会」を立ち上げ、癒えない心の傷を抱えながらも、高校登山や部活動の新 ...

関連記事 一覧へ