メニュー 閉じる

47News

地域

地域

「錦の御旗」霊山神社に 戊辰戦争で使用 岩倉具視 奉納か 

2017.5.19 9:59 福島民報
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
「錦の御旗」霊山神社に 戊辰戦争で使用 岩倉具視 奉納か

「錦の御旗」霊山神社に 戊辰戦争で使用 岩倉具視 奉納か

 幕末の戊辰戦争で新政府軍が使った「錦の御旗(みはた)」二旗が伊達市霊山町の霊山神社に保存されている。 錦の御旗は錦旗(きんき)とも呼ばれ、天皇を主君とする「官軍」であることを示す。長さは3.6メート ... [記事全文]

関連記事一覧