メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

桂大神楽 狩衣新しく 諸塚神社、5年ぶり奉納

2020.2.21 18:59 宮崎日日新聞
手紡ぎした麻糸で織った布で新調した狩衣をまとい、神楽を躍った舞い手(写真右)。左は1929年に作られた狩衣

手紡ぎした麻糸で織った布で新調した狩衣をまとい、神楽を躍った舞い手(写真右)。左は1929年に作られた狩衣

 諸塚村の諸塚神社(甲斐秀樹宮司)で15、16日、5年ぶりに夜神楽の「桂大神楽」が奉納された。改元を記念し、約100人の手で麻から糸を紡いで仕立てた舞い手の狩衣(かりぎぬ)も披露。織物と神楽の伝統継承 ...

関連記事 一覧へ