メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

まび日誌―被災記者から「2回目の正月」 自宅で新年 居心地の悪さ

2020.1.22 23:25 山陽新聞
福山の頂上付近から望む倉敷市真備町地区。初日に照らし出された町域は、一歩一歩復興への道を進む=1日午前7時38分

福山の頂上付近から望む倉敷市真備町地区。初日に照らし出された町域は、一歩一歩復興への道を進む=1日午前7時38分

 西日本豪雨から1年半が過ぎた。被災して2回目となる正月は、リフォームを終えた倉敷市真備町地区の自宅で迎えた。お節料理を詰めた重箱や雑煮のおわんが並ぶ食卓を、家族で囲んだ。  「勉強を頑張る」「テニ ...

関連記事 一覧へ