メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

勤王の志士 ほろ酔いで高岡城詠む 頼三樹三郎の漢詩書を初展示

2020.1.15 8:00 中日新聞

 高岡市博物館は、勤王の志士の頼三樹三郎(らいみきさぶろう)(一八二五~五九年、号は鴨涯(おうがい))が、高岡の片原町で医者をしていた同志の山本道斎(一八一四~五五年)の家に滞在した際に、高岡城跡の情 ...

関連記事 一覧へ