メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

時代を語る・安藤恭子(16)機械化で需要に対応

2019.12.14 13:00 秋田魁新報

 終戦から少しすると、人口が増えるのに伴い、みそとしょうゆの需要も高まりました。昭和25(1950)年に有限会社となった安藤商店(現安藤醸造)も徐々に商売を広げていきました。 売れるのはしょうゆの方が ...

関連記事 一覧へ