メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

県内大学の研究から[秋田大大学院・足立高弘教授]回転円すいを使った新技術の開発

2019.12.8 14:00 秋田魁新報

 鉛筆の先やコーン標識など、日常のさまざまな場所にある身近な立体「円すい」。この円すいの先端を液体につけて高速回転させると、液体は円すいの表面に沿って上昇し、最後には霧(ミスト)や糸状になって飛び散る ...

関連記事 一覧へ