メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

普賢岳火砕流現場で慰霊 警察学校初任科生 災害と任務 心に刻む

2019.9.18 16:00 長崎新聞
北上木場農業研修所跡で永田係長(前方中央)から噴火災害の説明を受ける初任科生。後方は平成新山=島原市北上木場町

北上木場農業研修所跡で永田係長(前方中央)から噴火災害の説明を受ける初任科生。後方は平成新山=島原市北上木場町

 長崎県警察学校の初任科長期課程(高卒程度)の39人(男34、女5)が17日、1991年6月3日の雲仙・普賢岳の大火砕流で、警察官が犠牲となった島原市北上木場町の北上木場農業研修所跡周辺などを訪問。殉 ...

関連記事 一覧へ