メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

河口慧海のチベット潜入路を確定

2019.8.31 19:20 東奥日報
ネパール(山の向こう側)から国境の峠マンゲン・ラを越えた河口慧海は右奥の谷を下り、チベット側にある「長方形」の湖(中央)に到達したとみられる=2005年10月6日、根深さん撮影

ネパール(山の向こう側)から国境の峠マンゲン・ラを越えた河口慧海は右奥の谷を下り、チベット側にある「長方形」の湖(中央)に到達したとみられる=2005年10月6日、根深さん撮影

 明治時代に鎖国状態のチベットへ日本人として初めて潜入した僧侶河口慧海(えかい)。ネパールからヒマラヤ山脈を越えたという潜入ルートは謎に包まれてきた。長年、謎の解明に取り組んできた青森県弘前市の登山家 ...

関連記事 一覧へ