メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

「死んでいたのは自分だったかも」 医師として命に向き合ってきたからこそ伝えたい 75年前の海で起きたこと

2019.8.20 17:12 琉球新報

 死んでいたのは自分だったかもしれない—。源河圭一郎さん(84)=沖縄県那覇市=は今でもそう思う。1944年8月21日、対馬丸と共に那覇港を出港した暁空丸(ぎょうくうまる)に乗っていた。 翌22日の夜 ...

関連記事 一覧へ