メニュー 閉じる
地域

地域

瀬戸内国際芸術祭夏会期が開幕 多彩な新作 アートとの出合い満喫

2019.7.19 23:41 山陽新聞
うちわの骨で彩った広場で、作家西堀隆史さん(左)と談笑するアートファンら=高松市

うちわの骨で彩った広場で、作家西堀隆史さん(左)と談笑するアートファンら=高松市

 岡山、香川両県の島や港をアートで彩る「瀬戸内国際芸術祭2019」(香川県などでつくる実行委主催)の夏会期が19日始まった。多彩な新作を目当てに、早速若者や女性グループらが繰り出し、アートとの出合いを ...

関連記事 一覧へ