メニュー 閉じる メニュー
地域

地域

真備の児童ら「イライラ」3割超 倉敷市教委調査、不眠症状は減少

2019.5.27 22:39 山陽新聞

 倉敷市教委は27日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた同市真備町地区の小中高生を対象に継続的に行っている「心と体のアンケート」の結果を公表した。被災後の推移を見ると、不眠の症状は減少しているものの、イラ ...

関連記事 一覧へ