メニュー 閉じる

47News

地域

地域

被爆者がんリスク今も高く 放射線影響研究所調査 

2017.5.18 17:11 長崎新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 日米共同の研究機関、放射線影響研究所(放影研、広島市、長崎市)は17日に記者会見し、長崎と広島に投下された原爆の被爆者が固形がんにかかるリスクが、被爆していない人に比べて、60年以上経過しても高いま ... [記事全文]

関連記事一覧