メニュー 閉じる

47NEWS

地域

地域

愛楽園に響け!古里の音 平安名青年会、エイサー慰問56年 元入所者の三線、絆結ぶ

2018.11.9 5:00 琉球新報
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 【名護】一丁の三線が半世紀にわたって、沖縄県名護市済井出のハンセン病療養施設「沖縄愛楽園」とうるま市の平安名青年会をつないできた。三線の持ち主は平安名出身で愛楽園の入所者だった故・外間昌栄さん。差別 ...

関連記事 一覧へ