メニュー 閉じる

47News

地域

地域

みるみる住宅浸水 台風18号から半月、続く泥の撤去作業 

2017.10.5 13:42 大分合同新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 窓ガラスに、乾いた泥がうっすら残る。 「ここまで水が来たんですよ」。3日、津久見市中心部の宮本町。自宅で鍛冶屋を営む染矢直行さん(74)が、胸ほどの高さまで浸水した痕跡を指し示した。 こんなことにな ... [記事全文]

関連記事一覧