メニュー 閉じる

47News

地域

地域

空き家再生、紅茶店に 長崎の市民団体 活用悩む所有者 若者の開業の夢 思いつなぐ

2018.4.17 0:08 長崎新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
玄関の改修作業を進める市民団体「つくる」メンバーら=2月17日、長崎市浪の平町

玄関の改修作業を進める市民団体「つくる」メンバーら=2月17日、長崎市浪の平町

 長崎市の市民団体が、同市浪の平町にある築約140年の木造2階建て空き家を自らの手で改修し、国産の紅茶専門店と紅茶教室を24日にオープンさせる。活用方法に悩む空き家の所有者と、店を開きたい夢を持つ若者 ... [記事全文]

関連記事一覧