メニュー 閉じる

47News

地域

地域

「諏訪立川流」建築で復活 4月にも新会社 

2018.1.4 8:44 信濃毎日新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
間瀬さん(左)が立川流彫刻の技術を注ぎ込んだ山車を確認する有馬さん(右)

間瀬さん(左)が立川流彫刻の技術を注ぎ込んだ山車を確認する有馬さん(右)

 江戸時代後期の諏訪地方を拠点とし、全国の寺社建築を手掛けた宮大工の一派「諏訪立川流」が今年、建築と建物を飾る彫刻の双方を手掛ける大工集団として復活する。明治初めに建築を手掛ける人材が途絶え、彫刻技術 ... [記事全文]

関連記事一覧