東京駅で鉄道題材の美術展開催 開業150周年記念し8日から

鉄道をモチーフにした美術作品とともに歴史を振り返る企画展「鉄道と美術の150年」=7日、JR東京駅の東京ステーションギャラリー
鉄道をモチーフにした美術作品とともに歴史を振り返る企画展「鉄道と美術の150年」=7日、JR東京駅の東京ステーションギャラリー
2022年10月07日
共同通信共同通信

 14日の鉄道開業150周年を記念し、JR東京駅の東京ステーションギャラリー(東京都千代田区)で8日から、鉄道をモチーフにした美術作品とともに歴史を振り返る企画展「鉄道と美術の150年」が始まる。来年1月9日まで。

 1872年の開業時に煙をたなびかせて走る蒸気機関車の錦絵や、明け方の夜行列車の客車内で喫煙してくつろぐ人々の油絵など、全国の美術館や大学から集めた作品を時系列で展示している。

 写真も多く、終戦後の1946年に品川駅で満面の笑みを浮かべる復員兵を撮影したものもある。

 問い合わせは東京ステーションギャラリー、電話03(3212)2485。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/