Suica クレジットカード

JR東日本が発行する交通系ICカードが「Suica」。電車・バスでの支払いはもちろん、街の買い物でも利用できる店舗が増えています。

Suicaはチャージ式の電子マネーのため、利用するには事前のチャージが必須。チャージは現金でなく、クレジットカードで行うことでお得に利用することができます。

ところが、どのクレジットカードがSuicaはチャージでお得になるか分からない人も多くいるでしょう。

そこで本記事では、Suicaチャージでおすすめのクレジットカードを紹介。選ぶポイントや注意点も解説しているので、Suicaチャージのクレジットカードを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

Suicaの種類

スマホの中の交通系IC

交通系ICカードのSuicaには、大きく分けてカードタイプとモバイルSuicaの2種類があります。さらに、カードタイプは「定期券」「記名式」「無記名式」の3つに分かれます。

カードタイプ
定期券 定期券がついたSuicaカード。
定期区間以外はチャージすることで利用可能。
記名式 チャージにより誰でも利用できる。
個人情報の登録が必要。
無記名式 チャージにより誰でも利用できる。
個人情報の登録不要。
モバイルSuica
スマートフォンにSuica機能を追加。
チャージにより利用できる。

わかりやすくまとめると、Suica機能が独立しているのがカードタイプ、スマホの中にSuicaを搭載しているのがモバイルSuicaです。

さらに、クレジットカードにSuica機能を搭載させたSuica一体型のクレジットカードもあります。

Suica一体型のクレジットカードには、定期券としても使えるカードもありますよ。

Suicaチャージでポイントが貯まる!おすすめのクレジットカード5選

ここからは、Suicaチャージでポイント還元されるクレジットカードのおすすめを5つ紹介していきます。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

おすすめポイント
  • SuicaチャージでANAマイルが貯まる
  • Suicaオートチャージにも対応
  • 入会・継続時にマイルのプレゼントあり
  • ANAグループ便搭乗・ANA提携店利用でマイル付与
  • 年会費の割引制度あり

ANA VISA Suicaカードは、Suicaが搭載されたANAカードです。ANAカードなので、ANAマイルを貯めやすいのが特徴。Suicaチャージで貯まるVポイントは、ANAマイルへと移行できます。

 ANAマイル還元率は、1マイル=1円換算で0.5〜1.0%です。

その他にも、ANAグループ便搭乗時やANAマイレージ提携店利用時は、ANAマイルが還元。さらに、入会時と毎年のカード継続時には1,000マイルのプレゼントもあるので、効率的にマイルが貯まるでしょう。

通常は2,200円(税込)かかるカード年会費も、リボ払いを活用すれば826円(税込)まで割引可能。カードの保有コストを抑えられるのもメリットです。

Suicaオートチャージ機能もついているので、残高管理の手間がないのも嬉しいですね。
基本情報
年会費(税込) 2,200円
※初年度無料
基本ポイント還元率 0.5%
Suicaチャージ時還元率 0.5〜1.0%
ポイントプログラム Vポイント
ANAマイル
Suicaオートチャージ
追加カード ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内航空保険
ショッピング保険
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

参照:三井住友カード公式サイト

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

おすすめポイント
  • ビックカメラ利用時に最大11.5%還元
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 駅ビルでの買い物で2.0%還元※JRE POINT加盟店
  • Suicaオートチャージ機能つき
  • 年1回以上の利用で年会費無料

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラで最大11.5%還元を受けられるSuica搭載カードです。Suicaを活用するビックカメラユーザーであれば、発行して損のないカードと言えます。

 カードのSuica機能にはオートチャージが搭載しており、チャージで1.5%のポイント還元を受けられます。

カードの通常利用時においても、JRE POINTとビックポイントが0.5%ずつの計1.0%還元です。

駅ビルなどのJRE POINT加盟店なら、カード提示によるポイント付与と合わせて計2.0%還元ですよ。

カード年会費は524円(税込)かかりますが、年1回以上の利用で翌年度無料になります。実質年会費無料カードとも言えるでしょう。

基本情報
年会費(税込) 524円
※初年度無料、2年目以降は年1回の利用で無料
基本ポイント還元率 1.0%
Suicaチャージ時還元率 1.5%
ポイントプログラム JRE POINT
ビックポイント
Suicaオートチャージ
追加カード ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
国際ブランド VISA
JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

参照:ビューカード公式サイト

ビュースイカカード

ビックカメラSuicaカード

おすすめポイント
  • Suica定期券として利用できる
  • Suicaオートチャージ機能つき
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 年間利用額に応じてボーナスポイント
  • 海外旅行保険が自動付帯

ビュースイカカードは、Suica付きクレジットカードの定番とも言えるカードです。Suica定期券として使えるのが大きな特徴のため、JR東日本を利用して通勤・通学している人にはメリットの大きいカードです。

 Suica付きクレジットカードの中でも、定期券機能があるカードは貴重です。

オートチャージにも対応しており、チャージで1.5%還元を受けることができます。オートチャージ機能は残高が一定まで減ると自動でチャージ。いつでも快適にSuica利用することができるでしょう。

年間利用額に応じたボーナスポイントもあり、150万円利用時には5,250ポイントが付与。利用額が多いほど、還元率を上げられます。

海外旅行保険が自動付帯されるのも魅力的です。
基本情報
年会費(税込) 524円
基本ポイント還元率 0.5%
Suicaチャージ時還元率 1.5%
ポイントプログラム JRE POINT
Suicaオートチャージ
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

参照:ビューカード公式サイト

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント
  • モバイルSuicaチャージでポイント還元
  • 年会費永年無料
  • 誕生月はポイント3倍
  • 年間利用額に応じて還元率アップ

ライフカードは、モバイルSuicaにチャージすることでポイントを貯められる年会費無料カードです。カード自体にSuica機能はないので、モバイルSuicaユーザー向けのカードと言えるでしょう。

 Suicaチャージ時は基本還元率である0.5%が適用されます。

ライフカードは、誕生月のポイント3倍(1.5%還元)です。誕生月にまとめてチャージをすることで、還元率を上げられます。

さらに、年間利用額に応じた次年度還元率の優遇制度もお得。年間200万円以上利用なら、次年度還元率は2倍の1.0%になります。

入会初年度はいつでもポイント1.5倍(0.75%還元)です。
基本情報
年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 0.5%
Suicaチャージ時還元率 0.5%
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
Suicaオートチャージ ×
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

参照:ライフカード公式サイト

エポスカード

エポスカード ロゴ

おすすめポイント
  • モバイルSuicaチャージでポイント還元
  • 年会費永年無料
  • 最大2.5%還元のエポスゴールドへの招待あり
  • 海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは、モバイルSuicaチャージでポイントが貯まる年会費永年無料のカードです。Suicaチャージ時の還元率は0.5%ですが、上位カードのエポスゴールドカードなら最大2.5%還元でのチャージも可能です。

エポスゴールドカード特典のポイントアップ制度にモバイルSuicaを設定すると、チャージ時はポイント3倍の1.5%還元。年間利用額に応じたボーナスポイント最大1.0%還元も加味すれば、合計で最大2.5%還元です。

 エポスカードで実績を積むと、エポスゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションによる発行なら、エポスゴールドカードの年会費は無料。エポスカードで利用実績を積んで、無料でエポスゴールドカードを狙うのがおすすめです。

エポスカード自体は海外旅行保険の無料付帯など、使いやすい特典が揃っていますよ。
基本情報
年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 0.5%
Suicaチャージ時還元率 0.5%
ポイントプログラム エポスポイント
Suicaオートチャージ ×
追加カード ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

参照:エポスカード公式サイト

Suica一体型クレジットカードを選ぶ4つのポイント

ここからは、Suica一体型クレジットカードを選ぶポイントについて解説していきます。

4つのポイント
  • 年会費無料
  • チャージ時のポイント還元率
  • オートチャージ対応の可否
  • Suica以外の特典

年会費無料

無料・0円

カードの年会費は安いに越したことはありません。なるべく年会費無料のカードを選ぶと良いでしょう。年会費有料のカードでも、安いカードを選ぶことで家計の負担を抑えられます。

有料カードの場合は、付帯する特典とのバランスを考慮して選ぶと良いですよ。

チャージ時のポイント還元率

Suica一体型クレジットカードのメイン機能はSuicaです。そのため、Suicaチャージ時の還元率が高いほど得になるでしょう。

 ビューカードなら、Suicaチャージ時で1.5%が基本です。

Suica機能付きの提携カードの場合は、カードにより還元率が異なります。

Suicaチャージ還元率だけで比較するなら、ビューカードがお得と言えるでしょう。

オートチャージ対応の可否

改札タッチ

Suicaのオートチャージ機能がついているカードなら、残高不足を気にせず使えるので便利です。より快適にSuicaを使うことを考えると、オートチャージ機能付きカードがおすすめです。

残高不足で改札を通れないと、急いでいるときには不便ですね。

ビューカードの場合は、JRE CARD以外であればオートチャージ機能を搭載しています。

Suica以外の特典

メイン機能はSuicaですが、Suica以外にも特典が付帯しています。特典の価値が高ければ、様々な場面でもカードを活用できるでしょう。

 付帯する特典はカードにより異なります。特定店舗でお得になるものやマイルが貯まるものなど様々です。

もちろん、付帯特典は使わないと意味がありません。

特典の金額的価値よりも、ご自身にとって使える特典かどうかで選ぶことが重要ですよ。

クレジットカードでSuicaにチャージする際の3つの注意点

ここからは、クレジットカードを使ってSuicaにチャージする際の注意点を3つ紹介します。

3つの注意点
  • チャージは残高2万円まで
  • オートチャージはエリア限定
  • ポイント還元対象外のカードもある

チャージは残高2万円まで

札束

Suicaにチャージできる金額は残高2万円までの上限があります。一気に5万円・10万円などのまとまった金額はチャージできません。頻繁に利用する人は、こまめにチャージする手間がかかるでしょう。

オートチャージ機能があるSuicaなら、そこまで問題にはなりませんね。

残高上限2万円はやや低い設定ですが、Suica紛失のリスクを考慮すると、上限が低いのは悪いことではないでしょう。

オートチャージはエリア限定

Suicaのオートチャージ機能は、エリアが限定されています。対象エリアは首都圏Suica・PASMOエリア、仙台エリア、新潟エリアだけなので、オートチャージ設定している場合は注意しましょう。

チャージ自体はエリアを問わず、どこでもできますよ。

ポイント還元対象外のカードもある

頭を抱える

モバイルSuicaにチャージする場合は、ポイント還元対象かを確認しましょう。チャージ自体は可能でも、ポイント還元対象外のカードもあります。

 ポイント還元対象外のカードでチャージすると、ポイント付与がないので現金チャージとあまり変わりません。

ポイント付与対象外の主なカードは以下の通りです。

Suicaチャージでポイント付与がない主なカード
  • 三井住友カード全般
  • JCBプロパーカード全般
  • dカード

クレジットカードを利用してSuicaチャージを検討している人は、ポイント還元の対象となるかを事前に確認しておきましょう。

クレジットカードをモバイルSuicaに登録・変更する手順

最後に、クレジットカードをモバイルSuicaに登録・変更する際の手順を解説します。

登録手順

スマホを使う

モバイルSuicaにクレジットカードを登録する手順は、以下の3ステップで完了します。

登録手順
  1. アプリをダウンロード
  2. 登録する個人情報を入力
  3. クレジットカード情報入力

モバイルSuicaのアプリをダウンロードしていない人は、先にダウンロードを行ってください。

 Android端末の場合は「モバイルSuica」アプリ、Apple社製品(iPhone、Apple Watch)の場合は「Suica」アプリです。

個人情報などを入力して会員登録完了後に、チャージ用のクレジットカードを登録していきます。チャージ用クレジットカードは、ポイント還元されるカードを登録しましょう。

Apple社製品は、Walletアプリから登録することもできます。

なお、カードタイプからモバイルSuicaに切り替えることも可能です。クレジットカード登録後にSuica取り込みを選択すると、カードタイプからモバイルSuicaへ切り替わります。

切り替え後は、カードタイプが使えなくなるので注意しましょう。

変更手順

登録しているクレジットカードを変更したいときは、以下の手順で行ってください。

変更手順
  1. アプリにログイン
  2. 会員メニューのクレジットカード設定へ進む
  3. 新しいカード情報を入力して登録

モバイルSuicaのアプリにログインして、会員メニューからクレジットカード設定へと進みます。変更したいクレジットカード情報を入力後、登録を完了すればチャージ用カードを変更できます。

変更できるのは、3Dセキュアによる本人認証が可能なカードに限られますよ。

まとめ

本記事では、Suicaチャージにおすすめのクレジットカードを紹介してきました。

Suicaには、大きく分けてカードタイプとモバイルSuicaの2種類があります。カードタイプのSuica一体型クレジットカードなら、オートチャージ機能付きも多く、快適にSuica利用ができるでしょう。

モバイルSuicaは、スマホでSuicaを使いたい人におすすめ。ポイント還元対象のクレジットカードを使えば、チャージ時にもポイントを貯められます。

通勤・通学でSuicaを利用する方々は、クレジットカードからチャージしてお得に利用してくださいね。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事