スマホおすすめ

今や連絡手段としてだけでなく、ゲームや動画鑑賞、動画撮影までに役立ち生活必需品ともいえるスマホ。日常生活でもっとも触れ合うモノだといっても過言ではありません。

中には「スマホを新しく買い替えたい」「機種変更したい」と思っても種類は数多く、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのスマホ20台を紹介します。SIMフリーモデルに加えて大手キャリアの人気モデルも厳選して比較していくので、ぜひスマホ選びの参考にしてみてください。

人気のスマホが揃っているので、予算に合わせ自分に合ったスマホを見つけましょう!

【Android】おすすめスマホ機種5選

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

CHECK POINT
  • 個性の異なる4種類の高機能カメラを搭載
  • 防水性能◎おサイフケータイ®にも対応
  • 4,000mAhの大容量バッテリー×18Wの急速充電
  • 支払いがスムーズになるおサイフケータイにも対応

OPPO Reno5 Aは、こだわり抜いた個性の異なる4種類の高機能カメラを搭載しているスマホです。メインカメラは約6,400万画素の超高解像度なので、誰でも簡単に鮮明な写真を撮れるでしょう。

 昼夜関係なくキレイに撮影できたり、アウト・インを同時に撮影できたりと、カメラ好きにたまらない機能を搭載しています。

大容量バッテリーを搭載しているので、1日中スマホを利用したとしても充電切れを避けやすいでしょう。18Wの急速充電にも対応しています。

OPPO Reno5 Aは、3~4万円程度でハイスペックなスマホをお探しの方におすすめです。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 6GB/128GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約74.6㎜×162㎜×8.2㎜
画面サイズ 6.5インチ
カメラ性能

【アウトカメラ】
メイン:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素

【インカメラ】
約1,600万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Xperia 10 II

Xperia 10 II

CHECK POINT
  • 幅約69㎜の手元におさまるスリムボディー
  • 2年使っても劣化しにくいバッテリーを搭載
  • どんなシーンにも対応できるトリプルカメラレンズを採用
  • ソニーが誇る高音質!ハイレゾ再生に対応

Xperia 10 IIは手元にスッとおさまるスリムさが特徴的です。スリムながらに画面比率は21:9なので、大画面で動画やゲームを楽しめます。

 有機ELディスプレイを搭載しているので映像の美しさにも定評があり、スマホで映画や海外ドラマを視聴する方に最適です。

Xperia 10 IIを購入できるキャリアは以下の通りです。契約プラン次第ですが、月々3,000円前後で手に入ります。

購入可能キャリア
au
Y!mobile
mineo

ハイレゾ再生にも対応しているので、音楽鑑賞にも最適でしょう。3.5㎜のオーディオジャックにお気に入りのヘッドホンを挿せば、臨場感のあるサウンドを楽しめます。

2年使っても劣化しにくいバッテリーを搭載。3,600mAhの大容量バッテリーは、充電切れを心配せずに済みます。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約69㎜×約157㎜×約8.2㎜
画面サイズ 約6.0インチ
カメラ性能

【メインカメラ】
超広角:有効画素数 約800万画素
標準:有効画素数 約1,200万画素
望遠:有効画素数 約800万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 3600mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

AQUOS sense6

AQUOS sense6

CHECK POINT
  • 大容量4,570mAhバッテリーを搭載
  • 省エネIGZOディスプレイで電池消費を制御
  • 画面内の指紋センサーを利用可能

AQUOS sense6は5Gに対応しており、大容量通信をスムーズに実現させるだけの処理性能も持ち合わせているスマホです。

 4,570mAhのバッテリーを搭載。バッテリーの劣化がしにくいところもポイントで、3年後使っても電池残量90%以上を維持できます。※1

省エネIGZOディスプレイ・高機能なカメラや優れた防水・防塵性能を備えているにもかかわらず、4~5万円程度の価格で購入可能です。

AQUOS sense6の購入先
価格
au 40,470円~
docomo 57,024円~
楽天モバイル 39,800円~
シャープ公式オンラインサイト 45,320円~

画面内に指紋センサーを搭載。タップするだけで電子マネーやアプリを呼び出せるので、キャッシュレス派の方にもおすすめですよ。

内蔵メモリは2パターンから選択可能。”写真・動画やアプリをどれだけ保存するのか”に合わせて選ぶと良いでしょう。
内蔵メモリ(RAM/ROM)

4GB/64GB
6GB/128GB

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約152㎜×約70㎜×約7.9㎜
画面サイズ 約6.1インチ
カメラ性能

【アウトカメラ】
広角:有効画素数 約800万画素
標準:有効画素数 約4,800万画素
望遠:有効画素数約800万画素

【インカメラ】
有効画素数約800万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,570mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Galaxy S21 5G

Galaxy S21 5G

CHECK POINT
  • 指紋がつきにくいHaze(ヘイズ)加工
  • 映画クオリティの8K動画を撮影可能
  • メインディスプレイには有機ELが採用
  • 数分の充電で数時間使えるインテリジェントバッテリー

Galaxy S21 5Gは、指紋がつきにくいHaze(ヘイズ)加工を採用。マット感のあるボディと、カメラ周りのメタルフレームが特徴的です。

 カメラの性能が高く、映画のように美しい8Kビデオ撮影ができたり、AIが写真や動画を自動変換してくれたります。

ディスプレイには有機ELが採用されているので、撮影した高画質動画を見たり、グラフィックがきれいなオンラインゲームで遊んだりするときも迫力を感じられますよ。

Galaxy S21 5Gの購入先
価格
au 102,010円
docomo 99,792円

Galaxy S21 5Gをキャリアから購入する場合、上記2社で手に入れられます。docomoのほうが約3,000円ほどお得なので、キャリアこだわりのない方はdocomoで購入すると良いでしょう。

4,000mhAの大容量バッテリーを搭載しているので、1日中撮影しても電池残量が気にならないでしょう。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB/256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 71㎜×152㎜×9㎜
画面サイズ 6.2インチ
カメラ性能

【背面カメラ】
広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約6,400万画素

【前面カメラ】
約1,000万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

OPPO Find X3 Pro OPG03

OPPO Find X3 Pro OPG03

CHECK POINT
  • 4眼カメラでどんな状況でも撮影可能
  • 10億色以上の発色で、画像も動画もくっきり
  • 最大120Hzのリフレッシュレートを実現
  • 10分で最大40%もの充電が可能

OPPO Find X3 Pro OPG03は、ディスプレイの非常に高い解像度、そしてカメラ性能の画素の高さが際立っているスマホです。

 広角、超広角、望遠だけでなく、顕微鏡モードも搭載。インカメラの画素数も高いので、自撮りを綺麗に取りたい方にもおすすめです。

ディスプレイ性能も高く、最大120Hzのリフレッシュレートを実現。サクサク動くので、ストレスフリーで操作できるでしょう。

OPPO Find X3 Pro OPG03の販売先
価格
au 67,735円~
II Jimo 84,800円~

OPPO Find X3 Pro OPG03を販売しているキャリアは上記の2社です。家電量販店やAmazon、楽天市場などのネットショッピングサイトでも購入できます。

10万円以下で購入できるスマホの中でも、バランスが良く優秀だと言えます。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 12GB/256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 74㎜×163.6㎜×8.26㎜
画面サイズ 6.7インチ
カメラ性能

【背面カメラ】
広角:約5,000万画素
超広角:約5,000万画素
望遠:約1,300万画素
顕微鏡:約300万画素

【前面カメラ】
約3,200万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,500mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

【iPhone】おすすめスマホ機種5選

iPhone13

iPhone13

CHECK POINT
  • 5色展開で新色のピンクが追加
  • 映画クオリティの撮影ができる「シネマティックモード」搭載
  • 1回の充電で最大19時間のビデオ再生が可能

iPhone13は、2021年9月に発売されたiPhoneシリーズの最新モデルです。スペックが高いことはもちろん、全5種類のカラーバリエーションから好みの色を選択できます。

 特にカメラ機能が優れており、映画クオリティの撮影が可能。シネマティックモードを使えば、簡単にプロ級の動画を撮影できます。

過去のモデルよりも優秀なチップを搭載しておりバッテリー持ちも安心。最新のアプリやゲームもストレスなく楽しめるでしょう。貼り付けるだけで充電ができる「MagSafe」にも対応していますよ。

Apple公式サイトでの販売価格は99,800円(税込)~です。ハイスペックなiPhoneをお求めの方に最適でしょう。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 128GB・256GB・512GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 64.2㎜×131.5㎜×7.65㎜
画面サイズ 6.1インチ
カメラ性能

【背面カメラ】
超広角カメラ:12MP
広角カメラ:12MP

【前面カメラ】
12MP

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 3,227mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)

CHECK POINT
  • 本体価格は62,800円(税込)~
  • プロセッサはiPhone13シリーズと同格
  • 5G対応モデル

iPhone SE(第3世代)は、コンパクトかつ手頃なストレージなので、扱いやすいスマホです。さらにプロセッサも処理能力の優れたiPhone13シリーズと同格なので、スペックも申し分ありません。

 グラフィック性能も高いので、動画の視聴やオンラインゲームもサクサクできます。

また、iPhoneSE(第2世代)と同様にホームボタンや指紋センサーが搭載されている点も注目です。マスクをしていても認証システムが使えるのは便利でしょう。

なお、ハイエンドモデルで多かった「5G対応モデル」も第3世代から搭載されているので、iPhone13シリーズでは最安値となっています。

本体価格とスペック・サイズなど総合しても、使い勝手が良いスマホではないでしょうか。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 64GB・128GB・256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 67.3mm×138.4mm×7.3mm
画面サイズ 4.7インチ/Retina HD ディスプレイ
カメラ性能 【isightカメラ(背面カメラ)】約1,200万画素 + 約700万画素
【FaceTimeカメラ(前面カメラ)】約1,200万画素 +約700万画素
防水/防塵 防水(IP67)/防塵
バッテリー性能 2,007mA
おサイフケータイ®
SIMフリー

iPhone 11

iPhone 11

CHECK POINT
  • 超広角のレンズが新たに採用される
  • 防水性能が向上
  • パープルとグリーン・イエローがカラーバリエーションに新登場

iPhone11は、2018年に発売された「iPhone XR」の後継種で、Face ID(顔認証)とフルディスプレイ搭載が特徴として挙げられます。

 今機種から超広角レンズが搭載され、視野角120度まで広がり画角が広い写真がきれいに撮れるようになりました。

広い風景を端から端まで1枚に収めることができるのが魅力です。その他、ナイトモードにも対応しているので夜景も明るくきれいに撮影してくれます。

カラーバリエーションも豊富で、従来のブラック・ホワイト・レッドのほかに、パープル・グリーン・イエローの合計6色から選択可能です。
内蔵メモリ(RAM/ROM)

4GB/64GB・128GB・256GB

※Appleストアでは64GBと128GBが購入可

サイズ(幅×高さ×厚さ) 75.7mm×150.9mm×8.3mm
画面サイズ 6.1インチ/Liquid Retina HD
カメラ性能 【isightカメラ(背面カメラ)】
約1,200万画素 + 約1,200万画素
【FaceTimeカメラ(前面カメラ)】
約1,200万画素
防水/防塵 防水(IP68)/防塵
バッテリー性能 3,110mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

iPhone 12

iPhone 12

CHECK POINT
  • MagSafe」採用でワイヤレス充電が可能
  • 高精細な有機EL(OLED)ディスプレイ搭載
  • 角張ったフラットなデザイン

iPhone 12は、4Gが主流だった時期に発売された5G対応機種の1つです。低遅延かつ高速大容量の通信が可能なので、動画やゲームも快適に利用できます。

 また本体の背面に「MagSafe」が内蔵され、適正な位置で確実にワイヤレス充電が可能です。従来モデルでは最大7.5Wだったのに対し15Wまで向上し素早く充電できます。

iPhone12シリーズからは、有機ELディスプレイ「Super Retina XDRディスプレイ」が搭載され、高解像度で高精細・高輝度な映像を映し出します。

iPhone12以前まではサイドフレームに丸みがありましたが、iPhone12からは人気の高かった「iPhone5/5s」のような角ばったデザインになっているのもポイント。

カバー・本体・画面も耐落下性能も向上したことから、日常生活でどうしても出来てしまう小さい傷からも守ってくれます。 
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB・128GB・256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 71.5mm×146.7mm×7.4mm
画面サイズ 6.1インチ/Super Retina XDR
カメラ性能 【isightカメラ(背面カメラ)】
約1,200万画素 + 約1,200万画素
【FaceTimeカメラ(前面カメラ)】
約1,200万画素
防水/防塵 防水(IP68)/防塵
バッテリー性能 2,815mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro

CHECK POINT
  • 「Super Retina XDRディスプレイ」採用で肉眼に近い映像表現が可能
  • A15 Bionic搭載でGPU性能が大幅向上
  • iPhone13よりも3倍(77mm相当)の望遠カメラ

iPhone 13 Proは、2021日9月24日に発売された機種で、カメラ機能とディスプレイの性能向上が大きな特徴でしょう。

 iPhoneシリーズの中ではハイエンドモデルで、ゲームや動画視聴も快適です。

特にディスプレイは、iPhoneで初めて「ProMotion」を採用しています。なめらかな操作性だけでなく、省電力化にも可能としています。

iPhone 13 Proの購入先
価格
au 168,720円~
docomo 172,810円~
楽天モバイル 144,800円~
Softbank 169,920円~
AppleStore 144,800円~

カメラ機能としてはセンサーシフト式光学手振れ補正やマクロ撮影にも対応しているので、従来よりも撮影の幅が広がっているのもポイント。

カメラ・動画にこだわるという方にはぜひ検討してほしい1機種といえるでしょう。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 6GB/128GB・256GB・512GB・1TB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 71.5mm×146.7mm×7.65mm
画面サイズ 6.1インチ/Super Retina XDR
カメラ性能 【isightカメラ(背面カメラ)】
約1,200万画素
【FaceTimeカメラ(前面カメラ)】
約1,200万画素
防水/防塵 防水(IP68)/防塵
バッテリー性能 3,095mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

【格安】おすすめスマホ機種3選

arrows We

arrows We

CHECK POINT
  • 2万円台で購入できる高機能スマホ
  • 泡タイプのハンドソープで丸洗い可能
  • 4,000mAhの大容量バッテリーを搭載

arrows Weはarrowsシリーズ史上最大級の4,000mAhのバッテリーを搭載しているスマホで2万円台で購入できます。

 丸洗やアルコール除菌にも対応する高い防水性能を備えているので、毎日の利用にも安心できる仕様です。

スマホ初心者に向けた「シンプルモード」を利用すれば、はじめてスマホを使用する方でも簡単に操作できますよ。

対応キャリア
価格(一括払い)
au 22,001円~
docomo 21,450円~
Softbank 27,360円~
UQ mobile 4,180円~

大手3大キャリアだけでなく、格安SIMのUQモバイルにも対応。他社から乗り換えれば(増量オプションⅡあり)、約4,000円で手に入るので、購入費用と携帯料金の両方をグッとおさえられるでしょう。

高機能カメラを搭載。低価格で高機能なスマホをお探しの方にもおすすめといえます。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71㎜×147㎜×10.2㎜
画面サイズ 5.7インチ
カメラ性能

【アウトカメラ】
広角:有効画素数 約1,310万画素
マクロ:約190万画素

【インカメラ】
有効画素数 約500万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

OPPO A55 5G

OPPO A55 5G

CHECK POINT
  • ハイエンドモデルながら178gと軽量
  • eSIMにも対応
  • IP68の防水・防塵規格に対応

OPPO A55 5Gはオウガジャパンが発売しているスマホです。高リフレッシュレートで表示するので、画面スクロール・ゲームも滑らかです。

 ハイエンドモデルは200gを超えることが多いですが、OPPO A55 5Gは重さがおよそ178gと軽量なのもメリットでしょう。

本体の幅も74.7mmと細めに作られているので、片手で操作しやすく女性でも扱いやすいのではないでしょうか。

またeSIMにも対応しておりmicroSDとnanoSIMが使えるので、複数の回線を使いたい人にもおすすめできます。

今回のOPPO A55 5Gからは、IP68の防水・防塵規格に対応しているの屋外で使う時も安心です。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 74.7×8.2×162.1mm
画面サイズ 6.5型2,400×1,080(FHD+)ドット
カメラ性能 【背面カメラ】
約1,300万画素
【前面カメラ】
約800万画素
防水/防塵 IP68
バッテリー性能 4000mAh
おサイフケータイ® ×
SIMフリー

Redmi Note 9T

Redmi Note 9T

CHECK POINT
  • 2万円台で買える5G端末(Softbank限定)
  • 指紋・顔認証のほかにFeliCaにも対応
  • ショートムービーが撮影できるVlogモード搭載

Redmi Note 9Tは、Xiaomi(シャオミ)から発売されているスマホで、なめらかな映像が見られるのが特徴です。

 デバイスにはデュアルオーディオスピーカー搭載なので、映画鑑賞や音楽を聴きたい人にもおすすめできます。

機能面としては、アプリ1つごとにパスワードを設定してロックがかけられるので、第三者に勝手にアプリが使われてしまうリスクも軽減できるでしょう。

カメラ性能もRedmi 9Tと比較して4眼になり、デジタルズームは最大8倍から10倍と高性能になっているのもポイントです。さらにRedmi Note 9Tにだけショートムービーが撮影できる機能が備わっています。

SNSなどで動画を投稿する際も簡単に撮影・編集できるのが魅力的ではないでしょうか。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4G/64G・128G
サイズ(幅×高さ×厚さ) 77mm×162mm×9.1mm
画面サイズ 6.53インチ FHD+ ドットディスプレイ
カメラ性能 【メインカメラ】
約4,800万画素
【サブ(イン)カメラ】
約1,300万画素
防水/防塵 防滴ナノコーティング
バッテリー性能 5,000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

【SIMフリー】おすすめスマホ機種3選

Google Pixel6

Google Pixel6

CHECK POINT
  • Googleが独自開発したチップ搭載で高速なAI情報処理
  • 史上最高の写真が撮れる高機能カメラ
  • 写り込んだ人を削除する「消しゴムマジック」

Google Pixel6は、Googleが独自開発した「Tensor」というチップを搭載しているスマホです。

 Googleが得意とするAI情報処理がさらに高速になり、カメラで撮った写真の処理やアプリの読み込みなどの動作が効率化され、よりスムーズに行えるようになりました。

バッテリー持ちもよく、1回の充電で最大48時間もバッテリーを持続させられます。スマホ本体は全3種類のカラーバリエーションから選べるので、お気に入りのデザインを選択できるでしょう。

公式サイトから購入した場合、74,800円(税込)から購入可能。もちろん分割払いにも対応しています。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB/128GB・256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 74.8㎜/158.6㎜/8.9㎜
画面サイズ 6.4インチ
カメラ性能

【背面カメラ】
広角:50メガピクセル
ウルトラワイド:12メガピクセル

【前面カメラ】
8メガピクセル

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,614mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Xperia 1 Ⅲ

Xperia 1 Ⅲ

CHECK POINT
  • 一眼カメラα™譲りのカメラ性能
  • 美しい映像を立体サウンドで視聴可能
  • ミッドレンジ初の5G回線に対応
  • スマホゲームに役立つ機能を搭載

Xperia 1 Ⅲはオーディオやカメラメーカーなどとしても定評のあるソニーの最新技術が数多く盛り込まれており、満足度の高い1台です。

 超広角、広角、望遠の3種類で撮影可能。3D iToFセンサーで被写体までの距離を瞬時に判定し、オートフォーカスしてくれます。

カメラだけでなく、ディスプレイの美しさも特徴的です。左右にスピーカーが配置されているので、立体的なサウンドで映画やライブ映像を楽しめるでしょう。

Xperia 1 Ⅲ

スマホゲームを最高の環境で楽しみたい方にもおすすめです。120Hz駆動ディスプレイなので、すばやい動きをくっきりと映してくれます。

最大240Hzの高速タッチ検出に対応しているところからも、アクションゲームやシューティングゲームをストレスフリーで楽しめると考えられるでしょう。

数あるスマホの中でもゲーマー向きだと言えます。公式メーカー直販サイトの販売価格は149,600円です。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 12GB/256GB・512GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 71㎜×165㎜×8.2㎜
画面サイズ 6.5インチ
カメラ性能

【背面カメラ】
超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素

【前面カメラ】
約800万画素

防水/防塵 IPX8/IP6X
バッテリー性能 4,500mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Xperia 5 Ⅱ

Xperia 5 Ⅱ

CHECK POINT
  • リアルタイム瞳AF搭載で、人物や動物の瞳に自動でピントを合わせる
  • 有機EL搭載により、快適なブラウジング・ゲームが可能
  • ハイレゾ相当の高音質で臨場感のある立体サウンドが聞ける

Xperia 5 Ⅱは、2020年10月17日にソニーから発売されたスマホで、5Gに対応しているのが特徴です。Xperia 5と比較してほぼ同等の重さにもかかわらず、バッテリー容量が4,000mAhとアップしています。

Xperiaシリーズでは定番のマルチウィンドウ機能搭載ですが、スペックが高いので画面の上下半分ずつで違うアプリを使っても動作が重くなりません。

さらに前機種であるXperia 5では、イヤホンジャックが搭載されていませんでしたが、Xperia 5 Ⅱから搭載されているのもポイント。

有線イヤホンで高音質が楽しめるだけでなく、充電しながらイヤホンが使えるの魅力的でしょう。

また「ゲームエンハンサー」というゲーム専用機能によって、電話やメッセージなどの通知をオフにして集中してゲームが楽しめます。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB/128GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 68mm×158mm×8.0mm
画面サイズ 6.1インチ
カメラ性能 【メインカメラ】
16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
70mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
24mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7
【フロントカメラ】
有効画素数約800万画素/F値2.0
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
バッテリー性能 4000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

【大手キャリア別】おすすめスマホ機種4選

Xperia 10 Ⅳ|ドコモユーザーにおすすめ

Xperia 10 Ⅳ

CHECK POINT
  • コンパクトかつ軽量化されつつも5,000mAhのバッテリー容量
  • 10シリーズでは初の光学式手ブレ補正対応
  • docomo公式ネットショップより購入でお得なプログラムが利用できる

Xperiaシリーズは、ソニーのフラグシップモデルとして知られますが、Xperia 10 Ⅳはシリーズ内では比較的手に入れやすい価格とほどよい性能からバランスが良いです。

 また、バッテリー容量も5,000mAh搭載の機種の中では世界最軽量となっているのもポイント。

さらにソニーこだわりの音質へのこだわりも強く、ハイレゾ相当の音質への変換にもしっかりと対応しています。もちろん防水・防塵対応も変わらずで、日常的に使っても安心です。

docomoのネットストアで購入する場合
価格(税込)
一括払い 64,152
分割払い 分割支払金
1,782×36回=64,152円(頭金0円)
いつでもカエドキプログラム
  • (1~23回/月)1,813×23回=41,712※初回のみ1,826円の支払い
  • (24回目)22,440

いつでもカエドキプログラム」とは、23か月目までに端末を返却すると、実質の負担額を大きく抑えることができる支払い方法のことです。

もちろん返却をしないで利用し続けることもできるので、心配いりません。なお、Xperia 10 IVと一緒に「ソニー製純正ケース」を購入すると、dポイントが3,000も付与されます。※1

docomoユーザーにとってお得な特典が随時開催されているの要チェックですよ。
内蔵メモリ(RAM/ROM) 6GB/128GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約67mm×約153mm×約8.3mm
画面サイズ 約6.0インチ
カメラ性能 【メインカメラ】
16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
27mm(広角):有効画素数約1200万画素/F値1.8
54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.2
【フロントカメラ】
有効画素数約800万画素/F値2.0
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
バッテリー性能 5000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Redmi Note 11 Pro 5G|楽天ユーザーにおすすめ

Redmi Note 11 Pro 5G

CHECK POINT
  • 5,000mAhの大容量バッテリーと67Wターボチャージで急速充電可能
  • 約1億800万画素のメインカメラ搭載
  • 下取りサービス利用で最大8,000相当のポイント還元

Redmi Note 11 Pro 5GはXiaomi(シャオミ)から発売されたスマホです。5,000mAhの大容量バッテリーに加えて最大67Wの急速充電が可能となっています。

たった15分でおよそ50%ものバッテリー充電が可能となっている優れもの!

 Redmi Noteシリーズはフラグシップクラスの機能をミドルレンジの価格帯で提供できているのが特徴で、コストパフォーマンスが優秀な機種といえるでしょう。

指紋・顔認証どちらにも対応しているので、マスクをしている場合は指紋認証でOKなのがポイント。

楽天のネットストアで購入する場合
価格(税込)
一括払い 42,980円
分割払い
  • 24回払い:1,790円/月
  • 48回払い:895円/月(楽天カード限定)

楽天の公式ネットショップで購入する場合、一括購入の際は42,980円となっています。また「スマホ下取りサービス」を利用すれば、最大8,000円相当のポイントが還元されます。

最大ポイントが還元されれば、実質34,980円でスマホが手に入ります。なお、このサービスの利用には月額715円が発生するので注意しましょう。

内蔵メモリ(RAM/ROM) 6GB (RAM) / 128GB (ROM)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約76.1×約164.19 x 約8.12 (mm)
画面サイズ 約6.67インチ / AMOLED
カメラ性能 【メインカメラ】
約1億800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
【前面カメラ】
約1600万画素
防水/防塵 IPX3 / IP5X
バッテリー性能 5000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

Galaxy A53 5G|auユーザーにおすすめ

Galaxy A53 5G

CHECK POINT
  • リフレッシュレートは最大120Hzで画面が滑らか
  • オブジェクト消去機能搭載で画像の編集が簡単
  • 5G対応

Galaxy A53 5Gはサムスンから発売されたスマホです。カメラ回りは無駄のないシンプルなデザインで、指紋も目立ちにくいマット加工が施されています。

 ステレオスピーカー搭載なので、本体だけでも迫力のあるサウンドが聞けるのが特徴です。

さらに面白い機能として写真から不要なオブジェクトを削除する機能が搭載されているので、お気に入りの写真に不要なものが映っても、その部分だけ消すことができます。

編集アプリを別途ダウンロードする必要がなく、削除したい対象物を選択するだけでOKなので、簡単に編集可能です。
auのネットストアで購入する場合
価格(税込)
一括払い 59,835 円 
分割払い(スマホトクするプログラム) 59,835円(1,485円/月×23回+[最終回]25,680円)

スマホトクするプログラムとは、2021年9月17日から始まったプログラムで、分割払いで購入したスマホを購入した月から13〜25ヶ月目に返却すると、25ヶ月目以降の支払いが免除されるという仕組みです。

au回線以外の人でも機種だけを購入するのにも利用できるのが特徴です。

なお、auの公式ネットショップで新規に契約した場合、11,000円割引、乗り換えなら22,000円割引されます。

内蔵メモリ(RAM/ROM) 6GB/128GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 75mm×160mm×8.1mm
画面サイズ 約6.5インチ
カメラ性能 【アウトカメラ】
約6,400万画素・約1,200万画素・約500万画素・約500万画素
【サブカメラ】
約3,200万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
バッテリー性能 5,000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

AQUOS R7|ソフトバンクユーザーにおすすめ

AQUOS R7

CHECK POINT
  • 1インチのセンサー&高速オートフォーカス機能搭載
  • Webからの申し込み+自宅での受け取りなら事務手数料0円
  • PayPayポイントが最大5,000円相当もらえる※

AQUOS R7は、2022年7月8日にシャープから発売されているハイエンドモデルのスマホです。前モデルよりも処理能力がおよそ11%、グラフィック性能はおよそ40%もアップしているのが特徴です。

 AQUOS R7から始めてワイヤレス充電にも対応しているので、ケーブルを必要とせず置くだけで充電できます。

カメラにはドイツの老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」が監修した、1インチの大型イメージセンサーが搭載されていて、素早くオートフォーカスしてくれるのもポイント。

カメラ性能も高く動画再生能力も高いので、カメラ機能もゲームも普段からよく使う人におすすめのスマホといえるでしょう。
ソフトバンクのネットストアで購入する場合
価格(税込)
一括払い 189,360円
分割払い 月々3,945円× 48回
支払回数48回 支払期間49ヵ月 実質年率0%)
新トクするサポート

月々3,945円× 24回(総額94,680円)

新トクするサポートを利用すれば、48回払いで購入して、25か月目に機種を返却すれば、最大24回分の機種代金の支払いだけでOKになります。

なお、対象期間中にAQUOS R7を購入しキャンペーンに応募すれば、PayPayポイントが5,000円相当付与されます。※

内蔵メモリ(RAM/ROM) 12GB/256GB
サイズ(幅×高さ×厚さ) 77mm×161mm×9.3mm
画面サイズ 約6.6インチ 有機EL
カメラ性能 【背面カメラ】
約4,720万画素(標準)
【前面カメラ】
1,260万画素
防水/防塵 IPX5・8/IP6
バッテリー性能 5000mAh
おサイフケータイ®
SIMフリー

スマホの選び方

スマホの選び方

iPhoneまたはAndroidか

スマホは大きく分けてiPhoneかAndroidに大きく分けられます。2つは使っているOSの違いです。iPhoneは「iOS」、Androidは「Android」というOSを使っています。

 そのため、iPhone以外のほぼすべてのスマホが「Android」を使っていることになります。

iPhoneとAndroidの主な違いがあるか以下を参考にしてください。

特徴・メリット おすすめな人
iPhone(iOS)
  • 操作性が一貫していて使いやすい
  • アプリのセキュリティ性が高い
  • Macとの同期がスムーズ
  • 高いセキュリティ性を求める
  • Macアイテムを使っている
  • 色々なスマホケースを使いたい
Android(Android)
  • 色々な機種がある
  • 安く買える端末もある
  • ホーム画面のカスタマイズ性が高い
  • 機種代金をできるだけ安く抑えたい
  • 最新技術の機能を使いたい
  • ホーム画面をカスタマイズしたい

iPhoneを含めMacやiPad・AppleWatchなどの製品はすべてApple社が自社開発しているので、Androidスマホと比較して、機種の種類は少ないです。

しかしApple製品同士の同期がスムーズに行えるのが特徴です。

Androidはハイエンドユーザー向きの高価格帯の機種から、手頃なスペック・価格なものまで選択肢が広い点が挙げられます。

どちらが優れている・劣っているのではないので、自分にとって使い勝手が良い方を選ぶことをおすすめします。

カメラ性能

カメラ性能

スマホに必須といえるのがカメラ機能です。手軽に誰でも写真・動画が撮影できるので、カメラ性能にこだわっている機種も多いです。

カメラ性能で比較する際には、以下のポイントで検討してみましょう。

(写真)画素数

通常、写真を撮る際の性能は「~画素数」と数字で表記されます。高性能なカメラほど数字が大きくなります。

 アウトカメラ(背面)では1,200万画素、インカメラ(前面)は700万画素もあれば高性能に分類されます。

カメラ性能にもこだわる人にはぜひ画素数を見て比較しましょう。

(動画)画素数

動画の画質性能に関しては、720p→1080p→4Kと数字が大きくなるほど高画質です。しかしその分撮影データ容量が大きくなるので注意。

その他、「フレームレート」も重要なポイントです。単位は「fps」で、30fpsより60fpsのほうがより滑らかな映像になります。

なお4Kに対応している機種は多くはないので、「1080p」に対応していれば十分なレベルです。

ポートレート撮影機能の有無

ポートレート撮影

画素数以外にもスマホのカメラ性能で重要なのは、複数のレンズで撮影できる「ポートレート撮影機能」の有無です。

 複数のレンズで撮影できると、まるで一眼レフカメラを使った時のように、被写体が鮮明に映し、背景だけをぼかして撮影ができます。

28mmレンズのほかに望遠対応レンズや超広角撮影対応レンズなどが搭載されているスマホも。

写真や動画撮影にこだわりたい人は、ぜひ複数のレンズが搭載されている機種を選ぶことをおすすめします。

ストレージ容量

スマホで撮った写真や動画のほかにアプリなど様々な情報を保存しておくためにストレージを使います。ストレージ容量が多いほど保存できるデータは増えますが、その分端末価格も高くなります

 iPhoneの場合は128G以上を目安に選ぶのもいいでしょう。あまり写真・動画データを保存しない場合には、64Gでもいいかもしれません。

Androidスマホの場合は、SDカードなどの外部ストレージで容量を拡張できる機種もあるので、128G以下でも大丈夫な場合がります。

またAppleの「iCloud」やGoogleの「Google One」といったクラウドストレージを利用することもできるので、自分が何にどれくらいのデータを使うのかを把握しておくことが大切です。

バッテリー容量

バッテリー容量

スマホはほぼ毎日使い、外出先にも持ち歩くことが前提のアイテムなので、出先でバッテリーが切れてしまっては不便です。

そこで、どれくらいのバッテリー容量があるかもスマホ選びでは重要なポイントになります。

 バッテリー容量は「~mAh」と表記され、数値が大きいほどに容量が大きいです。

容量が大きければバッテリーの持ちがよくなりますが、その分バッテリーが大きくなるので、本体重量が重くなります。

ハイエンドモデルのスマホの場合、4,000mAh~5,000mAhなどの高容量がありますが、3,500mAhが一つの目安と考えていいでしょう。

もちろん端末の処理性能や使うアプリの時間・種類によってバッテリーの持ちは大きく差が出ます。

1日外出してもバッテリーが持つ程度の容量のスマホを選ぶことをおすすめします。

まとめ

ここまで、おすすめのスマホ機種を20台紹介しました。

今回紹介しているのは、すべてSIMフリー対応のスマホです。まずはお好みのOSを決めて、サイズ感や機能性を比較してみると良いでしょう。

購入後に後悔しないためには、まずは自分がスマホで何をしたいかを明確にすることも大切です。それに見合ったスペックや機能を搭載したスマホを選んでくださいね。

SIMフリー端末なら、毎月の通信費を抑えることにも繋がりますよ。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事