楽天銀行カードローン  アイキャッチ画像

ネット銀行大手の楽天銀行では、楽天銀行スーパーローンと呼ばれるカードローンサービスを展開しています。カードローンはすぐにお金を借りられて便利なため、万が一のケースを考えて契約したい人もいるでしょう。

しかし、契約するには必ず審査が必要です。そのため、審査の厳しさについて気になっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、楽天銀行スーパーローンの審査について解説。気になる審査基準や審査時間、審査の流れなどを紹介していきます。楽天銀行スーパーローンの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

審査落ちの原因や審査に通るコツも解説してますよ。

楽天銀行スーパーローンとは

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供するカードローンサービスです。楽天銀行スーパーローンがおすすめな人の特徴をまとめました。

楽天銀行スーパーローンがおすすめな人
  • 楽天経済圏を普段から利用している人
  • 他社ローンから借り換えしたい人
  • 専業主婦の人

楽天銀行スーパーローンは楽天系列のサービスのため、楽天経済圏を普段利用している人に魅力的なカードローンと言えます。

 楽天会員ランクに応じた審査優遇、初回契約&利用で楽天ポイント最大31,000ポイント付与があります。

銀行系カードローンのため、消費者金融よりも低金利なのも魅力。また、他社ローンからの借り換えもできるので、消費者金融から金利を下げたい人にも向いています。

専業主婦でも借りられる数少ないカードローンの1つでもありますよ。
基本情報
金利(年率) 1.9〜14.5%
融資限度額 800万円
融資までの時間 最短翌日
Web完結

参照:楽天銀行公式サイト

楽天銀行スーパーローンの審査は甘い?申し込み条件・優遇条件を解説

ここからは、楽天銀行スーパーローンの審査について解説していきます。

申し込み条件・審査基準

審査

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件は、以下の4つを満たす人です。

楽天銀行スーパーローンの申込条件
  • 20〜62歳※パート・アルバイト・専業主婦は60歳まで
  • 日本国内に在住
  • 毎月安定した収入または専業主婦
  • 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる

    参照:楽天銀行公式サイト

    年収などの具体的な審査基準については非公表となっています。そのため、審査の甘さ・厳しさについては一概には言えません。

    ただし、消費者金融よりも金利は低い設定です。金利が低いほど審査は厳しくなるのが一般的なので、消費者金融よりは厳しい審査基準と推測できるでしょう。

     金利が低いほど貸し倒れた際の負担が大きくなるため、より詳細に審査をすると予測できます。

    ちなみに、他の銀行カードローンと比較すると、金利ではほとんど差がありません。

    銀行カードローンの中では、特に審査が厳しいとは言えないでしょう。

    楽天会員ランクに応じた審査優遇

    楽天銀行スーパーローンの大きな特徴が、楽天会員ランクに応じた審査優遇です。具体的な優遇条件は審査基準と同様に非公表となっていますが、会員ランクが高い方が審査が有利になると推測できます。

    会員ランクが高い=楽天のヘビーユーザーとなるため、信頼されやすいのでしょう。

    楽天会員のランクは全部で5段階に分かれています。ランク条件を表でまとめました。

    ランク 条件
    レギュラー 楽天サービスを利用してポイントを獲得
    シルバー 過去6ヶ月で200ポイント以上かつ2回以上獲得
    ゴールド 過去6ヶ月で700ポイント以上かつ7回以上獲得
    プラチナ 過去6ヶ月で2,000ポイント以上かつ15回以上獲得
    ダイヤモンド 過去6ヶ月で4,000ポイント以上かつ30回以上獲得かつ楽天カードを保有

    最上位のダイヤモンド会員なら必ず審査に通るというわけではないですが、ランクを上げておくに越したことはないでしょう。

    楽天会員ランクが高いと、カードローンだけでなく様々な楽天のサービスで優遇を受けられますよ。

    楽天銀行スーパーローンの審査の流れ

    ここからは、楽天銀行スーパーローンの審査の流れについて解説していきます。大きく以下の4段階に分かれています。

    審査の流れ
    1. 申し込み
    2. 仮審査
    3. 本審査
    4. 審査完了

    1.申し込み

    携帯電話

    まずは、楽天銀行スーパーローンに申し込みをしていきます。申し込み方法はWeb・郵送の2通りが用意されていますが、すぐに申し込めるWeb申し込みが便利です。

    Web申し込みは楽天銀行の公式サイト、または楽天銀行アプリから行うことができますよ。

    申し込みにあたって個人情報などを入力していきますが、楽天銀行口座を保有している人なら入力内容が簡単になります。

    2.仮審査

    申し込みが完了すると、仮審査が実施されます。仮審査は、入力情報を基にしたスコアリング審査です。

     スコアリング審査とは、コンピューターにより職業や年収などの情報を点数化する審査方法のことです。

    スコアリング審査の点数が基準点に達していたら、仮審査に通過となります。なお、この段階でスコアをもとに融資限度額や適用金利も決定されます。

    審査基準は非公表なので、具体的にスコアがどれくらいあれば良いかは不明ですよ。

    3.本審査

    ネットワークで繋がる

    仮審査に通過すると、本審査へと移ります。本審査は仮審査で利用した個人情報の確認が主な目的です。申告した情報の裏付けを取ることで、虚偽申告をしていないかをチェックしています。

    本審査の主な内容
    • 勤務先の在籍確認や本人確認
    • 警察庁データベースへの情報照会
    • 本人確認書類の提出

    本人確認書類としては、以下の書類が認められています。

    • 運転免許証・運転経歴証明書
    • マイナンバーカード
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード
    • 健康保険証
    • 在留カード・特別永住者証明書(外国籍の場合)
    • 各種年金手帳・各種福祉手帳
    • 公共料金の領収書

      本人確認書類をて提出する際は、楽天銀行アプリから書類をアップロードするだけで良いので郵送する手間はありません。

      全ての確認が終わり、問題なしと判断されると本審査に通過。その後の契約手続きへと進めます。

      4.審査完了

      審査完了後は契約手続きを経て、ローンカードが郵送されます。急いでいる場合は、ローンカードが届く前に振込で融資を受けることも可能です。振込融資は、楽天銀行以外の口座にも対応しています。

       楽天銀行の口座なら、24時間365日すぐに振込されるので便利です。

      ローンカード到着後は、コンビニをはじめとする提携ATMでの借入・返済も利用できます。

      楽天銀行スーパーローンの審査にかかる時間・日数

      審査の流れを紹介してきましたが、実際に楽天銀行スーパーローンの審査にかかる時間はどの程度でしょうか。ここからは、審査完了までの時間や結果が来ない時の対応について解説していきます。

      審査は最短翌日に完了

      腕時計で時間を確認している人

      楽天銀行スーパーローンの審査は最短で翌日に完了します。即日借入には対応していないので、急いでいる場合には注意しましょう。

       即日借入できない理由としては、銀行カードローンの審査で必須となる「警察庁データベースへの情報照会」が1営業日以上かかるためです。

      もちろん楽天銀行スーパーローンに限らず、全ての銀行カードローンで即日借入には対応していません。その点を踏まえると、最短翌日の審査完了は銀行カードローンの中ではスピーディーと言えるでしょう。

      あくまで最短翌日なので、繁忙期などはもっと時間を要するケースが多いですよ。

      審査で疑わしい点がある場合は、繁忙期かどうかに関わらず審査が長引きます。時間には余裕を持って申し込んでおくと良いでしょう。

      土日・祝日は審査がない

      土日・祝日は審査を行っていないので、土日・祝日を跨ぐ場合は審査完了が遅くなります。

       早く審査結果が欲しい場合は、金曜以降の週末を避けて月曜日などの週明けに申し込みましょう。

      なお、平日の審査時間帯は9時〜20時です。20時までに審査が終わらない場合は、翌営業日に持ち越しとなります。

      平日に申し込む場合も、午前中に申し込む方が審査を早く受けられるでしょう。

      結果が遅い時は状況確認する

      申し込みから数日経っても審査結果が来ない時は、サポートに問い合わせてみましょう。問い合わせ方法は電話のみとなっています。

       単純に混み合ってて審査が遅れているケースもあれば、在籍確認が取れないなど明確な理由で審査が遅いケースもあります。

      状況確認をして、審査結果が遅い原因を聞いてみると良いでしょう。

      審査完了のメールを見落としているパターンもありますよ。

      楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる5つの原因

      ここでは、審査に落ちやすい人の特徴として5つの原因を解説します。

      1つでも該当する場合は、改善してからの申し込みがおすすめですよ。
      審査落ちの原因5つ
      • 配偶者含めて安定収入がない
      • 金融事故の情報が残っている
      • 他社借入者数・借入額が多い
      • 在籍確認電話が繋がらない
      • 6ヶ月以内の再申し込み

      配偶者含めて安定収入がない

      お金で悩む女性

      申込者本人と配偶者ともに安定した収入がない場合は、カードローン審査において重要な返済能力が疑われます。

       安定収入の具体的な基準はありませんが、公務員や正社員であると、自営業やアルバイトと比較して信用されやすいと考えられます。

      勤続年数も長い方が信頼されやすいため、入社後すぐの申し込みよりも一定期間が経過してからの申し込みが推奨されます。

      本人と配偶者ともに無収入の場合は、申し込み条件を満たさないので審査落ちの可能性が高いと言えるでしょう。

      金融事故の情報が残っている

      過去に支払い延滞など金融事故を起こした場合は、一定期間は信用情報機関に記録が残ります。

       信用情報機関は、過去の金融情報を管理している機関です。カードローン業者は、審査時に情報照会をして申込者の金融履歴をチェックします。

      金融事故の記録が残った状態では審査が不利になる可能性があるので、記録が消えてから審査を受ける方が良いでしょう。

      金融事故歴の情報保管年月は、信用情報機関により異なります。3つの信用情報機関の情報保管年月をまとめました。

      信用情報機関ごとの情報保管年月
      項目 CIC JICC KSC
      申込情報 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
      契約情報 5年 5年 5年
      返済情報 5年 5年 5年
      延滞情報 5年 5年 5年
      自己破産 5年 5年 10年
      個人再生 5年 10年
      任意整理 5年

      延滞に関しての記録は、各機関ともに5年間となっています。

      できることなら、5年以内は金融事故のないクリーンな状態をキープしましょう。

      他社借入者数・借入額が多い

      借入

      他社からの借入が多い場合もイメージは良くありません。特に3社以上から借入があると、お金に困っているというマイナスイメージが強くなるでしょう。

      借入社数・借入額が多いほど、貸し倒れのリスクが懸念されますよ。

      なお、銀行カードローンは銀行法に基づいているので、消費者金融にあるような貸金業法の総量規制はありません。借入総額が年収の3分の1を超える借入も可能ですが、借入額は少ない方が審査にはプラスでしょう。

      すでに複数業者から借入がある場合は、少しでも借入額を減らしてから申し込むと良いですよ。

      在籍確認電話が繋がらない

      カードローン審査においては、在籍確認は必須です。楽天銀行スーパーローンは、勤務先への電話で在籍確認を行っています。

       もし、勤務先に電話が繋がらない場合は在籍確認が進みません。そのため審査が停滞してしまい、繋がらないままだと審査落ちとなってしまいます。

      勤務先の営業時間が夜間など一般的でない場合は、前もって知らせておくことが大切です。繋がりやすい時間帯を指定すると在籍確認がスムーズに進むでしょう。

      審査中に勤務先が長期休暇に入る場合も、知らせておいてくださいね。

      なお、在籍確認電話は繋がるだけでは完了しません。在籍の確認ができないと意味がないので、従業員が多い会社は部署直通の電話番号を申告しておきましょう。

       大企業の場合は代表番号に電話をかけられても、電話をとった従業員が申込者自身を把握していないケースがあります。

      専業主婦が申し込んだ場合は勤務先がないので、在籍確認の電話はありませんよ。

      6ヶ月以内の再申し込み

      数ヶ月分のカレンダー

      審査落ち後すぐに再申し込みするのは良くありません。特に6ヶ月以内の再申し込みは遠慮してもらう旨が公式サイトに記載されています。再申し込みする場合は、必ず前回から6ヶ月以上の期間を開けましょう。

       もちろん、6ヶ月経過後なら審査に通るというわけではありません。上記で紹介してきた審査落ち原因を全て改善した上で、再申し込みをしてください。

      他社で審査落ちした場合でも、6ヶ月以上開けることが望ましいです。

      先述したように少なくとも6ヶ月間は、信用情報機関にカードローンの申し込み履歴が残っていますよ。

      楽天銀行スーパーローンの審査に通るコツ|3つの対策を紹介

      楽天銀行スーパーローンの審査に通るために、実施したい対策を3つ紹介します。

      審査に通るための3つの対策
      • 楽天の会員ランクを上げる
      • 申し込み情報は正確に申告する
      • 信用情報の実績を作る

      楽天の会員ランクを上げる

      右肩上がり

      先述したように、楽天会員ランクが高いと審査で優遇を受けられます。日頃から楽天のサービスを意識して利用して、楽天会員ランクを上げましょう。

      主な楽天のサービスとしては以下が挙げられます。

      • 楽天市場
      • 楽天銀行
      • 楽天カード
      • 楽天証券
      • 楽天モバイル
      • 楽天でんき
      • 楽天トラベル
      • 楽天ペイ

        生活に密着しているサービスも多いので、楽天系のサービスでまとめることでポイントを貯めやすくなります。もし楽天銀行の口座を持ってない人は、まず口座開設をしましょう。

        楽天銀行口座があれば、カードローンの申し込みもスムーズですよ。

        申し込み情報は正確に申告する

        審査

        申し込み時に申告する情報は、間違いがないよう正確に申告しましょう。特に職業や年収、勤続年数、他社借入などお金に関わる情報は虚偽があると審査落ちの原因になりかねません。

         審査を有利に進めようとして、年収の水増しや他社借入額の過小申告をしても、バレる可能性が高いと言えます。

        虚偽申告がバレると信用を失うために、審査に悪影響です。正直に申告した方が、審査に通る可能性は高まるでしょう。

        虚偽申告は、故意かどうかは考慮されません。提出前に間違いがないかよくチェックしてください。

        信用情報の実績を作る

        金融事故歴があることは審査にマイナスですが、信用情報機関に情報がないのも良いことではありません。他のローンやクレジットカードの支払いを重ねて良好な信用情報を作ることが大切です。

        利用実績が良好であれば信頼も高まるため、返済能力が疑われるケースも少なくなるでしょう。

        まとめ

        今回は楽天銀行スーパーローンについて、審査を中心に解説してきました。

        楽天銀行スーパーローンは、楽天会員ランクに応じた審査優遇があるのが特徴。楽天のヘビーユーザーほど審査が有利になります。

        審査時間は最短翌日と、銀行カードローンではスピーディーな点も魅力ですよ。

        金利が低く他社ローンの借り換えにも利用できるため、既に他社ローンを契約している人にも向いているカードローンといえます。カードローン利用の際は、楽天銀行スーパーローンで契約してはいかがでしょうか。

        ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事