プログラミングスクール おすすめ

IT人材の需要の高さから、プログラミングを学習する方が増えています。プログラミングは未経験者が独学で習得するにはハードルが高く、スクールで学ぶのがおすすめです。

ところが、プログラミングスクールは年々増加しており、どのスクールが良いかわからない方も多いでしょう。

そこで本記事では、プログラミングスクールのおすすめを10社比較・紹介します。スクール選びのポイントについても解説しています。

プログラミング学習に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

プログラミングスクールおすすめ比較10選

DMM WEBCAMP

DMM WEB CAMP

おすすめポイント
  • 現役エンジニア講師が学習をサポート
  • 科学的根拠に基づいた独自メソッドでスキルが身に付く
  • 完全無料の転職/副業サポートが充実

DMM WEBCAMPは、質の高い講師陣と独自のメソッドが特徴。未経験の方でも、最短でスキルを身につけやすいプログラミングスクールです。

講師は全て現役のエンジニアで、最短1ヶ月からスキル習得が可能な多彩なコースが用意されています。

最短スキルを身につけやすい理由
専任の現役エンジニアがパーソナルメンター
受講形態はオンライン完結
マンツーマンレッスン週2回
転職・副業サポート全コース対応

用意されているおもなコースは以下の通りです。

DMM WEBCAMPのおもなコース
  • Pythonコース
  • Webアプリケーションコース
  • Javaコース
  • Webデザインコース
  • PHP/Laravelコース
  • 動画クリエイターコース

Web開発の分野に強いので、この分野に興味がある方にはメリットが大きいでしょう。

受講生限定の転職/副業サポートも充実。転職サポートでは質の高い求人紹介、副業サポートでは案件獲得後のマンツーマンサポートも受けられます。

転職は、専属アドバイザーによるサポートの転職特化型コースもあります。
料金(税込) 169,800円〜
※プランにより異なる
期間 4〜16週間
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、PHP、Ruby、Java、Python
就職・転職支援 あり

RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQ

おすすめポイント
  • Railsに特化したプログラミングスクール
  • 業界最高水準のコストパフォーマンス※公式サイトの文言
  • Web系開発企業への内定率は98%※創業から2021年末まで

RUNTEQは、オンライン専門のプログラミングスクールです。Web開発において需要の高いRails(Ruby on Rails)に特化したサービスを展開しています。

 Rails(Ruby on Rails)では短いコードでプログラムを書けるため、初心者の方でも学習しやすいのが特徴です。

学習期間は約9ヶ月で1,000時間以上と業界トップクラス。実践的な学習を受けられるので、開発現場の技術力が身に付きます。

コスパも高く、未経験からの学習となる「Webマスターコース」は1ヶ月あたり受講料が5万円未満の安さです。

基礎を把握している方は、より低価格のプランも選べますよ。

スキルが身につくだけでなく、キャリアサポートも手厚いのが特徴。転職成功者の内、Web系開発企業への内定率は98%の高さを誇ります。

キャリアサポートの主な例としては、以下が挙げられます。

RUNTEQの手厚いキャリアサポート
現役エンジニアへ質問し放題
ポートフォリオ作成の徹底支援
キャリアトレーナーによる月2回の面談

なお、就職レベルを担保するために、RUNTEQでは中間試験と卒業試験を実施。企業が求める技術水準に到達したことを確認した上で、転職活動を行えます。

料金(税込) 437,800円
※プランにより異なる
期間 9ヶ月
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScript、Vue.js
就職・転職支援 あり

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

SAMURAI ENGINEER

おすすめポイント
  • マンツーマンレッスンに特化したスクール
  • オリジナルカリキュラムで目的達成を最短でサポート
  • コースに限らずいつでも質問相談ができる環境

SAMURAI ENGINEERは、マンツーマンレッスンに特化したオンラインのプログラミングスクールです。受講者に合わせたオリジナルカリキュラムで、目的に沿った学習が可能です。

 経験豊富な現役エンジニアが専属で入学から卒業までをサポート。プログラミングのスキルはもちろんのこと、実務で役立つ情報も学べます。

コースは全6種類を用意し、幅広い分野でプログラミングを学べるのが特徴です。

SAMURAI ENGINEERのコース
  • エキスパートコース
    →プログラミング知識を仕事に活かしたい方におすすめ
  • 転職保証コース
    →即戦力エンジニアを目指す方におすすめ
  • フリーランスコース
    →時間にとらわれず働きたい方におすすめ
  • 教養コース
    →プログラミングの理解を深めたい方におすすめ
  • AIコース
    →機械学習ライブラリを使い仕事に活かしたい方におすすめ

どのコースを選択しても、質問相談が気軽にできる環境が整っています。専属講師にいつでも質問できるのに加え、講師とは別に学習コーチもサポートしてくれます。

転職目的の方は転職保証コースがおすすめです。転職成功率98%※1、平均年収65万円アップ※2の実績を誇ります。

全額返金保証もついているので安心して受講できるでしょう。
料金(税込) 66,000円〜
※プランにより異なる
期間 4週間〜
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン、通学
主な取扱言語 HTML、CSS、Ruby、PHP、Java、Wordpress、LPIC
就職・転職支援 あり

GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOB

おすすめポイント
  • 転職前提なら無料受講も可能
  • 未経験からでも最短1ヶ月でエンジニアとして就職できる
  • 人気の高いプログラミング言語にフォーカス

GEEK JOBは、無料受講も可能なプログラミングスクールです。転職できない場合に返金保証するスクールは多いですが、最初から無料受講を可能とするスクールは珍しいです。

コースは全部で3種類があり、目的に合わせた学習をできるのが特徴です。

GEEK JOBのコース
  • プログラミング教養コース
    →オンラインで教養としてプログラミング学習
  • プレミアム転職コース
    →オンラインでプログラミング学習+成果物の作成+転職のサポート
  • スピード転職コース(無料対象)
    →転職するために必要な学習+受けられる限りの選考

無料受講の対象は「スピード転職コース」に限られ、所定の審査に通過する必要があります。

スピード転職コースは、文字通り転職目的のコースです。最短1ヶ月の早さで転職も可能なので、早く転職したい方に向いています。

 学習できる言語は、人気の高いJava、Ruby、PHPの3つです。これらに付随した知識も習得可能で、実際のWeb開発現場で重宝されるプログラミングスキルが身につきます。

完全オンラインで受講できるので、ネット環境さえあれば場所や時間に捉われず学習可能。平日10:00〜18:00は講師とチャットやビデオ通話ができるので、疑問点もすぐに解決できる環境が整っています。

受講者の90%以上が未経験。初めての方でも安心して通えますよ。
料金(税込) 無料〜
※プランにより異なる
期間 1ヶ月〜
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、Java、MySQL、GitHub
就職・転職支援 あり

TECH ACADEMY(テックアカデミー)

TechAcademy

おすすめポイント
  • プログラミングスクール受講者数No.1※1
  • 講師は選び抜かれた現役エンジニアのみ
  • 目的別で分かれている多彩なコース

TECH ACADEMYは、受講者数No.1の実績があるオンライン専門のプラグラミングスクールです。受講生の満足度は98.7%※2を誇り、質の高いサービスが魅力です。

 講師は通過率10%の選考に合格した現役エンジニアのみを採用。マンツーマンサポートで目的達成までを寄り添います。

コースは目的別に多彩に分かれているのが特徴。学習後のゴールを明確にイメージできます。学べる主なコースを表でまとめました。

目的 主なコース
副業・転職
  • はじめての副業
  • フロントエンド副業
  • エンジニア転職保証
Webサービス開発
  • Webアプリケーション
  • PHP/Lavel
  • フロントエンド
  • Java
  • Webアプリ実践
スマートフォンアプリ開発
  • iPhone
  • Android
Webサイト制作
  • Webデザイン
  • デザイン実践ポートフォリオ
  • UI/UXデザイン
AI・データサイエンス
  • Python
  • AI
  • データサイエンス
ゲームアプリ制作 Unity

ここまで細かくコース設定されているスクールは珍しいです。やりたいことを最短で学べる環境といえるでしょう。

なおエンジニア転職保証コースは、経済産業省・厚生労働省認定講座のため、条件を満たせば受講料の最大70%が給付金として支給。活用すれば割安で受講可能です。

複数コースを受講すれば割引になる特典もありますよ。
料金(税込) 99,900円〜
※プランにより異なる
期間 4週間〜
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、PHP、Ruby、Ruby on Rails、Java、Python
就職・転職支援 あり

tech boost(テックブースト)

tech boost

おすすめポイント
  • カリキュラムを自由に組める
  • 1ヶ月に最大8回のメンタリングで学習をサポート
  • 1ヶ月3万円台の受講料

tech boostは、カリキュラムの自由度が魅力のプログラミングスクールです。受講者それぞれに最適なプランを提案してくれるので、レベルや目的に合わせた学習が可能です。

 転職・フリーランス転身目的のブーストコース、プログラミングの基礎を学べるスタンダードコースがあり、どちらもオーダーメイドのカリキュラムです。

受講期間は3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の3つから選択可能。生活スタイルに合わせて無理なく学習計画を立てられるのが特徴です。

受講期間終了後も1ヶ月単位で延長可能ですよ。

受講料は、コースや期間に限らず32,780円(税込)の月額制です。月額3万円台のプログラミングスクールは、かなりコスパの高いサービスといえるでしょう。

メンタリング、入学金、教室利用で別途料金が発生します。
料金(税込) 32,780円/月
※別途、入学金など諸費用が発生
期間 3ヶ月〜12ヶ月
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン、通学
主な取扱言語 HTML、CSS、PHP、Ruby、Java、JavaScript
就職・転職支援 あり

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

POTEPAN CAMP

おすすめポイント
  • 転職成功者のWeb系開発企業への内定率は100%
  • 全額返金保証付きの転職サポート
  • 受講生限定のイベントがある

POTEPAN CAMPは、Web系開発企業への転職に強いプログラミングスクール。転職成功者は100%Web系開発企業へ内定しています。Webエンジニア転職を希望する方に向いているでしょう。

 コースは「Railsキャリアコース」の1つのみ。未経験からも最短5ヶ月で転職に必要なスキルを身につけられます。

転職へのサポートも充実しており、以下のサービスを受けられます。

POTEPAN CAMPの転職サポート
ポートフォリオのアイデア出し・制作サポート
100社以上の提携求人の紹介
エントリー資料添削
面談対策
全額返金保証

転職成功者の93%が提携企業にて内定を獲得しており、卒業生は選考を有利に進められる点が魅力です。資料添削や面談対策もしてくれ、手厚いサポートで転職を支援してくれます。

仮に転職に成功しなくても、全額返金保証がついているので安心です。

受講中には、勉強会や提携企業の説明会などの受講生限定イベントも開催。転職へのモチベーションを保ちやすい環境も特徴です。

料金(税込) 440,000円
期間 20週間
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScript
就職・転職支援 あり

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.

おすすめポイント
  • 現役Webエンジニア講師から必要なスキルが学べる
  • 自立までしっかりサポートあり
  • スタッフや生徒同士で支え合うコミュニティがある

TECH I.S.(テックアイエス)は最初の半年で学び、残りの半年でキャリアサポートを実施してくれるプログラミングスクールです。

キャリアサポートに重きを置いているのが特徴で、必要な知識を学ぶだけだけでは終わらないのが大きな特徴です。

 1年間のコースの中で必要な知識と、実践的なスキルを学び、就業を目指します。

実務未経験からエンジニアを目指す人が集まるプログラミングスクールで、特にスタッフや生徒同士でのコミュニケーションを重視しています

3~4人でチームを組んでシステム開発をするなどのカリキュラムもあり、実践的な環境で学ぶことができます。
短期スキルコースや副業コースなどのコースも用意されていますが、キャリアサポートなどがつくのはメインのコースのみです。
料金(税込) 686,400円
※一括払いの場合
期間 1年間
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 PHP、HTML、CSS、SQL、Git、
JavaScript、Laravel、Twitterクローン開発
就職・転職支援 あり

TECH CAMP(テックキャンプ)

tech camp

おすすめポイント
  • 受講者数累計60,000人以上 
  • 専属トレーナーが学習をしっかりサポート
  • 転職できなかった場合の返金制度あり

TECH CAMPはオンライン授業でも、挫折せずにスキルを身につけることを徹底サポートしてくれるプログラミングスクールです。

オンライン授業はモチベーションが続かないという人が多いのですが、TECH CAMPではそういった部分も含めてフォローしてくれます。

 専属トレーナーが学習のペースなどをサポートしてくれることと、講師への質問がし放題となっているのが特徴です。

徹底したサポートで、学習途中の離脱率はかなり低い割合となっており、転職成功に繋がりやすくなっています。

教材はTECH CAMPオリジナルの教材で、初心者でもわかりやすいことを重視しています。
料金(税込) 657,800円
※一括払いの場合
期間 最短10週間
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語

HTML、CSS、JavaScript、Ruby on Rails、GitHub

就職・転職支援 あり

TECH CAMP公式サイト

※2016年9月1日〜2021年5月14日テックキャンプ全サービスの累計受講者数(無料プログラミング体験の受講者を含む)

codecamp(コードキャンプ)

codecamp

おすすめポイント
  • 受講者数50,000名以上
  • 無料カウンセリングで最適なプランや内容を確認できる
  • 現役のエンジニアからスキルを学べる

codecampは専門的なITスキル・知識を現役のエンジニアから学ぶことができるプログラミングスクールです。

受講者数も多く、実績があるプログラミングスクールなので、未経験の人でも安心して学習することが可能です。

 無料でCodeCampを体験できるようなカウンセリングが開催されていて、実際どんな学習をしていくのかがよくわかります。

受講時間は朝7時から23時までの間で、週末に集中して受講するなどライフスタイルに合わせた学習ができるのも特徴です。

0からスタートして、Webサイトやアプリを作れるような実践力を磨くカリキュラムが実施されています。

料金(税込) 198,000〜363,000円
※プランにより異なる
期間 2〜6ヶ月
※プランにより異なる
受講スタイル オンライン
主な取扱言語 HTML、CSS、JavaScript、jQuery、PHP、Laravel
就職・転職支援 あり

プログラミングスクールを選ぶ5つのポイント

プログラミングスクールを選ぶ5つのポイント
  1. オンラインか通学か
  2. 就職・転職の支援
  3. 習得できるプログラミング言語
  4. 予算内で学べるか
  5. 体験授業やカウンセリングがあるかどうか

1.オンラインか通学か

オンライン

プログラミグスクールは、受講形態で大きく以下の2つに分かれます。

プログラミングスクールの受講形態
オンライン
オフライン(通学)

ご自身の生活スタイルに合っている方を選べば、継続しやすいでしょう。立地的に難しい場合や、仕事などと並行して通う場合はオンラインの方が便利な場合も多いです。

それぞれのおもなメリット・デメリットは以下の通りです。

オンラインのメリット・デメリット
  • メリット
    ・地方在住でも問題ない(場所にとらわれない)
    ・時間の少ない方でも受講しやすい
    ・料金が比較的安い
  • デメリット
    ・モチベーションが続きにくい
続いて、オフライン(通学)のメリット・デメリットをそれぞれ見ていきます。
オフライン(通学)のメリット・デメリット
  • メリット
    ・対面での指導を受けられる
    ・他の生徒もいるからモチベーションが保ちやすい
  • デメリット
    ・通学時間がかかる
    ・料金が高め

人気があるのはオンラインでの受講です。場所代を必要としないため通学タイプよりも料金は安い傾向にあり、時間の少ない方でも受講しやすい点が人気です。

コロナ禍によるオンライン環境の拡大により、オンライン受講への抵抗が少なくなってきたことも要因の1つでしょう。

一方で、実際の教室で受講する通学タイプも、一定数の方に支持されています。対面指導してくれるので、疑問点はその場で聞いて解決できるのは強みでしょう。

通学なら他生徒が学習している風景も見れるので、モチベーションアップにもつながりますよ。

2.就職・転職の支援

転職支援

スクールで学習した後に就職・転職を考えている方は、就職・転職への支援を行なっている会社を選ぶとよいでしょう。

せっかく学んだ知識ですが、実際に業務で使ってみないことには自分のレベルがわかりづらいので、自分のレベルを把握してくれるプログラミングスクールが支援してくれるかは重要です。

 求人紹介やポートフォリオ作成などのサポートを受けられるため、1人で活動するよりも効率的です。

スクールによっては、就職・転職できなかった場合の返金保証付きという手厚いプランも用意しています。

スキルを身につけるだけでなくキャリア形成も検討している方は、就職・転職サポートの有無も確認しておきましょう。

3.習得できるプログラミング言語

スクールでどんなプログラミング言語を学べるかは、選ぶ際の大事なポイントです。学びたい言語のコースがなければ意味がありません。

ただし以下のような人気言語については、多くのスクールで学習可能です。

人気のプログラミング言語
PHP
JavaScript
Java
Ruby
Python

プログラミング初心者で何を学べばよいか分からないという方は、学んで何をしたいかを考えましょう。やりたいことから逆算して習得言語を決めるとスムーズです。

ゲーム開発をしたいのか、アプリ開発をしたいのかでも学ぶべき言語は変わってきますよ。

4.予算内で学べるか

お金の計算

プログラミングスクールのほとんどは有料のスクールで、1ヶ月ごとに料金を支払う形式だけでなく、総期間分を一括で支払うスクールや、初期費用としてまとまった額が必要になるスクールもあります。

プログラミングスクール自体は転職などに有効ではありますが、予算を大きく超えた額のプログラミングスクールは、もし通うことができたとしても大きな負担になります。

 受講料はプログラミングスクール自体や期間、習得したい内容によっても大きく異なります。

そのため、しっかりと予算を決めておき、その範囲で通うことができるプログラミングスクール選びが重要です。

また、受講料以外にも様々な費用が発生する場合もありますので、契約の際には必ず確認しておきましょう。

プログラミングスクールで学んだあとの転職は年収アップが見込めますが、無理のない範囲で通えるスクールにしておきましょう。

5.体験授業やカウンセリングがあるかどうか

高度な知識が学べるとはいえ、プログラミングスクールによっては高額といえる受講料をまとめて支払う必要がある場合もあります。

しっかりと内容やレベルを理解せずに契約をしてしまって、いざ始まってみたらついていけずに挫折してしまうというケースもあります。

 プログラミングスクールの中には契約前に説明会やカウンセリング、もしくは体験授業が受けれるところもあります。

不明な点や疑問点をしっかりと確認しておくことや、体験授業によってどのような授業がされていくのか把握しておくことで、自分のイメージとのずれが小さくなります。

説明会や体験授業がない場合でも、授業の光景が見られる映像などである程度把握することもできます。

通い始めてから「こんなつもりではなかった…」とならないように、しっかりと疑問点は確認しておきましょう。

プログラミングスクールに通うのがおすすめな理由

仕事用のパソコン

本記事ではおすすめのプログラミングスクールや、その選び方などを紹介してきましたが、いまプログラミングスクールをおすすめしているのには3つの大きな理由があります。

それぞれを詳しく解説していきます。

エンジニアとして就職・転職できる可能性がある

選ぶポイントでも解説しましたが、エンジニア及びプログラマーは需要に対して人口が少ないといわれており、引く手数多の業種でもあります。

一方でプログラミングは専門知識でもあるので、未経験の人がいきなりプログラマーになるというのは難しいのが現実です。

 中にはプログラム未経験の人を募集してプログラマーとして育成するパターンもありますが、滅多にあるパターンではありません。

プログラマーとして就職・転職を考えているなら、やはりプログラミングスクールでプログラムを学ぶのが近道といえます。

プログラマーやエンジニアは専門職であるため、一般的な業種よりも給与が高い傾向にあるので就職・転職先としては魅力的です。

将来のために、先行投資としてプログラミングスクールに通うという考え方ですね。

独学よりも実践的な知識を学べる

ニーズにあった学習

プログラムの勉強はもちろん独学でもできます。

しかし、プログラムに必要な知識は膨大で、何をどの程度学べば仕事に活かせるのかという判断をするのは非常に難しいです。

 実際、開発するものが違えば必要なプログラム知識は異なり、いくら学んでもその知識が役に立つとは限りません。

プログラミングスクールであれば、目的ごとに必要なプログラミング言語や、仕事としてどの程度のレベルが要求されるのかをしっかり把握しています。

そのため、必要な知識やスキルを極力短い時間で学ぶことができるのが最大の特徴です。

プログラミングスクールの講師はもちろん専門家で、より実践的な知識を教えてくれます。

就職・転職の支援や給付金がある

プログラミングスクールによっては講習修了後に就職先の斡旋をしてくれるところもあります。

中にはプログラミングスクールの受講料自体が無料で、修了後にそのまま就職となるスクールもあります。

 ただし、斡旋先が優良な企業とは限らないケースもあるので、プログラミングスクールを選ぶ際に必ず修了後のサービスについても確認しておきましょう。

またプログラミングスクールによっては厚生労働省の教育訓練給付制度に該当しており、最大で受講費の7割にあたる金額が給付されることもあります。

こうした制度を利用することで、想像以上にお得な価格でプログラミングに通い、就職・転職をできる可能性があるのがプログラミングスクールです。

制度の対象になる講座かどうか、しっかりと確認してから契約を結びましょう。

よくある質問

プログラミングスクールは就職・転職に役立つ?
現代の日本ではエンジニア、プログラマーの数が足りておらず、多くの大手企業は優秀なエンジニア確保に四苦八苦しています。プログラミングスクールでプログラムを学び、エンジニアとして就職・転職することで年収アップも期待できます。
プログラミングスクールの授業は難しい?
プログラミングは基本が英語であることと、やはり難しいことをしているというイメージが強いため難しいと思われがちです。しかし、プログラム言語によっては決して難しいというものではありません。
プログラミングスクールが無駄といわれる訳は?
これからプログラムを学ぼうとする人には、プログラミングスクールで学べるプログラムの知識のレベルは判断ができません。そのため、レベルが低いスクールに通ってしまうと無駄となってしまう場合があります。
プログラミングスクールに通うと給付金がもらえる?
プログラミングスクールによっては厚生労働省の教育訓練給付制度の対象講座として認定されています。その場合、最大で費用の70%が戻ってくることがあります。
おすすめのプログラミング言語は?
最近ではPython、Rubyなどの言語がよく使われていますが、JavaScriptやJavaも幅広く使われている言語なためおすすめです。もちろんHTMLやCSS、PHPなどの言語も広く使われており、就きたいと考えている業種に最適な言語を重点的に学びましょう。

まとめ

今回はプログラミングスクールについて、おすすめやスクール選びのポイントを比較・解説してきました。一言でプログラミングスクールといっても、受講スタイルや学べる言語などが異なります。

 まずは学びたいプログラミング言語をしっかりと決めて、料金面や受講スタイルを比較するとよいでしょう。

学びたい言語が良くわからない方は、プログラミング学習の目的を考えることが大事です。

転職・就職目的なら、サポート体制が充実しているかも重要ですよ。

今回の記事が参考になった方は、ぜひプログラミング学習に挑戦してはいかがでしょうか。

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事