大阪ガスの電気口コミ・評判
監修者
監修者江田 健二RAUL株式会社/代表取締役

「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動などを実施。著書に電気・ガスはどこから来るのか?エネルギー供給のしくみをさぐろう』『かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門』など。慶應義塾大学経済学部卒業→東京大学 Executive Management Program(EMP)修了→アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画→RAUL株式会社を設立。 主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事。一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事。環境省地域再省蓄エネサービスイノベーション促進会委員(2019年)等

大阪ガスといえば、関西エリアを中心に都市ガスを提供しているガス会社です。ガス事業以外にも電気やインターネットなどのサービスも提供しています。

電力会社おすすめランキングでも上位におり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし中には「大阪ガスはやばいって本当?」「電気代は安くなるの?」と不安を感じているかもしれません。

本記事では、大阪ガスの電気の評判から特徴やメリット・デメリット、契約できる料金プランなどを詳しく紹介していきます。

キャンペーン情報や申し込み方法なども挙げていくので、電気会社の乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。
※昨今のウクライナ情勢や円安などの影響で、全国的に電気料金が高騰しています。新電力会社に乗り換えても、お得にならない可能性があります。また、当サイトのシミュレーションには「燃料費調整費」と「再エネ賦課金」を含みません。より、正確な料金シミュレーションは記事内で紹介している公式サイトでご確認ください。

大阪ガスの電気って?

大阪ガスの電気は、2016年に家庭用と小口業務用電力供給事業に参入し、2022年2月11日時点で供給件数160万件を突破した実績のある会社です。※1~4

関西エリアでの新電力会社としても大きなシェアを獲得していることが分かります。

※1 2022年2月11日時点
※2 出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)
※3 新電力とはみなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)以外の小売電気事業者
※4 HDI格付けベンチマークレポート2021年11-12月調査/2022年1月発表 対象:電力・ガス小売業界

大阪ガスを利用しなくても電気の契約が可能

大阪ガスの特徴として、ガス契約をしていない場合でも電気契約が可能という点が挙げられます。

 そのため、他社の都市ガス・プロパンガスを契約しつつ、大阪ガスの電気だけ契約ということも可能です。

もちろん、大阪ガスを利用している人がセットで電気を利用することもできますし、その方が割引もされるのでお得になります。

ガスの供給エリアは、関西エリア限定となっているのでセットで契約したい方は供給エリアに注意しましょう。

大阪ガスの電気の基本情報

電球

ここでは大阪ガスの提供している電気の基本情報を紹介します。

社名 大阪ガス株式会社
本社 〒541-0046 大阪市中央区平野町四丁目1番2号
代表者 代表取締役社長 藤原 正隆
設立 1897年4月10日
事業開始 1905年10月19日
従業員数 [単体] 3,203名(執行役員・理事・嘱託含む、出向者除く)
[連結] 20,941名
(2021年3月末時点)
Daigasグループの主要な事業内容

■国内エネルギー・ガス:都市ガスの製造・供給および販売、ガス機器販売、ガス配管工事、LNG販売、LPG販売、産業ガス販売

■国内エネルギー・電力:発電および電気の販売

■海外エネルギー:天然ガスおよび石油等に関する開発・投資、エネルギー供給、LNG輸送

■ライフ&ビジネス ソリューション:不動産の開発および賃貸、情報処理サービス、ファイン材料および炭素材製品の販売

大阪ガスの電気の評判からわかるメリット・おすすめの人は?

ここからは、大阪ガスの電気を利用している人の評判・口コミを紹介します。

大阪ガスのメリット
  • 関西電力よりも最低料金・電力量料金が安い
  • 解約金が基本的にはかからない
  • 関西エリアはガスとセットでさらにお得

大阪ガスのメリットやおすすめな人をまとめました。

関西電力よりも最低料金・電力量料金が安い

最低料金とは使っても使わなくても毎月発生する料金のことで、いわゆる「基本料金」と同じようなものです。

関西電力従量電灯Aプランの最低料金が「341.02円(税込)」に対し、大阪ガスの場合は「285.00円(税込)」となっています。

以下は、関西電力と大阪ガスの電気料金についての比較表です。なお2022年11月17日時点の情報を引用しています。

電力会社 大阪ガス
(ベースプランA-G・税込)
関西電力
(従量電灯A・税込)
最低料金 285.00円
56.02円お得
341.02円
15kWh~120kWh 20.31円 20.31円
121kWh~350kWh 24.90円
0.81円お得
25.71円
350kWh~ 27.83円
0.87円お得
28.70円
公式サイト 公式サイト 公式サイト

以上の表からわかるように、関西電力と大阪ガスの電気を比較すると、最低料金だけでなく、1つは同じ・他2つは大阪ガスの方が安いことがわかりました。

“ベースプランA-G”は、大阪ガスと電気をセットで契約している内容なので、関西エリアにお住まいの人にとってお得になります。
他にも安くなる電力会社がないか気になる方は、電力一括比較サイトの利用もおすすめです!今なら最大30,000円のキャッシュバックが受けられます。

解約金が基本的にはかからない

お金のグラフ

一般的な家庭向けの料金プランである「ベースプランA」「ベースプランA-G」「家庭用ガス発電プラン」の場合は、契約期間中で契約を解除しても解約金・違約金はかかりません

 引っ越しやほかの会社に乗り換えるといった理由で急きょ解約をする場合でも、心配は無用です。

ただし、飲食店や商店・事務所といった業務用のプランである「ベースプランB」「ベースプランB-G」の場合は原則8,800円(税込)の解約金が発生します。

「スタイルプランP」や「ウィズradikoプラン」などの場合は解約金ではありませんが、適用がなくなった日から当初の契約終了日までの残存期間に応じて1か月数百円程度の金額がかかります。

一般的な契約方法であれば、解約時に費用がかからないので乗り換えのハードルを気にしなくていいのもメリットですね。

関西エリアはガスとセットでさらにお得

大阪ガスは、ガスと一緒に契約をするプラン「ベースプランA-G」を用意しています。この場合、ガス代が3%・6%安くなるGAS得プラン」が適用されます。

GAS得プラン
約3%お得 大阪ガスの電気orインターネットを利用
約6%お得 大阪ガスの電気インターネットを利用

一般料金の人であれば移行できるプランなので、ハードルも高くはないでしょう。

ガスの供給エリアである関西エリアの方なら、ガス代の節約も可能というのがうれしいですね。

大阪ガスの電気がおすすめな人

並ぶ電球

大阪ガスの電気の契約がおすすめな人の特徴は3つです。

おすすめポイント

・関西エリア在住の人
・すでに大阪ガスの都市ガスを契約している人
・実績のある大手の新電力会社を探している人

ガスと電気を一緒に契約することでガス料金が3%お得になる特典が受けられるので、ガスの供給エリアである関西エリア在住の方にはおすすめです。

2016年から新電力事業に参入し、2022年2月11日時点には供給件数が160万件を突破するなど、実績も申し分ありません。

大阪ガスの電気の料金プラン

電球と空

大阪ガスの電気の料金プランは大きく4つに分かれていますが、その中でも色々なプランが用意されています。

プラン名
関西エリア向けプラン ベースプランA-G
ベースプランA
家庭用ガス発電プラン
新生活応援プラン
スタイルプランS、P、d、E
ウィズradikoプラン
ウィズよしもとプラン
ウィズABEMAプラン
JO1でんき
ゲームでんき(2022年1月26日で新規申し込み受付終了)
関西電力従量電灯B 相当に契約中向けのプラン ベースプランB-G
ベースプランB
スタイルプランd-B
スタイルプランE-ZEROB
関西電力低圧電力 相当に契約中向けのプラン 動力用プラン
スタイルプランE-ZERO動力
関西エリア以外向けのプラン JO1でんき
ベースプランA/B

以上からも分かる通り、大阪ガスの電気の料金プランは豊富にあるので、家庭用・業務用など規模や形態・ライフスタイルなどによっても選ぶことが可能です。

まずはベーシックなプランである家庭向けである「関西エリア向けプラン」について紹介していきます。
※なお料金単価・最低料金は2022年11月18日時点のもので作成しています。

ベースプランA-G(関西電力従量電灯A 相当)

ガスコンロ

大阪ガスの「ガス」と「電気」を一緒に利用する人向けのプランが「ベースプランA-G」です。ガス料金が3%割引になるGAS得プラン・もっと割」と組みあわせできます。

最低料金(~15kWh) 料金単価(税込)
285.00円
電力量料金 15kWh~120kWh 20.31円
121kWh~350kWh 24.90円
350kWh~ 27.83円

ガスと電気の支払いが一緒になれば、家計管理もその分まとめられるのが利点でしょう。

大阪ガスの電気料金プランの中でスタンダードなプランなので、シンプルな料金プランを探している人にもおすすめです。

ベースプランA(関西電力従量電灯A 相当)

ベーシックプランAは、電気のみの契約で該当するプランのことです。大阪ガスを契約していなくても、関西電力エリア在住の方なら契約できるプランとなっています。

最低料金(~15kWh) 関西電力 大阪ガス
341.01円 285.00円
電力量料金 15kWh~120kWh 20.31円 20.31円
121kWh~350kWh 25.71円 25.30円
350kWh~ 28.70円 28.12円

上の表からも分かるように、最低料金・電力量料金どちらも関西電力よりも低く設定されています。

ただし、先ほど紹介したベースプランA-Gと比較するとベースプランAは0.3~0.4円程度割高です。

家庭用ガス発電プラン(関西電力従量電灯A 相当)

シャワー

家庭用燃料電池である「エネファーム」や「エコウィル」を使ってる世帯向けのプランも用意されています。最低料金・電力量料金単価もベースプランA-Gと同じです。

最低料金(~15kWh) 料金単価(税込)
285.00円
電力量料金 15kWh~120kWh 20.31円
121kWh~350kWh 24.90円
350kWh~ 27.83円

なお、エネファームに関しては、大阪ガスで「typeS」が販売されています。都市ガスから水素だけを取り出して、空気中の酸素と反応させることで発電させる機械のことです。

その時に発生する「」を使ってお湯を沸かすこともできるので効率的です。

さらに余った電気は大阪ガスに対して売ることもできるのがポイント。

新生活応援プラン(関西電力従量電灯A 相当)

名前の通り、「新生活応援プラン」は、引っ越しなどで関西電力エリアに移り住む方向けのプランです。

基本料金 料金単価(税込)
200.00円
電力量料金 ~20kWh 0.00円
20kWh~350kWh 25.00円
350kWh~ 27.83円

申し込みが事前に必要ですがこのプランは、大阪ガスと電気を一緒に契約すると「新生活セット割」が適用されて、電気基本料金が常に無料となります。

 つまり、年間2,400円発生する基本料金が無料ということです。

会員専用サイトと大阪ガスが運営するセレクトショップ「スマイLINK」に無料登録をするとボーナスとして、3,000円分のポイントがプレゼントされます。

ベースプランA/B(関西エリア以外)

送電線

大阪ガスの電気料金プランは基本的に関西エリアに特化していますが、実はベースプランA/Bという、関西エリア以外の人も契約できるプランが用意されています。

 ベースプランAに該当するエリアは、「中国」「四国」の2つ、ベースプランBに該当するのは「北海道」「東北」「中部」「北陸」「九州」となっており、関東以外のエリアで契約できるようになっています。

ここでは一例として「中部エリア」の料金を紹介していきます。※2022年11月18日時点のデータを使用しています。

料金単価(税込)
基本料金 契約電流 10A 280.90円
契約電流 15A 421.36円
契約電流 20A 561.81円
契約電流 30A 842.72円
契約電流 40A 1,123.62円
契約電流 50A 1,404.53円
契約電流 60A 1,685.44円
電力量料金 120kWhまで 20.78円
120kWhをこえ300kWhまで 24.87円
300kWhをこえる分 26.99円

今回一例として紹介した中部以外の地域も、契約電流10A~60Aごとに基本料金が設定されており、電力量料金も3段階で設定されています。

【最新】大阪ガスの電気キャンペーン情報

2023年1月現在、大阪ガスではキャンペーンが確認できませんでした。

【大阪ガスよりもお得な電力会社を調べる】
大阪ガスよりもお得な電力会社がないか知りたい方は、電力会社一括比較サイトの利用もおすすめです!

電力会社のプロが複数の電力会社を比較して、あなたにぴったりのプランを完全無料で探します。

今なら30,000円の現金キャッシュバックキャンペーンが実施中!お得な機会を逃さないようにしましょう。

大阪ガスの電気の申し込み方法・解約手順

申し込み方法・解約手順

申し込みの手順はなんと2ステップだけです。基本的に流れに沿っていくだけでOKなので簡単です。

手順①:申し込み

大阪ガスの窓口にある「電気料金シミュレーション」を経て申し込み手続きをしましょう。なお申し込みの際には「電気の検針票」を準備しておくとスムーズです。

申し込みに必要なもの
  • 契約者指名
  • 住所・メールアドレス・電話番号
  • 現在契約している電力会社の「お客様番号」
  • 供給地点特定番号(検針票などで確認)

もし検針票が手元にない場合は、契約している電力会社に問い合わせをすることで分かります。

申し込みが完了すると、現在契約している電力会社への「解約手続き」は大阪ガスが代わりに行ってくれます。

面倒な解約手続きをしなくていいのは助かりますね。

手順②:スマートメーターの設置・使用開始

スマートメーターの設置

申し込みが完了したら、スマートメーターの設置になりますが、すでにスマートメーターが設置されている場合はそのまま使うことになるので何もしなくてOKです。

 スマートメーターがすでにある場合は、申し込みを完了してから「2~3週間後」くらいから大阪ガスの電気が使用開始できます。

まだ設置されていない場合でも、関西電力などの一般配送電事業者がスマートメーターの設置や工事をしてくれます。なお設置費用などは発生しません

この場合は、申し込み完了から「2週間~1か月半後」くらいから使用できるようになります。

解約手順

大阪ガスの電気を解約する場合には2つのパターンがあります。

現在住んでいるところで電力会社を乗り換えるケース

申し込みの時と同じように、新たに契約する電力会社に申し込み手続きをするだけで、その会社が大阪ガスに対して解約手続きを代行してくれます。

 解約金の有無については、契約している料金プランによっても異なるので必ず確認しておきましょう。

スタンダードなプラン「ベースプランA-G」や「ベースプランA」では解約金が発生しないので、一般的な家庭であれば気にしなくても大丈夫です。

飲食店・商店向きのプランや、付帯サービスがつくプランなどでは契約期間中の解約の際に解約金が発生するので注意しましょう。

引っ越しなどで解約をするケース

引っ越し

引っ越しなどが理由で大阪ガスの電気を解約する場合には、解約手続きをしなくてはなりません。

 解約を希望する日の前日17時までに、大阪ガスのコールセンターに電話で解約の旨を伝えましょう。

電話以外にはインターネットやFAXからも可能ですが、解約希望日が当日・翌日の13時以前の場合は電話でないとできません。

引っ越し先でも続いて大阪ガスの電気を使いたい場合には、現住居での解約手続きと、新居での契約手続きをまとめて行うこともできます。

大阪ガスの電気に関するよくある質問

大阪ガスの電気が契約できるエリアはどこ?
関西エリア以外には、北海道・東北・中部・北陸・九州(沖縄を除く)が該当します。基本料金や電力量料金はエリアによって異なるので、事前に確認しましょう。
大阪ガスの電気料金プランはどれがおすすめ?
すでに大阪ガスの都市ガスを契約している人は「ベースプランA-G」がおすすめです。電気とセット割でガス代が3%お得になります。「ベースプランA」は、関西電力の従量電灯Aよりも最低料金・単価が低く設定されているのが特徴です。(2022年11月18日時点)
大阪ガスの電気は解約金が必要?
一般家庭向けであるベーシックなプランである「ベースプランA-G」や「ベースプランA」では必要ありません。しかし業務用や一部特典が付与されるプランでは契約期間中の解約につき、解約金が発生するので注意しましょう。
大阪ガスの電気と関西電力はどっちがお得?
関西エリア最大手の電力会社である関西電力の従量電灯Aと比較して、「ベースプランA-G」と「ベースプランA」は単価・最低料金ともに安く設定されています。

まとめ

大阪ガスの電気について評判からわかる魅力や電気料金プランなどを紹介していきました。

大阪ガスの電気は、関西エリアで160万件を超える実績を持ちます。そのため、大手の新電力会社でお得に契約・利用できる会社をお探すの人にもおすすめです。

特にすでに大阪ガスをお使いの人であれば、電気と一緒に契約することでガス代がお得になります。

関西エリア以外の方でも、電気だけの契約は可能なので該当エリアの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事