ONEでんき 評判
監修者
監修者江田 健二RAUL株式会社/代表取締役

「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動などを実施。著書に電気・ガスはどこから来るのか?エネルギー供給のしくみをさぐろう』『かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門』など。慶應義塾大学経済学部卒業→東京大学 Executive Management Program(EMP)修了→アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画→RAUL株式会社を設立。 主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事。一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事。環境省地域再省蓄エネサービスイノベーション促進会委員(2019年)等

電気代の高騰が続いている現代。毎月発生する電気代を少しでも節約するためにも、新電力会社への切り替えを検討している人も多いでしょう。

電力会社ランキングの中でも人気なのが「ONEでんき」です。シンプルな料金プランや基本料金0円を実現している特徴があります。

しかし「ONEでんきは評判が悪い?」「電気代は高い?値上げした?」という声を聞いて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ONEでんきの特徴やメリットなどを評判や口コミから紹介していきます。

申し込み方法やおすすめする人なども挙げていくので、電力会社を比較する際にぜひお役立てください。
\30,000円キャッシュバックあり/
ONEでんき契約前にすべきこと
ONEでんきは基本料金0円のシンプルプラン

電気の使用量が多いファミリー世帯におすすめ

電気の使い方によっては電気代が高くなってしまうことも…

確実に安くなる電力会社を探すためにも電力会社一括比較サイトを利用しよう!

電気チョイス

電力会社一括比較サイトとは?
電力比較サイトの仕組み
電力会社一括比較サイトは、複数の電力会社を専門家が一括比較してくれるサービスです。

世帯人数やオール電化住宅など、ライフスタイルに合わせたプランをプロが無料で比較!あなたにぴったりの電力会社が一発でわかります。

今なら現金30,000円のキャッシュバックキャンペーン実質中。せっかく乗り換えるならお得に電力会社を選びましょう!

電気チョイス

※昨今のウクライナ情勢や円安などの影響で、全国的に電気料金が高騰しています。新電力会社に乗り換えても、お得にならない可能性があります。また、当サイトのシミュレーションには「燃料費調整費」と「再エネ賦課金」を含みません。より、正確な料金シミュレーションは記事内で紹介している公式サイトでご確認ください。

ONEでんきの基本情報

ONEでんき

ONEでんきの運営会社である「株式会社グランデータ」は、2016年の電力自由化に伴い2019年から事業を開始しました。

“電気”のみのサービス提供となっており、シンプルなサービス内容が特徴です。

基本情報

ここではONEでんきの基本情報を表でまとめました。

対応エリア 全国(一部地域・離島・沖縄県を除く)
電力量料金 25.40~32.00円(※2022年11月23日時点)
基本料金/最低料金 0円
料金プラン フリープランのみ
解約手数料・初期費用 0円
運営会社 株式会社グランデータ
本社所在地 東京都豊島区南池袋二丁目9番9号

基本料金・最低料金が0円のほか、初期費用や解約手数料なども一切発生しないのが特徴です。

ONEでんきの料金プラン

並ぶ電球

ONEでんきでは、11月23日時点で「フリープラン」のみの提供となっています。ここでは各エリアごとの基本料金/最低料金と電力量料金を一覧でまとめました。

エリア 基本料金/最低料金 電力量料金(1kWhあたり)
北海道電力 0円 32.00円
東北電力 0円 28.00円
東京電力 0円 28.80円
中部電力 0円 28.50円
北陸電力 0円 25.50円
関西電力 0円 25.50円
中国電力 0円 26.50円
四国電力 0円 26.90円
九州電力 0円 25.40円

全てのエリアで基本料金・最低料金が0円であることが分かります。

電力量料金は変更されることがあるので、契約検討時には公式サイトなどで事前に確認することをおすすめします。

出典:ONEでんき公式サイト

ONEでんきはどれくらいお得?

お金

ONEでんきと従来の大手電力会社を比較して、どれくらいお得になるのかを紹介します。ここでは東京電力エリアとONEでんきのフリープランで比較していきます。

アンペア数
東京電力
従量電灯B
ONEでんき
フリープラン
10A 286.00円 提供なし
15A 429.00円
20A 572.00円 0円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力量料金(1kWh)
120kWhまで 19.88円 28.80
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円

表からわかる通り、契約アンペア数に関係なくONEでんきは基本料金が発生しません。

 電力量料金をみていくと、300kWhまではONEでんきの方が単価が高く設定されていますが、300kWhを超えるとお得になります。

電気をたくさん使う家庭やオール電化世帯、ファミリー世帯の方におすすめの料金設定といえるでしょう。

出典:東京電力公式サイト 2022年11月23日時点

ONEでんき評判・口コミからみる4つのメリット

ONEでんきの実際の評判・口コミを集めると以下の4点の声が多いことがわかりました。ONEでんきにすることのメリットをひとつずつ解説していきます。

ONEでんきのメリット
  • 全エリア基本料金/最低料金が0円
  • 電気をたくさん使う世帯ほどお得
  • 申し込み手続きは最短5分
  • 初期費用・解約手数料・違約金が0円

メリット①全エリア基本料金/最低料金が0円

お金の入ったビン

ONEでんきの最大の特徴でありメリットは、全てのエリアで基本料金または最低料金が0円ということです。

例えば、東京電力エナジーパートナー 従量電灯B 30Aで契約している場合、基本料金だけでも1年間で「10,296円」も発生することになります。

 基本料金は使う・使わないに関係なく毎月発生する料金なので、正直「もったいないな」と感じている人も多い費用ではないでしょうか。

そんなユーザーの意見を反映しているともいえるのが、ONEでんきの基本料金・最低料金が0円ということでしょう。

電気の使用に関係のないコストが発生しないというのはメリットといえますね。
40代・男性(会社員)
基本料金が0円になっているのがまず1つ目のメリットです。基本料金が0円なので電気を全く使わなかった場合にはかかる費用は0円となります。

※出典:ONEでんき公式サイト

メリット②電気を使う世帯ほどお得

ONEでんきは基本料金が0円で、電力量料金単価が一定というのが特徴です。以下は 東京電力エナジーパートナー 従量電灯BとONEでんきとの料金比較表です。

電力量料金(1kWh)
東京電力 ONEでんき
120kWhまで 19.88円 28.80
120kWh超え300kWhまで 26.48円
300kWh超え 30.57円

120kWh超えて300kWhまでの場合、ONEでんきのほうが単価が高く設定されていることが分かります。

しかし300kWhを超える場合は1kWhあたり1.77円もの差が出てくるので、電気を多く使う世帯・ファミリー世帯の人にとってお得になるでしょう。
20代・男性(会社員)
基本料金が不要で、料金が使用量に応じて従量課金されるプランです。2人暮らしをするようになって利用を始めましたが、電気をよく使うファミリー向けのサービスだと感じました。

メリット③申し込み手続きは最短5分

PC操作する女性

ONEでんきはたったの2ステップで申込完了なので、最短5分で完了するのが特徴です。公式サイトの「申し込みフォーム」に必要事項を入力するだけ。

書類への記入や捺印・郵送といった手間が発生しません。さらに工事の立ち合いや機器の設置もないのでスムーズに契約ができます。

申し込みが済んだら後は待っているだけです。現在契約中の電力会社への手続きなども不要なのがメリットでしょう。
※スマートメーターが設置されてない場合の設置工事は必要になります。なおその場合も立ち合いは不要です。

メリット④初期費用・解約手数料・違約金が0円

ONEでんきは、契約時に発生する費用「初期費用」や解約時に発生する「解約手数料」、「違約金」などが一切発生しません。

 これは、申し込みから解約するまで支払う料金は常に「実際に使って電気だけ」ということです。

違約金・解約手数料がないということは、契約期間に縛られることがないという意味になります。

引越や使い方など自分の好きなタイミングで契約・解約ができるので、契約におけるハードルも高くないのではないでしょうか。
30代・男性(会社員)
ONEでんきについて素晴らしいことは、契約期間や違約金に関する縛りがありませんので、気軽に契約できたことでした。電気を切り替えるにあたりまして、余計なコストを使わなくて良かったので、その点で安心でした。

※ 再生可能エネルギー促進賦課金や燃料費調整額といった法定の支払いは他社電力サービス同様、別途支払いが必要

ONEでんきの悪い口コミ・評判からみる3つのデメリット

デメリット

ここまでONEでんきのメリットを紹介しましたが、ここからはイマイチな口コミ・評判をまとめていきます。

デメリットも紹介していくので、自分に合うのかどうかしっかり見極めてくださいね。

ONEでんきのデメリット
  • 電気をあまり使わない人にはお得にならないことも
  • ライフスタイルに合わせたプランは選べない
  • 支払い方法が2種類のみ

電気をあまり使わない人にはお得にならないことも

ONEでんきは、電気の使用量が多いほどに単価が従来の大手電力会社と比較して安く設定されているエリアもあります。

 そのため、あまり電気を使わない・一人暮らしの人にとっては、お得にならないこともあるので注意しましょう。

一人暮らしの方やオール電化住宅にお住まいの方は、他の電力会社でもしっかり料金比較してから決めるのがおすすめです。

電力会社 ONEでんき CDエナジーダイレクト TERASELでんき
おすすめな人 電気をたくさん使う
ファミリー世帯
・一人暮らし
・ファミリー
・オール電化
・一人暮らし
・ファミリー
基本料金
(東京電力エリア)
30A:0円
40A:0円
50A:0円
30A:802.98
40A:1,070.64
50A:1,338.30
30A:832.68円
40A:1,098.24円
50A:1,372.8円
従量料金 〜120kWh/28.80円
121~300kWh/28.80円
301kWh〜/28.80円
〜120kWh/19.78円
121~300kWh/25.47円
301kWh〜/26.38
〜120kWh/19.08
121~300kWh/25.42
301kWh〜/29.34円
対応エリア 全国
沖縄電力を除く
東京電力 全国
沖縄電力を除く
公式
30代・男性(会社員)
一人暮らしで元々電気の使用量が多いわけではなかったですが、やはり一人暮らしだと電気料金は安くならず逆に以前より高くなる月もありましたし、ある程度電気使用量の多い家庭ではないと向かない印象でした。

ライフスタイルに合わせたプランは選べない

ONEでんきでは、料金プランとして「フリープラン」のみの提供となっているのが特徴です。

 例えば、ガスやインターネットとの同時契約で得られる「セット割」といったものはありません。

その他オール電化世帯向けのプランもないので、ガスを使っていない家庭にも最適とはいえないことも。ライフスタイルに合わせて選びたい方は、他の電力会社とも比較してみてくださいね。

ONEでんきはシンプルな料金プランが特徴となっているので、セット割や特典を期待している人には適していないでしょう。
電力会社 ONEでんき 東京ガス CDエナジー
ダイレクト
大阪ガス auでんき
プラン フリープランのみ ・基本プラン
・さすてな電気
・オール電化向けプラン
・ベーシックでんき
・スマートでんき
・ファミリーでんき
・シングルでんき
・JO1でんき
・ポイントでんき
・よしもとでんき
・エンタメでんき
・KODOMO新聞でんき
・ベースプランA-G
・ベースプランA
・家庭用ガス発電プラン
・新生活応援プラン
・ファミリー応援プラン
(他8プラン)
・でんきMプラン
・ecoプラン
セット割 なし ガス なし ガス ガス
スマホ
光回線
ポイント なし ・楽天
・Tポイント
・dポイント
・Ponta
・nanaco
・WAON
・Tポイント
・dポイント
・nanaco
・WAON
・楽天
・Tポイント
・dポイント
・Ponta
・WAON
・Ponta
エリア 全国
沖縄電力を除く
 東京電力 東京電力  関西/北海道/東北/中部/北陸/中国/四国/九州  全国
公式

支払い方法が2種類のみ

クレジットカード

ONEでんきの支払い方法は「口座振替」もしくは「クレジットカード」の2種類しか用意されていません。

そのため、「振込用紙」で支払うことができないので注意しましょう。

コンビニにもっていって支払うことに慣れている人にとっては不便と感じるかもしれませんね。

【結論!】ONEでんきがおすすめな人

ONEでんきはいくつものメリットや魅力がありますが、特に契約をおすすめしたい人を項目ごとに紹介していきます。

ONEでんきがおすすめな人
  • 電気を多く使う世帯
  • シンプルな料金プランを探している人
  • お試しで契約してみたい人
  • 固定費を抑えたい人

電気を多く使う世帯

先ほど紹介した通り、ONEでんきは料金単価が一律となっており、東京電力従量電灯Bと比較すると300kWh以上使う場合においてお得になります。

 使えば使うほど、従来の大手電力会社と比較して節約額が大きくなるかもしれません。

そのため、ファミリー世帯やオール電化の家庭、電気を多く使うといった世帯に適しているプランといえるでしょう。

電気を多く使うせいで料金が高いと感じている場合は、ぜひONEでんきへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

シンプルな料金プランを探している人

電球

ONEでんきでは2022年11月時点で、「フリープラン」のみの提供となっています。

 基本料金がエリアに関係なく一切発生しないので、毎月使った分だけの費用しか請求されないということです

申し込みもたったの2ステップ、最短5分で完了するので、数多くのプランから検討するのが面倒・シンプルにお得になるプランを探している人にも適しています。

設備も従来と同じ送電設備(スマートメーター等)をそのまま使用するので、特別な工事などもありません

そのため、今までより停電が増える・電力供給が不安定になるといった心配もないですよ。

※ ただし、「再生可能エネルギー促進賦課金」「燃料費調整額」は他社と同様に別途発生します。

お試しで契約してみたい人

ONEでんきは、初期費用や工事費・解約手数料・違約金といったものが発生しないのが特徴です。そのため、好きなタイミングで契約・解約ができます。

「電力会社の切り替えが初めて」「試しに使ってみたいけど事務手数料が心配」という人にもお試し感覚で検討できるのではないでしょうか。

固定費を抑えたい人

コスト

基本料金・解約手数料・違約金といった、実際に使う電気料金以外に費用が発生しません。

 たとえば長期の出張や旅行・万が一の入院などの事態でも、電気をあまり使わない月に損をするということはないでしょう。

さらに、別荘を持っている人にとっても固定費がかからないためおすすめです。

確実に固定費をカットしたいという人にも魅力的ではないでしょうか。

ONEでんきの申込手順

ONEでんきへの契約申し込みは、たったの2ステップだけなので簡単です。特別な手続き・準備もいりません。

ただし、申し込みの前には自分の住んでいるところ・引っ越し先のエリアが供給エリアに該当しているかを確認しましょう。

1.申し込みフォームで必要事項を入力

スマホを操作する女性

ONEでんきへの契約には、公式サイトの「申し込みフォーム」に必要事項を入力します。

必要事項
  • 名前・フリガナ
  • 性別
  • 電話番号・メールアドレス
  • 生年月日
  • 利用場所
  • 建物区分
  • 住所
  • 支払い方法
  • 契約中の電力会社名
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 契約容量(アンペア数)
  • 支払い情報(銀行口座またはクレジットカードの情報)

なお「供給地点特定番号」とは電力を供給している地点を特定するために必要な番号のことです。

22桁の数字で「検針票」に記載されているので、申し込みの際には手元に用意しておくとスムーズに進みます。

なお、引っ越先で契約をする場合には、大家さんや管理会社などで供給地点特定番号が確認できます。

2.次回の検針日に自動切換え

申し込み内容に間違いなどがなければ、あとは待っているだけで、自動的にONEでんきに切り替わります。

 次回の検針日移行に自動的に切り替わりますが、申し込みのタイミングが検針日直前だった場合は、次々回以降になるので注意しましょう。

引越などで具体的な利用日が決まっていない問場合は、時期に余裕をもって申し込むことをおすすめします。

ONEでんきの解約方法

スマホ

ONEでんきを解約する際には、「カスタマーセンター」もしくは「お問い合せ」に連絡をすることで手続きが可能です。

他社電力会社に切り替える場合と、引っ越しを理由に解約をする場合で手続き方法が異なります。

ONEでんきに関するよくある質問

ONEでんきの供給エリアは?
沖縄県や一部地域・離島を除く全国(北海道電力・東京電力・関西電力・中部電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力)が供給エリアです。
申し込みの際には対象エリアに含まれているか事前に確認しましょう。
ONEでんきのメリットは?
基本料金がすべてのエリアで0円ということ、料金単価が一律に設定されていることが挙げられます。特に毎月300kWh以上使う人であれば、従来の大手電力会社よりも単価が安くなるので、電気代の節約にもつながります。
ONEでんきの利用がおすすめな人は?
ファミリー世帯・電気を多く使う世帯・オール電化世帯などがおすすめです。また、基本料金などの固定費をカットしたい人や、長期的に家を空けることがある人にも適しています。また、分かりやすい料金プランを用意している会社を探している人にもぴったりです。
ONEでんきのデメリットとは?
毎月の電気使用量が多くない人の場合、必ず電気代が安くなるとは限らないという点です。どれくらい安くなるのかは、住んでいるエリアによっても異なることに注意しましょう。
ONEでんきに申し込んでからどれくらい待てば切り替わる?
申込んでから最短で次回検針日から自動的に切り替わります。なお、引っ越しを理由に申し込む場合には、希望日を設定できますが、利用予定日よりも最低でも5営業日前までに申し込みましょう。
繁忙期やタイミングによっては希望日よりも後になってしまう可能性もあるので、余裕をもって
申し込みすることをおすすめします。
ONEでんきの料金支払い方法は?
「口座振替」と「クレジットカード支払い」の2種類が用意されています。なお、「振込用紙」による支払いには対応していないので注意しましょう。
ONEでんきの申込方法は?
申込む場合には、公式サイトの「申し込みフォーム」に必要事項を記入するだけです。その場合事前に「検針票」を用意しておくとスムーズです。なお引っ越し先で契約をする場合には、利用を開始する予定日の5営業日前までに完了する必要があります。
工事の立ち合いや特別な機器の設置なども必要ないので、申し込みが終わればあとは待つだけとなっています。
ONEでんきの解約方法は?手数料・違約金は?
ONEでんきを解約する際には「お問い合わせふフォーム」にメール、もしくは「カスタマーセンター」に電話をしましょう。他社への切り替えなのか引っ越しを伴うのかによって手続き方法が異なるからです。
なお、解約手数料や違約金などは発生しません。

まとめ

ONEでんきの評判からわかるメリットやデメリットなどを紹介しました。ONEでんきは基本料金が0円であることから、使った分が請求されるシステムとなっています。

また電力量料金単価も一律なので、料金の内訳がシンプルというのもメリットでしょう。

申し込みから切り替えまでたっての2ステップ・最短5分で申込が完了するので、電力会社の乗り換えに手間がかかりません。

お試しで使ってみたい人にもおすすめなので、電力会社の比較の際にはぜひONEでんきを検討してみてはいかがでしょうか。

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事