お金 借りたい/お金 借りる

日々生活をしていると、あらゆる場面でお金が必要になるケースが出てきます。予定していた出費はともかく、急な出費でお金に困った経験がある人もいるでしょう。

お金に困った時には借りることで解決できますが、すぐに借りられる方法は意外と限られています。

本記事では、最短即日でお金を借りたい人向けの方法を紹介。審査基準や審査なしでお金を借りる方法についても解説しています。

すぐにお金を借りたい、でも審査に通らないという方もぜひ参考にしてくださいね。

今すぐ即日でお金を借りたい時の解決策

紙幣

即日でお金を借りたい人は、カードローンの利用がおすすめです。

カードローンとは
銀行あるいは消費者金融が提供している融資サービスのことをいいます。契約時に利用限度額を設定でき、その範囲内で借入れが可能です。

カードローンなら、契約後すぐにATMやインターネットバンキングを利用してお金を借りられます。カードローンの主なメリットをまとめました。

カードローンの主なメリット
最短即日借入
無担保・保証人不要
資金用途自由
利用枠内なら借入自由

    申し込みから最短30分程度で借入までが完了し、資金用途も自由なので使い勝手が良いのが特徴です。担保や保証人もないため、誰にもバレずに利用することも可能でしょう。

    なおカードローンはサービスを提供している金融機関により、大きく銀行系・消費者金融系・信販系の3つに分かれます。

    カードローンの種類
    • 銀行系
      →地方銀行やメガバンクなど、信用金庫の金融機関が提供する個人向け融資サービス
    • 消費者金融系
      →消費者金融が提供するカードローン
    • 信販系
      →信用販売会社は提供するカードローン

    消費者金融系カードローンは、口座を開設する必要がないことが多いのが特徴です。ローン契約機の設置など、ローンサービスの提供に特化しています。

    このうち即日借入ができるカードローンは、消費者金融系や一部の信販系に限られます。

    銀行系カードローンは最短翌日融資と決まっていますよ。

    【即日融資】すぐお金を借りられるカードローンおすすめ3選

    プロミス

    プロミス

    おすすめポイント
    • 借入まで最短30分
    • 手続きがスマホアプリで完結するアプリローン
    • 初回利用翌日から30日間は無利息

    プロミスは、SMBCグループ系列の消費者金融です。カードローンはオリコン顧客満足度調査第1位の実績もあり、多くの利用者から好まれているサービスといえます。

    Web上での契約なら、申し込みから借入までは最短30分の早さ。スマホアプリで手続きを完結させられるので、スマホ利用がメインの若い世代でも使いやすいでしょう。

     審査対応時間は9:00〜21:00です。即日融資を受けるためには19:00頃までに申し込み手続きを済ませてください。

    プロミスの大きなメリットが、初回利用翌日から30日間の無利息サービスです。他社の無利息サービスと異なり利用翌日からの特典となるため、契約時期に関わらず無利息特典を受けられるでしょう。

    30日間の無利息特典を受けるには、メールアドレス登録とweb明細利用が条件です。

    プロミスの上限金利は年17.8%であり、同業大手の上限金利18.0%を若干下回る点も魅力です。

    金利(年率) 4.5〜17.8%
    融資限度額 最高500万円
    申し込み対象 18〜69歳で安定収入のある方
    最短融資時間 30分
    Web完結

    プロミス公式サイト

    ※2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」部門において

    三井住友カード カードローン

    三井住友カード カードローン

    おすすめポイント
    • Web完結で審査完了まで最短5分※1
    • 消費者金融よりも低金利
    • カード発行のあり・なしを選べる

    三井住友カードが提供するカードローンです。大きな特徴が審査スピードで、最短5分※1で審査が完了します。審査完了後はすぐにカードが発行され、融資を受けることができます。

    消費者金融のカードローンでも最短30分程度が一般的のため、最短5分での審査完了は特に急いでいる場合に大きなメリットです。

     最短5分の審査を受けるには、9:00〜19:30の時間内に「即時発行」で申し込みをしてください。

    金利においても消費者金融より優れています。金利は年率1.5〜15.0%※2で設定されているため、下限金利・上限金利とも大手消費者金融※3より低金利です。

    さらに、ニーズに合わせて「振込専用タイプ」と「カードタイプ」の2種類から選べる点も便利です。郵送物・カード発行が不要なら振込専用タイプ、ATMを使いたいならカードタイプを選びましょう。

    カードタイプを選んだ場合でも、カード到着前の借入が可能ですよ。
    金利(年率) 1.5〜15.0%
    ※振込専用タイプは1.5〜14.4%
    融資限度額 900万円
    申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
    最短融資時間 5分※1
    Web完結

    三井住友カード カードローン公式サイト

    ※1最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00~19:30

    ※2カードタイプの場合。振込専用タイプは年率1.5%〜14.4%

    ※3プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフル、レイクALSAの5社

    アコム

    アコム

    おすすめポイント
    • 最短30分のスピード融資にも対応
    • 返済サイクルを自分で選べる
    • 借入限度額は800万円まで

    アコムは金融大手のMUFGグループの消費者金融です。カードローン利用者数は150万人以上を誇り、多くの方々から信頼されていると言えるでしょう。

    借入までの時間は最短30分の早さで、消費者金融他社と同水準です。Web契約だけでなく、全国にある無人契約機(むじんくん)にて契約することもできます。

     申し込み方法を問わず、アコムの審査対応時間は21:00までです。

    他社にはないアコムの特徴が、返済サイクルを選べる点です。毎月返済・35日サイクルの好きな方を選択できるので、生活スタイルに合わせた返済が可能になります。

    毎月返済なら返済日は自由に設定できます。35日サイクルは緩いペースで返済できる点がメリットです。

    なお借入上限は800万円と高いので、高額借入したい人にも利用価値の高いカードローンといえます。

    金利(年率) 3.0〜18.0%
    融資限度額 最高800万円
    申し込み対象 18〜69歳で安定収入のある方
    最短融資時間 30分
    Web完結

    アコム公式サイト

    ※2021年12月時点

    審査なしでお金を借りる方法はある?

    審査なしでお金を借りる方法
    1. 質屋
    2. クレジットカードのキャッシング枠
    3. ゆうちょ銀行の自動貸付
    4. 生命保険の契約者貸付制度
    5. 家族・知人を頼る
    6. 給与の前払い

    1.質屋

    質屋

    質屋は物品を担保にすることで、担保に見合う金額を借入できます。担保自体の価値を見極める審査(査定)はありますが、担保を提供する個人の審査はありません。職業や年収を問わず利用できる点が魅力です。

     唯一の利用条件が年齢で、18歳以上から利用できます。

    担保となる物品は貴金属やブランド品のイメージが強いでしょうが、実はスマホやPCなどの電子機器も担保の対象です。

    価値があれば幅広く物品を取り扱っているため、使わなくなったものでも意外と高値がつくケースもあります。

    査定が終わればすぐに現金で借入できるため、即金性が高いのも特徴。すぐにお金を借りたい人にも便利なサービスと言えます。

    買取ではないため期限までに返済しないと、担保が戻ってこないので注意しましょう。

    2.クレジットカードのキャッシング枠

    利用できる人は限られますが、クレジットカードのキャッシングも便利です。コンビニなどにあるATMから簡単にお金を引き出せます。カードローンよりも上限額は低い傾向ですが、一時凌ぎで使うには十分でしょう。

     既にキャッシング枠を保有している人なら利用枠内で自由に借入できますが、新たにキャッシング枠を申し込む場合は審査が必須です。

    万が一に備えたい人は、クレジットカードを発行する際にキャッシング枠も申し込んでおくとよいでしょう。

    一度審査に通過すれば、いざというときに審査なしですぐ利用できますよ。

    なお、利用枠はショッピング枠との合算です。ショッピング枠を使いすぎると、万が一の際にキャッシング枠が残ってないケースもあるので注意してください。

    3.ゆうちょ銀行の自動貸付

    自動貸付

    ゆうちょ銀行では自動貸付というサービスを提供しています。ゆうちょ銀行に定期貯金または定額貯金がある人が対象者で、審査なしで利用できるのが特徴です。

    預入金額が担保となり、預入金の90%を上限に借入できます。

    借入自体の審査はありませんが、事前に利用手続きは窓口で行う必要があります。手続き後はゆうちょ銀行のATMを利用してすぐに借入可能です。

    年齢制限はないので未成年でも利用できる制度ですよ。

    4.生命保険の契約者貸付制度

    生命保険を契約している人なら、契約者貸付制度の利用も検討しましょう。契約者貸付制度は、生命保険の解約返戻金を担保にした貸付制度です。担保があるため、貸付時の審査なしで利用できます。

     解約返戻金がある貯蓄型保険に加入していることが条件です。掛け捨て保険の場合は対象になりません。

    借入できる金額は保険会社により異なりますが、一般的には解約返戻金の70〜90%といわれています。解約返戻金が多い人ほど、借入金額の上限が上がります。

    融資までの時間が早いのも特徴で、即日融資に対応している保険会社も多いです。すぐにお金を借りたい場合でも、利用価値の高い制度といえるでしょう。

    生命保険を解約せずに、保障を受けたまま利用できるのがメリットですね。

    5.家族・知人を頼る

    家族

    見落としがちですが、家族や友人、知人など周囲の人に頼るのも1つの手段です。利子や返済期限、借入限度額などの決まりはなく、個別で柔軟に対応してくれる点がメリットです。

    ただし金銭の貸し借りは、トラブルの基にもなりかねません。借りる際は借用書を作成して、ルールを決めておくことをおすすめします。

    借用書を作っておけば、「言った・言わない」のトラブルを防げますよ。

    借入の審査はもちろんありませんが、人間関係に亀裂が入るリスクはあるでしょう。借入理由の説明や返済ルールの厳守などは、業者以上にシビアに考えるのが賢明です。

    6.給与の前払い

    厳密には借りるわけではないですが、勤務している人は既に働いた分の給与前払いを勤務先にお願いしてもよいでしょう。緊急時であれば、給与の前払いは労働基準法でも認められている制度です。

    正社員だけではなく、アルバイトやパートも含めて働いている人なら全員が対象ですよ。

    なお、認められているのは既に働いた勤務分の前払いです。まだ働いてない分を前借りすることはできないので気をつけましょう。

    カードローンで激甘審査はある?債務整理・自己破産中の場合は?

    虫めがね

    カードローンの申し込みで気になるのが、契約までの審査ではないでしょうか。なるべくなら、審査に通りやすいカードローンを申し込みたいと考える人が多いでしょう。

    ところが、各カードローンの審査基準は非公表となっています。具体的な審査通過基準がないので、審査の甘いカードローンがあるとは一概にいえません。

    ただし、一般的に審査通過をしやすいといわれる基準は存在します。審査通過の目安として、以下の基準は満たしていると良いでしょう。

    カードローン審査に通過するための目安
    継続して安定収入がある
    過去に金融事故を起こしていない
    複数業者から借入をしていない

      上記目安から推測できるように審査でカードローン業者がチェックするのは返済能力です。収入がなかったり、過去に金融事故を起こしていたりなど、返済能力が疑わしい人は審査落ちの可能性が高まります。

       継続した安定収入は必須条件のため、収入がない人は審査に通過できません。

      利用希望者の中には債務整理・自己破産中の場合もあるでしょう。ところが金融事故は信用度を大きく下げるため、審査通過はできないケースがほとんどです。

      審査に通らないと明記こそされていませんが、通過しないと考えるのが賢明ですよ。

      ただし債務整理が終わり一定年数が経過した後であれば、利用できる可能性は出てきます。債務整理中の場合、まずは借入金を完済してクリーンな金融状況にすることから始めましょう。

      今すぐにお金を借りる際の注意点

      すぐにお金を借りる際の3つの注意点
      1. 闇金は利用しない
      2. 個人間融資・掲示板には気をつける
      3. 返済計画を事前に立てる

      1.闇金は利用しない

      闇金

      闇金は違法に貸付を行う悪徳業者のことです。本来、消費者金融など金銭の継続的な貸付を行う際は、国または地方自治体への届出が必要です。届出をした業者は貸金業法に基づいて融資を行っています。

       貸金業法では、上限金利や総量規制による借入額上限などを定めています。

      闇金は届出をせずに営業を行っており、上限を超えた高金利での貸し付けや過度な取り立てを行うのが特徴です。闇金を利用すると金銭的な負担はもちろん、精神面での負担も増えるので、利用しないようにしましょう。

      取立てにおいては、家族など周囲の人たちにも被害が及ぶケースもあるようです。

      しかし、融資を受けようとしている業者が闇金かわからないという人もいるでしょう。闇金の主な特徴をまとめたので参考にしてください。

      闇金の主な特徴
      「審査なし」「100%審査通貨」などの誇大な広告がある
      金利が法定金利を超えている
      貸金業者の登録がない

        どれか1つでも該当すれば違法行為にあたり、闇金である可能性が比較的高いです。

        貸金業者登録があるかは、金融庁の公式サイトから確認できますよ。

        2.個人間融資・掲示板には気をつける

        インターネットの発達に伴い、SNSやインターネット掲示板を利用した個人間融資を募集しているケースもあります。個人による貸し借りなので、一見すると便利に見えますが利用するのは危険です。

         闇金業者が個人を装って騙そうとしているパターンが多いです

        実際に貸し付けるまでは利用者に有利な条件を提示しつつ、貸付後は法外金利を提示してくることも少なくありません。誘惑に惑わされず、SNSや掲示板による個人間融資は利用しないようにしてください。

        なお闇金業者じゃない場合でも、見知らぬ人からお金を借りることはリスクが大きいです。

        個人間融資の利用による主なリスク
        個人情報の漏洩
        性的な被害
        犯罪の加担

          個人情報を悪徳業者に売られるケースや、知らぬ間に犯罪の加担をしているケースなどもあります。さらに女性の場合は、融資の見返りとして性被害に遭う危険性もあるでしょう。

          結果として後悔することが大半です。個人間融資を使うなら信頼性のあるカードローンの方が安心できます。

          3.返済計画を事前に立てる

          電卓

          返済計画を事前に立てておくことも大事です。返済計画がないとズルズルと返済が遅れてしまい、いつまで経っても元本が減っていきません。完済するまでに多くの時間が必要になるでしょう。

          元本が減らなければ、どんどん利息が膨らんでいきますよ。

          無理のない範囲で返済の道筋を決めて、計画通りに返済をしていきましょう。返済計画も定期的に見直していけば、より効率的な返済が可能になります。

          収入が増加すれば返済ペースを早めるなど、状況に応じた対応が大事ですね。

          まとめ

          今回は、すぐにお金を借りる手段について紹介してきました。

          おすすめの手段は即日対応のカードローンの利用です。最短30分程度で借入できるのに加え、用途や追加借入が自由な点も便利です。業者によっては無利息期間のサービスも提供していて、お得に借入できます。

          審査に自信がない人でも、諦めずに一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

          審査落ちした場合は、審査なしで借入できる手段も検討しましょう。
          ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事