マイル クレジットカード

マイルを貯めてお得に生活したい・旅行を楽しみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、クレジットカードにもいろいろな種類があり、どれがよいのかわからないという方もいるかもしれません。

そこで今回は、マイルが貯まるクレジットカードおすすめ6選を紹介します。

クレジットカードで効率よくマイルを貯めるコツや、マイルの活用方法なども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

マイルが貯まるおすすめクレジットカード6選【最強候補】

マイルを少しでも多く貯めたいと思っている方に、ぴったりなクレジットカードを紹介します。

それぞれのクレジットカードの特徴だけではなく、還元率やキャンペーンの内容などもあわせてお伝えしていくので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックス

ANAアメックスのおすすめポイント
  • 入会で1,000マイルプレゼント
  • 毎年カード継続毎1,000マイルプレゼント
  • ポイント数制限なし

ANAアメックスでは、ANAグループで利用した場合、通常100円1ポイントのところ1.5倍のポイントがもらえます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

さらに嬉しいのは、ポイントに制限がなく期限も設けられていないことです。ポイントを貯めてから活用できるので、使い方もさまざまで有効的でしょう。

また、ANAアメックスは入会特典が充実している点も特徴です。

 入会で1,000マイル、毎年のカード継続毎に1,000マイルがもらえます。

ANAグループ便の利用で通常のフライトマイルに加え、区間基本マイレージ✖️クラス・運賃サービス✖️10%のボーナスマイルプレゼントもうれしいポイントです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

年会費(税込) 7,700円
還元率 1.0%
発行日数 1週間程度

出典:ANA アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

年会費を指定の期日までにお支払いいただいた場合に、年会費お支払い月の翌月末頃までに加算します。

基本カード会員様のみ対象です。

ANA JCB一般カード

ANA JCB一般カード

ANA JCB一般カードのおすすめポイント
  • 入会特典1,000マイルプレゼント
  • 継続で1,000マイルプレゼント
  • マイル自動移行コース
  • メトロポイントもマイルにできるPASMO機能つき
  • 初年度年会費無料

    ANA JCB一般カードは、入会特典として1,000マイル、さらに翌年以降のカード継続で毎年1,000マイルがもらえるお得なカードです。

    通常のフライトボーナスマイルに加え、ANA便搭乗ごとに割増しボーナスマイルも。仕事や旅行で、日頃から飛行機をよく利用する方におすすめのカードといえるでしょう。

    もちろん普段飛行機を使わない方でも、マイル提携店利用により還元率が1%に。多くの人がお得に利用できるカードになっています。

     「マイル自動移行コース」を設定すれば、毎月自動的にポイントをマイルに移行可能。

    さらに、海外旅行の際に安心な最高1,000万円の傷害保険が付帯しています。ショッピングガード保険は年間最高100万円までついており、保険内容も充実です。

    キャッシュレスにも対応しており、手持ちのスマートフォンにクレジットカードを導入すれば、カードを持ち歩く手間もありません。

    ANA JCB一般カードの基本情報

    年会費(税込) 2,200円(初年度無料)
    還元率 1.0%〜
    発行日数 最短5営業日

    ソラチカカード

    ソラチカカード

    ソラチカカードのおすすめポイント
    • 入会でボーナス1,000マイルプレゼント
    • 初年度年会費無料
    • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯
    • キャッシュレスに対応

    ソラチカカードは、To Me CARD PASMOとANAカードの機能が1つになった多機能カードです。

    入会ボーナスとして1,000マイルがもらえるのがうれしいポイント。マイルのほかにもメトロポイント、JCBのOki Dokiポイントも効率よく貯められる特典が満載です。

     割引運賃で利用できるビジネスきっぷやANA国内線・国際線機内販売10%引きなど、お得なサービスも揃っています。

    最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯、さらに最高1,000万円の国内航空障害保険もついており、サービスや保険が充実しているのも特徴です。

    キャッシュレスにも対応しているため、少しでも荷物を減らしたい方にとってもありがたいポイントですね。

    ソラチカカードの基本情報

    年会費(税込) 2,200円(初年度無料)
    還元率 0.5%〜
    発行日数 最短5営業日

    JALカード

    JALカード

    JALカードのおすすめポイント
    • 入会後初めての搭乗で1,000マイルプレゼント
    • 毎年初回搭乗ボーナス1,000マイルプレゼント
    • JALの航空機利用で10%マイル追加
    • 家族利用分もショッピングマイルが貯まる
    • 保険やサービスが充実

    JALカードは、マイルが貯まりやすいのが特徴です。JALの航空機を利用すると、通常のフライトマイルに加え10%プラスでマイルがもらえます。

     機内販売を利用すれば10%割引。さらに、国内のツアーパッケージ最大5%割引になるサービスもお得です。

    入会後初めての搭乗で1,000マイル、さらに毎年初回搭乗で1,000マイルもらえるなど、うれしいサービスも満載のカードになります。

    国内外の旅行保険が自動付帯されており、万が一トラブルが起きてもクレジットカードを持っていれば保険が自動的に適用されます。

    トラブルの際でもクレジットカード1枚あれば対応してもらえるので、安心度が高いですね。

    JALカードの基本情報

    年会費(税込) 2,200円(初年度無料)
    還元率 0.5%〜
    発行日数 2〜3週間程度

    JALカードSuica

    JALカードsuica

    JALカードSuicaのおすすめポイント
    • 特約店での利用でマイル特典最大4倍
    • 入会搭乗ボーナス最大5,000マイルプレゼント
    • 国内外旅行傷害保険付帯

    JALカードSuicaでは、ショッピングマイルプレミアムに入れば、通常の2倍のマイルが貯まります。

    JALカードSuica

    さらに、特約店利用でマイル最大4倍。特約店を利用するだけで倍以上に貯まるので、とてもお得ですよね。

    また、JALカードSuicaでは、入会搭乗ボーナスで最大5,000マイルがプレゼントされます。さらに、毎年初回搭乗ボーナスで2,000マイルがもらえるのもお得です。

    保険体制も整っていますし、お得に安全に利用したい方におすすめでしょう。

    JALカードSuicaの基本情報

    年会費(税込) 2,200円(初年度無料)
    還元率 0.5%〜
    発行日数 4週間程度

    楽天カード

    楽天カード

    楽天カードのおすすめポイント
    • マイル還元率0.5%
    • 優待制度が充実
    • アプリで簡単に管理できる

      楽天カードはポイントの貯まりやすさでも注目されているカードです。

      楽天カードで貯められるのは楽天ポイントのみで、ANAマイルを直接貯めることはできません。ただ、楽天ポイント2ポイントごと1マイルに交換ができます。

       楽天ポイントは、楽天市場での日頃のお買い物でも貯められます。楽天サービスを利用すれば、さらに2倍、10倍とお得になるのが特徴です。

      また、楽天カードでは旅行で利用できる優待制度が充実

      Wi-Fiや海外レンタカーをリーズナブルな価格で利用できたり、航空ラウンジを利用できたりなど、いつもの旅行もグレードアップできるでしょう。

      ちなみに楽天カードでは専用のアプリがあるため、手軽に管理できるのも魅力ポイントの1つです。

      利用明細や支払い方法も一括で管理可能。クレジットカードの扱いに不安を感じている方にもおすすめといえます。

      楽天カードの基本情報

      年会費 無料
      還元率 1.0%〜
      発行日数 1週間程度

      マイルが貯まるクレジットカード選び方

      マイルを貯めると日々のショッピングでも活用でき、お得に旅行が楽しめるようになります。

      ここからは、マイルが貯まりやすいクレジットカードを選ぶポイントを紹介します。

      マイルを貯められるクレジットカードにもさまざまな種類があるので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。
      マイルが貯まりやすいクレジットカード選びの3つのポイント
      1. ポイントやマイル還元率の高さ
      2. マイル交換手数料の有無
      3. マイル有効期限の長さ

      1.ポイントやマイル還元率の高さ

      ネット支払い

      マイルを貯めるなら、還元率の高さに注目してみましょう。還元率が高いカードであれば、通常使用するよりもどんどんマイルが貯まります。

       還元率の高さに加え、どんなときにマイルを取得できるのかも確認しておくと便利です。

      例えば、よく行くスーパーやコンビニでも利用できるのであれば、毎日のお買い物でクレジットカードを利用することでマイルが貯まります。

      1回のショッピングではあまりお得に感じないかもしれませんが、回数を重ねるごとにマイルがどんどん貯まっていくので、お得感が倍増するでしょう。

      2.マイル交換手数料の有無

      手数料

      クレジットカードの中には、マイルを交換する際に手数料がかかるものもあります。

      年会費+手数料がかかる場合、せっかくマイルを貯めてもあまりお得にならないリスクがあるでしょう。

      マイルを交換する際の手数料の有無も確認することをおすすめします。

      3.マイル有効期限の長さ

      カレンダー 印

      マイルに有効期限を設けている場合もあります。

       マイルの有効期限はクレジットカードによって異なります。事前に有効期限を把握しておくことが大切です。

      また、交換上限が設けられている場合もあります。交換条件とは、ポイントをマイルに変える際の上限のことです。

      上限を超えると交換できなくなってしまうため、注意が必要です。

      マイルに有効期限を設けていないカードもあるので、じっくり貯めてから使いたいという方はそういったカードがおすすめでしょう。

      クレジットカードでマイルを貯める4つの方法

      マイルの存在を知っているけれど、具体的な使用方法がわからないと感じている方も少なくないでしょう。

      効率よくマイルを貯めるためにも、どのような方法でマイルが貯まるのか見ていきましょう。

      クレジットカードでマイルを貯めるおもな方法
      1. 搭乗
      2. ショッピング
      3. 公共料金・携帯電話料金の支払い
      4. Suica機能やPASMO機能を利用

      1.搭乗

      飛行機

      マイルを効率よく貯めたいなら、フライトがおすすめです。

      特に、JALカードANAカードなどの航空系クレジットカードであれば、グループ便に搭乗するほどマイルが貯まります。

       カードによってそれぞれですが、10%〜25%程度のマイルが貯まる場合もあるでしょう。

      旅行が趣味な方や、出張で飛行機に乗る機会が多い方は、このボーナスポイントだけでもうれしいポイントといえます。

      2.ショッピング

      買い物

      実は、普段のお買い物でもマイルを貯められます。スーパーやコンビニ、商業施設、レストランなどクレジットカードに対応している場所であれば、どこでも使用可能です。

      特別なお買い物だけではなく、普段のお買い物でもマイルを貯められるのはありがたいポイントでしょう。

      ちなみに、特約店というものが存在しています。

       特約店で利用すれば、通常よりも多くマイルが貯まっていくのでおすすめです。

      自宅近くに特約店がないか、あるいは自分が日頃通っているお店が特約店でないか、確認してみるとよいでしょう。

      3.公共料金・携帯電話料金の支払い

      金利

      光熱費などの公共料金携帯電話の支払いでも、マイルを貯められます。月で計算すると数円の違いかもしれませんが、年で換算すると大きな差が出てくることもあるでしょう。

      ちなみに、マイルを効率よく貯めたいなら1枚のカードをメインに使うことをおすすめします。

      公共料金の支払いだけではなく、ショッピングの支払いも1枚にまとめることで、マイルが貯まりやすいでしょう。

      4.Suica機能やPASMO機能を利用

      auじぶん銀行がおすすめな人

      「飛行機にあまり乗らないから、マイルが貯まりにくい」と感じている方も多いかもしれません。

       実は、便利な機能を利用すれば電車に乗るだけでも、マイルが貯まります。

      よく電車を使う方であれば、交通系機能が付いているカードがおすすめです。普段通勤などで電車を利用するだけでも、ポイントが貯まります。

      貯まったポイントは高レートでマイルに交換できるので、飛行機に乗らなくてもマイルを手に入れられるでしょう。

      お得なマイル活用方法を紹介

      「マイル」という言葉は知っているけど、なにに使えるか分からないと疑問に思っている方も、意外に多いのではないでしょうか。

      ここでは、マイルの活用方法を3つ紹介します。

      マイルのおもな活用方法
      1. 座席をアップグレード
      2. 特典航空券に交換
      3. 電子マネーやポイントに交換

      1.座席をアップグレード

      飛行機の座席

      貯めたマイルで座席をアップグレードすることができます。いつも利用している通常の座席よりも、実質無料でワンランクアップさせられるでしょう。

       ただ、JALやANAの場合、アップグレードの対象となるのは国際線のみに限られているので、注意が必要です。

      航空会社ごとにアップできる予約クラスも異なるので、事前に確認することをおすすめします。

      2.特典航空券に交換

      フライト中

      マイルを貯めた方がよく利用しているのは、特典航空券との交換です。

       特典航空券とは、マイルを利用して購入する航空券のことをいいます。

      マイルの数や航空会社、路線によって特典航空券の予約は異なるので、所持しているカードを確認するようにしましょう。

      何らかの事情でキャンセルした場合、期限内であればマイルで払い戻しが可能です。

      ただ、手数料がかかることがほとんどなので、注意が必要でしょう。

      天候などやむを得ない事情の場合は手数料なく払い戻しされます。

      3.電子マネーやポイントに交換

      電子マネー

      マイルは、電子マネーポイントにも交換可能です。

      「そんなに旅行に行かない」「毎日の生活でお得に利用したい」という方も、マイルを有効活用できるサービスがあります。

      TポイントやPontaポイントなど提携しているお店が多いポイントにも交換できるので、毎日のお買い物もお得になるでしょう。

       ただ、クレジットカードによって交換できるレートが違います。提携先によってどんなポイントに交換できるのかは異なるので、利用する前に確認しておくことが大切です。

      ポイント以外にも、レストランやホテル、温泉浴場などいろいろな場所で利用できるクーポン券に交換可能な場合も。

      ちょっとした旅行や、仕事を頑張ったご褒美に飲食店や宿泊施設などのクーポン券と交換するのもよいでしょう。

      マイルにもいろいろな活用方法があり、自分の都合の良い方法で利用できるのがとても大きなポイントです。

      まとめ

      これまで、マイルが貯まるクレジットカードについて紹介してきました。マイルを貯めると、旅行やフライトに加え普段のショッピングもお得になります。

      クレジットカードにもいろいろな種類があるので、自分にぴったりのものを選ぶことが大切です。

      マイルを貯めて、お得なライフを楽しみましょう。
      ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事