仮想通貨取引所おすすめ

近年、投資対象として注目を集めている仮想通貨(暗号資産)。取引に必須の仮想通貨取引所もどんどん増えてきています。

しかし、仮想通貨取引所の数が増えた結果「どこで口座開設すればいいんだろう…」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうかで。

そこで今回は、おすすめのビットコイン・仮想通貨取引所を10社紹介。人気の高い安全な取引所のみを厳選して比較していきます。

これから仮想通貨取引をはじめる初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨取引所おすすめ10選

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

CHECK POINT
  • アプリダウンロード数No.1※1
  • 取り扱い通貨数は17種類
  • 口座開設はスマホ1台で完結

Coincheck(コインチェック)は、アプリダウンロード数No.1※1の仮想通貨取引所です。取り扱い通貨数の多さや、取引手数料の安さが人気を集めています。

 取引所・販売所の取引手数料は無料です。全17種類の仮想通貨(暗号資産)を取引できます。
コインチェックの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XEM(ネム)
  • FCT(ファクトム)
  • LSK(リスク)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XLM(ステラルーメン)
  • MONA(モナコイン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)

ビットコイン以外にも数多くの仮想通貨を取引できます。「将来的にマイナーな通貨を取引するかもしれない」と考えている方にとって嬉しいポイントでしょう。

口座開設はスマホで簡単。アプリをダウンロード後、アカウントを作成し本人確認を提出すれば口座開設完了です。

口座開設方法は、公式サイトの解説動画にてわかりやすく紹介されています。

Coincheck(コインチェック)がおすすめな人

さまざまな仮想通貨に興味がある人
Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨数は全17種類。国内最大級の取扱数です。

そのため「どの通貨に投資するか決まってない」という人に最適です。コインチェックで口座開設しておけば、幅広い範囲の通貨を取り扱えます。

すでに別の仮想通貨取引所で口座開設した人の中で「取引したい通貨を取り扱ってない…」という状況の人にもおすすめです。

また、各通貨の最低購入額が500円程度なところもポイント。低コストで仮想通貨を取引できるところは、初心者にとって嬉しいポイントでしょう。

公式サイトの情報を参考にしています。

スマホで仮想通貨取引をはじめたい人
Coincheck(コインチェック)は、初心者でも簡単に操作できるスマホアプリを提供。「スマホメインで仮想通貨取引をはじめたい」と考えている人にピッタリです。

【仮想通貨を購入する流れ】
1、購入したい通貨をタップ
2、購入ボタンをタップ
3、購入金額を入力
4、購入ボタンをタップ

上記の4ステップで購入できます。複雑な操作は一切ないので、誰でも簡単に仮想通貨を購入できるでしょう。

国内暗号資産アプリダウンロード数No.1の実績からも、使いやすく、人気のアプリだということがわかります。

公式サイトの情報を参考にしています。

すぐに仮想通貨を取引してみたい人
Coincheck(コインチェック)は、最短翌日から売買をはじめられる仮想通貨取引所です。申し込みはスマホ1台で完結します。

【口座開設の流れ】
1、スマホで会員登録
2、スマホカメラで本人確認書類を提出
3、口座開設完了

申し込みは24時間・365日いつでも可能。空き時間にサクッと口座開設することをおすすめします。

また、本人確認書類として認められる書類は以下の通りです。

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード
・個人番号カード

上記の書類の中から1点用意して、口座開設を申し込みましょう。

Coincheck(コインチェック)の口コミ評判

30代・男性(個人事業主)
対応している通貨を調べる必要が一般的には存在しているが、全ての通貨が直接日本円から暗号資産を購入できるサービスに対応しているので、多種多様な取引をした い方は非常に便利だと思われます。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
国内でも知名度で言ったら一番の仮想通貨取引所だと思う。投資、ましてや暗号資産の投資になるとはじめの一歩がどうしても踏み出せないと思うが、口座開設だけな ら無料でできるのでおすすめ。
40代・男性(個人事業主)
NEM流出事件を起こした取引所ですが、それ以降は安全体制を見直しセキュリティも高くなっているため、安心して利用することが出来ます。取引通貨も多くスマホ アプリも使いやすく良い取引所だと感じています。

基本情報

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 17種類
最低取引額 500円
※BTCを取引した場合

Coincheck(コインチェック)公式サイト

※1 公式サイトの文言を引用しています。

LINE BITMAX

LINE BITMAX

CHECK POINT
  • LINEアプリ上で申し込み・取引可能
  • 最低1円からシンプルな画面で取引スタート
  • 「暗号資産貸出サービス」を提供

LINE BITMAXは、かんたん・安心・やさしいがモットーの仮想通貨取引所です。初心者でも使いやすい取引画面なので、これから仮想通貨取引をはじめる方に最適でしょう。

 口座開設の申し込みや、実際の取引はLINEアプリ上で行います。
LINE BITMAXの取扱通貨
  • LINK(リンク)
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)

全6種類の人気コインを厳選しています。取り扱い通貨が比較的少ないので、初心者の方でも迷わず選びやすいでしょう。

また、LINE BITMAXでは「暗号資産貸出サービス」を提供。保有している通貨を貸し出すことで、数量と期間に応じて賃借料を受け取れます。

他社とは違い、価格変動に応じて売却しやすい暗号資産貸出サービスです。

LINE BITMAXがおすすめな人

知名度の高い通貨を取引したい人
LINE BITMAXは、全6種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインと人気のアルトコイン5種類のみに限定されているので「知名度の高い通貨を取引したい」と考えている人に最適です。

また、初心者の方にとって取り扱い通貨数の多さはデメリットになるかもしれません。各通貨の特徴や将来性を調べる手間がかかります。

その点、LINE BITMAXなら人気の仮想通貨6種類を厳選してくれているので、手軽に仮想通貨取引をはじめられるでしょう。

LINE Payを利用している人
LINE BITMAXは、LINE Payと連携可能。普段からLINE Payを利用している人に最適な仮想通貨取引所だと言えます。

【日本円の入金方法】
・LINE Payから入金
・LINE Payに登録している銀行口座のデビットカードから入金
・銀行口座から振込入金

LINE BITMAXの入金方法は、上記の3通りです。LINE Payから入金した場合は、手数料0円で入金できます。

【日本円の出金方法】
・LINE Payに出金
・銀行口座に出金

一方、LINE BITMAXの出金方法は、上記の2通りです。銀行口座に出金するよりも、LINE Payに出金したほうが、手数料を安くおさえられます。

出金先 手数料(税込)
LINE Pay 110円
銀行口座 400円
暗号資産貸出サービスに興味がある人
LINE BITMAXは、最短当日返還可能な暗号資産貸出サービスを提供。返還までのスピードが速いので、他社よりも手軽に利用しやすいでしょう。

Q:暗号資産貸出サービスとは?
→保有している通貨を取引所に対して貸し出すサービスです。
 貸し出した数量と期間に応じて”賃借料”を得られます。

一般的な暗号資産貸出サービスには、貸出期間が設けられています。

一方、LINE BITMAXなら1日だけでも問題ありません。「取引しない期間だけ自分の通貨を貸し出し、賃借料を得る」といった運用も視野に入るでしょう。

LINE BITMAXの口コミ評判

30代・男性(会社員)
取扱通貨に関しては、人気の取引所などと比べると半分以下しかないのでその点はデメリットに感じます。しかし、ツールは使い勝手が良くて直感的に操作が出来ます し、とにかくシンプルなので非常に使いやすいです。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社役員)
ここの取引所の最大の魅力は、最大年利12%のレンディングにあると思っています。高い年率でレンディングをすることができるのでとても重宝していす。 またLINE Payと連携しているので入出金が楽です。 
30代・男性(個人事業主)
馴染みがあるLINEから簡単にアクセスでき、日本人が疑問に感じやすいような内容を問い合わせ欄に掲載しているので、すぐ疑問点が解決できるところを評価してい ます。

基本情報

取引所手数料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 6種類
最低取引額 0.00000001 BTC
※1円相当額

BIT Point(ビットポイント)

BIT Point

CHECK POINT
  • 現物取引の手数料はすべて無料
  • 全12種類の仮想通貨を500円以下から取引可能
  • 初級者から上級者まで満足できる取引ツールを提供

BIT Point(ビットポイント)は、とにかく手数料の安い仮想通貨取引所をお探しの方におすすめです。現物取引の手数料はすべて無料で利用できます。

 取引手数料や入出金手数料、口座管理料はすべて0円です。
ビットポイントの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • JMY(ジャスミー)
  • DOT(ポルカドット)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • TRX(トロン)
  • ADA(エイダコイン)
  • DEP(ディープコイン)
  • LNK(チェーンリンク)

ビットコインや人気のアルトコイン全12種類を取引できます。ほとんどの通貨を、500円以下の金額からはじめられるところもポイントです。

取引ツールも定評を得ています。初心者でもわかりやすく、簡単に取引できる取引ツールを、スマホとパソコンのどちらでも利用可能です。

パソコンのツールではチャート表示・分析ができるので、上級者の方でも満足できるでしょう。

BIT Pointがおすすめな人

JMY(ジャスミー)を取引したい人
BIT Point(ビットポイント)なら、日本製の通貨であるJMY(ジャスミー)を取引可能。

2022年6月時点では、ジャスミーを取引できる国内仮想通貨取引所はBIT Pointだけです。また、ジャスミー以外にも、珍しい通貨をいくつか取り扱っています。

TRX(トロン)やADA(エイダコイン)など、あまりメジャーではない通貨を取引できるところもBIT Pointの大きなメリットです。

もちろん、人気通貨のBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)なども取り扱っています。

「メジャー通貨だけでなく、マイナー通貨も取引してみたい」と考えている人にとって最適な仮想通貨取引所です。

最小限のコストで仮想通貨を取引したい人
BIT Point(ビットポイント)は、仮想通貨取引にかかる手数料が安い取引所です。

現物取引にかかる手数料はすべて無料で、その他のコストもほとんど無料に設定されています。

【BIT Pointの手数料】
・取引手数料:無料
・即時入金手数料:無料
・入出金手数料:無料
・口座管理料:無料

即時入金や口座管理などを無料で利用できるのは大きなメリットでしょう。取引以外の場面でも手数料を取られないので、より多くの利益を手元に残せます。

手数料の安さは、仮想通貨取引所選びにおいて重要なポイントです。

これから仮想通貨取引をはじめる人
BIT Point(ビットポイント)は、初心者に優しい仮想通貨取引所です。これから仮想通貨取引をはじめる人におすすめしたい理由は以下の通りです。

【ビットポイントが初心者におすすめな理由】
・500円以下の資金で仮想通貨を取引できる
・各種手数料が無料
・口座開設がスマホ1台で完結

取り扱い通貨のほとんどが500円以下の資金で取引できます。そのため、損失リスクを最小限におさえて、実戦経験を積めるでしょう。

また、口座開設がお手軽なところもポイントです。以下3ステップで口座開設がする上に、最短当日から仮想通貨取引をはじめられます。

【口座開設の手順】
1、スマホ・PCから申し込み
2、スマホカメラで本人確認
3、口座開設完了・通知受け取り

BIT Point(ビットポイント)の口コミ評判

50代・男性(個人事業主)
新しい通貨の上場に前向きで、しかもBIT Pointのみでしか扱っていない通貨もあります。キャンペーンも充実しているので、自然に利用機会が増えます。取扱通貨の 種類数としては中程度です。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
取扱通貨の中には、国内ではここでしか取り扱っていないものが含まれます。そてがここでのみの強みになっています。手数料が無料になるパターンが多く、低いコス トで使用スタートが出来る点がビギナー向けで良い。
30代・男性(パート・アルバイト)
登録してみて一番最初にメリットと感じたのは手数料が無料という点です。 プライスに関しても他所より高い事が多く期待のできるものだと感じました。 ただし即時入金ができない点は個人的にマイナスでした。

基本情報

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 12種類
最低取引額
  • 販売所:0.00000001 BTC
  • 取引所:0.0001 BTC

※現在、新規の「レバレッジ取引口座」開設は一時受付停止しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

CHECK POINT
  • ビットコイン取引量6年連続No.1※1
  • 提携銀行口座の入金・出金手数料がお得
  • 全15種類の仮想通貨を1円から取引可能

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1※1の実績を誇る仮想通貨取引所です。数多くの仮想通貨(暗号資産)を最低1円から取引できます。

 最低取引額が少ないので、初心者でも安心して取引できるでしょう
ビットフライヤーの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナ)
  • LSK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)

「クイック本人確認」を利用して口座開設すれば、最短10分で口座開設完了。その後、すぐに仮想通貨取引をスタートできます。

住信ネット銀行からの入金と三井住友銀行への出金手数料がお得なのも嬉しいポイント。対象の銀行口座を持っている方にとって、最適な仮想通貨取引所だといえるでしょう。

住信ネット銀行口座からのクイック入金には手数用がかかりません。

bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな人

信頼できる仮想通貨取引所を利用したい人
bitFlyer(ビットフライヤー)は、業界最長となる7年間ハッキングゼロの実績を持つ仮想通貨取引所です。

強固セキュリティを採用しているので、長期間ハッキング被害がなく運営してこれたと考えられるでしょう。セキュリティの高さは、仮想通貨取引所選びで重要なポイントです。

また、ビットフライヤーの資本金は41億238万円もあります。大企業が株主なので、安心して利用できるでしょう。

【ビットフライヤーの株主(例)】
・みずほキャピタル
・SMBCベンチャーキャピタル
・三菱UFJキャピタル株式会社

公式サイトの情報を参考にしています。

三井住友銀行・住信SBIネット銀行の口座を持っている人
bitFlyer(ビットフライヤー)は、三井住友銀行・住信SBIネット銀行の口座を持っている人に対して入出金手数料を優遇。

いずれかの銀行口座を持っている人なら、日本円の入出金をお得に利用できます。まずは、入金手数料をご覧ください。

入金手数料(税込)
一般的な銀行口座 330円/件
住信SBIネット銀行 無料

一方、出金手数料は、以下の通りです。

出金手数料(税込) 3万円未満の出金 3万円以上の出金
一般的な銀行口座 220円 440円
三井住友銀行 550円 770円
主にBTC(ビットコイン)を取り扱いたい人
bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1の実績を誇る仮想通貨取引所です。

取引量が多ければ、取引所で売買する相手が見つかりやすくなります。そのため、他社よりも低コストで取引できる確率が高まるでしょう。

また、日本初となるビットコインが貯まるクレジットカードを発行しているところもポイント。

クレジットカードのショッピング利用でビットコインをザクザク貯められます。

「ビットコインの保有量をコツコツ増やしていきたい」と考えている人は、ぜひ作成してみてください。

bitFlyer Credit Cardの基本情報
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
基本還元率 0.5%
付帯サービス カード紛失盗難補償

公式サイトの文言を引用しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ評判

30代・男性(会社員)
手数料に関しては若干割高なのでそこはデメリットではありますが、ツールは大変使い勝手が良く、問い合わせのレスポンスも早くてサポート体制がしっかりとしてい るので、安心して利用できています。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
ログインボーナスのサービス性がお得で良いです。ログインしただけでビットコインがいくらか付与されるものでお得です。100円という少額からの取引も可能で、ビギ ナーからでも始めやすいものになっています。
30代・男性(会社員)
bitFlyerを利用していて良いと感じている点は、「ビットコインのスプレッドの幅が狭い」ところです。スプレッドは実質的に取引手数料になるので、取引コストが抑え られて助かっています。

基本情報

取引所手数料 約定数量×0.01~0.15%
※BTCを取引した場合
販売所手数料 無料
取扱通貨数 15種類
最低取引額
  • 販売所:0.00000001 BTC
  • 取引所:0.001 BTC

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン

CHECK POINT
  • 暗号資産CFDに特化した仮想通貨取引所
  • 取引手数料・入出金手数用は無料
  • 土日も含めた24時間・365日いつでも取引可能

マネックスビットコインは、暗号資産CFDのみを取り扱う仮想通貨取引所です。最大2倍のレバレッジ取引ができるので、少ない資金で大きな利益を狙えます。

 取り扱い通貨は全4種類。取引手数料は一切かかりません。
マネックスビットコインの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)

人気通貨のレバレッジ取引ができるところが最大のメリットだといえます。

また、土日を含めた24時間・365日取引可能なところもポイントです。「平日は集中して取引しにくい…」という方でも、利用しやすい仮想通貨取引所だといえます。

多種多様な注文方法に対応しているので、下落相場でも利益を狙えます。

マネックスビットコインがおすすめな人

暗号資産CFDに興味がある人
マネックスビットコインは、暗号資産CFDを取り扱う仮想通貨取引所です。

Q:暗号資産CFDとは?
→暗号資産を対象とした”差金決済サービス”のことです。
 現物は保有せず、相場の上がり下がりを予想して差額分の利益を狙います。

証拠金を元手にするため、レバレッジを効かせられます。マネックスビットコインでは、最大2倍までのレバレッジ取引が可能です。

また、上昇相場だけでなく、下落相場にも利益獲得チャンスがあるところもポイント。24時間・365日、相場の上げ下げを予想しながら、利益を積み重ねられます。

少ない資金で大きな利益を得たい人
マネックスビットコインでは、暗号資産CFDを運用できます。最大2倍までのレバレッジ取引ができるので、資金が少ない人でも大きなリターンを得られるかもしれません。

たとえば、50万円分のビットコインが100万円に上がった場合、利益は50万円です。

一方、暗号資産CFDをレバレッジ2倍で運用した場合、100万円のリターンを得られます。少額でも大きなリターンを得られるのは、暗号資産CFDならではのメリットです。

ただし、損失も同じく2倍になってしまいます。そのため、初心者より上級者向けのサービスだと言っても過言ではありません。

仮想通貨のハッキング被害を避けたい人
マネックスビットコインは、暗号資産CFDを取り扱う仮想通貨取引所です。

暗号資産CFDは現物を保有しないため、ハッキングされた時に仮想通貨を盗まれる心配がありません。

一方、一般的な仮想通貨取引所では”ウォレット”に保有している通貨が保管されます。万が一ハッキングされた場合、すべて失う危険性があるため注意が必用です。

もし、大量の仮想通貨を保管するのであれば、オンラインではなくオフラインで保管できる”コールドウォレット”に移動したほうが良いでしょう。

口コミ評判

20代・男性(会社員)
マネックスビットコインのメリットとしてはレバレッジを最大で2倍までかけることができるところです。またスマホアプリのMONEX TRADER CRYPTOは機能が充実し ていて取引がしやすくて便利です。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
メンテナンスが割と多いのでそこは気になりますが、レバレッジ取り引きも行えレバレッジにかかる手数料も安いので助かります。また、スマホアプリも非常に使いやす いですし、初めから迷う事がなく利用できました。
30代・男性(会社員)
CFD取引を行うことが可能となっています。仮想通貨の売り、買いの両方を行うことで大きな損失を避け、さらなる利益を産むことが可能になるシステムで、戦略性も あって面白いです。

基本情報

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 4種類
最低取引額 0.01 BTC

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

CHECK POINT
  • レバレッジ取引の取り扱い暗号資産種類国内No.1※1
  • 取引手数料と入金手数料が無料
  • 「スマホでスピード本人確認」なら最短5分で口座開設

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引ができます。銘柄数は全21種類もあるので、少ない資金で大きな利益を狙いたい方に最適です。

 最大2倍のレバレッジ取引ができます。取り扱い通貨数は14種類です。
DMMビットコインの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XEM(ネム)
  • XRP(リップル)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • MONA(モナ)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • QTUM(クアンタム)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • ENJ(エンジンコイン)

取引手数料と入金手数料が無料なところも人気の理由。「クイック入金」や「振込入金」など、日本円を入金する際の無駄な出費を避けられます。

口座開設スピードが速く、最短5分で口座開設可能です。「スマホでスピード本人確認」を利用する必要があるので、口座開設時はスマホでの申し込みをおすすめします。

実際の取引はスマホ・パソコンのそれぞれに対応した取引ツールを利用できます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)がおすすめな人

仮想通貨でレバレッジ取引をしたい人
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、仮想通貨のレバレッジ取引が可能。最大2倍までのレバレッジ取引を楽しめます。

また、レバレッジ取引ができる通貨の種類が豊富なところもポイントです。DMMビットコインなら、全19種類の通貨でレバレッジ取引ができます。

【注目ポイント】
2022年6月時点 国内暗号資産交換業者WEBサイト調べで”レバレッジ取引の取り扱い暗号資産種類が国内No.1″。※1

そのため、仮想通貨のレバレッジ取引をしたい人にとって最適な仮想通貨取引所だと言えるでしょう。売買手数料はどの通貨を取引した場合も無料です。※2

※1 公式サイトの情報を参考にしています
※2 BitMatch取引手数料は除く

手厚いサポートを受けたい人
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、365日のサポート体制を完備。公式サイトの問い合わせフォームまたは、LINEにて利用者の悩みを解決してくれます。

土日・祝日も対応してもらえるのは、平日仕事で忙しい人にとって嬉しいポイントでしょう。

【DMMビットコインのLINE情報】
・LINE ID:@dmmbitcoin
・受付時間:7時~22時

LINEでの問い合わせは基本的に返信が速く、すぐに悩みを解決したい人に最適です。これから仮想通貨取引をはじめる初心者でも、安心して利用できるでしょう。

取引ツールの使いやすさにこだわりたい人
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、スマホ版の取引アプリと、PC版の取引ツールを無料で提供しています。

スマホ版の取引アプリは100万ダウンロードを突破していて、初心者だけでなく、上級者も満足できる仕様です。

取引スタイルに合わせて2つのモードからお好みで選択できます。

【STモードの特徴】
・初心者向けのモード
・シンプルな画面なのではじめてでも取引しやすい
・画面全体のグラフィックが鮮やか

【EXモードの特徴】
・中~上級者向けのモード
・多彩な注文機能を搭載
・トレンドやオシレーター系の指標も搭載

公式サイトの情報を参考にしています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ評判

20代・女性(会社員)
セキュリティ対策がしっかりしており、生体認証も導入しているほどです。少額から気軽に始められますし、安心安全に資産を保管したい方には最適です。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
先月にこちらの業者の口座を開設させていただきました。レバレッジ機能が非常に充実をしていて個人的には本当に取り扱いやすかったです。
50代・男性(個人事業主)
幅広い通貨でレバレッジ取引をしたい場合に、使い勝手のいい取引所です。それに出金手数料が無料なので、何度も日本円を出金しても問題ありません。但し販売所 形式なので、現物取引のスプレッドは広めです。

基本情報

取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
販売所手数料 無料
※BitMatch取引手数料を除く
取扱通貨数 14種類
最低取引額 販売所:0.0001 BTC

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト

※1 公式サイトの文言を引用しています。

GMOコイン

GMOコイン

CHECK POINT
  • 信頼と実績のGMOインターネットグループが運営
  • 各種手数料が0円!最短10分で取引開始
  • 全16種類の仮想通貨をさまざまな方法で取引可能

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。強固なセキュリティ対策を採用しているので、サイバー攻撃からのリスクを減らせます。

 預託する仮想通貨はすべて、セキュリティの高い「コールドウォレット」に保管されます。
GMOコインの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナ)

全16種類の仮想通貨が取引可能。現物取引だけでなく「暗号資産FX」「つみたて暗号資産」など、多種多様な方法で取引できるところもポイントです。

また、入出金や仮想通貨の送付に手数料がかかりません。最短10分で口座開設後、手数料無料で取引をはじめられます。

セキュリティ重視の方におすすめの仮想通貨取引所です。

GMOコインがおすすめな人

今すぐ口座開設したい人
GMOコインは、口座開設スピードが圧倒的に速い仮想通貨取引所です。混雑状況にもよりますが、最短10分で口座開設が完了します。

【口座開設の流れ】
1、口座開設フォームからアカウント登録
2、個人情報の入力・本人確認
3、口座開設完了・取引開始

上記のたった3ステップで口座開設できます。

本人確認はスマホで完結する”かんたん本人確認”で済ませると良いでしょう。24時間いつでも利用できるスマホ限定のサービスです。

セキュリティや信頼を重視する人
GMOコインは、信頼と実績のあるGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

株式投資やFX、投資信託など、他の金融商品も取り扱っている実績があるため、安心して利用できます。

また、GMOコインは”コールドウォレット”を採用しています。インターネットから隔離された場所に保管されるので、ハッキングによる盗難被害を避けられます。

マルチシング対策やサイバー攻撃対策を導入しているところも嬉しいポイントです。

さまざまな通貨に取り扱っていきたい人
GMOコインの取り扱い通貨数は、国内最多となる全21銘柄です。

数多くの仮想通貨を1つの口座で取り扱える上に、自分に合った取引方法を選択できます。

【GMOコインの取引スタイル】
・取引所(現物・レバレッジ)
・販売所
・暗号資産FX
・貸暗号資産
・つみたて暗号資産
・ステーキング
・API

取り扱い通貨数の多さと、取引スタイルの自由度の高さを兼ね備えているのは、GMOコイン最大の強みだと言っても過言ではないでしょう。

「仮想通貨取引所選びで迷ってる」や「とりあえず口座開設してみたい」などと考えている人には、GMOコインで口座開設することをおすすめします。

※2022年6月時点の公式サイト情報を参考にしています。

GMOコインの口コミ評判

30代・男性(会社員)
取り扱っている仮想通貨は20種類もあり、豊富な取引が可能となっています。国内では数少ないレバレッジ取引も可能なサービスなので、その点でも利用価値がありま す。アプリの操作性と機能性も抜群に良いです。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
GMOコインは、スマホアプリが使いやすいと感じています。特に、スピード注文が気に入っています。たまに売りと買いを間違ってしまうこともありますが、ワンクリ ックで購入することができるのは手軽で良いです。
40代・男性(会社員)
仮想通貨取引をするなら先ず安全性を確保しなければなりません。その点GMO知名度も高く安心して利用できます。 そしてなにより手数料の安いのが1番のメリットです。

基本情報

取引所手数料
  • Maker:-0.01%
  • Taker:0.05%
販売所手数料 無料
取扱通貨数 16種類
最低取引額
  • 販売所:0.00001 BTC
  • 取引所:0.0001 BTC

bitbank(ビットバンク)

bitbank

CHECK POINT
  • 仮想通貨取引量国内No.1※1
  • 3分で口座開設!最短1日で取引開始
  • 高いセキュリティのコールドウォレットを採用

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨取引量国内No.1※1の仮想通貨取引所です。約3分で口座開設の申し込みが完結し、最短で翌日から取引開始できます。

 取り扱い通貨数は全13種類。人気のアルトコインを1つの口座で取引できます。
ビットバンクの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XYM(シンボル)
  • LINK(チェーンリンク)
  • MKR(メイカー)

預ける通貨は「セキュリティが高い」と評価を得ているコールドウォレットに保管。第三者機関に国内No.1のセキュリティの高さだと認められています。

販売所のスプレッドは業界最安クラス※1です。bitbank(ビットバンク)の販売所なら、ワンタップで簡単に仮想通貨を購入できます。

安心して数多くの仮想通貨を取引したい方におすすめです。

bitbank(ビットバンク)がおすすめな人

取引所メインでトレードしたい人
bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨取引量国内No.1の実績を誇る仮想通貨取引所です。

取引量が多いということは、買い手と売り手の条件がマッチしやすくなります。そのため「取引所メインでトレードしたい」と考えている人におすすめです。

また、ビットバンクで取り扱う全15種類の通貨は、すべて取引所で売買できます。その点に関しても、販売所より取引所でトレードしたい人に嬉しいポイントでしょう。

公式サイトの文言を引用しています

できるだけ少額で仮想通貨取引をはじめたい人
bitbank(ビットバンク)は、少額でも仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所です。

人気のビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも低価格で購入できます。

通貨 最小購入単位
ビットコイン(BTC) 0.0001 BTC
リップル(RXP) 0.0001 XRP
イーサリアム(ETH) 0.0001 ETH
モナコイン(MONA) 0.0001 MONA
ライトコイン 0.0001 LTC

上記の表では、取引所で売買する場合の最小購入単位を紹介しています。

ビットコインは最低0.0001 BTCから購入可能。2022年6月時点のビットコインの価格は約400万円なので、最低400円程度の資金があれば取引できるということです。

24時間・365日いつでも取引したい人
bitbank(ビットバンク)は、24時間・365日いつでも入金できる”クイック入金”を採用しています。そのため、仕事終わりや休みの日でも、十分な資金で取引可能です。

利益獲得チャンスが訪れた時に「入金が間に合わないことが理由で逃してしまった…」という事態も避けられるでしょう。

また、日本円の入金手数料は0円です。銀行からの振込手数料は自己負担ですが、ビットバンクでは入金手数料を設けていません。

銀行の特典で「月〇回まで振込手数料無料」のような口座をお持ちの方であれば、振込時の手数料は完全無料です。

bitbank(ビットバンク)の口コミ評判

30代・男性(会社員)
平日でも休日でも、曜日関係なく瞬時に入金ができるので非常に使い勝手がいいですし、スマートフォンの専用アプリもありとても便利です。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
bitbankは仮想通貨のレンディングサービスがあって、運用していない仮想通貨を貸し出すことで最大で年率3%を受け取ることができるのが良いと感じています。 メイカー手数料がマイナスなのも良い点です。
30代・男性(会社員)
アプリが優秀で取引がスムーズに行える良きアシストになっています。現在の資産の価値など、お金の流れの情報がスムーズに理解出来る点が良いです。操作も直感的 にわかりやすいものでビギナー向けだと評価出来ます。

基本情報

取引所手数料
  • Maker -0.02%
  • Taker 0.12%
販売所手数料 スプレッド
取扱通貨数 13種類
最低取引額
  • 販売所:0.00000001 BTC
  • 取引所:0.0001 BTC

bitbank(ビットバンク)公式サイト

※1 公式サイトの文言を引用しています。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine

CHECK POINT
  • 日本で初めて金融庁の登録を受けた企業の一つ※1
  • 顧客資産の100%をコールドウォレットで管理
  • 初心者にも経験者にも使いやすい取引ツールを提供

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、日本で初めて金融庁の登録を受けた企業の一つ※1です。「暗号資産交換業者 関東財務局長 第00002号」の登録を受けています。

 取り扱い通貨数は全5種類。最大2倍のレバレッジ取引もできます。
Liquid by Quoineの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • QASH(キャッシュ)
  • XRP(リップル)

顧客資産の100%をコールドウォレットにて保管してもらえます。オフラインの保管先なので、ハッキングリスクを避けられるでしょう。

また、取引ツールも定評を得ています。PC専用ツールだけでなく、スマホアプリも提供しているので、場所を選ばずにどこでも取引可能です。

外出先でもリアルタイムのレートを確認できます。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)がおすすめな人

日本円以外で入金したい人
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、全9種類の法定通貨に対応している仮想通貨取引所です。

2~3種類の法定通貨に対応している取引所が一般的ですが、リキッドバイコインなら世界各国の通貨で仮想通貨取引を楽しめます。

【対応している法定通貨】
・日本円
・米ドル
・ユーロ
・ボンド
・豪ドル
・香港ドル
・シンガポールドル
・カナダドル
・スイスドル

キャッシュ(QASH)を取引してみたい人
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、国内仮想通貨取引所で唯一QASH(キャッシュ)を取り扱っています。

Q:QASH(キャッシュ)とは?
イーサリアムのERC20という仕様を使って発行したトークンです。
 金融庁が認可したホワイトリストに入っています。

海外取引所であれば、いくつかQASHを取り扱っているところもあります。

ですが、海外取引所に対して「怪しい」や「不安」などネガティブなイメージを持っている人も多いでしょう。

その点、リキッドバイコインは金融庁登録の暗号資産取引所なので、安心してQASHを取引できます。

セキュリティの高い取引所を利用したい人
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、2017年9月に日本で初めて金融庁の登録を受けた企業の一つです。※

資産の保管方法やアカウントセキュリティに対して強固なセキュリティシステムを導入しています。

【重要ポイント】
保有する通貨の100%をコールドウォレットで保管。アカウントセキュリティには2段階認証を採用しています。

また「取引高が多いにもかかわらず、サーバーダウンが少ない」といった口コミが目立ちます。

サーバーダウンする機会が少ないということは、狙ったタイミングで売買しやすいと考えられるでしょう。

Liquid by Quoineの口コミ評判

20代・男性(会社員)
Liquid by Quoineのメリットはセキュリティが強固でサーバーが落ちないので一瞬のチャンスも見逃さない点です。またデメリットとしては取引通貨数が少なくて出金 手数料が高い点だと思います。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
出金はある程度は我慢できますが、入金の際にも反映されるのが結構遅い時があるので、そこは非常にデメリットに感じてしまいます。ただ、取り扱われている仮想通 貨数は比較的多いので、その点は良かったです。
30代・男性(会社員)
スプレッドが業界最狭水準となっている点は強みです。それだけにメリットに繋がりやすい取引が可能になります。このサービスの独自通貨の「QASH」の取引が行える のもメリットです。

基本情報

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 5種類
最低取引額 0.001 BTC

Liquid by Quoine公式サイト

※1 公式サイトの情報を参考にしています。

SBI VCトレード

SBI VCトレード

CHECK POINT
  • 各種取引手数料が無料
  • 現物取引レバレッジ取引のどちらにも対応
  • 「スマホで本人確認」なら最短翌営業日に審査完了

SBI VCトレードは「SBI VCトレード」「TaoTao」が合併した仮想通貨取引所です。旧VCトレードより多くの通貨を取引できるようになっています。

 取り扱い通貨数は全7種類。現物取引だけでなく、レバレッジ取引も可能です。
SBI VCトレードの取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • LINK(リンク)
  • DOT(ポルカドット)

取引手数料や入出金手数料、ロスカット手数料などの手数料はすべて無料です。もちろん、口座維持や口座開設にもお金はかかりません。

「スマホで本人確認」を利用した場合、最短翌営業日に審査結果がわかります。最低100円からの取引をすぐにはじめられるところも人気の理由でしょう。

手数料をおさえて、人気の仮想通貨を取引できます。

SBI VC トレードがおすすめな人

各種手数料0円で取引したい人
SBI VC トレードは、ほとんどの手数料を無料に設定している仮想通貨取引所です。「無駄な出費は避けたい」という人に最適だと言えます。

【無料となる手数料一覧】
・口座開設手数料
・口座維持手数料
・取引手数料
・ロスカット手数料
・入金手数料
・入出庫手数料

これだけ多くの手数料を無料としている仮想通貨取引所は珍しいでしょう。入金だけでなく、出金や仮想通貨を出庫するときにも費用は発生しません。

「少しでも多くの利益を手元に残したい」という堅実な方におすすめです。

メジャー通貨を取引したい人
SBI VC トレードは、全7種類の仮想通貨を取引可能。厳選された通貨は、すべて人気の高いメジャー通貨です。

そのため「まずはメジャー通貨を取引してみたい」という初心者におすすめします。多種多様な取引方法が用意されているところもポイントです。

【取引方法一覧】
・現物取引
・レバレッジ取引
・貸コイン
・積立

レバレッジ取引は最大2倍で運用可能。長期的に通貨を保有する方であれば、貸コインを利用してみるのも良いでしょう。

取引ツールにこだわりたい人
SBI VC トレードは、スマホとPCのそれぞれに対して取引ツールを用意しています。

経験値に合わせてお好みで選べるので、初心者だけなく、中~上級者の方も満足できるはずです。

【初心者向けツール】
・VCTRADE mobile
・VCTRADE web シンプルモード
・VCTRADE
・VCTRADE SP

【中~上級者向けツール】
・VCTRADE web
・VCTRADE Pro

SBI VCトレードの口コミ評判

30代・男性(会社員)
大手のSBIグループが運営していて、セキュリティ対策がしっかりしているので安心して資産運用を行うことができる点がメリットだと感じています。また、各種手数 料が無料で利用できるのも良いと思います。
口コミ評判をもっと見る
30代・男性(会社員)
現物取引、レバレッジ取引、積立、貸暗号資産、各種投資項目に対応しています。それだけに儲けを産む可能性が増え、多くの人が気軽に扱える汎用性があるともいえ ます。取引手数料が無料なのも良さです。
30代・男性(会社員)
去年から利用をさせていただいておりますが、セキュリティなどがしっかりとしており個人情報などが漏洩をすることがなく、それでいて住信SBI銀行との連携されて いるので手数料なども割引をしてくれます。

基本情報

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
取扱通貨数 7種類
最低取引額 0.0001 BTC

仮想通貨取引所を選ぶ7つのポイント

どこの仮想通貨取引所で口座開設すべきか迷っている方は、以下7つのポイントを比較しましょう。

仮想通貨取引所の選び方 7つ
  1. 手数料
  2. スプレッド
  3. 取り扱い通貨数
  4. アプリの使いやすさ
  5. レバレッジ
  6. ウォレットの種類
  7. キャンペーン

自分に合った仮想通貨取引所を利用すれば、効率よく資産を増やせるかもしれません。おすすめの仮想通貨取引所を読んだけど、どこが自分にピッタリか分からないという方は参考にしてみてください。

手数料

仮想通貨を取引するためには主に以下4つの手数料がかかります。

仮想通貨取引にかかる手数料
  • 取引所手数料
    取引所で取引する際にかかる手数料
  • 販売所手数料
    販売所で取引する際にかかる手数料
  • 日本円の入出金手数料
    日本円を入金・出金する際にかかる手数料
  • 仮想通貨の送金手数料
    仮想通貨を別の取引所や口座へ送る時にかかる手数料

特に重視したいのは取引手数料と販売所手数料。これらは実際の取引で発生する可能性が高い手数料です。

 できれば取引所手数料と販売所手数料が少しでも安い仮想通貨取引所を選びましょう。

また、日本円の入出金手数料も重要なポイント。手数料無料で利用できる取引所なら、無駄な出費をおさえられます。

ちなみに口座開設・管理にかかる手数料は無料の取引所がほとんどです。ただし中には費用が発生するところもあるので念のため確認しましょう。

スプレッド

スプレッドとは、仮想通貨の売買で発生する買値(Ask)と売値(Bid)の差額のことです。主に仮想通貨取引所の「販売所」を利用する際に支払う必要があります。

 スプレッドは、できるだけ狭い取引所を選びましょう。狭ければ狭いほど、仮想通貨取引を有利に進められます。

たとえば、ビットコインの買値が120円売値が100円だったとします。

買値(Ask)120円-売値(Bid)100円=20円

この場合のスプレッドは20円です。上記のスプレッドでビットコインを購入するためには、20円を仮想通貨取引所に支払う必要があります。

また、120円でビットコインを購入し、すぐに100円で売却した場合、40円の損失が生まれてしまうため注意が必用です。

20円のスプレッドがある以上、最低でも売値(Bid)が120円以上にならないと20円の損失が生まれてしまいます。

取り扱い通貨数

取り扱い通貨数は、仮想通貨取引所によってさまざまです。また、取り扱い通貨の種類も重要なポイントだといえます。

 自分が取引したい通貨を取り扱っているかが重要ですが、まだ取引したい通貨が決まってない方は、取り扱い通貨数の多い仮想通貨取引所が良いでしょう。

たとえば、今回おすすめしたCoincheck(コインチェック)の取り扱い通貨数は17種類。メジャーな通貨からマイナーなものまで幅広く取り扱っています。

そのため、1つの口座でさまざまな通貨を取引できるでしょう。「取引したい仮想通貨がないから…」という理由で、新たに口座開設する手間も省けます。

仮想通貨取引所で口座開設する前に、まずは自分がどの通貨を取引してみたいか検討してみてください。

レバレッジ

レバレッジとは、入金したお金を担保として「預けた金額以上の取引」ができる取引方法です。仮想通貨取引所の中には、レバレッジ取引を取り扱っているところもあります。

 レバレッジ取引は少額でも大きな利益を狙える取引方法。日本の仮想通貨取引所では、最大2倍のレバレッジ取引ができます。

たとえば、100万円を入金して利益が出た場合、現物取引とレバレッジ取引の利益額には2倍もの差が生まれます。

利益の割合 現物取引 レバレッジ取引(2倍)
10% 10,000円 20,000円
30% 30,000円 60,000円
50% 50,000円 100,000円

ただし、損失が生まれた場合も、2倍になる点に注意が必用です。利益だけでなく、損失にもレバレッジがかかってしまいます。

そのため、初心者の方がいきなりレバレッジ取引に挑戦するのは得策ではありません。

まずは、現物取引で仮想通貨取引に慣れましょう。上手に取引できるようになったら、レバレッジ取引に挑戦してみることをおすすめします。

アプリの使いやすさ

多くの仮想通貨取引所がスマホアプリを提供しています。スマホアプリ対応なら、外出先でも常にチャートを確認できるので、売買チャンスを逃しません。

 本業が忙しい方でも隙間時間に仮想通貨を取引できます。最近では、スマホアプリで仮想通貨を取引する人がほとんどです。

ただし、使い心地は実際に試してみないとわかりません。公式サイトの画像や文章をみただけでは、イマイチわからないところが難点です。

そのため、気になる仮想通貨取引所を見つけたら無料で口座開設。実際にアプリをダウンロードしてみると良いでしょう。

アプリのダウンロードは無料。0円で使い心地をお試しできます。

ウォレットの種類

ウォレットとは、仮想通貨を保管する財布のことです。現金をしまう財布があるのと同様に、仮想通貨にも専用の財布があります。

 仮想通貨ウォレットの種類は2種類。「コールドウォレット」と「ホットウォレット」があります。

まずは、ホットウォレットとコールドウォレットの違いを簡単に紹介します。

ホットウォレット
  • オンライン上で保管
  • 送金手続きがスムーズ
  • ハッキングリスクが高い
コールドウォレット
  • オフライン上で保管
  • 送金に手間がかかる
  • ハッキングリスクが低い

セキュリティの高さで選ぶならコールドウォレット、利便性で選ぶならホットウォレットがおすすめです。

仮想通貨取引所ごとにウォレットの種類は違うので、口座開設前にしっかりと確認しておきましょう。各取引所の公式サイトから確認できます。

大切な資産を預けるので、セキュリティ対策は重要なポイント。どのくらい厳重に保管されるのか確認しておきましょう。

キャンペーン

2~3つの仮想通貨取引所で迷っている方は、キャンペーン内容で決めるのも一つの手です。「キャッシュバック」「仮想通貨プレゼント」など、豪華な特典がもらえます。

 キャンペーンの種類は全3種類。新規口座開設するだけで特典がもらえるケースも珍しくありません。

仮想通貨取引所が実施しているキャンペーンの種類は以下の通りです。

キャンペーンの種類
  • 新規口座開設キャンペーン
  • 入金・取引キャンペーン
  • 友達紹介キャンペーン

キャンペーンを利用する場合は、適用条件に注意しましょう。

「キャンペーン期間」「事前エントリー」などの条件を満たさないと、特典をゲットできなくなってしまいます。

仮想通貨取引所の口座開設費用は基本的に無料。タダで豪華な特典がもらえるチャンスです。

仮想通貨取引所に関するよくある質問

ここからは、仮想通貨取引所に関するよくある質問を5つ紹介。初心者が悩みがちな質問に対する回答を詳しく解説しています。

仮想通貨取引所に関するよくある質問
  • 仮想通貨取引所とは?
  • 仮想通貨取引所と販売所の違いは?
  • 仮想通貨購入にクレジットカードは使える?
  • 日本国内では1ビットコインいくらから買える?
  • 仮想通貨取引所が閉鎖・潰れたらどうなる?

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所とは、仮想通貨(暗号資産)を取引するためのサービスです。

株やFXを行うために証券口座を開設するように、仮想通貨も仮想通貨取引所で口座開設する必要があります。

仮想通貨取引所でできること
  • 仮想通貨の売買
  • 現物取引・レバレッジ取引
  • ウォレット(仮想通貨の保管)
  • 日本円の入金・出金
  • 仮想通貨の送金

仮想通貨取引所で出来ることの代表例は上記の通りです。取引だけでなく、仮想通貨を保管したり、日本円へ換金したりできます。

仮想通貨取引所は、仮想通貨取引に必須のサービスです。

仮想通貨取引所と販売所の違いは?

仮想通貨取引所で口座開設すると「取引所」と「販売所」を利用できるようになります。中には片方しかないところもあるため、事前にしっかりと特徴を把握しておきましょう。

取引所
  • 個人と個人で取引
  • 取引手数料が一定
販売所
  • 個人と業者で取引
  • スプレッドが発生する

取引所は、個人が提示した価格で仮想通貨の売買を行う場所です。ビットコインを100円で売りたい人と買いたい人がマッチングした場合に取引が成立します。

一方、販売所は、業者と仮想通貨売買を行う場所です。いつでも売買できるメリットがある反面、割高な手数料を支払わなければなりません。

出費をおさえて取引するなら取引所がおすすめです。

仮想通貨購入にクレジットカードは使える?

仮想通貨を国内取引所で購入する場合、クレジットカードは使えません。

 海外の仮想通貨取引所ならクレジットカードを利用できますが、割高の手数料が設定されていたり・対応しているクレジットカードが少なかったりするので注意が必要です。

海外の仮想通貨取引所にもよりますが、一般的に6~25%程度の手数料が設定されています。こちらは、国内取引所で入金するより遥かに高い手数料です。

また、海外取引所の場合、日本円に換金できない可能性があります。一度、国内取引所に送金してから出金しなければならないので、非常に面倒でしょう。

結論、仮想通貨をクレジットカードで購入することはおすすめしませんよ。

日本国内では1ビットコインいくらから買える?

日本国内で1ビットコインを購入する場合、数百万円の資金が必用です。そのため、多くの仮想通貨取引所が最小購入額を安く設定しています。

 例えば、Coincheck(コインチェック)の最小購入額は0.005BTC以上。500円以上の資金さえあれば、ビットコインを購入できます。

最小購入額は各取引所の公式サイトから確認可能。取引所ごとに最小購入額は異なるので事前にチェックしましょう。

また、通貨ごとに最小購入額は異なる点も覚えておきたいポイント。取引したい通貨が決まっている方は、できるだけ安く取引できるところで口座開設すると良いでしょう。

少額で取引できる仮想通貨取引所ならリスクをおさえられます。はじめて触れる通貨でも安心してトレードしやすいでしょう。

仮想通貨取引所が閉鎖・潰れたらどうなる?

仮想通貨取引所が閉鎖・潰れた場合、預けていた仮想通貨はすべて無くなってしまいます。口座へアクセスできなくなり、別の口座・ウォレットに移すこともできません。

 入金している日本円も返金されるかわかりません。各仮想通貨取引所の補償制度によって異なります。

理由としては、銀行のような「ペイオフ制度」がないからです。現状、仮想通貨取引所には「ユーザーの資産を返還しなければいけない」といった法的な義務がありません。

仮想通貨取引所独自の返還補償制度はありますが、基本的には資産を失ってしまうと考えられるでしょう。

まとめ

ここまで、おすすめの仮想通貨取引所を紹介しましたがいかがでしたか?

本記事では、人気の高い安全な取引所のみを厳選して紹介しています。実際に仮想通貨取引所を選ぶ際は”取り扱い通貨数”や”手数料”を比較してみてください。

初めての方は、初心者にも使いやすいアプリやサービスが用意されているかどうかや、ビットコインをはじめとする仮想通貨を少額で購入できるかチェックしましょう。

ぜひ今回紹介したおすすめの仮想通貨取引所から無料で口座開設してみてくださいね。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。

本記事における出典と根拠

口コミ調査概要

調査実施日 2022年4月20〜2022年4月28日
調査方法 オンライ調査
調査に利用した会社 クラウドワークス
調査対象者 仮想通貨取引経験がある男女30名
調査対象地域 日本国内47都道府県
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事