JCBカードおすすめ5選!種類や特徴、ポイント還元率など徹底比較

日本発祥の国際ブランドであるJCB。国内の加盟店数が他ブランドより多く、日本に住んでいるなら1枚は持っておきたいクレジットカードです。

しかし、JCBブランドのクレジットカードはたくさんあります。そのため、どれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

この記事でわかること
JCB発行のおすすめクレジットカード
JCBとは?VISA・Mastercardとの違い
Oki Dokiポイントのお得な使い道

そこで今回は、JCBブランドのおすすめクレジットカードを紹介。数ある中でも、年会費や還元率、特典・付帯保険のバランスが良いカードのみを厳選しています。

国内で使えるクレジットカードを作成するなら、JCBカードがおすすめです。

JCB発行!おすすめクレジットカード5選

JCB カード W

JCB カード W

おすすめポイント
  • 価格.comクレジットカードカテゴリで2年連続No.1※1
  • 年会費永年無料!還元率は通常JCBカードの2倍
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険つき

JCB カード Wは、価格.comのクレジットカードカテゴリ 人気ランキングで、2年連続No.1の実績を誇ります。

 18~39歳以下の方が作成可能。年会費は永年無料です。

40歳以降も年会費無料で使える高還元率カードです。基本還元率は1.0%で、通常JCBカードの2倍ポイントが貯まります。

JCBカードW

最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険がついているところもポイントです。年会費無料カードの中でも還元率が高く、手厚い付帯保険がついた優秀なクレジットカードだと言えます。

はじめてJCBカードを作成する方におすすめです。
年会費(税込) 無料
基本還元率 1.0%
旅行傷害保険 国内:-
海外:最高2,000万円
ショッピング保険 国内:-
海外:最高100万円
申し込み条件 18~39歳以下の方

JCB カード W公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

JCB カード W plus L

JCB カード W plus L

おすすめポイント
  • 人気のJCB カード Wに女性向けの特典を追加
  • 毎月10日・30日は”LINDAの日”
  • 優待&プレゼント企画を月替わりで実施

JCB カード W plus Lは、人気のJCB カード Wに女性向けの特典を追加した1枚です。基本スペックは、一切変わりません。

 年会費永年無料。基本還元率1.0%です。海外旅行傷害保険とショッピング保険がついています。

毎月10日・30日は”LINDAの日”が開催されます。ルーレットで当たりが出ると、2,000円分のJCBギフトカードがもらえるイベントです。

優待&プレゼント企画も毎月実施されています。旅行やコスメ、映画鑑賞などで使える特典がもらえるところは、女性に嬉しいポイントです。

女性らしいデザインなので、財布の中身を華やかにしてくれます。
年会費(税込) 無料
基本還元率 1.0%
旅行傷害保険 国内:-
海外:最高2,000万円
ショッピング保険 国内:-
海外:最高100万円
申し込み条件 18~39歳以下の方

JCB一般カード

JCB一般カード

おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!翌年以降も条件つき無料
  • JCBオリジナルパートナー店でポイント最大10倍
  • 最高3,000万円補償の国内・海外旅行傷害保険つき

JCB一般カードは、通常年会費1,375円(税込)のクレジットカードです。WEB入会で初年度の年会費が無料になります。

 翌年以降も条件付き無料。「Myチェックの登録」と「年間50万円(税込)以上利用」が条件です。

基本還元率は0.5%。JCBオリジナルパートナー店では、最大10倍までアップします。スターバックスやAmazon、セブンイレブンなどのお店が対象です。

また、最高3,000万円補償の旅行傷害保険が付帯しているところもポイント。手厚い保険がついているので、安心して旅行を楽しめます。

スタンダードなJCBカードをお探しの方に最適です。
年会費(税込) 1,375円
※WEB入会で初年度無料
基本還元率 0.5%
旅行傷害保険 国内:最高3,000万円
海外:最高3,000万円
ショッピング保険 国内:-
海外:最高100万円
申し込み条件 18歳以上の方

JCBゴールド

JCBゴールド

おすすめポイント
  • 初年度は年会費無料
  • ゴールドカードらしい特典が満載
  • 最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯

JCBゴールドは、20歳以上の方が申し込めるゴールドカードです。初年度は年会費無料で利用できます。

 通常年会費は11,000円です。ゴールドカードらしい特典がたくさんついています。

空港ラウンジサービスやグルメ優待などの特典を利用可能。家族カードを発行すれば、家族と特典を共有できます。

付帯保険も手厚く、旅行傷害保険の補償額は最高1億円です。年間最高500万円補償のショッピング保険もついているので、安心して買い物を楽しめます。

数あるゴールドカードの中でも、年会費と機能性のバランスがいい1枚です。
年会費(税込) 11,000円
基本還元率 0.5%
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
ショッピング保険 国内:最高500万円
海外:最高500万円
申し込み条件 20歳以上の方

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

おすすめポイント
  • 20~29歳以下限定のお得なゴールドカード
  • 新規入会ボーナスでOki Dokiポイントが貯まる
  • 海外ショッピングはいつでもポイント2倍

JCB GOLD EXTAGEは、20~29歳の方が発行できるお得なゴールドカードです。初年度は年会費無料で利用できます。

 通常年会費は3,300円(税込)。基本還元率は0.5%です。

新規入会ボーナスで、大量のOki Dokiポイントを獲得可能。入会後、3か月以内はポイント3倍、4か月目は1.5倍にアップします。

もちろん、ゴールドカードらしい特典を利用できます。空港ラウンジサービスやゴールド会員デスク、手厚い付帯保険など、魅力が満載です。

コスパのいいゴールドカードを探している20代の方におすすめします。
年会費(税込) 3,300円
基本還元率 0.5%
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
ショッピング保険 国内:最高200万円
海外:最高200万円
申し込み条件 20~29歳以下の方

JCBカードとは?他ブランドとの違いも解説

クレジットカード

JCBカードとは、国際ブランドがJCBのクレジットカードです。国内発祥のブランドで、日本国内の加盟店数は、他のブランドよりも上回っています。

 JCB以外にも、MastercardやVISA、AMEXなど有名な国際ブランドはいくつかあります。
国際ブランドとは?
クレジットカードを世界で使うために、決済システムのネットワークを持つブランドのことです。

JCBカードは大きく分けると全2種類。JCBが発行するクレジットカード(プロパーカード)と、国際ブランドにJCBを付帯した提携カードがあります。

JCBカードの種類 カード例
JCB発行のクレジットカード
(プロパーカード)
  • JCB カード W
  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
提携カード
  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • イオンカード

信販系や流通系のクレジットカードで、JCBブランドを選べるカードが提携カードです。”楽天ポイント”や”リクルートポイント”など、カード会社独自のポイントが貯まります。

一方、JCB発行のクレジットカードは”Oki Dokiポイント”が貯まります。使い道が豊富な人気のポイントです。

日本国内でクレジットカードを使うなら、JCBカードをおすすめします。

VISA・Mastercardとの違い

クレジットカード、VISA、Mastercard

JCBと他ブランドのもっとも大きな違いは、加盟店の数です。

日本発祥のJCBは、国内加盟店数が最多ですが、世界的に見るとVISAやMastercardに劣ります。

比較項目 JCB VISA Mastercard
加盟店数 約3,500万店 約7,000万店 約7,000万店
発祥国 日本 アメリカ アメリカ
プロパーカード × ×

JCBのように、国際ブランド発行のプロパーカードがないところもポイントです。

世界での加盟店数は約2倍もの差があります。海外でクレジットカードを利用するなら、VISA・Mastercardのほうが便利でしょう。

日本で使うならJCB、海外ならVISA・Mastercardをおすすめします。

JCBカードのポイントは優秀!おすすめの使い方も紹介

JCB発行のクレジットカードでは、”Oki Dokiポイント”が貯まります。毎月の利用金額1,000円(税込)につき1ポイント獲得できます。

 ”JCBオリジナルパートナー”の加盟店では、還元率がアップします。
【例】JCBオリジナルパートナー店
・Amazon.co.jp
・メルカリ
・スターバックス
・セブンイレブン
・ビックカメラ
・ウェルシア

飲食店やコンビニ、ドラックストア、ネットショッピングサイトなど、多種多様なお店が加盟しています。

なお、Oki Dokiポイントの有効期限は、獲得月から2年間(24ヶ月)です。使い道が多く、幅広いユーザーから支持されています。

ここからは、Oki Dokiポイントのおすすめの使い道を紹介します。

他社ポイントと交換

硬貨

Oki Dokiポイントは、交換できる他社ポイントの種類がたくさんあります。

利用しやすいポイントと交換すれば節約効果を得られるでしょう。

【例】交換できる他社ポイント
  • nanacoポイント
  • Pontaポイント
  • WAONポイント
  • dポイント
  • 楽天ポイント

街のお店やネットショッピングで「1P=1円」として使えるポイントが豊富にあります。

普段から利用しているお店で使えるポイントと交換しましょう。

カード利用料金に充当

クレジットカード、支払い

Oki Dokiポイントは、カード利用料金に充当できます。ポイントや商品、ギフト券などに興味がない方でも、お得に使えるポイントです。

 「1P=3円」として、利用料金の支払いに充てられます。

毎月15日までに申請した分のポイントが、翌月の利用料金からマイナスされる仕組みです。

たとえば、1月16日~2月15日までの間に申請した場合、3月分の利用料金に充当。充当額は、引き落とし口座にキャッシュバックされます。

会員WEBサービスの”MyJCB”から申し込めますよ。

Amazon.co.jpで利用

Amazon.co.jp

Oki Dokiポイントは、Amazon.co.jpで利用できます。

 「1P=3.5円」として利用可能。Amazonポイントに交換する必要はありません。

Amazonの支払いにJCB発行のクレジットカードを登録すると、自動で”パートナープログラム”が適用されます。

支払い画面でOki Dokiポイントを選択できるようになるので、あとは利用したいポイント数を入力するだけです。

JCBカードは、Amazonとの相性抜群。お得にポイントを使えるだけでなく、還元率がアップします。

Amazon利用におすすめカードをもっとみる

Amazonで1番お得なクレジットカードはAmazonMastercardは本当?

スターバックスカードにチャージ

スターバックス

Oki Dokiポイントは、スターバックスカードにチャージできます。

 「1P=4円」としてチャージ可能。電話またはWEBからチャージ申請できます。

実際にポイントがチャージされるのは、申請から約2~3週間後です。最低200ポイントから交換できます。

こちらは、普段からスターバックスを利用している方にとって嬉しいポイントでしょう。

スターバックスカードの番号(数字16桁)さえわかれば、いつでもチャージ申請できます。

テーマパークのチケットと交換

Oki Dokiポイントは、ディズニーリゾート・パークチケットユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオ・パスと交換できます。

交換するために必要なポイント数は以下の通りです。

ディズニーチケット USJチケット
  • 1枚=1,700ポイント
  • 2枚=3,400ポイント
  • 3枚=5,100ポイント
  • 1枚=1,700ポイント
  • 2枚=3,400ポイント

ディズニーリゾートの1デーパスポートは、大人の場合、7,900~9,400円です。「1P=4.64円~5.52円」として交換できます。

一方、USJのワンデイパスは、8,400~8,900円程度です。こちらも「1P=約5円相当」と、高いレートで交換できます。

ディズニーやUSJが好きな方に嬉しい使い道でしょう。

航空会社マイルと交換

飛行機

Oki Dokiポイントは、航空会社マイルと交換できます。

 ANAマイル、JALマイル、スカイマイルが対象です。

大手航空会社マイルと交換できるのは大きなメリットでしょう。旅行や出張が多い方に嬉しいポイントです。

航空会社マイルとの交換レート
ANAマイル 1P=3~10マイル
JALマイル 1P=3マイル
スカイマイル 1P=3マイル

ANAマイルのみ交換レートが高くなる可能性があります。Oki Dokiポイントには、”ANAマイレージ移行サービス”があるからです。

ANA JCBカードを発行して、マイル自動移行コース・マルチポイントコースのいずれかで交換すれば「1P=10マイル」を達成できます。

普段から利用している航空会社のマイルに交換すれば、旅行・出張がお得になります。

マイルを貯める!おすすめカードをもっとみる

マイルが貯まるクレジットカードおすすめ比較|最強候補【最新】

まとめ

ここまで、JCB発行のおすすめクレジットカードを中心に紹介してきました。本記事では、還元率や特典・付帯保険などが優秀なJCBカードのみを厳選しています。

JCBカード│比較ポイント
  • 年会費
  • 還元率
  • 特典・付帯保険

JCBカード選びで迷ったら、上記3つのポイントを比較しましょう。

JCBブランドのクレジットカードを持ってない方は、この機会に1枚作成してみてはいかがでしょうか。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事