年会費無料の法人カードおすすめ6選!有料・無料の違いを徹底比較

ビジネスや経費処理に役立つ法人カード。コストを考慮して、年会費無料の法人カードをお探しの方は多いでしょう。

しかし、年会費無料の法人カードは数が限られています。還元率やサービス・付帯保険のバランスがいい年会費無料の法人カードは極まれです。

この記事でわかること
年会費無料のおすすめ法人カード
法人カードの年会費無料パターン
年会費無料と有料の違い

そこで今回は、年会費無料のおすすめ法人カードを紹介します。

追加カード・ETCカードの年会費や還元率、サービス・付帯保険などの項目を比較して、最適な法人カードを選んでみてください。

年会費有料との違いについても詳しく紹介しています。

年会費無料のおすすめ法人カード6選

NTTファイナンスBizカード

NTTファイナンスBizカード

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!還元率1.0%以上
  • 経費処理が楽になる”WEB明細編集サービス”
  • 出張に役立つ!”JR東海エクスプレス予約サービス”

NTTファイナンスBizカードは、年会費永年無料の法人カードです。追加カードの年会費もかからず、最大9枚まで発行できます。

 基本還元率は1.0%です。他社ポイントやANAマイルと交換できる”NTTポイント”が貯まります。

経費処理が楽になる”WEB明細サービス”は、どんな事業にも役立つでしょう。業務効率化を図りたい法人・個人事業主の方に嬉しいサービスです。

出張関連のサービスもたくさんついています。”JR東海エクスプレス予約サービス””ツアー優待サービス”など、嬉しいサービスが満載です。

最高2,000万円補償の旅行傷害保険つき。出張先でのトラブルをサポートしてくれます。
年会費(税込) 本カード:無料
ETCカード:550円
追加カード:無料
※9枚まで発行可能
基本還元率 1.0%
国際ブランド VISA
旅行傷害保険 国内:最高2,000万円
海外:最高2,000万円
ショッピング保険 国内:最高100万円
海外:最高100万円
申し込み可能年齢 20歳以上

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!還元率0.5%
  • ETCカードも年1回以上利用するだけで年会費無料
  • カード利用限度額は最大500万円まで

三井住友カード ビジネスオーナーズは、年会費永年無料の法人カードです。基本還元率は0.5%。Vポイントがザクザク貯まります。

 Vポイントは、他社ポイントやANAマイルと交換可能。経費削減に役立ちます。

ETCカードも実質年会費無料です。毎年1回以上利用するだけで、年会費無料をキープできます。

また、カード利用限度額が最大500万円までなところもポイント。経費の金額が大きい方でも、安心して利用できます。

”請求書支払い代行サービス”や”新幹線ネット予約&チケットレスサービス”などを利用できます。
年会費(税込) 本カード:無料
ETCカード:550円
追加カード:無料
※19枚まで発行可能
基本還元率 0.5%
国際ブランド VISA/Mastercard
旅行傷害保険 国内:-
海外:最高2,000万円
ショッピング保険 国内:-
海外:-
申し込み可能年齢 20歳以上

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

おすすめポイント
  • 初年度の年会費無料!サービス・付帯保険が充実
  • ”クラウド会計ソフト freee会計”へのデータ連携
  • 国内外29の空港ラウンジが無料!同伴者1名までOK

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、初年度の年会費が無料になる法人カードです。ビジネスで役立つサービス・付帯保険が充実しています。

 最高5,000万円補償の旅行傷害保険が付帯。出張で役立つ特典が満載です。

”空港ラウンジサービス”や法人専用運賃”eビジネス”などを利用可能。空港ラウンジサービスは、同伴者の方も1名までなら無料になります。

もちろん、業務効率化やリモートワークに役立つ特典も充実。”クラウド会計ソフト freee会計”へデータ連携すれば、経理業務の効率化や経営分析に役立つでしょう。

ビジネス向け特典が充実していて、年会費がお得な法人カードをお探しの方にピッタリの1枚です。
年会費(税込) 本カード:13,200円
※初年度の年会費無料
ETCカード:550円
追加カード:6,600円
基本還元率 0.5%
国際ブランド AMEX
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
ショッピング保険 国内:最高500万円
海外:最高500万円
申し込み可能年齢 20歳以上の方

ライフカードビジネスライト(スタンダード)

ライフカードビジネスライト(スタンダード)

おすすめポイント
  • 本カード・ETCカード・追加カードの年会費無料
  • 利用限度額は最高500万円まで相談可能
  • 法人向け優待サービスの”VISAビジネスオファー”

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、本カード・ETCカード・追加カードのすべてを年会費無料で利用できる法人カードです。

 ポイント還元の機能はありません。経費の支払いが少ない方におすすめします。

とはいえ、最高500万円まで利用限度額を設けられます。経費の出費が重なった月や、突発的な出費が必用となったときに役立つでしょう。

法人向け優待サービスの”VISAビジネスオファー”や、ホテル・旅館やジムなどを優待利用できる”ベネフィット・ステーション”などを利用できます。

還元率よりも、年会費や付帯サービス、限度額を重視する方におすすめの法人カードです。
年会費(税込) 本カード:無料
ETCカード:無料
追加カード:無料
※3枚まで発行可能
基本還元率
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
旅行傷害保険 国内:-
海外:-
ショッピング保険 国内:-
海外:-
申し込み可能年齢 18歳以上の方

テックビズカード

テックビズカード

おすすめポイント
  • 年会費は初年度無料!最大還元率1.1%
  • ITフリーランスをサポートする特典が満載
  • カード利用枠は10万円~300万円まで

テックビズカードは、初年度年会費無料で使える法人カードです。ETCカードは、永年無料で利用できます。

 基本還元率は0.6%です。最大1.1%までアップする”クラステージ”を採用しています。

ITフリーランス向けに作られているので、コワーキングスペースやネット回線、電子契約サービスなどの特典が豊富にあります。

また、カード利用枠は最高300万円まで設定可能。大きな出費が重なったとしても、問題なく対処できるでしょう。

最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険は自動付帯。別のカードで旅費を支払っても保険が適用されます。
年会費(税込) 本カード:2,200円
※初年度無料
ETCカード:無料
追加カード:-
基本還元率 0.6%
国際ブランド Mastercard
旅行傷害保険 国内:最高2,000万円
海外:最高1,000万円
ショッピング保険 国内:最高100万円
海外:最高100万円
申し込み可能年齢

P-one Business Master Card

P-one Business MasterCard

おすすめポイント
  • 初年度の年会費無料!翌年以降も無料のチャンス
  • ETCカード・追加カードの年会費も無料
  • ショッピング・キャッシング利用枠は最高300万円

P-one Business MasterCardは、初年度年会費無料で使える法人カードです。年1回以上利用するだけで、翌年の年会費が無料になります。

 年会費は実質無料。ETCカードと追加カードの年会費も0円です。

ショッピング・キャッシング利用枠は、最高300万円まで。利用可能枠内であれば繰り返し使えるので、ビジネスチャンスを逃しません。

レンタカーやパッケージツアーの優待サービスを利用できます。そのため、出張が多い法人代表者の方におすすめです。

年会費無料で、出張向け特典が充実している法人カードをお探しの方に最適だといえます。
年会費(税込) 本カード:2,200円
※初年度の年会費無料
※年1回以上利用で翌年の年会費無料
ETCカード:無料
追加カード:無料
※5枚まで発行可能
基本還元率 0.6%
国際ブランド Mastercard
旅行傷害保険 国内:-
海外:-
ショッピング保険 国内:最高300万円
海外:最高300万円
申し込み可能年齢 20歳以上の方

年会費無料の法人カードは全3パターン

クレジットカード

法人カードには、全3パターンの年会費無料があります。

法人カードの年会費無料│全3パターン
  • 永年無料
    →年会費がずっと無料
  • 初年度無料
    →1年目のみ年会費無料
  • 条件付き無料
    →指定の条件達成で年会費無料

永年無料は、年会費無料でずっと使えるパターンです。2年目、3年目以降も、コストゼロで法人カードを使い続けられます。

 一切コストをかけたくない方は、永年無料の法人カードを作成しましょう。

初年度無料は、法人カードを作成した年のみ、年会費無料で使えるパターンです。2年目以降は、年会費が発生します。

一方、条件つき無料は、指定の条件を達成すると年会費が無料になります。「年間〇万円以上利用で無料」「△△に登録で翌年以降の年会費無料」などの条件が一般的です。

法人カードは年会費無料・有料どっちがおすすめ?

年会費無料と有料の法人カードには、どのような違いがあるのか気になる方は多いでしょう。ここからは、以下の項目ごとに両者の違いを詳しく紹介します。

  • 審査基準
  • 還元率
  • サービス・付帯保険
  • 限度額
  • 追加カード

審査基準

審査

年会費無料・有料のどちらも審査を実施。申し込み条件を満たしていれば、審査に通る可能性があると考えられます。

 法人カードの審査対象は、法人代表者または会社です。

「年会費無料だから審査がゆるい」や「年会費有料だから審査が厳しい」のように考えるのはやめましょう。

クレジットカードの審査基準は一切公開されていません。そのため、申し込み条件を満たしているかが重要なポイントだといえます。

気になる法人カードを見つけたら、最初に申し込み条件をチェックしてみてください。

還元率

パーセンテージ

年会費有料だから還元率が高いとは限りません。年会費有料でも、還元率が低い法人カードはたくさんあります。

 反対に、年会費無料でも1.0%以上還元される法人カードもあります。

もし、還元率の高い法人カードが年会費有料なら「年間どれくらいのポイントがもらえそうか」をシミュレーションしてみてください。

もらえるポイントが年会費を大きく上回るのであれば、高い年会費を支払っても価値があると判断できます。

そもそも経費の出費が少ない方は、サービスや付帯保険など別の項目を重視したほうがいいかもしれません。

サービス・付帯保険

仕事、サポート

サービス・付帯保険は、年会費がかかる法人カードのほうが充実している傾向にあります。

【例】法人カードのサービス・付帯保険
  • 旅行傷害保険
  • 空港ラウンジサービス
  • 会計ソフトとの連携
  • 福利厚生代行サービス

サービス・付帯保険を比較する場合、本当に必要かじっくり検討しましょう。

安易に「サービス・付帯保険が充実しているから」という理由で年会費のかかる法人カードを作成しても、使いこなせない可能性があります。

年会費無料のサービス・付帯保険でも、満足できるできるのではないか検討してみてください。

限度額

お金

限度額は、年会費有料の法人カードが優れています。個人用のクレジットカードと同じく、ステータスに左右されるケースが一般的です。

 ゴールド、プラチナとステータスが上がるほど、限度額が高くなる傾向にあります。

また、法人カードの限度額を決める要素は以下の3つです。

法人カードの限度額を決める要素
  • 審査
  • ステータス
  • 発行会社

法人の信用度および、法人代表者の信用情報が良好であれば、限度額が高くなる可能性があります。

クレジットカードの発行会社によって限度額に差がある点にも注目してみてください。

月間どれくらい経費を使うのか把握して、限度額に余裕のある法人カードを選びましょう。

追加カード

会社、従業員

追加カードとは、従業員用の”使用者カード”のことです。

発行上限枚数は、年会費有料の法人カードのほうが優れています。

 年会費が有料の法人カードの中には、上限なしで追加カードを発行できるものもあります。

一方、年会費無料の法人カードは、発行上限枚数が少なめです。そのため、従業員数が多い方は、年会費有料の法人カードを選んだ方がいいでしょう。

発行上限枚数とあわせて、追加カードの年会費にも注目してみてください。

まとめ

ここまで、年会費無料のおすすめ法人カードを中心に紹介してきました。

一言で年会費無料とっても”永年無料”や”初年度無料”、”条件付き無料”など、さまざまなパターンがあります。

法人カード│比較ポイント
  • 年会費無料の種類
  • 還元率
  • 限度額
  • サービス・付帯保険

年会費無料の法人カードを選ぶときは、上記4つのポイントを比較しましょう。

ビジネスに役立つ法人カードを、ぜひ利用してみてください。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事