GMOクリック証券 評判

GMOクリック証券は、取扱商品の豊富さや手数料の安さに定評がある証券会社です。

メリットが多い優れた証券会社ですが、実際に利用した方がどのように感じているか気になる方も多いのではないでしょうか。

良い口コミや悪い評判を知ることで、GMOクリック証券のリアルなメリットやデメリットがわかります。また、自分にとってGMOクリック証券が合うのかどうか冷静に判断できるようになるでしょう。

この記事でわかること
GMOクリック証券の口コミ・評判
GMOクリック証券のメリット・デメリット

そこで本記事では、独自に調査したGMOクリック証券の口コミ・評判を参考に、客観的なメリットとデメリットをご紹介します。

GMOクリック証券の詳しい特徴を理解したうえで、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
この記事の結論

  1. GMOクリック証券は業界最狭水準のスプレッドで、FX取引高世界一を誇るおすすめの証券会社
  2. 使いやすいデザインや多彩な金融商品を提供している点も高評価
  3. 単元未満株やiDeCoも利用したいなら、他の証券会社との併用もおすすめ
  4. 新規口座解説+取引で最大30万円キャッシュバックキャンペーン開催中!

GMOクリック証券の評判・口コミをみる
GMOクリック証券良い評判・口コミまとめ
  • 証券会社としては珍しいCFDを扱っている
  • 手軽にバイナリーオプションができる
  • 現物取引の手数料が業界最安値クラス
  • GMOインターネットの株保有で手数料還元
GMOクリック証券悪い評判・口コミまとめ
  • 単元未満株に対応していない
  • つみたてNISAやiDeCoが利用できない

GMOクリック証券の基本情報

GMOクリック証券は、インターネットFXの取引高世界一を誇る国内大手の証券会社です。FX以外にも株式や投資信託、債券、CFDといった幅広い金融商品を提供しています。

まずは、GMOクリック証券の基本情報について確認していきましょう。

取扱商品 株式
投資信託
FX
CFD
先物・オプション
バイナリーオプション
債券
取引手数料(現物) 【1日定額プラン】
0~1,691円
【1約定ごとプラン】
50~930円
通貨ペア数 20
入出金手数料 無料
※振込入金の手数料は利用者負担
アプリ 〇(iOS/Android)
NISA
つみたてNISA ×
iDeCo ×
取引開始日数 最短翌営業日
開催中のキャンペーン・特典
新規口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック

GMOクリック証券のスプレッド

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

GMOクリック証券のスプレッドは、1度の注文上限が100万通貨までの「通常モード」と500万通貨までの「大口モード」があります。

通貨ペア 通常モード 大口モード
米ドル/円(USD/JPY) 0.2銭 0.7銭
ユーロ/円(EUR/JPY) 0.5銭 1.2銭
ポンド/円(GBP/JPY) 1.0銭 2.1銭
スプレッドをもっと見る
通貨ペア 通常モード 大口モード
豪ドル/円(AUD/JPY) 0.6銭 1.3銭
NZドル/円(NZD/JPY) 1.2銭 2.4銭
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 0.9銭 1.6銭
メキシコペソ/円(MXN/JPY) 0.2銭 0.7銭
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 0.4pips 0.8pips
ポンド/米ドル(GBP/USD) 1.0pips 1.8pips
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 0.9pips 1.7pips
NZドル/米ドル(NZD/USD) 1.6pips
2.9pips

公式サイトより
集計期間:2022年7月25日~2022年8月21日
公開日:2022年8月26日

GMOクリック証券は、業界最狭水準のスプレッドを設定しているため、取引手数料などのスプレッドを気にせず取引できる点が魅力のひとつです。
原則固定(一部例外あり)なので、為替相場によってスプレッドが上がってしまうかも…というリスクの不安からも解放されます。

GMOクリック証券の良い評判・口コミ

GMOクリック証券の良い口コミ・評判は次の通りです。

良い口コミ・評判一覧
  • 証券会社としては珍しいCFDを扱っている
  • 手軽にバイナリーオプションができる
  • 現物取引の手数料が業界最安値クラス
  • GMOインターネットの株保有で手数料還元

証券会社としては珍しいCFDを扱っている

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

FXと同じ仕組みで株式投資やETF投資ができる点を魅力に感じている人がいました。

 実際に「CFDを使うことで、FXと同じようにレバレッジや空売りを駆使して株式投資やETF投資ができる」「取引数量も少なくて済み、小資金から参入しやすいのは大きなメリット」という声があります。

CFD(差金決済取引)とは、現物取引のような有価証券の受け渡しがなく、売買価格の差額のみで取引を行う方法です。

FXと仕組みはほとんど同じですが、FXだと外貨の取引しかできません。

一方のCFDでは株式やETF(上場投資信託)にも、FXと同じレバレッジや売り注文から入る空売りの仕組みが適用できます。
CFD取扱銘柄と最大レバレッジ
・株式CFD:レバレッジ最大5倍
・株価指数CFD:レバレッジ最大10倍
・商品CFD:レバレッジ最大20倍
・バラエティCFD:レバレッジ最大5倍

レバレッジの最大の魅力は、少ない元手資金で資金回転率を最大化できる点です。

たとえば、10万円の資金しかない場合でも、10倍のレバレッジをかければ100万円分の銘柄を購入できます。

仮に10%値上がりすれば10万円の利益を獲得でき、元手に対する利回りは100%となり、非常に効率の良い運用が可能です。

ただし、レバレッジをかけすぎるとハイリスクハイリターンになるので、注意が必要です。

手軽にバイナリーオプションができる

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

バイナリーオプションが利用しやすい点も評判。実際に「FXだと頻繁にチャートを確認するのが面倒だが、バイナリーオプションなら手の空いたときに確認すれば済む」という声がありました。

バイナリーオプションとは、為替相場や株価が上昇するか、下落するかの2択を予想する取引方法です。予想が当たるとペイアウトと呼ばれる利益が得られ、外れると投資額(チケット購入分)がゼロになります。

 株式投資やFXだとエントリータイミングや利確・損切りポイントを見極める必要がありますが、バイナリーオプションは、2つの選択肢から1つを選ぶだけで済むのがポイントです。

仮に上昇することを予想した場合、価格が1円上がろうと、100円上がろうと予想が的中したことになり、ペイアウトを獲得できます。

GMOクリック証券では、チケットの購入額は1枚あたり50~999円と少額です。

シンプルな仕組みなので、投資に不慣れな方にもおすすめです。

現物取引の手数料が業界最安値クラス

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

「1日の約定金額の合計で手数料が決まるので、1日に何度も取引する人にはお得なプラン」「GMOクリック証券の現物取引は他の大手証券会社と比べても低めに手数料が設定されている」という声がありました。

GMOクリック証券の株現物取引の手数料は、業界最安値クラスに設定されています。

 1日の約定代金の合計に応じて手数料が決まる「1日定額プラン」と、1注文の約定代金によって手数料が決定する「1約定ごとプラン」の2種類があり、いずれも低コストなのが魅力です。

【1日定額プランの手数料】

約定代金 手数料(税込)
~100万円 無料
~200万円 1,238円
~300万円 1,691円
300万円超
(以降、100万円ごとの加算金額)
295円

【1約定ごとプランの手数料】

約定代金 手数料(税込)
~5万円 50円
~10万円 90円
~20万円 100円
~50万円 260円
~100万円 460円
~150万円 550円
~3,000万円 880円
3,000万円超 930円

上記の手数料の水準は、安さを売りにするSBI証券や楽天証券よりも低くなっています。

普段から現物株をよく取引きする方にとって、GMOクリック証券は手数料を最小限に抑えられる優れた証券会社だといえるでしょう。

取引回数が少ない方にとっても、1日定額プランにすると、100万円以内の約定金額なら取引手数料がいっさいかかりません。

GMOインターネットの株保有で手数料還元

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

GMOグループの株主優待についても魅力的と評判です。

 「GMOグループの株を保有していると、関連株優待で手数料が還元される」「もともと手数料の低いGMOクリック証券だが、コストをより低く抑えられる仕組みが整えられている」との声がありました。

GMOクリック証券の親会社であるGMOインターネットでは、投資家向けの株主優待サービスを提供しています。その仕組みは、GMOクリック証券で発生した手数料の一部を還元するというものです。

2022年7月28日時点で提供されている株主優待は次の通りです。

株主優待一覧
  • GMOクリック証券-株式買付手数料相当額キャッシュバック
  • GMOクリック証券-売買手数料キャッシュバック
  • グループ各種サービス利用料割引
  • GMOコインにおけるビットコイン付与

こうした株主優待を活用すると、もともと安い手数料をさらに引き下げられます。

株主優待を受けるには100株以上の保有が条件ですよ。

GMOクリック証券の悪い評判・口コミ

GMOクリック証券を高評価する意見が多い一方で、次のように悪い口コミや評判も存在します。
悪い口コミ・評判一覧
  • 単元未満株に対応していない
  • つみたてNISAやiDeCoが利用できない

それぞれの口コミを詳しくご紹介します。

単元未満株に対応していない

チャートの画面

悪い口コミとして、単元未満株の買付に対応していないことが挙げられます。

 「単元未満株の買付ができず、売却か買取請求しかできません。最近では単元未満株を扱っている証券会社が多いなか、やや使い勝手の悪さを感じる」と実際に口コミがありました。

株式投資では本来、1単元が100株に設定されており、100株単位で株を購入する必要があります。

しかし、単元未満株に対応している証券会社であれば、100株未満の注文が可能です。単元未満株の最小取引数量は1株なので、安い銘柄だと数百円程度の元手で済みます。

GMOクリック証券は、この単元未満株の制度に対応していません。株は100株単位で購入する必要があるため、どうしても元手となる資金が大きくなってしまうのです。

とはいえ、CFD取引を活用すれば100株単位で取引する必要はありません。レバレッジの仕組みもあるため、株をより少額で購入できるようになります。

つみたてNISAやiDeCoが利用できない

つみたてNISAに対応していないのが残念」という声もみられました。

GMOクリック証券では、少額投資非課税制度であるNISAに対応しています。しかし、NISAの積立投資版にあたるつみたてNISAや、年金制度の一つであるiDeCoを利用できないデメリットがあります。

つみたてNISA・iDeCoとは
つみたてNISAとは、1年間の投資額が40万円以内であれば、そこから発生した利益のすべてが非課税になる制度です。一般NISAの場合は非課税期間が5年しかない一方、つみたてNISAは20年間の非課税期間が設定されています。
iDeCoとは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つです。個人型確定拠出年金という別称も存在します。企業型確定拠出年金とは異なり、自分自身で投資する金融商品を選べる利点があります。

どちらもコツコツと利益を積み立てていく方法なので、長期投資を行う方にとってはマイナスポイントとなるでしょう。

一般NISAでは、1年間の非課税枠が120万円分用意されています。短期から中期で投資を行う方は、一般NISAの制度を使うと良いでしょう。

GMOクリック証券の良い評判・口コミからみるメリット

良い口コミや評判を参考にすると、GMOクリック証券には次の3つのメリットがあることがわかります。

3つのメリット
  • さまざまな金融商品に投資できる
  • 取引コストを最小限に抑えられる
  • 上場企業ならではの恩恵が得られる

さまざまな金融商品に投資できる

お金

GMOクリック証券では、株式やFX、債券、投資信託など幅広い金融商品を取り扱っています。

 特に、バイナリーオプションやCFDは一部の証券会社しか取り扱っておらず、GMOクリック証券の独自性の一つだといえるでしょう。

金融商品の豊富さは、そのまま投資のリスクを抑えられるメリットにつながります。

たとえば、株式投資で大きな損失を計上した場合でも、FXや投資信託など別の金融商品で損失をカバーできます。

また、複数の金融商品でポートフォリオを組むために、わざわざ数多くの口座を開設する必要がないのも利点です。

1つの証券口座に資金を集中すれば、資金回転率の向上や手数料の削減がはかれるでしょう。

取引コストを最小限に抑えられる

良い口コミや評判では、取引コストが安いメリットをあげる意見が目立ちました。

 売買手数料の安さは先述の通りですが、ほかにも口座開設・維持手数料や出金手数料、貸株サービス利用料などが無料です。

入金手数料に関しては、振込入金にかかる振込手数料こそ利用者負担であるものの、即時入金サービスを利用すれば手数料はかかりません

コストを抑えて取引したい人にうってつけのネット証券と言えるでしょう。

上場企業ならではの恩恵が得られる

お金

GMOインターネットの株主になると、GMOクリック証券における手数料の還元が受けられます。これは上場企業ならではの恩恵だといえるでしょう。

GMOグループにはほかにもさまざまな種類があり、それぞれ手数料還元の株主優待を提供しています。

手数料還元の株主優待を提供するGMO関連企業
・GMOインターネット(9449)
・GMOフィナンシャルホールディングス(7177)
・GMOペポパ(3633)
・GMOグローバルサイン・ホールディングス(3788)
・GMOアドパートナーズ(4784)

投資をより効率的に行いたい方は、各企業の株主優待をチェックしてみてください。

企業によって優待内容が異なる点には注意が必要です。

GMOクリック証券の悪い評判・口コミからみるデメリット

悪い口コミや評判からみたGMOクリック証券のデメリットは次の通りです。

2つのデメリット
  • 少額投資には適さない
  • 積立投資を行う場合は別の証券会社が適切

少額投資には適さない

チャートを見る男性

GMOクリック証券は「元手が少ない」「少額から投資したい」という方には使いづらい証券会社だといえます。なぜなら、最小取引単位が大きめに設定されているためです。

 株式投資の場合は1単元100株から、FXだと10,000通貨から購入する必要があります。

最近だと、1株や1通貨から購入できる証券会社やFX会社も増えているなか、GMOクリック証券はどうしても初期投資額がかさみます

初期投資額が少ないCFDの仕組みを活用することもできますが、レバレッジを設定するとリスクが高くなってしまうため、投資に慣れていない方には安全だとはいえません。

まとまった資金が用意できない方は、1株から購入できるLINE証券や1通貨から購入できるMATSUI FXなどを活用すると良いでしょう。

積立投資を行う場合は別の証券会社が適切

積立投資を行う場合は、つみたてNISAやiDeCoが用意された証券会社のほうがお得です。

 つみたてNISAやiDeCoの制度に対応していない場合、確定した利益に対して20.315%の税金が発生します。

SBI証券楽天証券は、つみたてNISAとiDeCoの両方に対応しており便利です。

特に、毎月高額なお金を積み立てている方は、税金が優遇されるGMOクリック証券以外の証券会社のほうが向いているかもしれません。

評判からわかった!GMOクリック証券が向いている人

口コミ、評判から見てGMOクリック証券が向いている人として以下の特徴があげられます。

GMOクリック証券が向いている人
  1. 株やFX初心者の人
  2. とにかく手数料の安さを重視したい人
  3. 先物やオプション取引、CFDなどにも挑戦したい人

①株やFX初心者の人

30代・男性(パート/アルバイト)
FXを始めた最初の方に使った会社で、その後一通りFX会社を使ったが結局一番使いやすく現在も使用している。何がいいってアプリの機能性が充実しているのでスマホでも扱えるし、もちろんPCでも操作が一番しやすい。
30代・男性(会社員)
スマホアプリで取引をしていますが、スマホアプリの機能性は非常に高いので正直アプリのみで十分ですし、デモ取引もアプリで行うことができるので大変利便性が高いです。
口コミにもあるようにGMOクリック証券は、初心者の方でも使いやすいツールが高評価。全てこだわりの自社開発ツールで、スマートフォン・PC合わせて計6種類用意がされています。
 中には、Apple Watchに対応したツールもあるなど時代に合わせたツールが使える点も魅力です。
24時間サポートも無料なので、不明点や困ったことがあればいつでも問い合わせができます。HDI格付け調査では、最高評価三ツ星を獲得しており丁寧なサポートが受けられるでしょう。
GMOクリック証券のツール
ツール 媒体 特徴
FXネオ
ブラウザ取引
PC ・すべての取引が1画面内で完結。
プラチナムチャート PC ・全38種類の人気テクニカル指標を豊富に取り揃え、様々な分析手法に対応。
GMOクリックFX iPhone
Android
Apple Watch
・ウィジェット機能もあり、アプリを起動しなくても重要な情報をすぐ確認。
はっちゅう君FX+ PC ・約定モードが従来比6倍。1クリックで即時注文が可能。
FXツールバー PC ・FXネオのすべてのレートや経済ニュース、CFDの主要指標がいつでも確認。
FX Watch! Android ・スマートウォッチ専用のFXアプリ。4通貨ペアまで同時に表示可能。

ワンクリックで注文できる”はっちゅう君”は、刻々と変わる市場の動きに素早く対応ができる便利なツールです。
※公式サイトより

②とにかく手数料の安さを重視したい人

GMOクリック証券GMOクリック証券公式サイトより

30代・男性(会社員)
GMOクリック証券は「一日定額プラン」があるのは、とても良いと感じています。GMOクリック証券では、現物取引で約定代金が「100万円まで」であれば、何度取引しても取引手数料は無料になっているので、投資資金の少ない自分には助かっています。
40代・男性(会社員)
取引手数料が安いのがここのメリットです。例えば1約定ごとプランで約定代金が5万円までならば50円、約定代金90万円までならば90円と格安になっています。
GMOクリック証券は手数料の安さを重視する方におすすめです。
GMOクリック証券の現物取引手数料は、1日の約定代金の合計で決める「1日定額プラン」と1約定ごとの代金で決まる「1約定ごとプラン」があります。
他証券会社との手数料の違いを確認してみましょう。
1日定額プラン
約定代金 GMOクリック証券
(1日定額プラン)
楽天証券
(いちにち定額コース)
SBI証券
(アクティブプラン)
〜100万円 0円 0円 0円
〜200万円 1,238円 2,200円 1,238円
〜300万円 1,691円 3,300円 1,691円
300万超 295円 1,100円 295円
1約定ごとプラン
約定代金 GMOクリック証券
(1約定ごとプラン)
楽天証券
(超割コース)
SBI証券
(スタンダードプラン)
〜5万円 50円 55円 55円
〜10万円 90円 99円 99円
〜20万円 100円 115円 115円
〜50万円 260円 275円 275円
〜100万円 460円 535円 535円
〜150万円 550円 640円 640円

※2022年8月16日時点・GMOクリック証券調べ

同じものを売り買いするのであれば、手数料が安いにこしたことはないですよね。

③先物やオプション取引、CFDなどにも挑戦したい人

多彩な金融商品を扱う証券会社ならココ!

株や債権をはじめ様々な金融商品を取り扱っているGMOクリック証券をメインで利用しています。先物やオプション取引、CFDなども扱っており、他の証券会社にはない魅力だと思っています。パソコンを使った取引のほか、スマートフォンでも取引が可能で、それぞれの金融商品ごとに取引ツールが用意されているのも便利です。それ以外にも様々な機能がありますので、初心者からベテランまで幅広い層に利用しやすいように感じました。手数料も大手のネット証券会社と遜色ないレベルだと思います。出典:みん評
GMOクリック証券は初心者にもおすすめですが、さまざまな金融商品に投資をしたい人にもおすすめの証券会社です。
GMOクリック証券で利用できる取引

株式取引
投資信託
先物・オプション取引
外為・オプション取引
365FX
CFD
株式指数バイナリーオプション
外国債権
貸付型クラウドファンディング
挑戦できる金融商品が多いほど、投資戦略の選択肢の幅を広げることができ、取引チャンスの機会も多くなります。
デモ口座もあるので、初めてCFDに挑戦する方はまずデモトレードで体験してみるといいでしょう。

取引ごとに証券会社を何社も契約する必要がないので、使い勝手がいいですね!

今だけ!お得なGMOクリック証券のキャンペーン

10.GMOクリック証券 新規口座開設キャンペーン

新規でFX口座開設をして、取引数量500万通貨〜50,000万通貨までの取引が対象。取引数量が増えることによってキャッシュバック金額も増えていく仕組みとなっています。

 最大30万円が受け取れる条件を満たしていない場合でも、ある程度の取引をしていれば、いくらかキャッシュバックが受けられるでしょう。

FX口座開設月の翌々月末までの取引量が対象です。また、すでに証券口座を開設していても、FX口座が未開設であれば対象となりますよ。

お得に取引を始められるチャンスを逃さないようにしましょう!

GMOクリック証券の口座開設方法

GMOクリック証券の口座開設手順は次の通りです。

口座開設手順
  1. 2種類の口座から選択
  2. 個人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出

手順ごとに口座開設方法をご紹介します。

1.2種類の口座から選択

GMOクリック証券の公式サイトにアクセスし、トップページにある「口座開設」のボタンをクリックします。

すると、株式や投資信託を購入できる「証券取引口座」と、FXやバイナリーオプションができる「FX専用取引口座」の選択画面が現れます。

1.取引口座を選択

自分の投資スタイルに合わせて適切な口座を選択しましょう。

なお、ここでは証券取引口座の開設方法をご紹介しますが、FX専用取引口座の開設方法もほとんど変わりません。

2.個人情報の入力

口座を選択した後は、個人情報の入力画面に移行します。氏名や住所、電話番号など必要な情報をすべて記入しましょう。

2.個人情報の入力

入力が完了すれば、画面下の「次へ」をクリックして次の画面に移動します。

3.本人確認書類の提出

最後に、本人確認書類を提出します。

3.本人確認書類の提出

GMOクリック証券の認証方法は3つの種類があり、それぞれ提出書類が異なります。

認証方法 必要書類
スマホでスピード本人確認 以下のうち、いずれか1点
・運転免許証
・個人番号カード
アップロード送信 以下のうち、いずれか1点
・運転免許証
・個人番号カード
・各種健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・各種年金手帳
郵送 マイナンバー書類のうち、いずれか1点
・個人番号カード
・マイナンバー通知カード
・マイナンバー付きの住民票の写し
※個人番号カードがない方は追加で以下のうち1点を提出
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付き)
※または以下のうち2点でも可
・各種健康保険証
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・各種年金手帳

本人確認書類を提出後、審査が行われ、無事に通過すると取引が開始できます。

手元にスマートフォンがある方は、認証が済むと最短即日で取引を開始できる「スマホでスピード本人確認」の方法がおすすめです。

まとめ

GMOクリック証券は、株式や投資信託、債券といった数多くの金融商品を提供する証券会社です。

バイナリーオプションやCFDを含めた豊富な選択肢や手数料の安さ、運営会社やグループ会社のブランド力に定評があります。

1つの口座を保有しているだけで幅広い投資ができるため、複数口座を開設する手間を省きたい方や、さまざまな商品に投資してリスクを抑えたい方におすすめです。

ただし、ほかの証券会社に比べて初期投資額がかさみがちな点には注意が必要です。

良い口コミや悪い評判を参考に、自分にとってGMOクリック証券が合うかどうかを判断してみてくださいね。

本記事における出典と根拠

調査実施日 2022年8月29日〜2022年9月12日
調査方法 クラウドワークスを利用したオンライン調査
調査対象者 GMOクリック証券を利用している男女10名
調査対象地域 日本国内47都道府県
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事