ガス会社おすすめを徹底比較!エリア別安いガス会社ランキングも
監修者
監修者江田 健二RAUL株式会社/代表取締役

「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動などを実施。富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。東京大学 Executive Management Program(EMP)修了。大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。その後、RAUL株式会社を設立。 主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事。一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事。環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション委員会委員(2019年)等

2017年から都市ガスの自由化がスタートしました。現在約80社以上の企業が、ガスの販売を開始している状況です。そのため多くの方が「お得なガス会社に乗り換えたい」と考えています。

しかし、電気とのセット割や一人暮らし向けなどプラン多く、迷ってしまいますよね。

この記事でわかること
エリア別!料金の安いガス会社
ガス会社選びで比較すべき3つのポイント

そこで今回は、エリア別におすすめの安いガス会社を紹介。料金が平均よりもお得になりやすい都市ガスのみを厳選しています。

ガス会社選びがシンプルになる「都市ガス選びで比較すべきポイント」も参考にしてみてください。

エリア別!おすすめガス会社比較一覧表

スクロールできます>>

提供エリア 関東エリア   関西エリア 
中部エリア   北海道エリア   九州エリア  
ガス会社 エルピオ都市ガス レモンガス エフビットガス 関西電力 ミツウロコガス 中部電力 T&Tエナジー いちたかガスワン ほくでんガス 西部ガス 九州電力
いちたかガスワン ほくでんガス 西部ガス 九州電力
基本料金
(0~20㎥/月)
※北海道、九州は
0~15㎥/月
975.00円 759.00円 721.05円
758.90円 736.23円 759.00円 736.23円
946.0円 925.76円 968.00円 913.00円
従量料金
(0~20㎥/月)
※北海道、九州は
0~15㎥/月
125.11円/㎥ 138.04円/㎥ 138.04円/㎥ 158.77円/㎥ 169.56円/㎥ 204.52円/㎥ 204.20円/㎥ 239.77円/㎥ 196.59円/㎥ 265.99円/㎥ 204.20円/㎥
セット割 なし ・電気 ・光回線
・ウォーターサーバー
・ガス機器購入割

・電気
・FiberBit

・電気 なし なし ・電気

・電気
・灯油

・電気 ・電気 ・電気
おすすめ
ポイント

東京ガスより
3~5%程お得!
最安値に挑戦中

都市ガス料金満足
No.1!
豊富なセット割も

電気・ガス・ネットをまとめられる! 電気・ガスの利用料金に応じて
”はぴeポイント”が貯まる
1プランのみでシンプル!
大阪ガスより3%程お得
対象プランへの新規契約で、ガス基本料金が3か月無料 東邦ガスより年間約3,000円お得に

灯油・電気・ガスのセット割で、それぞれの料金がお得に!

電気とガスのお支払いをまとめられるので便利! 電気とセットのお申し込みでガス料金3%割引 使うほど割引率もUP!
使用量が多い方におすすめ

 

※公式サイト参照

【関東エリア】料金の安いおすすめガス会社人気比較ランキング

エルピオ都市ガス

エルピオ都市ガス

おすすめポイント
  • 2022年5月 契約件数3万件突破※1
  • 年間1,040~6,300円程度の節約が可能
  • 料金体系がシンプルな2種類のプランを提供

エルピオ都市ガスは、東京ガスエリアにお住いの方が乗り換えられる都市ガスです。2022年5月に契約件数3万件を突破しています。

 年間1,040円~6,300円程度の節約が可能。東京ガスより3~5%程度安くなります。

料金プランはシンプルな2種類のみです。

エルピオガス│料金プラン
スタンダードプラン
床暖プラン

どちらを選んだとしても、東京ガスよりお得に利用できます。契約時・解約時に料金はかからないので、安心して乗り換えられるでしょう。

申し込むタイミングによっては、お得なキャンペーンを実施していますうよ。
基本料金(税込)
※スタンダードプランの場合
【~20㎥】
975.00円
【20.1~80㎥】
1,015.00円
【80.1~200㎥】
1,232.00円
従量料金(税込)
※スタンダードプランの場合
【~20㎥】
125.11円/㎥
【20.1~80㎥】
124.00円/㎥
【80.1~200㎥】
123.00円/㎥
対応エリア ・東京都
・千葉県
・神奈川県
・埼玉県
・茨城県
・栃木県
・群馬県
・愛知県
・岐阜県
・三重県

エルピオ都市ガス公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

レモンガス

レモンガス

おすすめポイント
  • 都市ガス 料金満足度No.1※1
  • 東京ガスの一般料金より年間最大25%安くなる※1
  • 電気・ネット回線などとのお得なセット割を提供

レモンガスは、都市ガス 料金満足度No.1の実績を誇るガス会社です。東京ガスより従量料金が5%お得になっています。

 標準家庭の場合、年間最大25%の節約が可能。料金プランは、お得な”わくわくプラン”のみです。

さまざまなセット割を提供しているところもポイント。

レモンガスのセット割
電力セット割引
アクアクララセット割引
レモンガス光セット割引
ガス器具購入割引
プレミアム割引

電気やウォーターサーバー、光回線などとのセット割引を提供しています。

月々の利用料金から300円~800円程度割引されるので、ぜひ検討してみてください。

ガス器具購入割引は最大10,000円割引、プレミアム割引は年間最大3,000円割引されます。
基本料金(税込)
※わくわくプランの場合
【~20㎥】
759.00
【20.1~80㎥】
1,041.13
【80.1~200㎥】
1,208.99
従量料金(税込)
※わくわくプランの場合
【~20㎥】
138.04円/㎥
【20.1~80㎥】
123.94円/㎥
【80.1~200㎥】
121.84円/㎥
対応エリア ・東京都
・神奈川県
・埼玉県

レモンガス公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

エフビットガス

エフビットガス

おすすめポイント
  • 基本料金・従量料金から常に5%OFF
  • 電気とのセットでさらに2%OFF!合計7%OFF
  • ガス・電気・ネットのセット割もおすすめ

エフビットガスは、東京ガス・関西ガス・東邦ガスエリアの方契約できる都市ガスです。東京ガスエリアでは、4つの料金プランを提供しています。

 ”標準プラン”は、毎月のガス料金から5%OFF。ガスの使用量に関係なくお得になります。

電気とのセット割を契約すれば毎月7%OFFに。他にも魅力的なプランが満載です。

エフビットガス│東京エリアの料金プラン
標準プラン:5%OFF
電気セット割プラン:7%OFF
ISPセット割プラン:6%OFF
トータルセット割プラン:8%OFF

トータルセット割プランは、電気・ガス・ネットをセットで契約できるサービスです。

新居に引っ越しを考えている方や、今の固定費に不満がある方は、ぜひ検討してみてください。

工事・契約手数料・解約手数料なしで利用可能。公式サイトから簡単に申し込めます。
基本料金(税込)
※標準プランの場合
【~20㎥】
721.05
【20.1~80㎥】
1,003.20
【80.1~200㎥】
1,170.40
従量料金(税込)
※標準プランの場合
【~20㎥】
138.04円/㎥
【20.1~80㎥】
123.93円/㎥
【80.1~200㎥】
121.84円/㎥
対応エリア ・東京都
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県
・茨城県
・栃木県
・群馬県
・愛知県
・岐阜県
・三重県
・大阪府
・兵庫県
・京都府
・奈良県
・和歌山県
・滋賀県

【関西エリア】料金の安いおすすめガス会社人気比較ランキング

関西電力

関西電力

おすすめポイント
  • 電気とのセット割で初年度約9,600円お得※1
  • たった2ステップで簡単に切り替え可能
  • 電気・ガスの利用料金に応じて”はぴeポイント”が貯まる

関西電力は、大阪ガスエリア、または大津市企業局の都市ガスエリアにお住いの方が利用できます。契約する場合は、電気とのセット割がおすすめです。

 電気とのセット割で、初年度の利用料金が約9,600円お得に。こちらは、大阪ガスの一般料金と比較した場合です。

たった2ステップで切り替えられるので、誰でも簡単に手続きできるでしょう。

関西電力│都市ガスの申し込み手順
  1. インターネットから申し込み
  2. 契約完了・関西ガス利用開始

切り替え費用や違約金は一切かかりません。

電気・ガスの利用料金に応じて”はぴeポイント”が貯まるところも魅力の一つです。

はぴeポイントは、電気・ガスの支払いに使用可能。他社ポイントや豪華景品と交換するのもいいでしょう。
基本料金(税込)
※なっトクプランの場合
【~20㎥】
758.90
【20.1~50㎥】
1,262.33
【50.1~100㎥】
1,266.83
従量料金(税込)
※なっトクプランの場合
【~20㎥】
158.77円/㎥
【20.1~50㎥】
133.66円/㎥
【50.1~100㎥】
133.53円/㎥
対応エリア ・大阪府
・京都府
・奈良県
・和歌山県
・三重県
・兵庫県

関西電力公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

ミツウロコガス

ミツウロコガス

おすすめポイント
  • 一般家庭の場合は、年間約3,096円お得※1
  • 事業種等の場合は、年間約15,050円お得※1
  • 一般家庭と事業所店舗で使えるお得なプランを提供

ミツウロコガスは、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスの3つのエリアに対応しているガス会社です。一般家庭と事業所店舗で使える”まる得プラン”を提供しています。

 契約できるプランは1種類のみ。家族構成や利用規模にかかわらず、お得にできるプランです。

たとえば、一般家庭は年間約3,096円お得になります。こちらは4人家族で、1ヶ月のガス使用量が50㎥の場合です。

一方、事業所等は年間約15,056円お得に。1ヶ月の使用量が300㎥だと想定しています。店舗や飲食店を経営している方におすすめのプランです。

料金プランで迷いたくない方や、店舗・飲食店を経営している方に最適でしょう。
基本料金(税込)
※まる得ガスプランの場合
【~20㎥】
736.23
【20.1~50㎥】
1,323.86
【50.1~100㎥】
1,586.66
従量料金(税込)
※○○プランの場合
【~20㎥】
169.56円/㎥
【20.1~50㎥】
140.18円/㎥
【50.1~100㎥】
134.92円/㎥
対応エリア ・大阪府
・兵庫県
・京都府
・奈良県
・和歌山県
・滋賀県
・愛知県
・岐阜県
・三重県
・東京都
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県
・茨城県
・栃木県
・群馬県

ミツウロコガス公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

【中部エリア】料金の安いおすすめガス会社人気比較ランキング

中部電力ミライズ

中部電力

おすすめポイント
  • 対象プランへの新規契約でガス基本料金が3か月無料※1
  • ライフスタイルに合わせて3種類のプランから選択可能
  • ガス機器のトラブルや購入に対してフルサポート

中部電力ミライズは、東邦ガスエリアにお住いの方が利用できる都市ガスです。対象プランを新規契約すると、ガス基本料金が3か月無料になるキャンペーンを実施しています。

 カテエネガスプラン1・2・3と、ビジエネガスプラン1・2が対象です。

一般家庭の場合、ライフスタイルに合わせて3つのプランからお好みで選択できます。

中部電力ミライズ│一般家庭向けプラン
カテエネガスプラン1
ガス機器の使用が少ない方向け
カテエネガスプラン2
コンロ・給湯・暖房など、さまざまなガス機器を使用する方向け
カテエネガスプラン3
ガス床暖房を使用する方向け

サポートも充実しているので、安心して利用できるでしょう。46万件以上の世帯が契約している人気の都市ガスです。

最短3分で申し込み完了。ガスの開栓は、土日・祝日にも対応しています。
基本料金(税込)
※カテエネガスプラン1プランの場合
【~20㎥】
759.00
【20.1~50㎥】
1,616.39
【50.1~100㎥】
1,947.41
従量料金(税込)
※カテエネガスプラン1プランの場合
【~20㎥】
204.52円/㎥
【20.1~50㎥】
156.29円/㎥
【50.1~100㎥】
149.66円/㎥
対応エリア ・愛知県
・岐阜県
・三重県

中部電力ミライズ公式サイト

※12023年1月20日までのキャンペーンです

T&Tエナジー

T&Tエナジー

おすすめポイント
  • 東邦ガス(一般料金)より年間約3,000円お得※1
  • シンプルな料金体系なのでわかりやすい
  • 切り替え手数料・解約手数料は0円

T&Tエナジーは、東邦ガスエリアにお住いの方が利用できるガス会社です。細かい料金プランはなく、シンプルな1種類の料金体系を提供しています。

 東邦ガス(一般料金)より年間約3,000円お得に。電気とセットで契約すれば、さらに1,200円程度お得になります。

切り替え手数料・解約手数料は一切かかりません。申し込みが完了すると、検針日を境に自動で契約が切り替わります。

また、ガスのトラブルは東邦ガスが対応してくれるので安心です。4年に一度の都市ガス整備点検も今まで通り無償で受けられます。

緊急時は都市ガスが対応。ガス漏れやガスが止まったときは、お住いの地域の緊急保安センターに連絡しましょう。
基本料金(税込) 【~20㎥】
736.23
【20.1~50㎥】
1,541.21
【50.1~100㎥】
1,778.33
従量料金(税込 【~20㎥】
204.20円/㎥
【20.1~50㎥】
163.96円/㎥
【50.1~100㎥】
159.22円/㎥
対応エリア ・岐阜県
・愛知県
・三重県

T&Tエナジー公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

【北海道エリア】料金の安いおすすめガス会社人気比較

雪

冬場は暖房器具にもガスを使用する北海道にとって、ガスは大事なライフラインとなります。

北海道地域に参入している都市ガス会社は限られているため、本記事ではお得な割引プランを設けているガス会社に絞って紹介します。

お住まいの地域に対応しているかどうか、確認してから申し込むようにしましょう。

いちたかガスワン

いちたかガスワン

おすすめポイント
  • ガスワンが手がける都市ガス
  • 灯油や電気など光熱費のセット割がお得!
  • ガスワンで他光熱を支払ってる方におすすめ

プロパンガス・灯油・電気など、北海道でエネルギー供給を行っているガスワンが、2020年4月より家庭用の都市ガス供給を開始しました。

ガスの料金は、北海道ガス「一般料金」と同額になりますが、電気・灯油とセットで使用すると「セット割」が適用されます。

 ガス単体だと北海道ガスと変わりませんが、普段ガスワンの電気や灯油を使用している方は、お得にガスが使えるようになります。

お得なセット割

<4人家族の一般家庭の場合>

都市ガス(年間) エネワン電気(年間) ガスワン灯油(年間)
トリプルセット割
ガス+電気+灯油
1,452円お得 7,692円お得
※「いちたかプラチナ」適用
8,400円お得
ダブルセット割
ガス+電気
1,452円お得 6,732円お得
※「いちたかゴールド」適用
ダブルセット割
ガス+灯油
1,452円お得 4,800円お得
算定条件(2022年4月現在)
電気:北海道電力「従量電灯B」30A、使用量255kWh/月での比較 灯油:年間平均使用量1200L、当社「定期配送」通常価格との比較 ガス:北海道ガス「一般料金」価格との比較 ※上記の数値は算定条件を参考としたモデル試算のため、契約内容や実際の使用量によってこれを上回る、または下回る場合があります。 ※セット割が適用とならない場合の都市ガス料金は北海道ガス「一般料金」と同額になります。 ※電力サービス提供:株式会社エネワンでんき(小売電気事業者 A0015) ※電気料金の試算には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれておりません。

切り替えもwebから簡単に出来るので嬉しいですね。

基本情報

基本料金(税込) 【~15㎥】
946
【15.1~50㎥】
1,454.20円
【50.1~200㎥】
2,013

従量料金(税込)
※2022年10月検針分

【~15㎥】
239.77円/㎥
【15.1~50㎥】
205.89円/㎥
【50.1~200㎥】
194.71円/㎥
対応エリア 札幌市、千歳市、函館市、恵庭市、北広島市、石狩市、北斗市

ほくでんガス

ほくでんガス

おすすめポイント
  • 北海道電力が提供する都市ガス
  • 電気とガスのセットでお得
  • 電気とガスの請求をまとめられて便利!

ほくでんガスは、北海道電力が2020年10月から開始した都市ガスサービスです。

 北海道電力が始めた都市ガス事業なので、普段から北海道電力を使用している方はお得な割引サービスがあるのでおすすめですよ。

お得なセット割

エネとくプラン、エネとくポイントプラン、エネとくシーズンプラスで北海道電力ご契約の方は、各種ガスのプランとセット割の対象になります。

北海道ガスとの契約 電気とセットでの年間割引額
一般料金 3,000円程度お得
ゆ〜ぬっく24ネオ 4,000円程度お得
FF暖房給湯 5,000円程度お得
一般料金+暖房プラス 3,000円程度お得

電気とガスで請求をまとめられるので、管理も楽になりますよ!

基本情報

基本料金(税込) 【~15㎥】
925.76
【15.1~50㎥】
1,424.07円
【50.1~200㎥】
1,971.88

従量料金(税込)
※2022年10月検針分

【~15㎥】
196.59円/㎥
【15.1~50㎥】
163.35円/㎥
【50.1~200㎥】
152.41円/㎥
対応エリア 札幌市・小樽市・石狩市・北広島市・千歳市(泉沢地区を除く)・恵庭市

【九州エリア】料金の安いおすすめガス会社人気比較

九州エリアも北海道同様、参入しているガス会社が限られているため、お住まいの地域に対応してるガス会社かどうか、事前に確認するようにしましょう。

西部ガス

西部ガス

おすすめポイント
  • 九州で最も広いエリアをカバーするガス会社
  • 豊富な料金プラン
  • 電気とセットで割引+ポイントも貯まる

西部ガスは九州で最も広いエリアをカバーしているガス会社です。特に切り替えを行なっていない場合、西部ガスと契約してるご家庭が多いのではないでしょうか。

 提供エリアは九州でNo.1!電気とセットでポイント還元も。お得にご利用できます。

電気とセットでお得!

西部ガス割引

西部ガスは電気の提供も行なっています
対象プランは限られていますが、電気とガスをセットでお申し込みの場合、ガス料金が3%お得になる嬉しい割引がありますよ。(※でんき割は、ガス料金プラン「ヒナタメリット」「家庭用厨房・給湯・暖房契約」「床暖房契約」の契約が対象)
税込200円ごとに1ポイント貯まるポイント制度も充実!貯まったポイントは、Tポイントや楽天ポイントなどに変更できます。

まとめてお得なだけでなく、ポイントを貯められるのは嬉しいですね。

基本情報※ヒナタメリットの場合

基本料金(税込) 【~15㎥】
968.00円
【15.1~20㎥】
1,133.00円
【20㎥を超える場合】
1518.00

従量料金(税込)
※2022年10月検針分

【~15㎥】
265.99円/㎥
【15.1~50㎥】
254.99円/㎥
【50.1~200㎥】
235.74円/㎥
対応エリア 福岡市、春日市、大野城市、糸島市、福津市、古賀市、宗像市、宮若市、那珂川市、粕屋町、新宮町、志免町 、 北九州市、中間市、水巻町、苅田町、遠賀町、芦屋町、岡垣町、久留米市、 熊本市、合志市、菊陽町、益城町、大津町、嘉島町、御船町 、 長崎市、長与町、時津町、 佐世保市、 島原市、 大牟田市、荒尾市

きゅうでんガス

きゅうでんガス

おすすめポイント
  • 九州電力とセットでお得
  • 家庭用ガス機器のトラブルに24時間対応サービスが無料
  • 契約アンペア数が高いほど割引き額も◎
きゅうでんガスは、九州電力が提供する都市ガスサービスです。福岡エリアしか提供されていないため注意しましょう。
 きゅうでんガスは、電気のアンペア契約とガスの使用量に応じて割引き額が大きくなるので、電気ガスを沢山使用するほどお得ですよ。
「お湯が出ない」「コンロの火がつかない」などの家庭用ガス機器のトラブルに、24時間365日対応可能なサービスが無料で利用可能です。

もしもの時にも安心ですね!

電気とセットでお得

きゅうでんガス割引

契約アンペア数が増えるほど、ガスの割引き金額が大きくなります。
きゅうでんガスは、もともと九州電力を使用しており電気やガスの使用量が多いという方におすすめといえるでしょう。

基本情報

基本料金(税込) 【~15㎥】
913.00円
【16~30㎥】
1,133.00円
【31~100㎥】
1,562.00

従量料金(税込)

【~15㎥】
246.76円/㎥
【16~30㎥】
232.10円/㎥
【31~100㎥】
217.80円/㎥
対応エリア 福岡市、春日市、大野城市、糸島市、福津市、古賀市、宗像市、宮若市、那珂川市、粕屋町、新宮町、志免町、北九州市、中間市、水巻町、苅田町、遠賀町、芦屋町、岡垣町

一人暮らしにおすすめのガス会社

賃貸の場合、ガス会社を切り替えたくても切り替えられない可能性はありますが、可能であれば地域ガス会社からの切り替えでガス料金を抑えることは可能になるかもしれません。

エルピオ都市ガス

エルピオ都市ガス

おすすめポイント
  • スタンダードプランなら東京ガスよりもお得
  • 一人暮らしならプラン選びに困らない
  • 定期的に新規契約キャンペーンなどがある

関西電力

関西電力

おすすめポイント
  • 電力会社が関西電力ならセット割が該当
  • ポイントも貯まるのでお得にガスが使える
  • 乗り換えの手順がシンプルなので忙しい人でも安心

中部電力ミライズ

中部電力

おすすめポイント
  • ガスの使用量が少ない人向けのプランがある
  • 電気とガスのセットプランでお得に使える
  • 電気のプランにも一人暮らし向けのお得なプランがある

ガス自由化の基礎知識を解説

ガス自由化と言っても、具体的にどういうことなのかイメージしにくいですよね。おすすめのガス会社を紹介する前に、ガス自由化についての基礎知識を解説します。

ガス自由化の基礎知識を解説
  • ガス自由化って何?
  • ガスの自由化で何が変わる?
  • ガスの種類と見分け方

ガス自由化って何?

ガス自由化

2016年4月から電力の自由化が始まった1年後、2017年4月からガスの自由化も始まりました。

工場などではすでに自由にガス会社を選んでいたため、正確には「ご家庭向けの都市ガスの自由化」が始まったことになります。

これにより、これまで地域で決められた都市ガスとしか契約できなかった一般家庭も、自由にガスを選ぶことができるようになったのです。

ガス自由化の目的

ではなぜ、ガスを自由化する必要があったのでしょうか。経済産業省資源エネルギー庁は以下のように意図しています。

ガス自由化の目的
  1. 天然ガスの安定供給の確保
  2. ガス料金を最大限抑制
  3. 利用メニューの多様化と事業機会拡大
  4. 天然ガス利用方法の拡大

参考:エネルギーシステムの一体改革について|電力・ガス|資源エネルギー庁

価格やプランで各ガス会社を競争させることで、価格の抑制やメニューの多様化につながることが予想されます。

それにより、消費者のメリットを高めたり、天然ガスを安定的に供給できる体制を整える狙いがあるようです。

各社のガス料金やプランの中から、自分に合ったものを選べるようになったということですね。

ガスの自由化で何が変わる?

東京電力エナジーパートナー公式サイトより

ガスの自由化で民間のガス会社が増えることが予想されますが、「ガス管が増えるの?」「ガスの質は落ちない?」と疑問に思うかもしれません。

ですが、新規のガス会社も今あるガス管を利用しています。

また、今まで独占されていたガスの販売が解除されるだけなので、ガスの質やガス漏れなどに変化はありません

 ガスの供給やメンテナンスは「ガス事業法」で定められているので、自由化により質が下がったり緊急時の対応に差が出ることはありません。

ガスの種類と見分け方

都市ガスとLPガスの違い

ガスには「都市ガス」「LPガス(プロパンガス)」があります。

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い
熱量 重さ 復旧 料金
都市ガス 低め 空気より軽い 遅め 安め
LPガス 高め 空気より重い 早め 高め

自分が使っているガスがどちらか分からなくなったら、ガスボンベの有無を確認しましょう。都市ガスは導菅を通って供給されるのに対し、LPガスはガスボンベに補填され供給されます。

 LPガスは元々自由料金制で販売されていたので、ガス自由化の対象となっているのは都市ガスのみです。

ガス会社を選ぶときの3つの注意点

注意点

続いて、ガス会社を選ぶときの3つの注意点について紹介します。

ガス会社を選ぶときの3つの注意点
  1. 自由化の対象は都市ガスのみ
  2. ガス会社の参入地域を確認
  3. 解約料を確認

1.自由化の対象は都市ガスのみ

先に述べたと通り、自由化の対象は都市ガスのみです。

LPガスを都市ガスに変更すること自体は可能ですが、ガス導菅引き込みの工事を行う必要があるため、かなり費用がかかることが予想されます。

まずは、自宅で使用しているガスがどちらのガスなのか確認するところから始めましょう。

2.ガス会社の参入地域を確認

地域によって参入しているガス会社は様々あり、中には「都市ガスを扱っている会社は1社しか参入していない」という地域もあります。

日本ガス協会の「ガス事業者検索」を使って、自分が住んでいる地域にどんなガス会社があるのか確認してみましょう。

ガス会社が自由に選べる地域は、案外限定されているとも言えます。

3.解約料を確認

せっかく安い料金プランを見つけても、現在使ってるガス会社の解約料がかかってしまうと、損した気分なりますよね。

ガス会社によっては契約期間が定められていたり、それにより解約料が請求されるケースもあるので、事前に現在使っているガス会社の契約を見直すことが必要です。

特に、電気とセットのプランやキャンペーンで申し込んだ場合は要チェックです。

都市ガス選びで比較すべき3つのポイント

ここからは、都市ガス選びで比較すべきポイントを3つ紹介します。「今よりもガス料金をお得にしたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

都市ガス選びで比較すべき3つのポイント
  1. ガス料金
  2. サポート内容
  3. キャンペーン

1.ガス料金

ガス料金の計算方法

まずは、ガス料金の安さを比較しましょう。そもそもガス料金は、以下の計算方法によって算出されます。

ガス料金の計算方法
ガス料金=基本料金+従量料金(従量料金単価 × ガス使用量)

基本料金は、ガスを使用しなくても発生する費用です。従量料金は、ガスの使用量に応じて変動します。

 ガスの使用量は、検針票からチェック可能。「ガス使用量│○○㎥」のように記載されています。

同居する人数が多くなるほど、ガス使用量は増えます。そのため、基本料金よりも従量料金の安いガス会社を選ぶべきです。

一方、1人暮らしの場合、1ヶ月あたりのガス使用量はほとんどないでしょう。従量料金も大切ですが、基本料金の安いガス会社のほうがお得に利用できるはずです。

検針票を手元に用意してから比較しましょう。ガス会社の公式サイトにあるシミュレーションツールも役立ちます。

2.サポート内容

ガス会社のサポート内容

ガス会社によってサポート内容はさまざまです。

ガスのトラブルだけでなく、生活に対するサポートを用意しているところもあります。

【例】ガス会社のサポート内容
  • ガス機器の故障サポート
  • 水回りのサポート
  • 電気設備・エアコンのサポート
  • 鍵の紛失に対するサポート

生活に関するトラブルを丸っと解決してもらえる可能性があります。1人暮らしや高齢者の方に役立つでしょう。

ガス会社を乗り換えるメリットは、料金が安くなるだけではありません。

3.キャンペーン

風船、キャンペーン

ガス会社は、新規顧客獲得のためにお得なキャンペーンを実施しています。

2~3社のガス会社で迷っている方は、キャンペーンのお得さを比較してみてください。

【例】ガス会社のキャンペーン内容
  • 現金キャッシュバック
  • ギフト券プレゼント
  • 初回利用料金の割引

電気とセットで契約すると、お得な特典がもらえるケースもあります。電気・ガスをまとめて安くしたい方は、ぜひ利用してみてください。

電気・ガスをセットで乗り換える前に、必ず料金のシミュレーションをしましょう。

ガス会社の乗り換え方法

地域ガス会社からの乗り換えが面倒と思っている人は少なくありません。

しかし、いざ乗り換えをしてみると、思ったよりも簡単だったという人が多く、実際はそれほど極端な手間にはなりません。

ガス会社の切り替え手順
  1. ガス会社を選ぶ
  2. 申し込みを行う
  3. 切り替え完了

「これだけ?」と思う人も多いと思います。実際、元のガス会社への切り替えの連絡さえ不要なケースもあり、本当に申し込みだけで済む場合もあります。

ガスには都市ガスとプロパンガスがあるので、それによって若干方法が異なるため、詳しく解説します。

都市ガスの場合

一戸建ての住宅

都市ガスから都市ガスの場合はガス管もメーターもそのまま使用することができるので、文字通り連絡のみで済むパターンが多いです。

ただし、プロパンガスから切り替える場合は工事費などが発生する場合もあるので注意が必要です。

 切り替え日は契約後の一番近い検針日からとなるのが一般的です。

元々のガス会社への連絡は、乗り換え先のガス会社が行ってくれるパターンも多いため、都市ガスから都市ガスの場合はほとんどリスクがありません

ガスの自由化にによって都市ガスの供給サービスを行っている業者は多く、今回おすすめしたガス会社を始め、様々な会社がサービスを行っています。

面倒と最初から諦めずに、まずは検討してみましょう。

プロパンガスの場合

プロパンガスの場合はガスボンベの設置と、専用のメーターがあるため簡単に切り替えられない場合もあります

ただし、これらの作業はすべてガス会社が行ってくれるので、利用者が何かする必要はありません。

 プロパンガスからプロパンガスの切り替えであってもボンベなどを切り替えるための手順が必要です。

またマンションやアパートの場合は管理会社や大家が一括で契約しているパターンもあり、切り替えようと思っても切り替えが不可能な場合もあります。

場合によっては工事費が発生する場合もありますので、契約の前に必ず管理会社や大家への確認をしておきましょう。

こちらの場合は元のガス会社に自分で連絡が必要な場合もあります。

申し込みを行う

契約書の作成

申し込み自体は既定の申し込み書に必要事項を記入して送付すれば完了です。

その際には支払い方法に応じてクレジットカード、または引き落とし用の口座が必要です。

 支払い方法がクレジットカードのみなど、限定されている場合もありますので事前の確認が重要です。

ガス会社によっては、公式サイトにある申し込みフォームから必要事項を入力するだけで申し込みが完了する場合もあります。

ネット申し込みの方が対応が早かったり、お得な割引に該当する場合もあります。

切り替え完了

工事が必要な場合は立ち会いが必要ですが、検針日を挟んで切り替えが完了すれば、ガス会社の乗り換えは完了です。

 検針日で切り替えになっているか不安な場合は、乗り換えたガス会社に切り替え日の確認をしておきましょう。

このタイミングで印鑑が必要な、正式な契約書類が必要となる場合もあります

また、ガス会社によって引き落とし日が違う可能性もあるので、支払いの日にちも確認しておきましょう。

すんなり乗り換えが済んでしまうので、逆に不安というケースがあるようです。

おすすめのガス会社に関するよくある質問

一番お得なガス会社はどこ?
今回おすすめしているガス会社はどれもおすすめと言えますが、住んでいる地域によって契約できるガス会社はことなるため、自分の家のある地域のガス会社から選びましょう。
ガス会社の乗り換えは大変?
ガス会社の切り替えは現在契約しているガス会社への連絡などが不要ですので、想像している以上に簡単に切り替えることができます。解約金などが発生する場合もあるので、切り替えの前に現在の契約状況は確認しておきましょう。
賃貸でも乗り換えはできる?
今回は都市ガスを中心に紹介していますが、賃貸などでも都市ガスの契約がある建物であれば可能です。ただし、管理会社や大家に必ず確認はしておきましょう。
プロパンガスと都市ガスは違う?
都市ガスは液化天然ガス、プロパンガスは液化石油ガスという違いがあります。プロパンガスの方が熱量が多く、火力が上がりやすいのですが、その分価格も高い傾向にあります。
ガスと電気のセット割はお得?
ガスと電気のセット割は該当するガスと電気の契約が可能であればお得にはなります。ただし、それぞれのエリアの問題や、マンションなどの場合はエリア内でも契約できない場合もあるので必ず確認してから契約をしましょう。
解約料金はかかる?
ガス会社によって異なるため、必ずしもかかるとは限りません。しかし、契約期間に規定があったり、キャンペーンで申し込んだ際に条件があったり、様々なケースが想定されるので、変更前にしっかり確認しましょう。
ガス料金を変えるとガスの質が悪くなる?

今まで独占されていたガスの販売が解除されるだけなので、ガスの質やガス漏れ対応などに変化はありません。

まとめ

ここまで、料金の安いおすすめガス会社を中心に紹介しました。本記事では、各エリアごとにコスパの良いガス会社のみを厳選しています。

ガス会社│比較ポイント
  • ガス料金
  • サポート内容
  • キャンペーン

ガス会社選びで迷ったときは、上記3つのポイントを比較してみてください。

お得なガス会社に乗り換えて、ガス料金の負担を減らしましょう。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事