FX自動売買おすすめしない

FX投資に興味があるけど、チャートをチェックする時間がなかなか取れないという人には「自動売買」ツールの利用がおすすめです。

日中は仕事で忙しい社会人の方や、主婦(夫)でも時間をかけずに取引ができます。さらに、知識があまりない初心者の方でも簡単な設定でFXの取引をスタートできることが特徴です。

しかし、中には「FX自動売買はおすすめしないと聞いたけど本当?」「詐欺や大損する危険はない?」と疑問や不安を抱えている方も多いでしょう。

この記事でわかること
FX自動売買がおすすめしないといわれる理由
FX自動売買おすすめする人・しない人
自動売買におすすめのFX会社

そこで本記事では、FX自動売買が儲かるのかや、メリット・デメリットについて分かりやすく解説。自動売買におすすめのFX会社も厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね。

FX自動売買はおすすめしない?の真相
\ おすすめはトライオートFX /
(インヴァスト証券)
インヴァスト証券
  1. FX自動売買はおすすめできる人・おすすめしない人が分かれる!
  2. 専門的な知識がなくても稼げる可能性があり、24時間取引をしてくれるので副業にもおすすめ
  3. プロトレーダーの場合は物足りなさを感じるかも。
  4. 機能や手数料は会社によって異なるので、自分に合ったものを見つけよう!
トライオートFXの基本情報
取り扱い通貨ペア数 17通貨ペア
最小取引単位 1,000通貨単位
スプレッド(米ドル/円) 0.3銭
※原則固定、例外あり
自動売買取引手数料 片道100円(1万通貨取引時)
※取引数量により異なる

FX自動売買の仕組み

FX自動売買の仕組み

FX自動売買は、文字通り自動で売買(取引)を行うことです。事前に設定した取引条件に合致したときに、システムが自動で売買をしてくれます。

システム化してトレードを行うため、システムトレードとも呼ばれますよ。

自動売買を行うためには、自動売買のサービスを提供しているFX会社に口座開設をしてください。自動売買のツールは既存のプログラムを利用するだけでなく、自作することも可能です。

ツールは無料提供されているものから、高額なものまで様々ありますよ。

裁量トレードとの違い

裁量トレードは、自分で「注文・決済」のタイミングを判断して、売買取引を行う方法です。

 ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析、チャートの値動きを予想していくことでタイミングを見極めるという従来のやり方です。

この方法は相場の読みを正確に行うためにも、FXの知識や経験が必須なので、初心者にはもちろんのこと、上級者にとっても難しいです。

対して、自動売買は人間ではなく機械が取引するので、主観やその時の感情に影響される心配がありません。

なお裁量トレードと自動売買を組み合わせて取引することもできますよ。

FX自動売買はおすすめしない?本当に儲かる?

トレーダーの画面

結論からいうと、FX自動売買はおすすめです。特におすすめなのは以下に当てはまる人です。

FX自動売買がおすすめな人
  1. FX初心者の人
  2. 仕事や家事で日中は忙しい人
  3. 自分の感情で損切りや利権をしてしまう人

1.FX初心者の人

裁量取引で安定した利益を出すためには、相場に関する知識や経験が必要になります。

ですが、自動売買には売買の戦略があらかじめ組み込まれているため、高度な分析や知識がなくても利益を出せる可能性が高まります。

自動売買プログラムの種類
リピート型
選択型
設定型

FXの自動売買プログラムは、大きく分けて3種類ありますが、初心者の人に特におすすめなのはリピート型と選択型です。

どちらもシンプルなプログラムになっており、テクニカルな分析は必要なく、初心者でも簡単に使うことができます。

 ある程度、知識や経験がある方は自動売買ツールが物足りなく感じることも。自身のレベルに合わせて選びましょう。

 初心者でも儲かる?

初心者の方は、「本当に儲かるのか」という点がFXデビューの足止めとなっているのではないでしょうか。当サイトで紹介するFX会社が公表している実績・データを確認してみましょう。

FX会社が公開している実績データ
利用実績・勝率
インヴァスト証券
(トライオートFX)
12選中9勝
FXプライムbyGMO
(ちょいトレFX)
83.3%
FXブロードネット
(トラッキングトレード)
86%
アイネット証券
(ループイフダン)
1口座あたり平均損益額
11万円のプラス

こうして4社の自動売買を比較すると、いずれも利益が出る確率は高いことがわかります。

どのFX会社も設定済みの自動売買プログラムを選ぶだけなので、専門知識がない方でも簡単です。

実際に60%以上の利用者が初心者で、各種手数料も無料なので「興味があって試してみたい!」という方はぜひチャレンジしてみましょう。

※トライオートFX公式サイトより

2.仕事や家事で日中は忙しい人

仕事をしている人

FX取引は、為替市場が開いている平日24時間取引が可能です。特に取引が活発になるのはNY市場といわれており、日本時間の深夜から早朝にかけて値動きが大きくなります。

仕事や家事で忙しい方は、日中はもちろん、深夜の時間帯も取引画面をチェックしておくことは難しいでしょう。

自動売買なら、眠っている間や仕事をしている間、友人と遊んでいる間でも、一定のルールに従って取引がされるので、収益チャンスを逃しません

24時間自動で取引してくれるので、副業にもおすすめですね。

3.自分の感情で損切りや利権をしてしまう人

FX取引に限らず、投資の世界における最大の敵は「人間の感情」。冷静な判断力を失うことで、大損してしまうことも考えられます。

どんな状況でも冷静に判断できるようになるためには、長い経験と慣れが必要です。

 一方、自動売買の場合は、機械が一定のルールに従って淡々と取引を行うため、感情によって余計な損失を被る心配がありません。

不安になってすぐに損切りや利確してしまう人でも、規則正しい取引を行うことができるでしょう。

相場の動きを追って判断に迷ってしまう精神的ストレスからも解放されますよ。

プロのトレーダーには自動売買はおすすめしない

FXトレード

以下に当てはまる人には、自動売買よりも裁量トレードがおすすめです。

裁量トレードがおすすめの人
  • チャートを読んだり分析することが好き
  • 自分で売買することが好き
  • 長く使えるスキルを身につけたい

裁量トレードとは、「自分で相場を分析して取引をするトレード手法」のこと。自分でリスクをコントロールでき、自分の意思でトレードできるので、柔軟性があります。

良くも悪くも自分次第なので、知識や経験が求められますが、一生もののトレードスキルを身につけることにもつながるでしょう。

自動売買は、システムの設定によって淡々と取引が進められるので、プロのトレーダーやしっかり知識をつけたいという方には物足りないかもしれません。

まずは自動売買からはじめて、もっと知識をつけたいと感じたら裁量取引に変更するのもおすすめです。

FX自動売買は詐欺があるって聞いたけど本当?

scamと書かれたブロック

最初にお伝えしたいのは「FX自動売買自体は詐欺ではない」ということです。なぜなら、金融商品取引法で認められた合法的な投資のためです。

ところが、中にはセミナー代金を騙し取ったり、価値が見合わない高額ツールを売りつける詐欺業社も存在します。海外業社では、お金を払った途端に音信不通となるケースも多いです。

詐欺業者の特徴としては以下が挙げられます。

詐欺業者の特徴
広告が誇大
出金・返金に応じない
ツールが価格に見合わず高額

    特にSNSを使った過剰広告には気をつけてください。「絶対勝てる」「間違いなく稼げる」などの誇張した決まり文句を利用して、お金を稼ぎたい初心者の方々を誘ってきます。

    騙されないためにも、絶対稼げる手法は存在しないと思ってくださいね。

    もし騙されてしまったという場合は、警察や消費者センターに相談して対応してもらいましょう。

    自動売買におすすめFX会社・ツールアプリ6選

    スクロールできます>>

    インヴァスト証券
    トライオートFX
    auカブコムFX FXプライムbyGMO
    ちょいトレFX
    FXブロードネット
    マネースクエア
    トラリピ
    アイネット証券
    ループイフダン
    インヴァスト証券 auカブコムFX FXプライムbyGMO FXブロードネット マネースクエア アイネット証券
    通貨ペア 17通貨ペア 13通貨ペア 14通貨ペア 24通貨ペア 15通貨ペア 24通貨ペア
    最低取引単位 1,000通貨 10,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
    ※コース別で異なる
    1,000通貨
    ※コース別で異なる
    1,000通貨
    スプレッド
    (米ドル/円)
    0.3銭
    ※原則固定
    0.2銭
    ※原則固定
    1.0銭 0.2銭
    ※原則固定
    非公開 0.7〜1.8銭
    ※原則固定
    取引
    手数料
    片道100円
    (1万通貨取引時)
    無料 無料 片道200円
    (1万通貨あたり)
    無料 無料
    口座維持
    管理費
    無料 無料 無料 無料 無料 無料
    キャンペーン 最大50,000円
    プレゼント
    最大50,000円
    プレゼント
    最大100,000円キャッシュバック 最大60,000円キャッシュバック トラリピくん
    ぬいぐるみ
    プレゼント
    抽選で10名様に
    10万円プレゼント

    インヴァスト証券(トライオートFX)

    インヴァスト証券

    おすすめポイント
    • 12選中9勝!自動売買で高い勝率
    • リストから選ぶだけの簡単設定でFX初心者も安心
    • 自動売買ツールの利用は完全無料
    • 各種手数料0円・スプレッドも業界最狭水準
    • 最大50,000円プレゼントキャンペーン中

    インヴァスト証券は「トライオートFX」という自動売買メインのFXサービスを提供しています。自動売買サービスは、FX初心者から上級者まで幅広い方々から人気です。

     初心者向けの「選択型」と上級者向けの「開発型」のどちらも利用できます。

    選択型では、高勝率の実績もある優秀なプログラムを選択可能。開発型では既存プログラムのアレンジや、オリジナルプログラムを1から作成もできます。

    プログラミング言語は不要で、投資スタイルに合わせて運用していく商品を選べるでしょう。
    取り扱い通貨ペア数 17通貨ペア
    最小取引単位 1,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 0.3銭
    ※原則固定、例外あり
    自動売買取引手数料 片道100円(1万通貨取引時)
    ※取引数量により異なる

    インヴァスト証券公式サイト

    ※公式サイトの文言

    auカブコムFX

    auカブコムFX

    おすすめポイント
    • 初心者でも安心の少額からデビューできる
    • スプレッドは業界最小水準
    • 自動売買設定は初心者でも簡単
    • 取引手数料は何度でも0円
    • 最大50,000円キャッシュバックキャンペーン中

    auカブコムFXは、自動売買と裁量取引を1つの口座で兼用できるのが特徴です。裁量取引と同じ口座を使うため、コストは他の自動売買に比べると低い点が魅力です。

     自動売買の取引手数料は無料で、スプレッドは業界最小水準です。

    自動売買の設定は、テクニカル指標を選んで取引条件を入力するだけで可能。FX初心者やプログラミング知識のない人でも、簡単に始められる点も魅力です。

    スマホツールは直感的な操作で使いやすいですよ。
    取り扱い通貨ペア数 13通過ペア
    最小取引単位 10,000通貨単位
    ※通常取引の場合
    スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
    ※原則固定、例外あり
    自動売買取引手数料 無料

    auカブコムFX公式サイト

    主要6通貨ペア米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル・ポンド/米ドル)において

    FXプライムby GMO(ちょいトレFX)

    FXプライムbyGMO

    おすすめポイント
    • 最短2クリックで運用開始の簡単操作
    • 5,000円から自動売買を始められる
    • スマホからでも取引ができる
    • 充実したサポート機能で安心
    • 83.3%と高い勝率を誇る

    FXプライムby GMOでは「ちょいトレFX」という自動売買サービスを提供しています。大きな特徴は、マウス操作のみで簡単に独自ストラテジー作成ができるところです。

     FXの知識さえあれば、プログラミング知識がなくても柔軟にカスタマイズができます。

    少額から始められるのも魅力で、最小通貨単位は1,000通貨単位です。金額にすると5,000円程度から始められるので、気軽に自動売買を試してみたい方々にも向いているでしょう。

    ストラテジーは既存のシステムから選択することもできるので、初心者にも使いやすいでしょう。
    取り扱い通貨ペア数 14通貨ペア
    最小取引単位 1,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 1.0銭
    自動売買取引手数料 無料

    FXプライムby GMO公式サイト

    ※公式サイトより。2022年3月31日~2022年6月9日の期間に発生したポンド/円1万通貨を運用した場合(405-5 一目(転換線 基準線クロス)and サイコロジカル)のバックテスト(シミュレーション)での累積損益額と勝率です。将来の運用成績を保証するものではありません。

    FXブロードネット(トラッキングトレード)

    FXブロードネット

    おすすめポイント
    • FXサービス取引コスト満足度第1位※1
    • 利益実績86.0%※2
    • 初心者~上級者まで使いやすいシンプル機能
    • 進化したリピート型自動売買注文アプリ
    • ワンタッチ設定が便利

    トラッキングトレードは、2014年にFXブロードネットで誕生した取引サービスです。リピート型の自動売買ができるので難しいテクニカル指数などを知らなくても始められます。

     トラッキングトレードは、従来のリピート型自動売買注文ではなく、値動きが発生している「価格範囲」に対し手リピート型自動売買注文を連続して仕掛ける仕組みです。

    そのため、注文する値段が間違えた場合、利益を狙うチャンスがきても取引が発生しないという心配がありません

    細かくトレードしてくれるので、コツコツ利益を狙いたい人にもおすすめの自動売買ツールです。
    取り扱い通貨ペア数 24通貨ペア
    最小取引単位

    ブロードコース
    10,000通貨単位 
    ※南アランドは100,000通貨

    ブロードライトコース
    1,000通貨単位 
    ※南アランドは10,000通貨

    スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
    ※原則固定、例外あり
    自動売買取引手数料 10,000通貨当たり片道200円
    ※取引数量により異なる

    出典:FXブロードネット公式サイト
    ※1 ゼネラルリサーチ社によるイメージ調査(2018年8月)
    ※2 番口座において、2014年10月15日から2022年4月30日までに設定されたトラッキングトレードの設定毎の利益実績

    マネースクエア(トラリピ)

    マネースクエア

    おすすめポイント
    • レートの上下範囲を予想してくれる
    • 24時間いつでも取引できる
    • 相場の乱高下に強いシステム導入
    • スマホで口座開設可能

    トラリピは、マネースクエアが知恵協する自動売買ツールです。価格設定をしておけば、24時間自動的に売買を繰り返してくれるので、時間に縛られることがありません。

     また、これからレートが上下しそうな「範囲予想」が特徴なので、難しい分析などをしなくても取引ができます。

    オンラインでのサポートも受けられるので、FX初心者の人はもちろん、マネースクエアを利用していてわからないことがあれば、気軽に相談できるのが特徴です。

    なお、設定に迷ったときは「トラリピ戦略リスト」の設定を参考にできます。

    マネースクエアで口座開設をしている人の84.3%の人が、自動売買ツールであるトラリピを利用しています※。
    取り扱い通貨ペア数 15通貨ペア
    最小取引単位 1,000通貨単位
    ※南アフリカランド/円は10,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 非公開
    自動売買取引手数料 無料

    出典:アネースクエア公式サイト
    ※ 2019年4月~2020年3月マネースクエア調べ

    アイネット証券(ループイフダン)

    アイネット証券

    おすすめポイント
    • 利用者の47%がFX取引未経験者
    • 選ぶだけのシンプルシステムで初心者でも始めやすい
    • 1,000通貨単位の少額取引にも対応
    • 1年間の損益平均11万円のプラス※

    ループイフダンは、アイネット証券が提供しているリピート型の自動売買ツールです。2021年4月1日から1年間の損益平均が11万円プラスで、初心者でも始めやすいのが特徴です。

     ループイフダン利用者の47%と約半数の人がFX未経験者で、1,000通貨単位(およそ5,000円)といった少額取引にも対応しています。

    そのため初めてFXをしてみたい・少額からコツコツしたい人にも向いています。

    ループイフダンを選び、取引数量・最大ポジション数を決めるだけの3ステップで設定が完了するので、難しい設定や分析が必要ありません。

    為替差益のほかに、スワップポイントの収益も両方狙えるので、短期的に利益を狙った取引も狙えます。
    取り扱い通貨ペア数 24通貨ペア
    最小取引単位 1,000通貨
    スプレッド(米ドル/円) 0.7銭~1.8銭
    ※原則固定、例外あり
    自動売買取引手数料 無料

    出典:アイネット証券公式サイト
    ※ 2021年4月1日~2022年3月31日 アイネット証券調べ

    FX自動売買ツールを解説:リピート型(初心者向け)

    FX リピート型

    リピート型の自動売買注文とは、あらかじめ「売る値段」「買う値段」を決めておき、指定した価格になったときに売買取引を自動的にしてくれる仕組みのものです。

    リピート型のメリット

    設定がシンプルなので初心者向き

    リピート型の自動売買で行えば、一度価格を設定すればあとはシステムに任せておけばOKな点です。

     値段が安い時に買って、少しでも値が上がったら売るとしうシンプルな取引を連続していく仕組みになっています。

    さらに、エントリーポイントや損切・利確を気にしなくても始められます。

    そのため、FX初心者の人や詳しい知識や分析力を持っていなくても始めやすいというメリットがあります。

    通貨ペアによって売買戦略を変えなくていい

    外貨

    リピート型の売買取引は、あくまで自分が設定した価格によって機械的に売買するので、心理面で負担が強いられることは少ないです。

    通貨ペアによってどんな売買方法がいいのか、タイミングはいつにするかといった戦略が必要なく、初心者でもチャレンジしやすいです。

    シンプルな売買ルールの設定は、分かりやすさだけでなく精神的な負担を重くしないというメリットがありますね。

    時間・手間がかかららない

    FXは1日の中で何度も取引をしたり、値動きをずっと見ていなくてはいけないという手間が必要でしたが、リピート型の場合は、あらかじめ設定をしておけばあとは24時間自動的に取引してくれます。

     そのため、日中は仕事で家を空ける・トレードに時間が取れないという人でも始めやすい取引方法です。

    テクニカル分析やファンダメンタルズ分析は、いろいろな情報を集めることが前提ですが、なかなか時間や手間が取れない人にはハードルが高いです。

    目の前の価格の動きに絞って取引を行うので、専業トレーダーでなくても始めやすいでしょう。

    レンジ相場(ボックス相場)でも利益が狙える

    チャート画面

    リピート型の売買取引は、一定の幅で上下を繰り返して横ばい状態になっている相場(レンジ相場)でも利益が狙えます。

     レンジ相場は値動きのおよそ7割を占めるといわれるので、この値動きで利益も狙えるというのは大きいメリットといえるでしょう。

    さらにレンジ相場は、急激な値動きがあまり起きないので、初心者の人でも安心して取引できます。

    少ない利益をコツコツとコンスタントに得たいという人には安心感がありますね。

    リピート型のデメリット

    取引コストが高め

    一般的に、FXの取引で必要なコストは「手数料」「スプレッド」「スワップ」などがあります。

     しかしリピート型の取引は「裁量取引」と比較してコストが高めになっていることが多いです。

    これは、FX業者がリピート型取引のサービス維持にかかるコストがかかるからです。

    リピート型の注文では「自動売買手数料」が発生する取引所もあるので、事前に確認しましょう。

    トレンド相場では効果が発揮しにくい

    大きな値動き

    リピート型の取引は、およそ7割の相場である「レンジ相場」が得意ですが、反対に「トレンド相場」ではリスクが上がる可能性があります。

     大きく利益が出ていればいいですが、もし大きな含み損が出たときに損失が大きくなるリスクがあるからです。

    そのため、あまり大きく乱高下しない通貨ペアを選ぶことで、このリスクを少しでも下げることができます。

    リピート型が向いている人

    いくつものメリットがあるリピート型売買ですが、実際にどんな人に向いているのかは以下の通りです。

    • FX取引に詳しくないけど始めてみたい
    • 手厚いサポートを受けながら自動取引してみたい
    • 高金利通貨の通貨ペアでスワップポイントも狙いたい

    基本的に「長期的」な運用でコツコツと利益を狙いたい人におすすめの方法です。

    ただし含み損機関への対応や損切の際に証拠金が必要になるので、費用面で少し余裕を持たせておくように注意しましょう。

    FX自動売買ツールを解説:選択型

    FX 選択型

    選択型の自動売買ツールは、あらかじめ用意されているプログラムの中から、自分で選んでいくタイプの取引方法です。

    自動売買ツール・アプリを提供しているFX会社の多くが、この選択型です。

    選択型のメリット

    FX知識がなくても始められる

    FX会社が用意してあるストラテジーの中から、自分でが運用したいものを選ぶだけで始められるのが、選択型の自動売買方法の魅力といえるでしょう。

    ストラテジーとは?
    自動売買に関する取引情報を抵抗するトレーダーやプログラムのこと

    すでに完成されている取引方法をそのまま使うだけなので、FX初心者の人にとってもハードルが高くないといえます。

    そのため、FXに関する知識や情報を収集・分析という手間や難しさが発生しません。

    ただし、FX会社によっても数多くのストラテジーを用意しているので、自分にとってどれがいいのかを吟味する必要はあります。

    費用がかからない

    コストがかからない

    一般的にFX会社が提供しているサービスであれば、費用がかからないことが多いです。

     すでに完成されている設定がそのまま使えるだけでなく、費用面での心配もいりません。

    できるだけコストを抑えて取引を始めたいという人にもピッタリではないでしょうか。

    選択型のデメリット

    細かい設定ができない

    すでに設定されているストラテジーを使うということは、細かい調整ができないという点がデメリットとなることもあります。

     なお選択できるストラテジーの売買ロジックは公開されていないので、どんな動きをするのかはわかりません。

    そのため、相場にあったストラテジー選びが損益を左右します。

    ミドルリスク&ハイリターン

    チャート

    選択型の自動販売は、選択したストラテジーが相場にしっかりとはまっていれば、大きな利益を獲得できます。

     その反面、相場に合わないストラテジーを選んでしまった場合は、ロスカットが重なってしまい、大きな損失につながる可能性もあります。

    そのため、リピート型と比較するとリスクは大きめといえます。

    選択型が向いている人

    選択型自動売買ならではの方法が向いている人はこれから挙げていくような人です。

    • 手厚いサポートを受けつつ自動売買にチャレンジしたい
    • FXに詳しくないけど自動売買をやってみたい
    • ストラテジー選びには手間をかけたい
    • 少しのリスクはあるが大きな利益を狙いたい

    完成されたストラテジーを選ぶだけで、FXの知識がなくても運用できるのがおすすめポイントです。

    さらにサポートを受けながら運用できるので、リスクは多少考慮した上で、大きく利益を出したい人にも向いています。

    FX自動売買ツールを解説:開発型(設定型)

    FX 開発型

    開発型(設定型)自動売買は、プログラマーが開発したソフトを使った自動売買の事です。

    一般的に「MT4(メタトレーダー4)」といったチャートツールにEA(Expert Adviser)をセットアップして使います。

    売買プログラムを動かすツールを使って、取り扱い会社に注文を出すという仕組みで取引を行います。

    開発型(設定型)のメリット

    オリジナルの売買プログラムが作れる

    自分だけのオリジナルの売買プログラムを作れるので、非常に自由度が高いのが特徴です。

    そのため、細かい調節も自由自在なので、選択型よりも融通の利く設定が可能になります。

    自分で1から作らなくても売買プログラムを購入できるので、あとは自分デパラメーターを変更するだけでも運用できます。

    売買プログラムの中身が分かる

    パソコンを使う男性

    選択型自動売買の場合、ストラテジーの中を知ることはできません。

     しかし開発型であれば、プログラムの中身そのものを見られるので、売買ロジックも分かります。

    専門知識が必須な方法ではありますが、勉強にもなるのでFXをもっと理解したい人にも適しています。

    開発型(設定型)のデメリット

    プログラムスキルが必須

    開発型の自動売買のデメリットといえば、売買プログラムの開発に専門知識が不可欠という点です。

     開発だけでなく、プログラムのテスト結果や運用テストの信頼性をクリアする必要があります。

    なお、プログラマーが開発した売買プログラムを使う方法もありますが、ほとんとが有料となっているのでコストが発生します。

    さらに売買プログラムのメンテナンスは、自分で行わなければならないので、上級者向きの方法といえるでしょう。

    突然の出来事・事件への柔軟な対応が難しい

    システム

    プログラムを使った自動システムなので、突発的な出来事や事件にはすぐに対応することができないのがデメリットでしょう。

    そのため、自動売買だからといって長期間ほったらかしにしていいわけではありません。

    まめに運用状況のチェック・経済ニュースの収集などは確認するようにしましょう。

    開発型(設定型)が向いている人

    自動売買の方法の中でも最も難易度が高い開発型ですが、向いている人は以下のような方です。

    • すでにFXやパソコン・プログラムに関する知識がある
    • 自分だけのオリジナルのプログラムを作りたい
    • 戦略的なFX取引をしたい

    FX取引を今までしたことがない・パソコンやプログラミングに関するスキルに時間がない人には、まずはリピート型・選択型の方法がいいでしょう。

    本格的に大きな利益を狙いたいという方におすすめの方法です。

    FX自動売買は危険で稼げない?大損しないためのコツ

    ここからは、FX自動売買を行う上での注意点を2つ解説していきます。

    FX自動売買の注意点
    1. 勝率にこだわりすぎない
    2. 余剰資金(少額)で行う

    1.勝率にこだわりすぎない

    FX

    自動売買システムを比較するポイントの1つとして、勝率が挙げられます。

     自動売買における勝率とは、システムが利益を確定した割合のことです。

    例えば、100回の取引を行い80回利益確定させたら勝率は80%、100回中60回の利益確定なら勝率60%です。

    勝率は高い方が良いですが「勝率が高い=稼げる」というわけではありません。負けた時の1回当たりの損失額が大きければ、勝率が高くても収支マイナスとなる可能性も出てきます。

    1回勝ったら1,000円プラス、1回負けたら1万円マイナスの場合、勝率90%でも収支はマイナスですよ。

    勝率はあくまで比較ポイントの1つとして捉え、取引期間や取引回数などの他項目に注目してツールを決めるとよいでしょう。

    2.余剰資金(少額)で行う

    自動売買に限ったことではないですが、FX取引は資金に余裕を持って行うようにしてください。失っても問題ない余剰資金で取引を行い、損失が出ても冷静さを保つことが鉄則です。

    生活資金に手を出すと、生活が困窮するリスクも出てきますよ。

    特に自動売買に慣れない間は少額で取引しましょう。実際に稼げるシステムかを見極めるためにも、少額取引で様子を見ることをおすすめします。

    FX自動売買4つのメリット

    ここでは、FX自動売買のメリットについて、より詳しく解説していきます。

    FX自動売買のメリット
    1. 取引に時間を取られない
    2. 取引チャンスを逃さない
    3. 感情を除外して取引ができる
    4. FXの知識が薄くても使える

    1.取引に時間を取られない

    砂時計

    自動売買は一度設定を完了させれば、放置していても設定通りに取引を行ってくれます。FX投資に時間を使わないで良くなるため、特に忙しい人には大きなメリットといえるでしょう。

     取引に割く時間を他のことに使えるので、時間効率が良くなります。

    裁量取引であれば、相場チェックや分析などに時間を使うことも多いです。忙しい人は十分な時間を取れないケースもあるので、裁量取引には向いていない可能性があります。

    2.取引チャンスを逃さない

    自動売買は24時間取引できるので、取引チャンスを逃さないという点でもおすすめといえます。

    裁量取引の場合は24時間取引をするのは困難でしょう。仮に就寝中に相場が大きく動いた場合などは、利益を出すチャンスを逃すことにも繋がります。

    しかし自動売買であれば、就寝中や仕事中でも関係ありません。ルールに従って機械的に取引されるため、チャンスを逃さずに取引できます。

    取引チャンスが多いほど、利益を狙える可能性が上がりますよ。

    3.感情を除外して取引ができる

    取引

    裁量取引だと、感情が取引の邪魔をすることも多いです。特にポジションを決済する際に「もっと利益が出てから決済したい」「含み損だけど今後巻き返すはず」などと、都合の良い解釈をしてしまいます。

     決済するタイミングは、FX取引において非常に難しいとされています。

    実際には、自分自身の思惑通りに相場が動くことは少ないです。後になって取引を後悔することもあるでしょう。その点、自動売買なら感情を無視した取引が可能。利益確定のチャンスを逃さずに済みます。

    取引についてあれこれ考える必要もないので、精神的にも楽になりますよ。

    4.FXの知識が薄くても使える

    自動売買ならFX初心者でも簡単に取引をできます。選択型の取引ツールならプロトレーダーの取引手法を真似できるので、裁量取引では必須の分析や勉強をそこまで必要としません。

    初心者にも始めやすい環境のため、FX投資のハードルが低いですよ。

    FX自動売買のデメリット

    FXの自動売買にはメリットだけでなく、デメリットもあります。主なデメリット4つを紹介していきます。

    FX自動売買のデメリット
    1. 相場急変時に対応できない
    2. 知識が身につきにくい
    3. 永遠には使えない
    4. 裁量取引よりコストが高め

    1.相場急変時に対応できない

    相場急変

    自動売買は事前に設定した条件で売買を繰り返すだけなので、予測外の相場急変などには対応できないです。

     自動売買設定後に放置した場合、相場急変により大きな損失を出すケースもあり得ます。

    自動売買と言えども完全放置はせずに、相場チェックや情報収集は怠らないようにしましょう。特に政治経済に関する大きな報道があれば、自動売買を一時的に停止することも検討してください。

    昨今のウクライナ情勢も相場に影響を与えていますよ。

    2.知識が身につきにくい

    一度システムを設定すれば放置してても良いため、FXに関する知識は身に付きにくいです。裁量取引なら取引を重ねていくことで知識や経験を積んでいけますが、自動売買にはそれがありません。

    将来的に自分自身でのプログラム設定や裁量取引を検討している場合は、自動売買だけでは不十分といえます。積極的に勉強してFX知識を身につけていくことが大切です。

    FXの主な勉強方法
    セミナー参加
    FX関連の読書やウェブサイト閲覧
    デモトレード

    上記のように、実際の取引以外でも学びの場を見つけることはできます。自発的にFXを学ぶ時間を取り入れていけば、自然と知識も身についていくでしょう。

    裁量取引・自動売買の併用も、知識と経験が効率的に身につけられるためおすすめです。

    3.永遠には使えない

    コイン

    仮に自動売買ツールを使い利益を出していた場合でも、そのツールが永久に使えることはないでしょう。勝てるツールがあれば使いたいと思うのは、投資家全員に共通していることです。

    もし全員が勝てるといわれるツールを導入すると、FX相場に大きな影響を与えるでしょう。相場の影響は自動売買プログラムにも波及するため、勝てるツールではなくなってしまいます。

    勝てるツールのあるなしに関わらず、相場が過去にはなかった変動を起こすこともあります。想定外の値動きに自動売買は弱いため、常に自動売買プログラムをアップデートする必要があるでしょう。

    このことからも、自動売買の完全放置が良くないことがわかりますね。

    4.裁量取引よりコストが高め

    取引コストは裁量取引より自動売買の方が高くなるのが一般的です。裁量取引ならスプレッドだけの場合が多いですが、自動売買はスプレッドに取引手数料が加わります

    タイトル裁量取引と自動売買のコストの差
    裁量取引…スプレッドのみ
    自動売買…スプレッド+取引手数料

    取引手数料無料で自動売買を提供しているFX会社もありますが、スプレッドは広く設定されていることがほとんどです。トータルコストで比較すると、裁量取引よりコストでは割高になってしまいます。

    自動売買で有料ツールを使う場合は、初期コストもかかりますね。

    ※提供しているFX会社により異なります。

    まとめ

    今回は、FXの自動売買について解説してきました。自動売買は、一度設定すれば時間にとらわれず、自動的に取引を行ってくれるのがメリットです。感情に左右されないため、精神的にも安定するでしょう。

     自動売買の種類には、大きく分けて開発型・選択型・リピート型の3種類があります。FXの知識も踏まえて、設定しやすい種類のプログラムを選びましょう。

    興味を持った人は、まず自動売買ができるFX会社に口座開設してみてはいかがでしょうか。

    ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事