【初心者必見】FXの始め方・やり方を徹底解説|取引に必要な基礎知識も

少額の資金で大きな利益獲得が期待できるFX。将来の資金形成のために始めてみたいけれど、「始め方がわからない」「どうすれば稼げるのかわからない」という人もいるのではないでしょうか。

FXで資産形成を考えている場合、その仕組みや稼ぐコツを十分理解しておかなければ、失敗に終わってしまうことも。

逆にFXは稼ぐための方法さえ押さえていれば、初心者でも稼げる可能性は十分期待できます。そこで今回は、FXの始め方、やり方について詳しく解説します。

始める前に知っておくべき用語や注意点も併せて紹介するので、参考にしてみてくださいね。

FXとは?

FXの仕組みFXは外国為替証拠金取引のことで、異なる通貨同士を証拠金を介して売買し利益獲得を目指します

 証拠金とは、取引する際の担保金としてFX会社に預けるお金のことです。

為替レートは常に変動しているため、買ったときより売ったときの方が価格が高ければ、その差額が自分の手元に入る仕組みです。

FXは為替レートの差額によって得られる利益以外に、スワップポイントで稼ぐ方法もあります。スワップポイントは、異なる通貨間で取引する際の金利差のことです。

高金利通貨を購入して低金利通貨を売った際に、金利差を利益として受け取れます。

さらにFXは世界で大きなマーケットを形成しているため、24時間いつでも取引が可能となっています。

FXを始める前に押さえておくべき用語

FXについて説明を受ける人
FXには、さまざまな専門用語が存在しています。そのため、何も知らずに始めるとスムーズに取引できない可能性も。ここでは、FX取引をする際に必要となる基本的な用語について解説します。

通貨ペア

通貨ペアとは

取引をする2か国の通貨の組み合わせを「通貨ペア」といいます。FXは異なる通貨を取引して利益を狙うものですが、通貨ペアは自由に設定できません。

取引できる通貨ペアは、あらかじめ「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」などと決められており、その中から自身に合うペアを選ぶ形になります。以下は、比較的多く取引をされている主要な通貨ペアです。

主要な通貨ペア
  • ユーロ/米ドル
  • 米ドル/円
  • 英ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • 豪ドル/米ドル
  • ニュージーランドドル/米ドル

上記は、流動性が高いうえに低コストで取引ができる初心者でも利用しやすい通貨ペアです。「米ドル/円を買う」という場合、米ドルを売りに出して日本円を買うことになります。

取り扱われている通貨ペアは、FX会社によって異なります。

自身の気になる通貨ペアを取り扱うFX会社にて、取引を始めてみましょう。

スプレッド

スプレッド
FXでは、各通貨ペアの買値と売値の差を表示した「スプレッド」があります。スプレッドは、取引の際に支払う必要があるものです。スプレッドの幅が狭いほど、低コストでの取引が可能となります。

スワップポイント

スワップポイント

取引する通貨間の金利差を指す言葉です。高金利通貨を買って低金利通貨を売るポジションを翌日以降にも持ち越した場合、金利の差額を利益として受け取れます。

高金利通貨の保有中は、スワップポイントを定期的に受け取ることが可能です。そのため、売買しなくてもスワップポイントを利用すれば資金をコツコツ稼げます。

高金利通貨ペアの代表的な例
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • 南アフリカランド/円

ただ、低金利通貨を買って高金利通貨を売る場合には金利の差額を支払わなければなりません。また、高金利なものは情勢が不安定な新興国が発行する通貨であるケースが多いです。

為替相場の急激な変動により大きな損失を被る可能性もあるので、取引をする際にはこまめに情勢をチェックしましょう。

レバレッジ

レバレッジはてこの原理

レバレッジは、少額の資金で大きな金額の取引ができる仕組みを指した言葉です。レバレッジがあることで、実際に必要な金額の数%にあたる証拠金を預ければ取引が可能となります。

 日本国内で掛けられるレバレッジの上限は、最大25倍までです。

たとえば1ドル=100円のときに2.5万ドル(200万円)の投資を行う場合、通常であれば200万円が必要となります。しかし、レバレッジを25倍にすれば10万円で取引をスタートできるのです。

そのため、レバレッジは低コストで取引をするために重要な要素であることがわかります。

ロスカット

FXについて調べる人
ロスカットは一定の損失が生じた場合に強制的な決済を行う仕組み
で、損失の拡大を防ぐ目的として導入されています。ロスカットの基準は、必要証拠金をもとに定められています。

 必要証拠金は、取引に最低限必要な証拠金のことです。

たとえば1ドル=100円のときにレバレッジ25倍にて2.5万ドル(250万円)を取引する場合、必要証拠金は10万円となります。

このときロスカット=必要証拠金×100%の場合、ロスカットは10万円を切ったときに執行されます。

ロスカット=必要証拠金×30%なら、証拠金が3万円以下になった場合に執行されるということです。

FX取引時にはロスカットが起こらないよう、証拠金に余裕を持って取引することが大切です。

順張り

FXのやり方を調べる男性
トレンドに沿って取引を行う手法
です。

 価格が上昇トレンドにあるのなら今後も上昇すると判断して買い、下落トレンドなら売りに出します。

順張りがおすすめな相場は、どちらか一方向に値動きが起こる相場のときです。トレンドを見誤ると損失が生じてしまうため、注意が必要です。

逆張り

順張りとは逆で、為替相場の動きに逆らってポジションを取る方法です。相場が下落トレンドにあるのなら買い、逆に上昇トレンドにある場合は売りに出します。

買った後も下落が続くと大きな損失を被る可能性があるため、順張りよりもリスクの大きい手法だといわれています。逆張りには、十分な分析が必須です。

FXの取引スタイル

FXの取引画面
FXには、取引スタイルにもさまざまな種類があります。ここでは、以下4つの取引スタイルについて解説します。

取引スタイルの種類
  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

スキャルピング

数秒から数分での決済を繰り返して小さな利益を積み重ねる手法です。短時間で取引が終わるので、あまり時間のない人でも空いた時間を使って利益をコツコツと積み上げられます。

また、短時間での売買となるので為替の大きな変動に巻き込まれる可能性は低いとされています。取引は、数十回から数百回程度行われることが多いようです。

ただ、取引をするときには必ずスプレッド分のコストがかかります。

スキャルピングは何度も取引を繰り返すため、取引コストが高くなりやすい点が欠点です。そのため、コスト面もよく考えたうえで取引を行うべきだといえます。

FX会社によっては、スキャルピングが禁止となっている場合もあります。事前にFX会社の利用規約でスキャルピングが禁止されていないかどうか確認したうえで、取引を行いましょう。

デイトレード

FXの始め方を調べる男性
注文をしたその日のうちに決済を行う
スタイルです。その日の相場の値動きを予想しながら、数時間程度での取引を繰り返します。

 チャートやニュースの分析も必要となるため、難易度の高い手法とされています。

スキャルピングほどではありませんが、デイトレードも取引を繰り返すことになるのでスプレッドには注意が必要です。

スイングトレード

数日~数週間かけて取引するスタイルです。中長期的な視点で相場の方向を分析できるので、短期的なトレードよりも値動きを予測しやすく1度に大きな利益を狙うこともできます

スイングトレードでは、順張りのトレードによって利益を狙うのが一般的です。

ポジションを翌日以降に持ち越す場合には、スワップポイントでの利益も期待できます。ただ、為替に急変動が起こった場合には大きな損失を被る可能性もあることに注意しましょう。

ポジショントレード

FXのやり方を調べる人

数週間~数か月、長ければ年単位と長期にわたってポジションを保有するスタイルです。長期的な目線での取引になるため、トレンドをしっかりと見極められれば1回で大きな利益を狙えます。

高金利通貨を保有し、スワップポイントでの利益獲得を目指すことも可能です。

FXの始め方

FXの始め方

少額からの取引で大きな利益を期待できるFXで、資産運用をしたいと思っている人もいるでしょう。そんな人へ向けて、ここからはFXの始め方を紹介します。

FXの始め方
  1. FX会社を選ぶ
  2. 口座開設をして証拠金を入金する
  3. 取引通貨ペア・取引スタイルを選ぶ
  4. 取引を開始する

上記について、順に詳しく説明します。

1.FX会社を選ぶ

携帯を操作する人
まず、取引をするFX会社を選びましょう。

FX会社を選ぶ基準
  • スプレッドの狭さ
  • 約定率の高さ
  • 取り扱い通貨ペア
  • 最小取引単位
  • スワップポイント

FX会社を選ぶ際に着目すべきは、スプレッドの狭さです。スプレッドが狭ければ、取引コストが少額で済むうえにより利益を伸ばすことができます。

また、注文を成立させる「約定率の高さ」も重要なポイントです。最小取引単位が低いほど少額での取引が可能になるので、忘れずにチェックしましょう。

2.口座開設をして証拠金を入金する

札束
取引をするFX会社が決まったら、口座開設を行います。基本的に高校生以外の18歳以上であれば、どこでも無料で口座を作れます。口座開設の申し込みは、インターネットから可能なケースも多いです。

申し込みフォームへ移動して、必要情報を入力しましょう。口座開設には、本人確認書類とマイナンバー確認書類の提出も必要です。書類提出後、審査が行われます。

ログインIDやパスワードが送られてきたら、口座開設完了です。

取引ができるよう、証拠金となるお金を入金しましょう。

3.取引を開始する

次に、取引する通貨ペアと取引スタイルを決めます。取り扱い通貨ペアの中から、自身の目的に合った取引ができる通貨ペアを選択しましょう。

 何を選べばよいかわからない場合には、米ドル/円での取引から始めるのがおすすめです。

米ドル/円は最も値動きが安定しておりスプレッドも狭いため、低コストで比較的安全に取引できます。利用する取引スタイルや手法も併せて決めておくとよいです。

すべて決まったら、証拠金維持率に注意して取引を開始しましょう。

初心者でも稼げるFX取引のコツ

パソコンを操作する人
FXは少額での取引ができるとはいえ、大きな損失が生じる恐れもあるため「始めるのが怖い」と思う人も多いでしょう。ただ、初めて取引する人でもコツを押さえればしっかり稼ぐことができます。

ここでは、初心者でも稼げるFXの上手なやり方を紹介します。

デモトレードにて練習する

FX初心者は、まずデモ口座の体験から始めるのがおすすめです。

 デモ口座ならいくら失敗しても損失を被ることがないため、安心してさまざまな手法を試すことができます。

何度も取引を行って、自身に合う取引スタイルや手法を掴みましょう。

レバレッジは低く設定する

FXのチャート
FXでは、最大25倍までレバレッジをかけられるようになっています。レバレッジは高くすればするほど少額で大きな利益を狙えますが、ロスカットによって大きな損失を出してしまうリスクもあります。

初心者はレバレッジを2~10倍程度と低く設定して、ロスカットがおこりにくい状況を作ることが大切です。

価格変動の少ない通貨ペアにする

通貨ペアには、変動の少ないものから値動きの激しいものまでさまざまな種類があります。慣れないうちは、価格変動の少ない主要な通貨ペアで取引するのがおすすめです。

主要な通貨ペア
  • ユーロ/米ドル
  • 米ドル/円
  • 英ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • 豪ドル/米ドル
  • ニュージーランドドル/米ドル

上記の中から、気になる通貨ペアを選んで取引してみましょう。

事前に損切りラインを決めておく

計算機
初心者は損失が生じた場合、「もう少ししたら上がるかもしれない」などと考え、なかなか損切りができないケースも多いです。

 しかし、損切りができないとロスカットによる大きな損失を被る可能性があります。

取引を始めてから損切りの判断に迷わないよう、取引を始める前に損切りラインを決めておくとよいです。損切りラインになったら、そのときの状況に関係なく損切りを行いましょう。

初心者にもおすすめしたいFX口座3選

ここで、取引におすすめなFX口座を3つ紹介します。

GMOクリック証券 FXネオ

3.GMOクリック証券

おすすめポイント!
  • スプレッドが業界最小水準
  • スワップポイントが高水準
  • 取引は最短当日から始められる

GMOクリック証券のFXネオは、業界最小水準のスプレッドで取引コストを安く抑えられるという大きな魅力があります。

 高水準※のスワップポイントも用意されており、長期保有での利益獲得を狙っている人にはとくにおすすめなFX口座です。

取引ツールはパソコン、スマートフォン、時計とさまざまな形態で使えるようになっています。申し込みから最短当日で取引を始められるのも魅力です。

基本情報

運営会社 GMOクリック証券株式会社
取り扱い通貨ペア 20種類
取引手数料 無料
スプレッド※2022年7月現在 米ドル/円 0.7銭、ユーロ/円 1.2銭 など
取引ツール
  • PLATINUM CHART
  • はっちゅう君FX+
  • GMOクリックFX

DMM FX

DMM FX

おすすめポイント!
  • クイック入金サービスは約340の金融機関に対応
  • 最短1時間で取引開始可能
  • 手数料無料

DMM FXは、初心者からプロまで使いやすいツールを用意しています。最短即日で取引を開始することも可能。手数料無料なので、余計な出費をかけずに利益獲得を目指せます。

 クイック入金サービスは24時間利用可能。約340の金融機関に対応しているため、どのユーザーでも比較的利用しやすいでしょう。

口座開設から取引までわからないことがあれば、電話・メール・LINEにて問い合わせを行うことも可能です。そのため、初心者でも安心して利用しやすいFX口座だといえます。

基本情報

運営会社 株式会社DMM.com証券
取り扱い通貨ペア 21種類
取引手数料 無料
スプレッド※2022年7月現在 米ドル/円 0.2銭、ユーロ/円 0.5銭 など
取引ツール
  • スマホアプリDMM FX
  • DMMFX PLUS
  • DMMFX STANDARD
  • 取引通信簿
  • プレミアチャート

外為どっとコム

外為どっとコム

会社の信用度を見極めるポイント
  • 各種手数料が無料
  • HDI格付け調査で三ツ星評価を獲得している万全なサポート体制
  • スマートフォン一つで練習から本格的な取引まで可能
  • 口座開設数50万以上

外為どっとコムは、口座開設数が50万を超えているFX口座です。HDI格付け調査で三ツ星評価を獲得済みの万全なサポート体制を整えており、初心者でも安心して取引に臨めます。

各種手数料無料で、低コストでの取引ができる点も魅力です。デモ口座での練習から本格的な取引までできる便利なツールも揃っています。

基本情報

運営会社 株式会社外為どっとコム
取り扱い通貨ペア 26種類
取引手数料 無料
スプレッド※2022年7月現在 米ドル/円 0.2銭、ユーロ/円 0.4銭 など
取引ツール 外貨NEXTneo GFX

外為どっとコム-公式サイト

※公式サイトより

まとめ

今回は、FXの始め方・やり方について詳しく解説しました。FXは、為替差益やスワップポイントなどで利益獲得を目指せるものです。

自身に合うFX会社にて口座開設を行い証拠金を入金すれば、取引できるようになります。取引スタイルや取引の手法を決めてトレードを始めてみましょう。

初心者は初めから本番口座で取引を行わず、デモトレードにて練習するとよいですよ。

自身に合う取引手法や取引スタイルがつかめたら、本番口座に移りましょう。本番口座で取引を開始する前には、事前に損切りラインを決めておくことが大切です。

損失が生じないよう、通貨ペアは価格変動の少ないものにしレバレッジも低く設定するのがおすすめです。今回紹介したやり方にて、FXでリスクを抑えた資産運用を始めてみてはいかがでしょうか?

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事