FX 初心者

FX投資は少ない元手から大金を稼ぐことも夢ではないので、数ある投資の中でも人気が高いです。しかしFXの仕組みや始め方がよくわからず、結局チャレンジできていない人もいるでしょう。

そこで本記事では、FX初心者が失敗しないための基礎知識やおすすめの稼ぎ方を解説。FX初心者がまずやることも紹介しているので、FX投資に興味がある方々はぜひ参考にしてください。

初心者におすすめのFX会社も3つピックアップしていますよ。

FXとは?初心者向けに基礎知識を解説!

まずはFXの基礎知識について、初心者にもわかりやすく3つの観点から解説していきます。

FXの基礎知識
  1. FXの仕組み
  2. FXの稼ぎ方(利益の出し方)
  3. FX取引でよく聞く入門用語

1.FXの仕組み

FXの仕組み

FXは「Foreign Exchange」を略した言葉で、日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれています。

わかりやすく説明すると、日本円と米ドルなど異なる2国間の通貨の交換をする取引のことですよ。

通貨価値は日々変動しているので、変動する通貨価値を予測して利益を狙うのがFX取引の基本的な仕組みです。

 原則は株式投資と同様で、安い時に買って高くなったら売ることで、差額を利益としています。

2.FXの稼ぎ方(利益の出し方)

FXで利益を出す方法は、大きく分けて2つあります。

FX取引で利益を出す方法
為替差益(キャビタルゲイン)
スワップポイント(インカムゲイン)

為替差益(キャビタルゲイン)

為替差益

為替差益は、為替レートの変動により利益を得る方法です。通貨を「安く買って高く売る」または「高く売って安く買い戻す」の2通りで利益を狙います。

一般的にFXで稼ぐ方法としては、こちらをイメージする人が多いでしょう。利益が出るタイミングは、保有している通貨を売るまたは買い戻す時の1回です。

米ドルを120円で買って、130円になったら売るなどのイメージですね。

スワップポイント(インカムゲイン)

スワップポイントは、2国間の通貨の金利差により生じる利益のことです。金利の低い通貨を売って高い通貨を買うことで、金利差に応じた利益を受け取ることができます。

 金利の高い通貨を売って低い通貨を買う場合は、損失(支払い)が発生します。

ただし、日本円は低金利通貨として有名です。日本円を売って高金利通貨を売れば、スワップポイントは受け取ることができます。

メキシコペソやトルコリラが高金利の代表的通貨です。

なお、スワップポイントはFX会社によって異なります。スワップポイントが高水準の会社で取引すれば、受け取れる利益も大きくなります。

スワップポイントは毎日受け取れるので、コツコツ利益を積み重ねることが可能です。

3.FX取引でよく聞く入門用語

FX取引においては、日常では聞き慣れない専門的な用語が飛び交っているのが特徴です。初心者でも最低限覚えておきたいFXの専門用語を4つ紹介します。

FX取引でよく聞く入門用語
スプレッド
レバレッジ
ロスカット
ポジション

スプレッド

スプレッド

スプレッドとは、通貨の買値と売値の価格差のことです。通常、為替取引においては買値と売値で価格差が存在します。

日本円と米ドルの買値・売値の差
買い(日本円→米ドル) 売り(米ドル→日本円)
126.94円 125.94円

上記表を見ると「買い」の方が「売り」よりも1円高くなっています。この価格差を作ることで、為替業者は利益を得ています。そのためスプレッドは、FX取引における実質的な手数料ともいえるでしょう。

 利用者からすると、スプレッドが狭い(価格差が少ない)方が取引コストが低くなります。

スプレッドはFX会社によって異なるので、スプレッドの狭い業者で取引を行うと利益を狙いやすいでしょう。

通貨ペアや取引時間帯によっても、スプレッドは変わりますよ。

※三井住友銀行の為替レート(2022年4月15日時点)

レバレッジ

レバレッジはてこの原理

レバレッジとは、FX口座に預け入れた資金以上の取引を可能にする仕組みのことです。口座に預け入れた資金を担保とすることで、最大25倍までの取引をすることができます。

 最大25倍は金融庁の規制により決められています。国内FX業者では、25倍を超えて取引することはできません。

例えば、10万円をFX口座に預け入れた場合、最大で25倍の資金250万円で運用することができます。これにより、FXの特徴でもある少ない元手で大きい利益を狙うことが可能になるのです。

レバレッジは「てこの原理」の意味があるんですよ。

ロスカット

ロスカットとは、FX取引で一定以上の損失が出た場合にFX業者側で強制的に決済する仕組みのことです。ロスカットをすることで、損失の拡大を防げるというメリットがあります。

見方を変えれば、損失が確定してしまうとも捉えられます。

ロスカットが執行されるのは、FX口座内の資金が所定の証拠金維持率を下回った時です。ロスカットされる証拠金維持率はFX会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

証拠金維持率は、必要証拠金に対する純資産の割合のことですよ。

ポジション

ポジションとは、新規に通貨を「買う」もしくは「売る」ことで通貨を保有している状態のことです。通貨を買った時は売ることで、売った時は買い戻すことで、ポジションを手放すことになります。

新たに取引した通貨を、決済していない状態と想像するとわかりやすいですね。

買ってポジションを持つ場合は「ロングポジション」、売ってポジションを持つ場合は「ショートポジション」と区別しています。

ポジションのことは、建玉(たてぎょく)と呼ぶこともありますよ。

FX初心者がまずやることは?FXのやり方・手順

FXの始め方

ここからは、FXの始め方について解説していきます。主な流れは以下の通りです。

FX取引の主な手順
  1. FX会社に口座開設をする
  2. 開設した口座に入金する
  3. 通貨ペアを決める
  4. 取引を行う

    それぞれの詳細を解説していきます。

    1.FX会社に口座開設をする

    FXトレード画像

    まずは、FX会社に口座開設をしましょう。FX会社によって、スプレッドの狭さやスワップポイントの高さなどが違います。ニーズに合うFX会社を選んでください。

    FX会社を比較する主なポイント
    スプレッドの狭さ
    スワップポイントの高さ
    通貨ペアの多さ
    取引通過単位の少なさ
    キャンペーンの充実度
    デモ口座の有無

    重視するポイントは人それぞれ異なるので、一番重要なポイントがどれかは一概には言えません。

    よくわからない人は、後述するおすすめFX会社を参考にしてくださいね。

    2.口座に入金する

    FX会社を選んで口座開設を行ったら、口座に入金しましょう。オンラインバンキングを利用した即時入金なら、手数料無料で入金できることが多いです。

    FX会社によって対応する金融機関が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

    ほとんどのFX会社で銀行振込も可能ですが、反映まで時間がかかることに加え手数料は自己負担となります。

    3.通貨ペアを決める

    通貨ペアとは

    入金したら、取引する通貨ペアを決めてください。初心者のうちはメジャーな通貨ペアがおすすめです。

    メジャーな通貨ペア
    米ドル/円(USD/JPY)
    ユーロ/円(EUR/JPY)
    ユーロ/米ドル(EUR/USD)

    この中でも米ドル/円は、特に馴染みが深いでしょう。利用者数も多いため、各社のスプレッドも比較的狭く設定されているのも特徴です。

    迷ったら、米ドル/円を選びましょう。

    4.取引を行う

    通貨ペアを選んだら、実際に取引を行ってください。注文方法は様々ありますが、初心者のうちは、以下2つの注文方法を覚えておけば問題ないでしょう。

    • 成行注文…現在レートで注文
    • 指値注文…取引したい金額を指定して注文

    成行注文はすぐに取引できるスピーディーさが特徴。指値注文は指定した金額で取引できるので、戦略に沿った注文が可能です。

    慣れてきたら、その他の注文方法も覚えていってください。

    取引してポジションを保有したら、レートに応じてポジションを決済していきましょう。

    FX投資のメリット

    ここからは、FX投資による主なメリットを3つ解説していきます。

    FX投資3つのメリット
    1. 少額から始められる
    2. 平日なら24時間いつでも取引ができる
    3. 円高・円安のどちらでも利益を狙える

    1.少額から始められる

    株

    先述したように、レバレッジをかけられるのがFXの魅力です。必要な元手は少額で良いので、始めるためのハードルは他の投資よりも低いと言えるでしょう。

     少額取引を行うためには最小通貨単位も重要です。通貨単位が小さいほど、少ない元手での取引が可能になります。

    FXの通貨単位は1,000通貨もしくは10,000通貨が基本です。初心者なら1,000通貨単位で取引できるFX会社を選んだ方が、少ないリスクで始められるでしょう。

    FX会社によっては、1通貨単位で取引できる会社もありますよ。

    2.平日なら24時間いつでも取引ができる

    FXの取引時間は平日のほぼ24時間です。株式投資の場合は平日の日中時間帯だけなので、株式投資よりも柔軟に取引を行えるでしょう。

    FXと株式投資の取引時間帯
    平日(月〜金) 土・日 祝日
    FX ほぼ24時間 取引不可 ほぼ24時間
    ※元日など一部日程を除く
    国内株式 9:00〜11:30
    12:30〜15:00
    ※東京証券取引所の場合
    取引不可 取引不可

    日中時間帯は仕事などで忙しい人でも、FXなら夜に取引することも可能です。生活スタイルに合わせて投資の時間帯を確保できるのも、FXの強みといえるでしょう。

    FXの取引時間は、日本時間で考えると月曜朝〜土曜朝です。

    3.円高・円安のどちらでも利益を狙える

    FXは「買い」だけじゃなく「売り」からも取引を始められます。売りから取引を始めることを「空売り」と呼び、後に通貨を買い戻すことで利益を狙うことも可能です。

    米ドルを130円で売って、120円に下がってから買い戻すと差額10円分の利益ですね。

    つまり、円高局面と円安局面のどちらからでも利益を狙えます。このように利益を出すチャンスが多い点は、メリットと言えるでしょう。

    FX初心者が失敗しないためのコツ

    FX初心者は、取引に失敗しないか不安を覚える人も多いです。ここからは、失敗しないためのコツを4つ紹介していきます。

    FX初心者が失敗しないための4つのコツ
    1. 少額(余剰資金)で取引する
    2. 損切りをする
    3. レバレッジをかけすぎない
    4. 勘で取引をする

    1.少額(余剰資金)で取引する

    少額

    FXは元本割れリスクのある投資なので、余剰資金で取引することは徹底しましょう。余剰資金で行えば、仮に損失が出ても生活に支障が出ることはありません。

     損失が出た場合でも、資金を無理に追加しないでください。

    損失だけでなく利益が出た時も注意が必要です。もっと稼ぎたいと考えて、必要以上に資金を投資しかねません。

    冷静さを失わず、感情的にならないことが大切です。

    2.損切りをする

    必要に応じて損切りすることを覚えましょう。損切りとは、含み損の状態でポジションを決済して、損失を確定させることです。

    損失確定させるのは好ましいことではないでしょう。しかし何もせず損失が拡大していくと、いずれロスカットされてしまいます。

    先に損切りすることで、ロスカットよりも早く損失拡大を防げます。

    もちろん損切り後にレートが回復して、損切りしない方が良いケースも出てくるかもしれません。しかし総合的に見たら、ルールを決めて損切りをためらわない方がプラスに働くとされています。

    損失額や値下がり幅によって、損切り基準を事前に決めておくと損切りしやすいですよ。

    3.レバレッジをかけすぎない

    レバレッジをかけすぎると、少しの価格変動ですぐにロスカットされることがあります。為替レートは常に変動するので、一時的に含み損となることは珍しくありません。

    レバレッジをかけすぎると、含み損に耐えられなくなるリスクがありますよ。

    特に初心者のうちは取引に慣れていないため、為替相場がどのような値動きをするかも予測できないでしょう。取引に慣れるためにも、最初はレバレッジ1倍や2倍など、無理をせずに始めることをおすすめします。

    4.勘で取引をする

    勘

    特に初心者にありがちなのが、なんとなく取引をすることです。FXで利益を出すには、情報収集や分析が何よりも大事です。なんとなくの勘で取引をしていては、最終的には損失を出して終わるでしょう。

    初心者なりにも分析して、根拠に基づいて取引を行ってください。

    根拠に基づいた取引であれば、失敗に終わっても次回に生かすことができます。勘で取引をしている間は、いつまで経っても上達しません。

    FX会社3選|初心者にもおすすめ!

    GMOクリック証券(FXネオ)

    GMOクリック証券

    おすすめポイント
    • 業界最小水準のスプレッド※公式サイトの文言
    • デモ口座がある
    • 初心者にも使いやすいツール・アプリ
    • FX取引高が世界1位の実績※2020年1〜12月取引分

    GMOクリック証券のFXサービス「FXネオ」は、初心者から上級者まで幅広い人に使われています。実際にFX取引高は世界1位の実績があり、多くのトレーダーから信頼されているとも言えるでしょう。

     スプレッドは業界最小水準となっていて、コストの低さも評判です。

    初心者向けから上級者向けまで、使えるツールを幅広く用意しているのも特徴。スマホアプリも提供しており、生活スタイルや知識量に応じて適したツールを選べます。

    デモ口座も開設できるので、本番の取引前にツールの使い方を確かめられるのも便利です。

    初心者からすると、デモ口座で取引自体にも慣れられるので安心ですね。
    取り扱い通過ペア数 20通過ペア
    最小取引単位 10,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
    ※原則固定・例外あり
    各種手数料 無料
    デモ口座

    DMM FX

    DMM FX

    おすすめポイント
    • 口座開設&取引で最大200,000円キャッシュバック
    • 株券を担保にすれば現金0円で取引可能
    • 取引に応じて独自ポイントが貯まる
    • LINEでの問い合わせにも対応

    DMM FXは、DMM.com証券が提供するFXサービスです。口座開設数は80万口座を突破しており、初心者にも好まれています。

     新規口座開設&取引で最大20万円がキャッシュバック。お得にFXを始められます。

    同系列のサービス「DMM株」の株券を持っていれば、株券を担保にしてFX取引ができます。現金0円からでも取引できる点は魅力です。

    取引に応じて独自ポイントが貯まるのも特徴。ポイントは現金化でき、FXの資金としても使えます。

    業界で初めてLINE問い合わせに対応するなど、利用者に沿った手厚いサポートも好評です。
    取り扱い通過ペア数 21通過ペア
    最小取引単位 10,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
    各種手数料 無料
    デモ口座

    DMM FX公式サイト

    ※DMM FX・外為ジャパンFXの合算口座数(2020年8月時点)

    外為どっとコム

    外為どっとコム

    おすすめポイント
    • 1,000通貨単位から取引可能
    • 通貨ペアは30種類と豊富
    • 商品付きのデモ取引コンテストに参加できる
    • 初心者向けコンテンツが多数

    外為どっとコムは、口座開設数50万口座を突破した人気のFX会社です。FX取引は1,000通貨単位から行えるので、少額から始めたい方に向いているのが特徴です。

     通貨ペアは30種類と豊富。メキシコペソなどの高金利通貨も取り扱っているので、スワップポイント狙いにも適しています。

    デモ口座も開設可能で、デモ取引によるイベントも定期的に開催。成績上位者には賞品もあるので、楽しみながらFX取引に慣れることができます。

    さらに初心者向けのコンテンツを多数配信しており、FXを基礎から学べるのも魅力です。

    セミナーやYouTube動画などがあり、FX取引のための正しい知識を身につけられますよ。
    取り扱い通過ペア数 30通過ペア
    最小取引単位 1,000通貨単位
    スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
    ※原則固定・例外あり
    各種手数料 無料
    デモ口座

    外為どっとコム公式サイト

    ※外為ネクストネオ・らくらくFX積立の合算口座数(2021年10月時点)

    まとめ

    今回は、FX初心者向けに基礎知識やおすすめの始め方、失敗しないコツなどを紹介してきました。

    FXの仕組み自体は、そこまで複雑なものではありません。さらに少額投資ができて取引時間も長いため、投資初心者に向いている投資商品といえるでしょう。

    元本保証はないため、取引ルールを決めてしっかりルールを守っていくことが失敗しないために大切です。

    FX投資を始めるには、まず口座開設が必要です。記事内で紹介した3社も含めて納得できるFX会社で口座開設をしてみましょう。

    ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事