プラセンタ効果・効能

美容成分として雑誌やTVでも目にする機会の多いプラセンタ。人気成分の1つで、注射やサプリ、美容液などさまざまな摂取方法に応用されています。

しかし、聞いたことはあっても実際にどのような成分で、どんなメリットがあるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

実は、お肌の乾燥を防いだり、日焼けによるシミやシワを防ぐ効果を持つ優れた成分で、エイジングケア※年齢に応じたケアなどにおすすめです。

この記事では、そんなプラセンタの効果や効能注意点などを解説します。

さらにプラセンタを配合したおすすめ美容液も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※本記事に記載されている代金等の金額は一例です。購入プラン等によっては金額が異なる場合がございます。

プラセンタとは?

馬まず、プラセンタの基本的な知識について解説します。

プラセンタとは?
  1. プラセンタに含まれる主な成分
  2. プラセンタの種類

1.プラセンタに含まれる主な成分

プラセンタは「胎盤」を意味します。化粧品の成分として使用されるプラセンタは、主に馬や豚の胎盤を使用したものです。

古くは、クレオパトラや楊貴妃も若返りと美容目的に使用していたり、漢方薬としても使われていた歴史を持つ成分といわれています。

プラセンタに含まれる成分
顕微鏡
プラセンタに含まれる主な成分は次のとおりです。
アミノ酸
肌にハリをもたらすコラーゲンなどを構成する成分。プラセンタには10数種類のアミノ酸が含まれています。
ビタミン
代謝にかかわる成分。ビタミンB群やビタミンC、D、Eなどが含まれています。
ミネラル
体の健康維持や調整、代謝やホルモンバランスに欠かせない成分。カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄など体や肌に良い様々な成分が含まれています。
核酸
遺伝子の修復、新陳代謝の調整を含め、細胞が新しく生まれ変わる時に必要な成分。DNA、RNAなどが含まれています。
 プラセンタ(胎盤)には、赤ちゃんの命を守り維持するために必要な栄養素が多く入っており、これがプラセンタのもたらす様々な効果に繋がっています。
上に挙げたものに加え、「成長因子」と呼ばれる成分も入っています。
成長因子とはタンパク質の一種で、さまざまな働きがあります。順番に紹介していきましょう。
プラセンタに含まれる成長因子
シャーレ
プラセンタに含まれる主な成長因子は次のとおりです。
EGF(上皮細胞増殖因子)
FGF(線維芽細胞増殖因子)
HGF(肝細胞増殖因子)
IGF(インスリン様成長因子)
他にも、各種成長因子が含まれています。

これらの成長因子が含まれていることが、プラセンタの大きな特徴といえるでしょう。
細胞の新陳代謝に深く関わっていることが分かりますが、効果を実感するためには美容医療を利用することが有用です。
 美容液として体の外側から摂取した場合、どれだけ吸収されて効果を発揮するかは定かではないともされています。
ウマプラセンタ
・ブタ由来よりもアミノ酸が豊富
・国産品のほとんどが厳重な管理下で育ったサラブレッドのものを使用
・希少価値が高いので高価
ブタプラセンタ
・ウマ由来より安価で配合しやすい
・厳しい管理環境で育たられた「SPF豚」がおすすめ
植物性プラセンタ
・発芽が起きる部分「胎座」から抽出したもの
・アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素は含まれているが、成長因子は含まれていない
海洋性プラセンタ
・魚卵を包んでいる「卵巣膜」から抽出したもの
・アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの栄養成分が含まれているが、成長因子は含まれていない
植物生・海洋性プラセンタは胎盤ではないため厳密にはプラセンタではなく、栄養素は含まれているものの成長因子は含まれていません。
 アミノ酸が多く含まれるウマプラセンタがおすすめですが、価格が高くなりがちというデメリットも。コスパ重視の方には「SPF豚」を使用したブタプラセンタがおすすめです。

何由来のプラセンタか記載がない場合もあるので、表記をよく確認してみましょう。

プラセンタ美容液の効果

美容液の小瓶

美容液やクリームにより、体の外側からプラセンタを摂取した場合のお肌への効果について、紹介していきます。

お肌を保湿する

プラセンタに含まれるアミノ酸などのはたらきにより、肌の角質の水分を保持。乾燥肌にアプローチしてくれますので、肌の乾燥による小ジワを目立たなくする効果も期待できます。

日焼けによるシミを防ぐ

プラセンタには、メラニン色素をつくる「チロシナーゼ」という酵素の活性を阻害するはたらきがあり、日焼けによるシミの予防に効果が期待できます。

プラセンタの取り入れ方

美容液

プラセンタは医薬品から化粧品など、さまざまな方法で摂取することができます。順番に紹介していきましょう。

なお、この記事では特に美容液として使用した場合について注目していきます。

プラセンタの摂取方法
  1. 医薬品
  2. 注射
  3. 美容ドリンクやサプリメント
  4. 化粧品

1.医薬品

プラセンタは「メルスモン」や「ラエンネック」という販売名で、それぞれ更年期障害、肝機能改善の治療薬(注射剤)として保険適用で処方されています。

医療機関で医師から処方されるお薬なので市販では購入できませんが、古くから漢方薬として親しまれていたプラセンタが、今もなお薬剤として活躍しているのですね。

2.注射

聴診器

上に挙げたもの以外の保険適用外の自由診療において、プラセンタ注射を行っている医療機関があります。医師による処方が必要なものなので、きちんと相談の上で実施するようにしましょう。

美容目的でプラセンタ注射を実施する場合には、厚生労働省にて未承認の使用方法のため自由診療になります。

3.美容ドリンクやサプリメント

プラセンタエキスを配合したドリンクや、サプリメントとしても販売されています。中でもサプリメントは、市販のもの美容クリニックなどで処方されるもの(保険適用外)の2種類あります。

本記事では詳しく触れませんが、内側からプラセンタを取り入れてみたい方は調べてみるのも良いですね。

4.化粧品

美容液

プラセンタエキスを配合した美容液として、体の外側から摂取する方法です。

お肌の乾燥を防いだり、医薬部外品のものは日焼けによるシミを防ぐ効果などが期待されています。

プラセンタ美容液の選び方

プラセンタを手軽にスキンケアに取り入れるには、美容液がおすすめです。美容液を選ぶ際のポイントについて紹介します。

自分にぴったりの美容液を探してみましょう。
プラセンタ美容液の選び方
  1. プラセンタの種類で選ぶ
  2. 肌悩みで選ぶ
  3. 使用感で選ぶ

1.プラセンタの種類で選ぶ

本記事でも紹介したとおり、プラセンタにはさまざまな種類があります。

中でも効果的とされているのが、アミノ酸などの栄養素を多く含むウマプラセンタです。ですが、お値段が高くなりがちというデメリットがあります。

値段を抑えたいという方はブタプラセンタを選ぶと良いでしょう。

 効果重視の方はウマプラセンタ、コスパ重視の方はブタプラセンタを選ぶのがおすすめです。

2.肌悩みで選ぶ

特にケアしたいことがある方は、主に次のポイントを押さえて商品を選ぶと良いでしょう。

お肌の乾燥が気になる方
プラセンタに加え、保湿成分が配合されているものを選びましょう。
・おすすめ保湿成分:セラミド、ヒアルロン酸
日焼けによるシミを防ぎたい方
医薬部外品の薬用プラセンタ美容液を選びましょう。
プラセンタ美容液にも化粧品と医薬部外品の商品があるので、購入の際は成分表を確認してみてくださいね。

成分表をよく読んでから購入することが大切ですよ。

3.使用感で選ぶ

美容液などのスキンケアは、毎日継続して使用することが大切です。

動物プラセンタには独特の生臭さや、アルコール臭がある場合も。匂いが苦手な方は、植物や海洋性のプラセンタを検討してみるのも良いですね。

香りやテクスチャーなどの使用感が自分に合っていて、継続して使いやすいかどうかも確認するようにしましょう。

プラセンタの注意点

医師

プラセンタは注射する漢方薬ともいわれておりますが、副作用がゼロといい切れるわけではないため、順番に紹介していきます。

プラセンタの注意点
  1. 注射剤の場合
  2. 化粧品の場合

1.注射剤の場合

重篤な副作用は報告されていませんが、注射剤の場合は次のような副作用が報告されています。リスクとして頭に入れておくと良いでしょう。

  • 注射部位の疼痛
  • 過敏症(発疹・発熱・掻痒感など)
  • 注射部位の硬結
  • 頭痛
  • 肝機能障害(AST,ALT 上昇など)
    また、ヒト組織由来のタンパク・アミノ酸などを含有する製剤であるためショックを起こすことがあります。

また、プラセンタの注射剤に使用されている胎盤エキスはヒト由来のもののため、献血ができなくなるデメリットもあります。

注射剤は医療機関でしか実施できないため、開始前にしっかり医師から説明を受けましょう。

2.化粧品の場合

クリーム

医薬品に比べて化粧品の場合は、プラセンタの配合量が少なくなっていますし、厳しい審査や滅菌を行っています。

 サプリメントで摂る場合には、動物性タンパク質にアレルギーを持っている方は事前に医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

もちろん、メーカーに規定された用法用量を守らず使用すると、何らかのリスクが発生する可能性は否定し切れません。

使用前にしっかりパッケージの指示を確認し、用法用量を守って使用するようにしましょう。

プラセンタ美容液おすすめ3選

プラセンタエキスを配合したおすすめの美容液3選を紹介します。ぜひ、自分にぴったりの美容液を見つけてみてください。

ビモラ PL美容液

ビモラ PL美容液

おすすめポイント
  • SPF豚由来のプラセンタエキス※1配合
  • ハリや保湿力を失った年齢肌にアプローチ
  • 初回限定30%オフ!お得な定期便も
  • 6つのフリーでお肌に優しい成分構成

ビモラ PL美容液は、厳しく健康管理されたSPF豚由来のプラセンタエキス※1使用で、ハリや保湿力が低下した年齢肌にアプローチします。

また、先行型美容液なので洗顔後すぐに使用でき、その後の基礎化粧品の浸透をスムーズにさせてくれます。

 洗顔後のひと手間で、エイジングケア※2を日常に取り入れたい方におすすめ。プラセンタエキス※1が潤ったハリツヤ肌に導きます。

お得な初回定期購入割引あり

ビモラ 美容液

定期購入のお申し込みで、初回限定30%オフでお届け。2回目以降も10%オフなので、定期購入がお得です。

パラベン、シリコン、合成香料、合成色素、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤不使用で、お肌に優しい構にもこだわっています。

購入回数に縛りはなく、いつでも解約可能なので安心ですね。

基本情報

メーカー 株式会社BimoRa
価格(税込)・内容量 6,600円/30mL
定期購入で初回限定:4,620円
全成分
成分詳細

水、BG、プラセンタエキス、プロパンジオール、フェノキシエタノール

購入方法 公式サイト

公式サイト

※1 保湿

※2年齢に応じたケア

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌エッセンス

贅沢プラセンタのもっちり白肌エッセンス

おすすめポイント
  • 国産プラセンタ100%配合
  • 医薬部外品の効果でシミを防ぐ
  • 保湿成分としてヒアルロン酸・コラーゲン配合

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌エッセンスは、国産プラセンタのみを使用した医薬部外品です。

 プチプラで気軽に試せる医薬部外品のプラセンタ美容液。保湿成分も配合で、初めてのプラセンタケアにおすすめです。

医薬部外品ならではのケア

美白有効成分の水溶性プラセンタエキスがメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを予防。保湿成分としてヒアルロン酸とコラーゲンを配合しているので、お肌の乾燥も防ぎます

抗炎症成分も配合なので、肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

無香料・無着色・ノンパラベン・ノンアルコールの無添加処方なところもポイントですね。

まずはプチプラで気軽にプラセンタ美容液を使用してみたい方におすすめです。

基本情報

メーカー 株式会社ミックコスモ
価格(税込)・内容量 1,320円/20g
全成分
成分詳細

水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K・BG・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・ヒアルロン酸Na-2・ステアロイルフィトスフィンゴシン・アセチルチロシン・牡丹エキス・カッコンエキス・プルーン酵素分解物・テンニンカ果実エキス・カンゾウ葉エキス・水解コラーゲン末・アーティチョークエキス・ヒメフウロエキス・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・ステアリン酸POE(20)ソルビタン・パルミチン酸イソプロピル・エチルヘキサン酸セチル・軽質流動イソパラフィン・ポリアクリルアミド・POE(7)ラウリルエーテル・天然ビタンミンE・フェノキシエタノール

購入方法 公式サイト、店舗

メルスモン ムースマスク

メルスモン ムースマスク

おすすめポイント
  • 60年以上プラセンタの研究を重ねたメルスモン製薬が手がける
  • 国産ウマプラセンタ※1使用
  • 3つの保湿成分を贅沢配合

メルスモン ムースマスクは、60年以上プラセンタの研究を重ね、医薬品「メルスモン」の製造を行うルスモン製薬が販売る美容マスクです。

 国産サラブレッドの胎盤から抽出したプラセンタエキス※1を発酵熟成。保湿効果に期待できます。

スキンケアの最後にこれ1本でもOKの時短ケア

メルスモン

国内産サラブレッドの胎盤から抽出したプラセンタエキス※1を使用。さらに3つの保湿成分を配合することでお肌の乾燥や乾燥小ジワを防ぎます。

濃密な泡を自由に塗り広げることで、気になる部分にしっかり密着。シートマスクが顔に合わなかった方にもおすすめできます。

忙しい時にはハンドプレスで浸透させた後は洗い流さず、これだけでスキンケア完了でもOKです。

基本情報

メーカー メルスモン製薬株式会社
価格(税込)・内容量 9,900円/90g
全成分
成分詳細

水、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル―10、グリセリン、LPG、セテアリルアルコール、ペンチレングリコール、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、クインスシードエキス、ポリクオタニウムー51、ステアリン酸PEG-150、べへネスー20、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、BG、オレンジ果皮油、トコフェロール、フェノキシエタノール

購入方法 公式サイト

購入サイト

公式サイト

※1 サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液(保湿成分)

まとめ

プラセンタの特徴やおすすめの美容液を紹介しました。

生物の胎盤からエキスを抽出しているという特徴上、栄養素が豊富に含まれており、医薬品から化粧品まで幅広く利用されています。

さまざまな摂取方法がありますが、手軽にスキンケアに取り入れるなら美容液がおすすめ。特に、年齢とともにお肌の乾燥や、日焼けによるシミやソバカスが気になり始めた方におすすめといえるでしょう。

この機会にぜひ、いつものスキンケアにプラセンタを取り入れてみてはいかがでしょうか。

美容液やサプリなど、自分のライフスタイルに合ったケアを検討してみましょう。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事