DMMビットコイン 評判

仮想通貨取引所はさまざまな種類があり、そのなかから自分に合う取引所を探すのは難しいものです。

そんな時、口コミや評判といった利用者のリアルな意見を参考にすることで、自分の投資スタイルにふさわしい適切な仮想通貨取引所を選び分けやすくなるでしょう。

もし「レバレッジを使った取引をしたい」「少額から投資したい」と考えている場合は、今回ご紹介するDMMビットコインがおすすめです。

DMMビットコインは、レバレッジ取引ができるアルトコインが豊富で、最低取引単位が少ない点に定評があります。

本記事では、そんなDMMビットコインの良い口コミや悪い評判をもとに、メリットやデメリットを解説します。

この記事を参考に、DMMビットコインが自分に合うかどうかを判断してください。

DMMビットコインの基本情報

dmm ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引できるアルトコインが国内最多クラス
  • あらゆる手数料が無料に設定されている
  • 暗号資産業界初となるBitMatch注文が使える

DMMビットコインは、動画配信サービスで知名度のあるDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

DMMグループは仮想通貨取引所のほかにも、DMM FXというFX会社を運営しています。金融業界での知名度が高いこともあり、一定の信頼が置ける仮想通貨取引所だといえるでしょう。

 レバレッジに対する規制が強化されるなか、レバレッジ取引に対応する仮想通貨が13種類と豊富な点が特徴です。

また、売買手数料やレバレッジ手数料、入出金手数料などあらゆる手数料が無料に設定されており、取引コストを抑えながら投資できるメリットもあります。

取扱銘柄は日を追うごとに増えており、いまでは国内最多水準を誇ります。
取扱通貨数 13種類
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC
レバレッジ 2倍
アプリ 〇(iOS/Android)
入金手数料 無料
※振込手数料は利用者負担
出金手数料 無料
※振込手数料は利用者負担
売買手数料 無料
仮想通貨入金手数料 無料
※マイナーへの手数料は利用者負担
仮想通貨送金手数料 無料
※マイナーへの手数料は利用者負担

DMMビットコインの良い口コミ・評判

DMMビットコインの良い口コミ・評判は次の通りです。

良い口コミ・評判一覧
  • 取引アプリが使いやすい
  • BitMatch注文が利用できる
  • 少額から投資できる
  • セキュリティが高い

取引アプリが使いやすい

スマホを使う

DMMビットコインのツールは使いやすいと定評がありました。

 DMM FXを運営するDMMグループの取引所だけあり、取引アプリの使いやすさは流石。ワンタッチで注文できる利便性や、誤発注を避ける仕組みなど、細かい部分にまで配慮が施されています。

DMMビットコインは、パソコン用の取引ツールのほか、iOSとAndroid用のスマートフォンアプリも提供しています。

画面が小さく、搭載できる機能に限りがある取引アプリは、パソコン用の取引ツールに比べて使いづらいものも多いですが、DMMビットコインの場合はそんな心配も必要ありません。

DMMビットコインならではの「4分割チャート」や、ワンタッチ注文機能、簡単に切り替えられる2種類のモードなど、使い勝手の良い機能が充実しています。
DMMビットコインの2つのモード
・ST(シンプルトレード)モード
複雑な機能を極力排除し、シンプルなレイアウトで構成されたモード。スワイプのみで注文できる機能が特徴的。多彩な分析ツールは利用できないものの、画面が見やすく初心者向け。
・EX(エキスパート)モード
1日に何度も取引するトレーダーのためにスピード注文機能を搭載させたモード。チャート画面を自由にカスタマイズできたり、2種類のテーマカラーを選べたりするのが特徴。仮想通貨投資に慣れている中~上級者向け。

また、指値・逆指値やIFD、OCOなど幅広い注文方法に対応している点も特徴です。

2種類のモードが備わっているため、初心者から上級者まで幅広いトレーダーが活用しています。

BitMatch注文が利用できる

BitMatch注文が利用できる点にも定評があります。BitMatch注文とは、トレーダー同士の注文をマッチングして成立すれば、その仲値で売買ができる注文方法です。

そもそもDMMビットコインには取引所形式がなく、販売所形式にしか対応していません。
取引所形式と販売所形式の違い
・取引所形式
トレーダー同士で売買を行う方法。販売所形式に比べてスプレッドが狭いため、取引コストを最小限に抑えられる。また、成行や指値といった注文方法を選べるメリットがある。
・販売所形式
トレーダーと仮想通貨取引所の間で売買を行う方法。取引所形式よりも提示スプレッドの幅が広いものの、注文が一瞬のうちに処理され、確実に決済できるメリットがある。

実質的な手数料であるスプレッドの幅が広いのが販売所形式の難点です。

 しかし、BitMatch注文を使うと、取引所形式のようにコストを抑えることが可能。スプレッドが広いデメリットを最小化しつつ、販売所のメリットを最大限に生かせるということです。

しかも、BitMatch注文も現物取引と同様、13種類と豊富な仮想通貨に対応しています。

これにより、購入できる通貨の種類が少ないという取引所のデメリットの解消にもなります。

少額から投資できる

お金の入ったボトル

最低取引単位数が少なく、少額から投資できる点にも定評があります。

実際に「仮想通貨を買うときの最小単位が小さくて非常に助かっています。安いときであれば数百円程度から投資できるため、高いレバレッジをかけずとも少額で投資できる」という声がありました。

 DMMビットコインの最低取引単位は、業界でも最低クラスに設定されています。たとえば、BTC/JPYの最低取引単位は0.0001BTCです。

2022年7月28日時点の価格は1BTC=約310万円なので、最低310円から投資できることになります

 自分の予算に合わせて少額から投資できるのがDMMビットコインの特徴と言えるでしょう。

100倍以上のレバレッジをかけられる海外取引所を使えば、1万円程度の元手で100万円以上の取引金額を動かせますが、資金が少なくて済む代わりにリスクが非常に高くなってしまいます。

DMMビットコインの場合は、レバレッジをかけることなく安全に少額投資が可能です。

数百円程度の元手なら、全額損をしても大きな痛手にはならないため、仮想通貨投資の練習のために少額投資を行ってみるのもおすすめです。

セキュリティが高い

DMMビットコインはセキュリティの高さにも定評があります。

 仮想通貨取引所には高額なお金が集まりやすく、ハッキングによるリスクが高いため、高度なセキュリティ体制は大きな強みだといえます。
DMMビットコインの主なセキュリティ
・コールドウォレットによる資産管理
・顧客資産の分別管理
・不正ログイン防止
・多段階認証
・SSL暗号化通信

また、生体認証と呼ばれる特殊なセキュリティ技術を採用している点も特徴です。

指紋認証や顔認証、声認証を経てようやくログインできる仕組みで、アカウントの乗っ取りに合う危険性を最小限に抑えられます。

セキュリティが高いとはいえ、完全に信用するのは危険です。資産を運用しないときは、できるだけ自分のコールドウォレットで管理を行うようにしましょう。

DMMビットコインの悪い口コミ・評判

DMMビットコインの悪い口コミ・評判は次の通りです。
悪い口コミ・評判一覧
  • 週次メンテナンスが発生する
  • 出金するまでに時間がかかる

週次メンテナンスが発生する

お金で悩む女性

「DMMビットコインでは週次メンテナンスを平日の昼間に行っているので、取引したいタイミングに取引できない可能性がある」という声がみられました。

 DMMビットコインでは、毎週水曜日12~14時の間に週次メンテナンスを実施しています。メンテナンス中の取引はもちろん、口座開設も行えないので注意が必要です。

仮にメンテナンス前に特定銘柄のポジションを保有すると、その間に予想以上に値下がりして大きな損失が発生する場合もあります。

水曜日の午前中は取引を控えるほうが無難です。

出金するまでに時間がかかる

「現金化するまでの時間がかかりすぎる」という声がみられました。クイック入金に対応しており、即座に入金できるDMMビットコインですが、出金に関してはこの限りではありません。

 DMMビットコインの出金にかかる日数は、出金依頼の翌営業日から起算して3日以内。日本円として現金化する際も、仮想通貨を送金する際も同様です。

最短1~2営業日で処理が完了するコインチェックやビットフライヤーに比べ、出金手続きに関しては使いづらさを感じてしまいます。

DMMビットコインを利用する場合は、できるだけ余裕のある出金スケジュールを組むようにしましょう。

実際には出金依頼の翌営業日から起算するので、実質的に4日以上かかるケースもあります。

DMMビットコインの良い口コミ・評判からみるメリット

良い口コミや評判を参考にすると、DMMビットコインには次のようなメリットがあることがわかります。

3つのメリット
  • 初心者から上級者まで利用できる
  • 豊富なトレードサービスが使える
  • リスクを抑えられる仕組みが整っている

初心者から上級者まで利用できる

スマホを使う女性

DMMビットコインの取引アプリは、STモードとEXモードを自由に切り替えられます。

 初心者の間はシンプルな操作性が特徴のSTモードを、取引に慣れてくれば高度な機能が使えるEXモードを使うと良いでしょう。

切り替えたいときは、画面のボタンをワンタップするだけです。

初心者から上級者になるまで、1つの取引アプリで完結できるのは大きなメリットだといえるでしょう。

豊富なトレードサービスが使える

DMMビットコインでは、良い口コミでも取り上げたBitMatch注文や、レバレッジ取引といった豊富なトレードサービスが用意されています。

取引所形式と販売所形式の両方に対応する仮想通貨取引所も多いなか、DMMビットコインでは取引所形式に対応していません。

しかし、BitMatch注文によって取引所形式のように取引コストを抑えられるため、販売所形式しか利用できないというデメリットは問題にはならないでしょう。

 また、レバレッジ取引に対応する仮想通貨は20種類と、国内最多を誇るのもメリットです。
レバレッジ取引に対応している仮想通貨一覧
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・トロン(TRX)
・ジパングコイン(ZPG)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・オーエムジー(OMG)
・エンジンコイン(ENJ)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・モナコイン(MONA)
・カルダノ(ADA)
・ポルカドット(DOT)
・IOST(IOST)
・テゾス(XTZ)
・ネム(XEM)
・クアンタム(QTM)
・シンボル(XYM)

DMMビットコインでは、最大2倍のレバレッジを設定できます。

リスクを抑えられる仕組みが整っている

スマホを見る男性

DMMビットコインはさまざまなリスクを最小化できるため、安全に取引したい初心者の方におすすめです。

 たとえば、良い口コミで紹介したセキュリティの高さは、ハッキングリスクや個人情報の不正利用リスクを最小限に抑えてくれます。

また、仮想通貨投資に慣れないうちは投資額を少額に抑えることで、大きな損失が発生するリスクを抑制できるでしょう。

こうした仕組みを最大限に活用し、なるべく安全に仮想通貨投資を楽しみましょう。

DMMビットコインの悪い口コミ・評判からみるデメリット

DMMビットコインにはメリットがある反面、次のようなデメリットも存在します。

2つのデメリット
  • 水曜日に取引しづらい
  • 緊急時に現金化するための口座には不適切

水曜日に取引しづらい

頭を抱えている男性

悪い口コミにもあったように、DMMビットコインは定期メンテナンスの関係で水曜日はやや取引しづらいといえます。

 定期メンテナンスが行われるのは12~14時。エントリーはもちろん、利確や損切りもできないため、この時間に突然大幅に値下がりしても対応できないことになります。

すると、メンテナンス前の午前中もエントリーがしづらくなり、取引機会が縮小してしまいます。

この問題はトレーダー側からは打つ手がないため、どうしても水曜日に取引したい場合は、別の仮想通貨取引所を活用しましょう。

緊急時に現金化するための口座には不適切

悪い口コミでもお伝えした通り、DMMビットコインで出金しようと思うと、手続き完了まで長い期間が必要です。

 即座に手元に現金が必要な場合は、DMMビットコインだと対応が難しいといえます。

DMMビットコインを利用する際は、なるべく前もって出金申請を行いましょう

それが難しい場合は、複数の仮想通貨取引所で資産を分散する方法が有効です。

DMMビットコインの口座開設方法

DMMビットコインの口座開設手順は次の通りです。

口座開設手順
  1. メールアドレス登録
  2. 基本情報入力
  3. 本人確認書類の提出

1.メールアドレス登録

DMMビットコインの公式サイトにアクセスし、「口座開設」のボタンをクリックします。

メールアドレス登録画面が表示されるので、登録するメールアドレスを入力しましょう。

1.メールアドレス登録

すぐに登録したアドレス宛てにメールが届きます。

メールのなかに記載されているURLをクリックして登録画面に進みましょう。

2.基本情報入力

氏名や住所、連絡先といった個人情報や投資経験、資産状況などの情報を入力します。

2.基本情報入力

すべての項目に入力できれば、次の本人認証画面に移行します。

3.本人確認書類の提出

最後に、本人確認書類を提出します。

3.本人確認書類の提出

DMMビットコインには、「スマホでスピード本人確認」と「本人確認書類アップロード」という2種類の提出方法があります。

それぞれ提出すべき書類が異なるため、以下の内容を確認してください。

認証方法 提出書類
スマホでスピード本人確認 以下のうち、いずれか1点
・個人番号カード
・運転免許証
・パスポート
・在留カード
本人確認書類アップロード 以下のうち、いずれか2点
・個人番号カード
・運転免許証
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
・各種保険証
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・その他官公庁から発行又は発給された書類

「本人確認書類アップロード」を選んだ場合は、申し込みから1~2日の間に審査が行われ、無事に通過すると自宅に郵送物が届きます。

その郵送物に記載されている認証コードを使ってDMMビットコインにログインする仕組みです。「スマホでスピード本人確認」は、オンラインで本人認証が完結し、自宅に郵送物は届きません。

本人確認書類は1種類のみで、さらに最短1時間程度で取引を開始できます。

手元にスマートフォンがある方は「スマホでスピード本人確認」を使うほうが便利です。

まとめ

手数料の安さやレバレッジ取引における選択肢の多さといった点に定評があるDMMビットコイン。そのメリットをうまく活用することで、投資効率を高められます。

また、DMMビットコインでは最低数百円から取引ができるため、仮想通貨投資に慣れるまでの間、試験的に運用する口座としても最適です。

ただし、毎週水曜日に定期メンテナンスが開催されている点や、出金の際に時間がかかる点などには注意しましょう。

DMMビットコインのメリットとデメリットをしっかりと理解したうえで、自身に最適な仮想通貨取引所を選んでみてくださいね。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事