新電力会社ランキング

日常生活で必要不可欠な電気を供給してくれる「電力会社」。2016年の電力自由化によって、消費者が大手電力会社と新電力会社を自由に選べる時代になりました。

新電力会社とは?
新電力会社とは、電気を販売している大手以外の電力会社のこと。
新電力会社とは新電力会社とは東京電力・関西電力など大手電力会社に比べて、安い電気代が特徴です。

大手電力会社の送電網を利用しており電気の品質は大手と同じため、安心してお得に電気を利用できます。
※送電網・・電気を家庭まで運ぶ設備

無料で切り替え・申し込みができる新電力会社ですが「結局、どの電力会社が安いのか分からない」「本当に電気代が安くなるのか心配」という方も多いのではないでしょうか。

この記事でわかること
おすすめの新電力会社と料金ランキング
新電力会社の上手な選び方
大手電力会社との違いやメリット・デメリット

そこで今回は、電力会社選びに重要な項目を徹底比較。さらに各電力会社の料金シミュレーション結果も比較し、本当におすすめの新電力会社を紹介します。

新電力利用者を対象にした、ライフピックス独自調査のアンケートも集計しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

各新電力会社の特徴を比較して、自分に最適なところを見つけ出しましょう。
2022年10月電力会社の動向
  1. 9月になり、電力大手10社すべての電気料金が上限に達した
  2. ロシアによるウクライナ侵攻や円安の影響などが高騰の原因
  3. 複数の電力会社が政府に”上限引き上げ申請“を検討しており、今後も電気料金の値上げが考えられる。
  4. 10月の電気料金は、東京電力では9,126円、中部電力では9,189円となり、いずれも1年前と比べて2,100円以上の値上がり
  5. 電気料金を少しでも安くするために、電力会社や契約プランの見直しが重要
  6. 電力市場の高騰により、2022年現在新規受付を一時的に停止している電力会社もあるので注意。

2022年は電気料金の値上がりに注意!|電力会社乗り換えがおすすめ

電気料金 推移

あらゆる物の値段が高くなり、電気料金も高く家計が圧迫されていると感じている人も多いのではないでしょうか。

 東京電力の電気料金(平均モデル)の推移を見ると、12ヶ月連続で値上がりしており、1年間で1,898円も上昇しています。

電気代は、契約している電力会社やプランを見直すことで大幅に節約することができます。電力自由化によって、多くの電力会社を選べるようになった今、ぜひ乗り換えを検討してみましょう。

年内は電気料金の値上げがまだまだ続くといわれています。

迷ったらココ!おすすめ新電力会社4選を比較

電力会社おすすめ

数ある新電力会社の中から新電力会社選びで重要な項目を比較した、本当におすすめできる新電力会社は以下4社です。

スクロールできます>>

電力会社 電気代目安 基本料金(税込) 電力量料金(税込) 年間予想節約額 セット割 契約件数 エリア キャンペーン 公式サイト
東京ガス(でんき) 4,651円程度〜/月 30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
〜120kWh/19.78円
12~300kWh/25.29円
301kWh〜/27.36円
ひとり:4,206円
ふたり:6,660円
家族:13,590円
基本料金3ヶ月無料!
300万件以上 関東 基本料金
3ヶ月無料!
東京ガス でんき
CDエナジーダイレクト 4,623円程度〜/月 30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
〜120kWh/19.78円
12~300kWh/25.47円
301kWh〜/26.38円
ひとり:1,752円
ふたり:3,168円
家族:11,472円
45万件以上 関東
CDエナジーダイレクト
ドコモでんき 4,830円程度〜/月 30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
〜120kWh/19.88円
12~300kWh/26.48円
301kWh〜/30.57円
ふたり:120円
家族:3,708円
20万件以上 全国 dポイント
2,000ポイント
プレゼント!
ドコモでんき
大阪ガス(でんき) 4,200円程度〜/月 最低料金
(最初の15kWhまで)
285.00円
〜120kWh/20.31円
12~300kWh/24.90円
301kWh〜/27.83円
ひとり:1,452円
ふたり:2,424円
家族:5,748円
160万件以上 関西 基本料金
3ヶ月無料!
大阪ガス

紹介する新電力会社は全て無料で申し込み・切り替え可能。解約金もかかりませんので、まずはこの4社をはじめ、以下のポイントを比較しながら選んでみてください。

新電力会社を選ぶ5つの比較ポイント
  • 電気代の安さ
  • 料金プランのお得度
  • セット割・キャンペーンの割引率
  • 解約金が無料か
  • 経営基盤が安定しているか

※1 東京電力の従量電灯B・30A/200kWh比較
※2 東京電力の従量電灯B・50A/450kWh比較

東京ガス(でんき)【新電力販売量No.1!】

東京ガス

電気代は大手電力会社より
年間4,206円〜13,590円程度お得!

乗り換え無料

工事不要

解約金ナシ

契約縛りナシ

ガスセット割

ポイント還元

キャンペーン

全国対応
おすすめポイント
  • 東京電力の一般プランより年間3,800円以上お得
  • 今の電力会社から無料で乗り換え可能
  • 東京ガスとセットで電気料金が毎月割引に
  • 新規申込で基本料金3か月間無料
  • 新電力販売量No.1の人気

東京ガス(でんき)は、関東エリア在住の方におすすめの電力会社です。

東京電力の一般プラン比べて基本料金・従量料金どちらも安いうえ、東京ガスとセットで利用すれば毎月の電気代が更に割引となります。

 契約して3ヶ月間は基本料金0円と非常にお得。さらに、切り替え手数料や解約金も全て無料です。

また、毎月の電気代1,000円につき15ポイントもらえるのも魅力。貯まったポイントは1ポイント=1円として使えるので、電気代を支払うだけで節約につながります。

運営会社は都市ガス日本最大手の東京ガス。新電力販売量No.1の実績もあり、安心して電気を利用できますよ。

東京ガス(でんき)の料金シミュレーション結果

東京ガス

料金シミュレーション詳細
世帯人数
平均月額使用量
東京ガス
スタンダードS
東京電力
従量電灯B
年間差額
(月額差額の12倍)
一人暮らし
月200kWh/30Aの場合
6,744円 6,880円 4,206円
二人暮らし
月300kWh/40Aの場合
10,303円 10,572円 6,660円
ファミリー世帯
月450kWh/50Aの場合
15,808円 16,583円 13,590円

※燃料費調整額・原料費調整額・再エネ賦課金を除く
※セット割が適用された料金

東京ガス(でんき)の電気料金シミュレーションを行なった結果、基本料金3ヶ月無料キャンペーン適用で4,206円〜13,590円安くなりました

一人暮らしからファミリー世帯、どのご家庭でもお得に利用できる可能性があるので、まずはご自身の毎月の電気代金を入力するだけの簡単シミュレーションをしてみましょう。

基本料金3ヶ月無料キャンペーン終了は未定なので、お得な機会を逃さないようにしてくださいね。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.78円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
25.29円/kWh
【300kWh超え】
27.36円/kWh
年間電気料金予想
(東京電力の従量電灯B・30A/200kWh比較)
東京電力:年82,560円
東京ガス:年80,928円
対応エリア 東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
静岡県(富士川以東)
セット割 ガス
違約金 0円
東京ガス(でんき)のメリット・デメリット

メリット

・3ヶ月基本料金無料になる
・ガスとセットでさらに割引になる

・様々なポイントに交換ができるパッチョポイントが貯められる
・クラシルの有料サービスが使える

デメリット

・エリアが関東のみと限られている
・ライフスタイルによっては、必ずしも安くならない場合もある
東京ガス(でんき)の口コミ・評判
30代・男性(会社員)
ひとり暮らしからファミリーまで、各種プランがリーズナブルな点が良いです。新規契約で最初の三ヶ月分の基本料金が無料になるキャンペーンはお得なものでよかったです。ガスと電気をセットにすれば割引がきく点も良さです。
30代・女性(会社員)
ガス単体の契約だけでなく、電気とのセットの契約をすると少しお得になる。私も電気代を安くしたいと思い、いろんな電力会社と比較したが、私が住んでいる地域ではこの東京ガスのセット契約が1番安かったです。
30代・男性(会社員)
東京ガスの電気について実際良かったことは、初年度3か月無料で、電気代が純粋に割引になるだけでなく、また、月々の支払でポイントがたまる点についても素晴らしかったです。

東京ガス公式サイト

※1 公式サイトの文言を引用しています。

CDエナジーダイレクト【豊富なプランが魅力!】

CDエナジーダイレクト

電気代は大手電力会社より
年間1,752円〜11,472円程度お得!

乗り換え無料

工事不要

解約金ナシ

契約縛りナシ

ガスセット割

ポイント還元

キャンペーン

全国対応
おすすめポイント
  • 東京電力の一般プランより年間1,800円程度お得
  • 解約手続き不要・申込み無料
  • 公式サイトで電気代のおトク額を無料シミュレーションできる
  • トラブルに出張費無料で対応
  • スマホから5分で申し込み完了

CDエナジーダイレクトは関東全域と山梨県、静岡県の富士川以東に対応しています。

 ガスとのセット割も提供。ガス料金も東京ガスより安いので、セットで申し込めば大幅な節約につながります。

また、家族構成やライフスタイルに応じて、最適なプランを選べることもCDダイレクトエナジーのメリットです。

提供プラン こんな方におすすめ!
シングルでんき 一人暮らし
ベーシックでんき 2人〜4人家族
ファミリーでんき 5人以上家族
スマートでんき オール電化の家庭

どのプランもスマホから5分で無料申し込み可能。運営会社は大手電力会社である「中部電力」と「関西電力」の合併会社なので、安心して契約できます。

CDエナジーダイレクトの料金シミュレーション結果

CDエナジーダイレクト

料金シミュレーション結果
世帯人数
平均月額使用量
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
東京電力
従量電灯B
年間差額
(月額差額の12倍)
一人暮らし
月200kWh/30Aの場合
6,734円 6,880円 1,752円
二人暮らし
月300kWh/40Aの場合
10,308円 10,572円 3,168円
ファミリー世帯
月450kWh/50Aの場合
15,627円 16,583円 11,472円

※燃料費調整額・原料費調整額・再エネ賦課金を除く

CDエナジーダイレクトでの電気料金シミュレーションの結果、どのご家庭でも年間1,752円〜11,472円安くなることがわかりました。

さらに、CDエナジーダイレクトにはライフスタイルに応じてプランを9種類用意しているので、自分に合ったプランを選べばもっとお得になるかもしれませんよ。

CDダイレクトエナジーの公式サイトでは無料で電気料金をシミュレーションできます。どのくらいお得になるのか試してみましょう。
基本料金(税込) 【30A・ベーシックでんきB】
802.98円
【40A・ベーシックでんきB】
1,070.64円
従量料金(東京エリアの場合) 【~120kWhまで】
19.78円/kWh
【121~300kWhまで】
25.47円
【301kWh以上】
26.38円
年間電気料金予想
(東京電力の従量電灯B・30A/200kWh比較)
東京電力:年82,560円
CDエナジーダイレクト:年80,808円
対応エリア 東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
栃木県
群馬県
茨城県
山梨県
静岡県の富士川以東
セット割 ガス
違約金 0円※1
CDエナジーダイレクトのメリット・デメリット

メリット

・プランが豊富でライフスタイルに合わせて選べる
・離れて暮らす家族にもポイント割引がある
・ガスとセットで割引が受けられる

デメリット

・利用できるエリアが関東のみと限られている
・解約金が発生するプランがある
CDエナジーダイレクトの口コミ・評判
30代・男性(会社員)
一人暮らしでしたが、一人暮らし向けのプランもあり電気料金は安くて非常にお得に感じましたし、電気使用量をリアルタイムで確認しながら節約することもできたので、電気料金を安く保てとても良かったです。
30代・男性(会社員)
従来なら支払いを分ける電気とガスを一度に支払うことが可能になり、面倒がへり、結果的に安くなることも可能になる点に良さがあるサービスでした。WEBから簡単に申し込みが出来る点にも良さがあります。
30代・男性(会社員)
電気とガスをセットにした方が断然お得となるが、リアルタイムで把握できる電気代の表が他社に比べてかなり見づらいところは今後改善してほしいです。

公式サイト

※1 一部プランを除く。

ドコモでんき【dポイントがザクザク貯まる!】

ドコモでんき

電気代は大手電力会社より
年間532円〜4,950円程度お得!

乗り換え無料

工事不要

解約金ナシ

契約縛りナシ

ガスセット割

ポイント還元

キャンペーン

全国対応
おすすめポイント
  • 電気料金はそのまま!dポイントが貯まる
  • dカード GOLD会員なら電気料金の10%還元
  • ドコモ会員じゃない方にも電気料金の2~3%還元
  • 環境に優しい「ドコモでんきGreen」もおすすめ
  • オンライン手続きで2,000ポイントプレゼント

ドコモでんきは、docomoやahamoユーザーにおすすめの電力会社。電気料金に応じて、毎月dポイントが還元されます。

 全国各地の幅広いエリアに対応。対応エリアの広さも魅力の一つです。

契約プランは全2種類から選択できます。今より電気料金を上げたくないのであれば「ドコモでんきBasic」を選ぶと良いでしょう。

ドコモでんきBasic
  • 電気料金はそのまま
  • dポイント最大3%還元
ドコモでんきGreen
  • CO2排出量実質ゼロ
  • dポイント最大10%還元

dカード GOLD会員の方には「ドコモでんきGreen」をおすすめします。基本料金にぷらす500円加算されますが、電気料金の10%が毎月還元される環境に優しいプランです。

現在キャンペーンとして、オンラインで手続きした方に、2,000円分のdポイントプレゼントキャンペーンを実施中。9月30日(金)までの期間限定なので、お得な機会を逃さないようにしましょう!

どちらのプランも電気料金の従量料金は、地域電力会社と同じ。dポイントを大量に貯めたい方にピッタリの電力会社です。

ドコモでんきの料金シミュレーション結果

ドコモでんき

料金シミュレーション結果
世帯人数
平均月額使用量
ドコモでんき
ドコモでんきGreen
東京電力
従量電灯B
年間差額
(月額差額の12倍)
一人暮らし
月200kWh/30Aの場合
7,040円 6,880円
二人暮らし
月300kWh/40Aの場合
10,562円 10,572円 120円
ファミリー世帯
月450kWh/50Aの場合
16,274円 16,583円 3,708円

※燃料費調整額・原料費調整額・再エネ賦課金を除く

ドコモでんきの料金シミュレーションを行なった結果、一人暮らしは大手電力会社の方が安く、二人暮らし、ファミリー世帯など電気を多く使用する家庭ではポイント還元される分安くなることがわかりました。

ドコモでんきGreenは、再生可能エネルギーを積極的に利用するのが特徴なので、電気代が多少高くなっても地球に優しい電気を使いたいという方におすすめです。

電気代はそのままでdポイントをザクザク貯めたい場合は、Basicプランを選ぶといいでしょう。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.88/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
26.48/kWh
【300kWh超え】
30.57/kWh
年間電気料金予想
(東京電力の従量電灯B・50A/450kWh比較)
東京電力:年198,996円
ドコモでんき:年210,192円
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金 0円
ドコモでんきのメリット・デメリット

メリット

・1ポイント1円で使えるdポイントが毎月貯められる
・CO2排出量実質0で環境に優しい
・解約手続き、立ち会い必要なし

デメリット

・電気料金が安くなるわけではない
・オール電化には対応していない

大阪ガス【関西エリア在住ならここ!】

大阪ガス

電気代は大手電力会社より
年間1,452円〜5,748円程度お得!

乗り換え無料

工事不要

解約金ナシ

契約縛りナシ

ガスセット割

ポイント還元

キャンペーン

全国対応
おすすめポイント
  • 関西電力管内における契約件数No.1
  • ガスとセットでさらにお得
  • ライフスタイルに合わせたプランが豊富
  • 切り替えは5分で完結・簡単
  • 基本料金3ヶ月無料キャンペーン実施中

大阪ガスの電気は、関西電力管内における新電力内契約数No.1。大手企業の安心感がある電力会社です。ガスとセットで契約すれば、ガス料金が3%割引になります。

 関西電力従量電灯-Aを利用している人なら、使用量にかかわらず電気代が今より安くなるので、ぜひ一度シミュレーションをしてみましょう。

ライフスタイルに合わせて選べる豊富なプランも魅力なひとつ。ベーシックなプランに加えて、AmazonプライムやABEMAプレミアムが付いてくるユニークなプランもあります。

大阪ガスのプラン
プラン名 おすすめの人
ベーシックプランA-G 大阪ガスの都市ガスとセットで利用している人
家庭用ガス発電プラン エネファーム・エコウィルを利用している人
ベースプランA 大阪ガスの都市ガス契約がない人
スタイルプランS 住まいのトラブルに備えたい人
スタイルプランP Amazonで暮らしを便利にしたい人
スタイルプランd dポイントを貯めたい人
スタイルプランE 環境に配慮した電気を使いたい人
ウィズradikoプラン radikoプレミアムを利用したい人
ウィズよしもとプラン お笑いやNMB48の動画を楽しみたい人
ウィズABEMAプラン ABEMAの動画を広告なしで楽しみたい人
JO1でんき JO1オリジナル特典を楽しみたい人

大阪ガスの料金シミュレーション結果

世帯人数
平均月額使用量
大阪ガス
ベースプランA-G
関西電力
従量電灯A
年間差額
(月額差額の12倍)
一人暮らし
月200kWhの場合
5,547円 5,668円 1,452円
二人暮らし
月300kWhの場合
8,606円 8,808円 2,424円
ファミリー世帯
月450kWhの場合
13,487円 13,9663円 5,748円

大阪ガスの電気料金をシミュレーションした結果、年間1,452〜5,748円安くなりました。

基本料金3ヶ月無料キャンペーンを適用すると、さらにここから安くなるので、ぜひ検討してみてくださいね。

関西電力エリアを利用している方は、電気代を安くできるチャンスですよ!
基本料金(税込) 【最初の15kWhまで】
285.00円
従量料金 【120kWhまで】
20.31/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
24.90/kWh
【300kWh超え】
27.83/kWh
年間電気料金予想
(関西電力の従量電灯A/450kWh比較)
東京電力:年161,844円
大阪ガス:年167,592円
対応エリア 関西エリア
一部の料金メニューであれば他エリアでも申込可能
セット割 ガス
違約金 原則なし

大阪ガスのメリット・デメリット

メリット

・関西電力より安い
・大手ガス会社の安心感がある
・豊富なプランから自分に合ったものを選べる

デメリット

・一部のプランで解約金がかかる
・大阪ガスの都市ガスを使ってないと割引額が少ない
出典:大阪ガス
※ 公式サイトより

人気の新電力会社16社を徹底比較!自分にあったのはどこ?

ここからはおすすめの新電力会社3社では選びきれないと感じた人へ、さらに人気の新電力会社を紹介します。以下の比較表も参考にしながら、自分にピッタリの電力会社を選んでみてください。

※基本料金は関東、従量料金は関東の121〜300kWhまでの料金を掲載しています。

スクロールできます>>

eoでんき 東急でんき ONEでんき 新日本エネルギー どうぶつでんき ドリームでんき 小田急でんき J:COM電力 0円でんき TERASELでんき エバーグリーン電気 auでんき おうちでんき 関西電力 ENEOSでんき さすてな電気
基本
料金
無料 30A:803円
40A:1,089円
50A:1,320円
無料 30A:772.20円
40A:1,029.60円
50A:1,287.00円
30A:772.20円
40A:1,029.60円
50A:1,287.00円
30A:815.00円
40A:1,086.80円
50A:1,358.50円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
無料 30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:852.87円
40A:1,137.16円
50A:1,421.45円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
最初の15kWhまで:341.01円 30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
従量料金 24.06円 26.36円 28.80円 26.48円 26.48円 26.48円 25.34円 26.48円 27.87円 24.34円 24.55円 26.47円 26.21円 25.71円 24.54円 26.48円
セット割 あり あり なし なし なし あり あり なし なし なし あり あり あり あり なし あり
供給エリア 関西電力 関東 全国
※対象外:
沖縄電力
全国
※対象外:
沖縄電力

全国
※対象外:
沖縄電力
東北・関東・中部・北陸・九州・関西・中国・四国 関東 北海道電力・東北電力・東京電力・中国電力・関西電力・九州電力 東京電力・中部電力・北陸電力・中国電力・関西電力・四国電力・九州電力 全国
※対象外:
沖縄電力
全国
※対象外:
沖縄電力
全国
※対象外:
沖縄電力
北海道電力・東北電力・東京電力・中国電力・中部電力・関西電力・四国電力・沖縄電力 関西エリア・東京電力エリア 全国
※対象外:
沖縄電力
東京電力
詳細

eo電気

CHECK POINT
  • 関西電力エリア対応の新電力会社
  • スタンダードプランは基本料金0円
  • ガス・インターネットとのセット割を提供
  • 事務手数料・解約精算金無料キャンペーン

eo電気は、関西電力エリアにお住まいの方が利用できる新電力会社です。電気の質は変わらず、停電時や安全面の対応は、関西電力送配電がサポートしてくれます。

 eo電気に乗り換えた人の約9割が「満足」と回答。契約するなら、インターネット・ガスとのセット割がおすすめです。

スタンダードプランとインターネットをセットで契約すると、どんな家庭でも関西電力従量電灯Aよりお得に。スタンダードプランは、電気料金の基本料金が無料のプランです。

一方、ガスとセットで契約した場合、使用量に関わらずガス料金が大阪ガスよりお得になります。電気・ガス料金の支払いに充てられる「はぴeポイント」が貯まるところもポイントです。

今なら事務手数料・解約精算金無料キャンペーンを実施中。通常時より、気軽にeo電気をお試しできますよ。
基本料金(税込) 0円※1
従量料金(東京エリアの場合) 【最初の15kWhまで】
18.93円/kWh
【120kWhまで】
20.32円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
24.06円/kWh
【300kWh超え】
27.27円/kWh
対応エリア 京都府
大阪府
滋賀県
兵庫県
奈良県
和歌山県
福井県
三重県
岐阜県
セット割 インターネット、ガス
違約金 3,300円(税込)※2

eo電気公式サイト

※1スタンダードプランの場合

※2最低利用期間内(供給開始日の翌月、または契約プラン変更の適用開始年月日を含む料金月から1年間)に解約した場合

東急でんき

東急でんき

CHECK POINT
  • 電気料金の1%を東急ポイントで還元
  • 東急でんき&ガス公式LINEが便利
  • 東急線定期券の利用で毎月割引
  • イッツコム・ケーブルテレビ品川とセット契約で毎月割引適用

東急でんきは、関東全域に対応。電気の利用料にかかわらず、東京電力よりお得に利用できる電力会社です。

 東急ガスも一緒に契約可能。電気・ガス料金を一気におさえたい方に最適です。

東急でんき&ガスは、公式LINEアカウントを提供。マイページとの連携で以下の機能をLINE上で使用できます。

東急でんき&ガス公式ラインの機能
契約者情報の確認
前回料金・使用量の確認
追加サービスの申し込み
連絡先情報の変更
アンペアの変更
支払い情報の変更
引っ越し・解約手続き
各種問い合わせ

東急線の通学・通期定期券を利用している方なら、最大24か月間、毎月110円割引されるところもポイント。電車以外でも東急ストアなどの東急グループの各サービスが、お得に使える特典がついていますよ。

電気料金に応じて東急ポイントが毎月1%還元されるところも人気の理由でしょう。
基本料金(税込) 【30A】
803.00円
【40A】
1,089.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.77円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
26.36円/kWh
【300kWh超え】
28.95円/kWh※1
対応エリア 東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
茨城県
栃木県
群馬県
セット割 ガス
違約金 0円

東急でんき公式サイト

※1 40A~60Aの場合。30Aの場合は、29.57円/kWh。

ONEでんき

ONEでんき

おすすめポイント
  • 基本料金はずっと0円
  • 電気の従量料金もずっと定額
  • 全国エリアから申し込める
  • 初期費用・解約手数料無料
  • たった2ステップで簡単に乗り換え可能

ONEでんきは、北海道から九州まで幅広いエリアに対応。一番シンプルな電気を目指して生まれた電力会社です。

 基本料金は0円。従量料金の支払いのみで、1kWhあたりの金額は地域ごとに固定されています。

東京電力のような地域電力と契約している方なら、年間5,000~20,000円程度は節約できるでしょう。基本料金0円は、それだけ大きなメリットだと言えます。

ONEでんき

また、電気の従量料金もずっと定額です。電気の使用量が多い家庭ほど、毎月の電気代が割安になります。

毎月300kWh以上電気代を使用する家庭であれば、ONEでんきに切り替えることで大手電力会社と比べて大幅に電気代を節約できますよ。
基本料金(税込) 無料
従量料金(東京エリアの場合) 26.40円/kWh
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金 0円

新日本エネルギー

新日本エネルギー

おすすめポイント
  • 世帯人数が多いファミリーほどお得に!
  • 初期費用0円、立ち会い不要
  • 基本料金が東京電力より安い

新日本エネルギーは、世帯人数が多いファミリー世帯におすすめの電力会社です。

新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
電力会社 東京電力
従量電灯Bプラン
30A:772.20円
40A:1029.60円
50A:1287.00円
60A:1544.00円
基本料金 30A:858.00円
40A:1144.00円
50A:1430.00円
60A:1716.00円
26.48円/kWh(一律)
従量料金 19.88円/kWh(~120kWh)
26.48円/kWh(121~300kWh)
30.57円/kWh(301kWh~)

30Aからの申し込みになりますが、基本料金は東京電力よりも安いことがわかります。従量料金は一律なので、121kWh以上使用する方はお得に利用できるでしょう。

4人家族の平均電気使用量は月400kWh程度といわれているので、世帯人数が多いほど新日本エネルギーに乗り換えるとお得です。

さらにペットがいるご家庭や、リモートワークで家にいることが多くなった家庭はぜひ検討してみてくださいね。
基本料金(税込) 【30A】
772.20円
【40A】
1029.60円
従量料金(東京エリア場合) 一律:26.48円/kWh
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金 9,900円
※WEBからの申込で0円

新日本エネルギー公式サイト

ドリームでんき

ドリームでんき

おすすめポイント
  • 電気とガスの基本料金が一律5%安くなる
  • 一人暮らしやあまり電力を使用しない方におすすめ
  • 半年に1度ジャンボ宝くじがもらえる

ドリームでんきは、年間で6,000円分の宝くじがもらえるユニークな電力会社。毎年宝くじを購入するという方は、お得感をより感じられるのでおすすめです。

 基本料金が東京電力よりも一律5%安くなるので、電気を少ししか使わない方にも向いています。

ドリームでんき

送られてくる宝くじは、よく当たると有名な東京の「西銀座チャンスセンター」を通して購入。長蛇の列に並ぶことなく、人気の宝くじが手に入ります。

宝くじが当たった場合は、よりお得感が増しますね。
基本料金(税込) 【20A】
543.40円
【30A】
815.10円
従量料金(東京エリア場合) 【120kWhまで】
19.88円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
26.48円/kWh
【300kWh超え】
30.57円/kWh
対応エリア 東北
関東
中部
北陸
九州
関西
中国
四国
セット割
違約金(税込) 無料

ドリームでんき公式サイト

小田急でんき

小田急でんき

おすすめポイント
  • 新規申込で基本料金1ヶ月無料
  • さらに最大3,000ポイントプレゼント
  • 年間最大約13,800円もお得
  • 傘のシェアリングサービスが家族4人まで無料

小田急でんきは、普段から小田急電鉄が発行しているOPクレジットカードを利用する方におすすめの電力会社。電気料金の支払いで毎月最大1.5%分の小田急ポイントが貯められます。

 8月1日〜10月31日の間に新規申込をすることで、基本料金1ヶ月分が無料になるお得なキャンペーンを実施中です。

さらに、でんきの申し込みで2,000ポイント、ガスの申し込みで1,000ポイントの最大3,000ポイントがプレゼントされるので、小田急クレジットカードを利用する方はさらにお得感を感じられるでしょう。

小田急でんき

全国に拡大している傘のシェアリングサービス「アイカサ」が家族4人まで無料。毎日の通勤・通学に傘を持ち歩く必要がなくなります。

電気をあまり使わない単身者から、ファミリー世帯まで幅広いプランを用意しています。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金
(東京エリア,Sプランの場合)
【120kWhまで】
19.84円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
25.34円/kWh
【300kWh超え】
27.19円/kWh
対応エリア 東京電力エリア
(それ以外のエリアでも契約可能。問い合わせ要)
セット割 ガス
違約金 0円

J:COM 電力

J:COM電力

CHECK POINT
  • 2016年にサービス開始!契約件数100万件突破※1
  • 電気料金や年間のお得額が一目でわかる
  • 電気代最大10%OFF+最大総額7,920円割引
  • スマホ・ネット・テレビとのセット割を提供

J:COM 電力は、2016年にサービス開始した新電力。ケーブルテレビやネット、格安スマホで有名なJ:COMが運営しています。

 契約件数は100万件を突破。契約期間や解約料金はなく、全国各地の方が安心して利用できます。

月々の電気料金をスマホやパソコン、タブレットから確認可能。さらに、従来の電気料金との比較もできるので「年間どれくらいお得になったのか?」まで一目で確認できます。

J:COM 電力

また、J:COM 電力は、最大総額7,920円割引される「電力スタート割」を実施。従来の電気料金より10%程度割安になることも考えると、年間1万円ほどお得になります。

キャンペーンの終了時期は現状未定。スマホやネット、テレビとのセット割を利用するのも良いでしょう。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合)※2 【120kWhまで】
(19.88円/kWh×利用量)×0.5%割引
【120kWh超え300kWhまで】
(26.48円/kWh×利用量)×1%割引
【300kWh超え】
(30.57円/kWh×利用量)×10%割引
対応エリア

北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エナジーパートナーエリア
関西電力エリア
中国電力エリア
九州電力エリア

セット割 スマホ、ネット、テレビ
違約金

0円でんき

0円でんき

CHECK POINT
  • 基本料金0円!従量料金の支払いだけでOK
  • 初期費用・解約時の違約金も0円
  • 従量料金が固定されているシンプルな料金体系
  • 関東~九州まで幅広いエリアに対応

0円でんきは、基本料金が0円の電力会社。従量料金の支払いのみで済むので、多くの方が現状より電気料金をおさえられるでしょう。

 関東~九州まで幅広いエリアに対応。北海道・東北・沖縄以外のエリアにお住いの方であれば、誰でも契約できます。

従量料金は固定されているので、電気使用量の多い家庭におすすめです。たとえば、東京エリアなら1kWhあたり26.3円に固定されています。

100kWh 2,630円
200kWh 5,260円
300kWh 7,890円

1人暮らしの電気使用量は、平均150kWh程度なので3,000~4,000円程度で収まるでしょう。3人世帯は平均300kWh程度なので、月々8,000円程度に収まるイメージです。

初期費用や解約時の違約金は0円。対応エリアにお住いの方なら、お気軽に申し込めます。
基本料金(税込) 無料
従量料金(東京エリアの場合) 26.3円/kWh
対応エリア 東京電力エリア
中部電力エリア
北陸電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
九州電力エリア
セット割
違約金 0円

TERASELでんき

TERASELでんき

CHECK POINT
  • エネルギー商社グループが発電所を所有
  • 電気使用量に合わせて選べる2つのプラン
  • 電気料金に応じて楽天ポイントが貯まる
  • 契約時に6つの特典の中から1つ獲得可能

TERASELでんきは、伊藤忠エネクスグループが運営する電力会社。エネルギー商社としての実績を持つ会社が運営しているので、安心して利用できます。

 発電所は伊藤忠エネクスグループが所有するところを使用。送配電網はこれまでと変わらないので、電気の質を保てます。

料金プランは2つのプランから選択可能です。1~2人暮らし向けの「TERASELでんきプラン」と、3~4人暮らし向けの「超TERASELでんきプラン」を提供しています。

TERASELでんき

また、電気料金の支払いに応じて楽天ポイントがもらえるところも魅力の一つです。貯めたポイントを日用品の支払いに充てれば、さらに節約効果を高められるでしょう。

契約時に6つの特典の中からお好みで1つ選べます。約2,000円相当の特典がもらえるところもポイントです。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.88円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
24.34/kWh
【300kWh超え】
25.72円/kWh
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金 0円

エバーグリーン電気

エバーグリーン電気

CHECK POINT
  • 全国各地のエリアに対応している電力会社
  • 他社にはないユニークな料金プランを提供
  • 電気とガスのセット割がお得
  • 24時間・365日対応の「でんきレスキュー」

エバーグリーン電気は、全国各地で利用できる電力会社です。個人向けの料金プランは全5種類もあり、他社にはないユニークさが注目を集めています。

 たとえば、CO₂排出量ゼロとなる「CO₂フリープラン」を提供。環境に優しいだけでなく、しっかりと電気料金を節約できる料金プランです。

他にも、多彩な料金プランを提供しています。

料金プラン 特徴
ポイントプラン(Tポイント) 電気料金に応じてTポイントが貯まる
ポイントプラン(dポイント) 電気料金に応じてdポイントが貯まる
保険でんき 個人賠償責任保険がついてくる
あるく・おトク・でんき 歩数に応じて電気料金がお得になる

また、電気だけでなく、都市ガスとのセット割も提供しています。東京・東邦・大阪ガスエリアにお住いの方であれば、電気・ガス料金の両方を節約できるでしょう。

24時間・365日いつでも駆けつけてくれる「でんきレスキュー」も魅力的です。低圧電気サービスの契約者なら、電話一本でトラブルを対処してもらえます。
基本料金(税込) 【30A】
852.87円
【40A】
1,137.16円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.69円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
24.55円/kWh
【300kWh超え】
27.44円/kWh
対応エリア 北海道エリア
東北エリア
関東エリア
中部エリア
北陸エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
九州エリア
セット割 ガス
違約金 0円

auでんき

auでんき

CHECK POINT
  • 全国47都道府県対応
  • 解約金・違約金・キャンセル費一切なし
  • 毎月の電気代の最大5%Pontaポイント還元
  • 申し込み後は待つだけで自動切り替え
  • 大手電力会社と同じ電気を使用

auでんきは、全国各地のエリアに対応しておりauユーザーのみが契約できる新電力です。携帯料金との支払いを一括で行えるので、家計の管理が楽になると定評があります。

 販売会社が切り替わるだけなので、同じ発電所で作られた電気が送られてくる仕組み。現在契約中の電気クオリティをそのまま保てます。

毎月の利用料金に応じてPontaポイントが還元されるところもポイント。使えば使うほど、還元率がどんどんアップします。

auでんき

専用のスマホアプリで電気料金を簡単にチェック。リアルタイムの料金が表示されるところは、倹約家の方に嬉しいポイントでしょう。

検針票から利用料金を確認する必要がありません。家計の見直しにも便利です。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【最初の120kWhまで】
19.87円/kWh
【120kWh超過300kWhまで】
26.47円/kWh
【300kWh超過分】
30.56円/kWh
対応エリア 北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エリア
中部電力エリア
北陸電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
九州電力エリア
四国電力エリア
セット割
違約金 0円

auでんき公式サイト

※一部離島を除きます

おうちでんき

おうちでんき

CHECK POINT
  • スマホ・ケータイなど1回線につき110円/月割引
  • 電力会社の従量料金が毎月1%お得
  • 携帯料金とまとめて支払いが可能
  • 「エコ電気アプリ」で電気料金が一目でわかる

おうちでんきは、Softbank・Y!mobileユーザーにお得な新電力会社。電気料金と携帯料金をまとめて支払えるようになります。

 スマホやケータイ1回線につき、毎月110円割引。仮に4人家族で4台のスマホを契約していれば、毎月440円割引されます。

毎月440円割引ということは、年間5,280円も電気料金が浮くということです。さらに、そこから電力会社の従量料金が毎月1%お得になります。

おうちでんき

また、毎月の電気料金をスマホで確認できるところもポイント。「エコ電気アプリ」をダウンロードすれば、AIによる電気代予測機能を利用できます。

節電すればするほど、アプリ内でポイントが貯まります。貯まったポイントはPayPayボーナスと交換可能です。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(税込) 【120kWhまで】
19.68円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
26.21円/kWh
【300kWh超え】
30.26円/kWh
対応エリア 北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エリア
中部電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
沖縄電力エリア
セット割 ガス※1
違約金(税込) 550円

おうちでんき公式サイト

※1関東エリア限定

関西電力

関西電力

CHECK POINT
  • 電気とガスがセットになった「なっトクパック」
  • 切り替え費用・解約手続きは一切不要
  • 電気・ガス料金をWEB上で確認できる「はぴeみる電」
  • 電気・ガスの支払いで「はぴeポイント」が貯まる

関西電力は、主に関西エリアの方が契約できる電力会社です。大阪ガスの都市ガスエリアにお住いの方なら、電気とガスのセット割を契約できます。

 電気とガスをまとめられる「なっトクパック」は、電気とガスのそれぞれがお得になるプランです。

「大阪ガスの一般料金」「従量電灯A」を契約している方なら、今よりも確実に利用料金が安くなります。切り替え費用や電気・ガスの解約手続きは一切不要です。

関西電力

契約後は、はぴeみる電に登録すると良いでしょう。登録料・年会費無料で利用できる、使用量や利用料金の確認に役立ちます。

はぴeみる電に登録すれば、独自のポイントを獲得可能。貯まったポイントは「1P=1円」で支払いに充てられます。
基本料金(税込) 【従量電灯B】
396.00円
従量料金 【120kWhまで】
17.91円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
21.12円/kWh
【300kWh超え】
23.63円/kWh
対応エリア 関西エリア
東京電力エリア
セット割 ガス
違約金 0円

ENEOSでんき

ENEOSでんき

CHECK POINT
  • 基本料金3か月無料キャンペーンを実施※1
  • ポイント&マイルが貯まる特別提携カードが豊富
  • 24時間・365日いつでも電話サポート
  • 電気代だけでなくガソリン代も節約できる

ENEOSでんきは、大手ガソリン会社が2016年にスタートしたサービスで、全国各地のエリアに対応しています。

 支払いにシナジーカードやENEOSカードを使えば、電気料金だけでなくガソリン代も割引になりますよ。

ポイント&マイルをたくさん貯めたい方は、以下のクレジットカードがおすすめです。

特別提携クレジットカード
ANAカード
dカード
ティーエスキュービックカード
レクサスカード
エポスカード
エムアイカード
ビューカード
楽天カード
セブンカード・プラス/セブンカード

Tポイント手続きを済ませると、電気料金の支払いでTポイントも獲得可能です。電気の割引を受けたいか、貯めたいポイントがあるかで支払い方法を決めるといいでしょう。

24時間・365日いつでも電話でサポートしてもらえます。トラブル時の出張サービスは無料です。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.88円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
24.54円/kWh
【300kWh超え】
26.22円/kWh
対応エリア 北海道エリア
東北エリア
北陸エリア
関東エリア
中部エリア
関西エリア
中国エリア
四国エリア
九州エリア
セット割
違約金 0円

さすてな電気

さすてな電気

CHECK POINT
  • CO2排出量が実質ゼロ
  • 再生可能エネルギーを利用可能
  • 電気料金は切り替え前と同等
  • 1契約につき1本の植林を実施

さてすな電気は、環境にやさしい新電力会社。東京ガスが運営しているので、関東エリアの方が契約できます。

 供給エリアは東京電力供給エリアです。東京電力エナジーパートナーの「従量料金B・C」と比較した場合、同等の料金で利用できます。

CO2排出量が実質ゼロの電気を、切り替え前と変わらない料金で利用できるのは大きなメリットでしょう。環境問題に興味がある方にとって嬉しいポイントです。

さてすな電気

また、1契約につき1本の苗気が植林されるところも魅力的です。新規者が増えれば増えるるほど、より良い環境を整えられるでしょう。

普段から地球にやさしい電気を使用可能。さてすな電気は、環境価値のある電気を提供しています。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合)※1 【120kWhまで】
19.88円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
26.48円/kWh
【300kWh超え】
30.57円/kWh
対応エリア 茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
静岡県(富士川以東)
セット割
違約金

新規申し込み受付停止中の新電力会社

近頃の社会情勢の影響により、電気代高騰が続いています。そのため、一部の新電力会社は新規の申し込み受付を停止しています。

狙っていた電力会社があった方は、再開開始の情報をいち早くキャッチできるようにしておきましょう。

イデックスでんき

イデックスでんき

CHECK POINT
  • 九州で信頼できる電力会社No.1※1
  • 家庭向けに3つのプランを提供!法人向けもアリ
  • 多彩な割引・ポイント特典を提供
  • dカードでの支払いで最大2.5%還元

イデックスでんきは、九州エリアにお住まいの方が契約できる電力会社。九州で信頼できる電力会社No.1※1の実績を誇ります。

 家庭向けに3つのプランを提供。一般家庭の方には「ファミリープラン」をおすすめします。

ファミリープランは、九州電力より基本料金と従量料金がお得になるプランです。2~3人暮らしの方なら年間約3,000円、4~5人暮らしの方なら年間約13,000円ほどお得になる可能性があります。

イデックスでんき

また、多彩な割引・ポイント特典が用意されているところもポイント。たとえば、dカードを支払いに利用すると、毎月最大2.5%還元されます。

他にも毎年500円割引される継続特典や、年間660円引きになるペーパーレス割引など、お得な特典が満載です。
基本料金(税込) 【30A】
882.09円
【40A】
1,176.12円

従量料金(契約アンペア30A)

【120kWhまで】
17.27円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
22.07円/kwh
【300kWh超え】
23.39円/kWh
対応エリア 福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
セット割
違約金 0円

イデックスでんき公式サイト

※1公式サイトの情報を参考にしています

親指でんき

親指でんき

CHECK POINT
  • 初期費用・基本料金0円
  • 解約手数料と切り替えのリスクもゼロ
  • 家庭に合わせて全6種類のプランから選択可能
  • ペット業界×電気業界の「わんにゃんプラン+」

親指でんきは、初期費用・基本料金0円の新電力会社。解約手数料もかからないので、リスクゼロで切り替えできます。

 北海道から九州まで、全国各地の方が契約可能。WEB申し込みなら、外出先でも最短3分で手続きできます。

豊富なプランを提供しているところも魅力の一つです。全6種類もの料金プランがあるので、家庭環境に合わせて選ぶと良いでしょう。

親指でんきの料金プラン
いいねプランA
いいねプランB
わんにゃんプラン+
日曜から夜更かしプラン
ゲームプラン
ビューティープラン

中でも注目を集めているのが「わんにゃんプラン+」です。電気料金がお得になるだけでなく、提携施設・サービスを割引価格で利用できます。

ペットショップやドッグカフェ、ペット同伴ホテルなどを会員価格で利用可能。ペットのさまざまな悩みもサポートしてもらえます。
基本料金(税込)※1 0円
従量料金(東京エリアの場合) 26.4円/kWh
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金

リミックスでんき

リミックスでんき

CHECK POINT
  • 基本料金0円プランがある
  • 業界大手の供給実績※1を誇る
  • 工事・解約手続き不要で簡単申し込み
  • 基本・従量料金最大5%OFF

リミックスでんきは東証二部に上場している安定した基盤を持つ新電力会社。1,000件以上の大規模な取引先に電気を供給している実績があります。

 工事・解約手続き不要で簡単な手続きで申し込みが完了します。解約手数料も無料なので、気軽に試せる点が嬉しいですね。

電気供給の流れはそのままで、契約先が変わるだけなので電気の品質も心配いりません。

リミックスでんき

リミックスでんきに他社から乗り換えるだけで、基本料・従量料金が最大5%OFFに。今の電気代から、いくら安くなるのかホームページでシミュレーションが可能なのでイメージしやすいです。

他にも基本料金0円の使った分だけのプランや、ビットコインが付与されるプランもあるので、自分のライフスタイルにあったプランを見つけてみましょう。

仮想通貨が付与されるプランはユニークですね。
基本料金(税込) 【30A】
815,10円
【40A】
1,086.8円
従量料金(東京エリアの場合)※1 【120kWhまで】
18.88円/kWh
【121kWhから300kWhまで】
25.15円/kWh
【301kWh以上】
29.04円/kWh
対応エリア 沖縄島・島しょ部を除く全てのエリア
セット割
違約金 0円

公式サイト

※1 公式サイトの文言です。

Looopでんき

Looopでんき

CHECK POINT
  • 基本料金・違約金0円
  • ビジネス向けのプランも提供
  • ガスとセットの申込で割引適用
  • アプリで使用量が確認できる
  • 切り替えてよかった!納得の実績1位

Looopでんきは、離島を除く全国各地のエリアに対応している大手電力会社のひとつ。都市ガスとセットで申し込めば、電気の従量料金が2%割引になります。

 基本料金はずっと0円。通常「基本料金+従量料金」の合計額を支払いますが、Looopでんきなら従量料金のみを支払えば問題ありません。

解約金も無料なので、気軽に乗り換えができ初めて新電力を利用するという方にも安心です。

Looopでんきの料金プラン
おうちプラン
ビジネスプラン
再エネどんどん割
スマートタイムプラン
動力プラン

家庭向け・ビジネス向け・オール電化住宅向けなど、さまざまなプランを用意。目的別に最適なプランを選べるので、誰でもお得に利用しやすいでしょう。

ブレーカー落ちなどのトラブルに24時間365日対応してくれるサービスもあるので、サポート面でも安心です。
基本料金(税込) 0円※2
従量料金(東京エリアの場合・税込) 【おうちプラン】
26.4円/kWh
【ビジネスプラン】
27.5円/kWh
対応エリア 全国(一部離島を除く)
セット割 ガス
違約金 0円

公式サイト

※1 公式サイトの文言を引用しています。

※2 「動力プラン」の場合は基本料金0円ではありません。

楽天でんき

楽天でんき

CHECK POINT
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 楽天カードでの支払いでポイントさらに還元
  • 基本料金0円!使った分だけ払えばOK
  • ガスとセットで楽天ポイント3,000ポイント贈呈※1

楽天でんきは、全国各地のエリアに対応。楽天ポイントが貯まる・使える電力会社です。

 申し込みはWEBで完結。ガスとセットで契約すれば、楽天ポイントを3,000ポイントプレゼントのキャンペーン中です。

通常の支払いでは200円につき1ポイントがもらえます。楽天カードで支払うと、100円につき1ポイントが追加でもらえるので非常にお得です。

楽天でんき

また、基本料金は0円です。解約時に違約金もかからないので、新電力が初めての方でも安心して契約できるでしょう。

従量料金に段階的な変動はなし。エリアごとに一律で決まっているので、電気料金をシミュレーションしやすいでしょう。
基本料金(税込) 0円※2
従量料金(東京エリアの場合) 26.50円/kWh
対応エリア 北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エリア
中部電力エリア
北陸電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
九州電力エリア
沖縄電力エリア
セット割
違約金 0円

公式サイト

※1 2021年12月2日 10:00~常時開催

※2 動力プランは基本料金がかかります。

まちエネ

まちエネ

CHECK POINT
  • ライフスタイルに合わせたプランを選択可能
  • ローソン店舗でも利用されている電気で安心
  • 切り替え手続きは最短5分で完了!
  • 「きほんプラン」ならローソンの無料クーポンがもらえる

まちエネはローソンと三菱商事がつくった新電力サービス。東京、東北、中部、関西、四国エリアにお住まいの方が契約できます。

 2016年からスタートし、ローソン店舗に電力供給している実績があるため安心感して利用できるでしょう。

東京電力エリアにお住まいの方なら、以下7種類のプランからお好みで選択できます。

提供プラン(東京電力エリア)
きほんプラン
毎晩充電し放題!プラン
毎晩充電し放題!CO2フリープラン
CO2フリープラン
MUSUBIプラン
かんたんプラン
低圧電力きほんプラン

特典が多い点も魅力のひとつ。ローソンの無料クーポンがもらえたり、電気料金1,000円につき10Pontaポイントが還元されたりと、ローソンユーザーに嬉しいお得な特典が満載です。

契約手続きは最短5分で完了。インターネットからお手軽に申し込めます。
基本料金(税込) 【10A】
286.00円※1
従量料金(東京エリアの場合) 【120kWhまで】
19.70円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
25.27円/kWh
【300kWh超え】
26.47円/kWh
対応エリア 東京電力エリア
東北電力エリア
中部電力エリア
関西電力エリア
四国電力エリア
セット割
違約金 0円※2

公式サイト

※1 東京電力 従量電灯BまたはCと同じ単価。

※2 地域の電力会社(送配電事業会社)から工事費などの精算を求められた際は、請求される可能性あり。

そらエネでんき

そらエネでんき

CHECK POINT
  • 従量料金が一律!使えば使うほどお得
  • V2Hを検討している方向けの「V2H割引」
  • 毎月の電気料金を寄付するプランを提供
  • 面倒な手続きや無駄な出費は一切不要

そらエネでんきは、家庭で取り入れられた太陽光発電を仕入れている電力会社。環境にやさしい電気を届けてくれます。

 もっとも大きな特徴は、従量料金が一律なところです。「21.5円/kWh」で利用できます。

どんなに使用しても従量料金が増えないので、大家族の方にピッタリでしょう。ほとんどの電力会社は、使用量に応じて段階的に1kWあたりの価格が高くなります。

そらエネでんき

また、現在V2H(電気自動車)の購入を検討している方にもおすすめです。契約時にV2Hを購入すると、毎月の電力量料金が2円安くなります。

3つの寄付先に「1円/1kW」で寄付できる「寄付するプラン」も提供。学生NGO ALPHAや認定NPO法人 フローレンスなどを支援できます。
基本料金(税込) 【30A】
660.00円
【40A】
880.00円
従量料金(税込) 21.5円/kWh
対応エリア 東京電力
東北電力
中部電力
関西電力
中国電力
九州電力
セット割
違約金

HISでんき

HISでんき

CHECK POINT
  • 基本料金・従量料金が最大5%OFF
  • 切り替え費用0円!最短5分で手続き完了
  • 豊富なプランから家庭ごとに最適なプランを選べる
  • 電気を通じて継続的な寄付が可能

HISでんきは、旅行代理店のHISが提供する新電力。北海道から九州まで、全国各地の方が利用できます。

 切り替え費用は0円です。WEB申し込みなら、最短5分で手続きが完了します。

地域ごとに豊富なプランがあり、家族構成に合わせてお好みで選択可能。もっともスタンダードな「プライムプラン」は、既存の電力会社より最大5%OFFもお得になります。

HISでんき

また、電気料金の支払いで継続的な寄付ができるところもポイント。電気料金の一部を提携パートナー団体へ寄付される「MUSUBIプロジェクト」を展開しています。

月々の電気料金を支払うだけで、世界中の支援を必要としている人々をサポート可能。支援したいパートナーを選択できます。
基本料金(税込) 【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金(東京エリアの場合)※1 【120kWhまで】
19.48円/kWh
【120kWh超え300kWhまで】
25.95円/kWh
【300kWh超え】
29.96円/kWh
対応エリア 北海道
東北
北陸
東京
関西
中部
四国
中国
九州
セット割 ガス
違約金 2,200円(税込)※2

HISでんき公式サイト

※2個人都合による1年未満の解約の場合

どこよりもでんき

どこよりも電気

CHECK POINT
  • 電気代の基本料金0円!解約時の違約金もナシ
  • Wi-Fiとウォーターサーバーのセット割を提供
  • 専任のコンシェルジュが徹底サポート
  • 最短1分でWEB申し込み可能!希望日から利用開始

どこよりも電気は、一人暮らし向けプランがおすすめです。

どこよりも電気の一人暮らし向けプランは基本料金が無料電気代は、使った分だけの支払いでOKです。

 通常、電気を使わなくても発生する基本料金がかからないため、電気の使用量が少ない一人暮らしの方ほど電気代を節約できます。

また、手続き方法や契約後に困ったことがあれば、専任のコンシェルジュにサポートしてもらえます。初めて新電力に乗り換える方でも、スムーズに手続きできるでしょう。

WEB申し込みは最短1分で完了。解約時に違約金も発生しないので、安心して申し込めますよ。
基本料金(税込) 0円
従量料金(東京エリアの場合) 26.30円/kWh
対応エリア 北海道
東北
東京
中部
関西
中国
九州
セット割 Wi-Fi、ウォーターサーバー
違約金 0円

どうぶつでんき

どうぶつでんき

おすすめポイント
  • ペットと一緒に住んでいる方におすすめ
  • 毎月100円を動物愛護団体に寄付できる
  • 電気使用量が多いと料金がお得になることも
  • 検針票を撮影するだけの簡単申込

どうぶつでんきは、ペットと一緒に住んでいる方におすすめの電力会社です。ペットのために留守中もエアコンを利用している方は電気代が気になりますよね。

 基本料金が毎月2%お得になるので、東京電力よりも安く電気を使用することができます。

どうぶつでんき

使用量に関わらず1kWhあたりの単価が一定なので、電気使用量が多い方ほどお得に利用できます。

さらに、電気代から毎月100円が動物愛護団体へ寄付。虐待レスキューや里親探しへ寄付され、多くの動物たちを幸せにするために使われる、とても優しい電力会社です。

プランによっては、ペット損害賠償保険がついているものもありますよ。
基本料金(税込) 【20A】
572.00円
【30A】
858.00円
従量料金(東京エリア場合) 一律:25.46円/kWh
対応エリア 北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
セット割
違約金(税込) 3,850円

どうぶつでんき公式サイト

おすすめ新電力会社の料金シミュレーション比較ランキング

ここまで、おすすめの新電力会社を紹介してきました。しかし、料金プランや料金体系は各社まちまちです。そのため

  • 結局、どこが最も安いのか分からなかった…
  • 実際、毎月の電気代が何円くらいお得になるかイメージしづらかった…

という方も多いのではないでしょうか。

 そこで、東京都環境局が発表している世帯別電気の使用量平均をもとに、特におすすめな電力会社6社の料金をシミュレーション!比較表を作成しました。

以下の比較表を見れば、世帯人数別にお得な電力会社が分かるのはもちろん、毎月かかる電気代の目安も分かりますよ。

大手電力会社と比べてどのくらい電気代が安くなるかイメージしやすいよう、東京電力の料金シミュレーション結果も掲載していますので、ぜひ参考にしてみくださいね。

スクロールできます>>

電力会社 東京電力 東京ガス(でんき) CDエナジーダイレクト eoでんき 東急でんき ONEでんき 新日本エネルギー
基本料金
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
3ヶ月無料!
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
0円 30A:803円
40A:1,089円
50A:1,320円
0円 30A:772.20円
40A:1,029.60円
50A:1,287.00円
従量料金
(120~300kWh)
26.40円 25.29円 25.47円 24.06円 26.36円 28.80円 26.48円
1人暮らし
料金目安
4,633〜7,537円/月 3,616〜6,398円/月 4,445〜7,246円/月 3,440〜6,087円/月 4,572〜7,472円/月 4,118〜7,286円/月 4,558〜7,471円/月
2人暮らし
料金目安
6,190〜10,969円/月 5,108〜9,686円/月 5,947〜10,557円/月 4,860〜9,214円/月 6,127〜10,898円/月 5,817〜11,030円/月 6,121〜10,914円/月
3人暮らし
料金目安
7,823〜11,704円/月 6,398〜10,116円/月 7,587〜11,276円/月 6,087〜9,624円/月 7,758〜11,633円/月 7,286〜11,520円/月 7,729〜11,621円/月
4人暮らし
料金目安
8,426〜12,386円/月 6,701〜10,495円/月 8,124〜11,945円/月 6,375〜9,984円/月 8,305〜12,259円/月 7,632〜11,952円/月 8,304〜12,276円/月
公式サイト
料金シミュレーションの計算方法
※電気料金目安は以下のkWhを元に計算しています。
一人暮らし:143〜253kWh・30A
二人暮らし:202〜383kWh・30A
三人家族:253〜400kWh・40A
四人家族:265〜415kWh・50A
※各社とも最安の料金プランで計算しています。
※東京電力は従量電灯Bプランの料金です。
※東京ガス(でんき)の料金について、「基本料金3ヶ月無料」適用後の料金です。

関東にお住まいの方には東京ガス(でんき)がおすすめです。おすすめ6社の中で基本料金3ヶ月無料キャンペーンを使用することで最安となります。

解約金は発生しないので、3ヶ月後に安い別の新電力会社に変更するのも一つの手です。

関西地方にお住まいの方は、eo電気が安くお得になりますよ。

電気の使用量によって実際の電気代は変わってきます。料金目安はあくまで各社の料金を比較するための参考として捉えてみてください。

その他の新電力会社比較一覧表
電力会社 基本料金 従量料金 ガスセット割 エリア
東急でんき 803.00円〜 19.77円/kWh〜 あり 関東
eo電気 0円〜 18.93円/kWh あり 関西
0円でんき 0円 26.3円/kWh なし 関東・中部・関西・北陸・中国・四国・九州
TERASELでんき 858.00円〜 19.88円/kWh〜 なし 全国
イデックスでんき 882.09円〜 17.27円/kWh〜 なし 九州
エバーグリーン電気 852.87円〜 19.69円/kWh〜 あり 全国
ドコモでんき 858.00円〜 19.88/kWh〜 なし 全国
auでんき 858.00円〜 19.87円/kWh〜 なし 全国
おうちでんき 858.00円〜 19.68円/kWh〜 あり 北海道・東北・関東・関西・中部・中国・四国・沖縄
関西電力 396.00円 17.91円/kWh〜 あり 関西
親指でんき 0円 26.4円/kWh なし 全国
ENEOSでんき 858.00円〜 19.88円/kWh〜 なし 全国
リミックスでんき 815.10円〜 18.88円/kWh〜 なし 全国
Looopでんき 0円〜 26.4円/kWh〜 あり 全国
楽天でんき 0円〜 26.50円/kWh なし 全国
まちエネ 286.00円 19.70円/kWh〜 なし 関東・東北・関西・中部・四国
そらエネでんき 660.00円〜 21.5円/kWh なし 東京・東北・中部・関西・中国・九州
HISでんき 858.00円〜 19.48円/kWh〜 あり 全国

新電力会社おすすめ比較サイト

電力比較サイトの仕組み

こんなにたくさんの電力会社があると、どこが自分に合っているのかわからないという方も多いですよね。そんな方には、一括で比較できる「新電力会社比較サイト」がおすすめです。

ここでは、取り扱い電力会社が多く、無料でプロのサポートが受けられるおすすめの比較サイトを紹介します。

電気代が高くて悩んでいる方や、確実に節約したいという方はぜひ利用してみましょう。 

電気チョイス

電気チョイス

おすすめポイント
  • 最大30,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 新電力専門スタッフが最適なプランを無料で提案
  • 面倒な手続き、見積もりも全てお任せ
  • 切替実績6万件以上、削減成功率96%を誇る

電気チョイスは、新電力専門のオペレーターがおすすめの新電力プランを提案してくれる電力比較サイトです。

個人と法人に対応しており、電話対応なので新電力に関する不安や疑問も聞きやすく安心できるでしょう。

電気チョイス

当サイトからの申し込みで、最大30,000円のキャッシュバックが受けられます。(2022年9月30日まで)

完全無料で相談できて最適なプランが見つかるだけでなく、キャッシュバックも受けられるこの機会を逃さないようにしてくださいね。

せっかく乗り換えるのなら、キャッシュバックサービスを利用しましょう!
運営会社 株式会社新生活ポータル
対象 個人・法人

エネチェンジ

エネチェンジ

おすすめポイント
  • 契約する電力会社によって特典が受けられる
  • 電気だけでなくガスも一緒に比較できる
  • 申込が簡単で安心サポートも受けられる

エネチェンジは、電力会社だけでなくガスもセットで比較ができる便利なサイトです。

 エネチェンジ限定のお得な特典が豊富に用意されていて、契約する電力会社によって内容は異なります。

ポイントが貯まる電力会社や、携帯料金とセットで安くなる電力会社など、さまざまな観点から自分に合った電力会社を見つけることができるでしょう。

申込は簡単で、疑問や不安があっても専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心ですよ。

電力会社おすすめの選び方

電力会社 選ぶポイント

電力会社選びで迷っている方は、上記5つのポイントをチェックしてみてください。

上記のポイントをチェックすると、自分に合った電力会社を選びやすくなります。ひとつずつ詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

供給エリア

電力供給エリア

まずは、供給エリアをチェックしましょう。供給エリアとは電力会社が電気を販売している地域のこと。日本には、上記10箇所の供給エリアがあり、契約できる電力会社が異なります。

例えば、東京ガス(でんき)は東京電力エリアでのみ電気を販売しています。そのため、他の電力エリア在住の方は契約できません。

全国対応の新電力もありますが、一部地域限定のケースもあるので注意が必用です。どんなにお得な電力会社だとしても、供給エリアに住んでいなければ契約できません。

そのため、気になる電力会社を見つけたら、真っ先に供給エリアをチェックしましょう。

料金プラン

電気代が決まる仕組み

電力会社選びで、料金プランを重してしてる方は多いでしょう。当然ながら毎月の電気代は、少しでも安いに越したことはありません。

一般的な電気料金は大きく分けて「従量料金」「基本料金」がかかります。各料金の特徴については以下の表をご参照ください。

従量料金
  • 使った分だけ支払う料金
  • 1kWhあたり〇円のように設定されている
基本料金
  • 電力会社が設定した固定料金
  • 電気を使用しなくても支払う必要がある

できるだけ電気料金を安く済ませたい方は、基本料金なしの電力会社を選ぶと良いでしょう。新電力の中には、基本料金が発生しないところもあります。

電気使用量が少ない方には”従量料金が段階的に上がる電力会社”大家族の方には”従量料金が一律の電力会社”をおすすめしますよ。

支払い方法

電力会社の支払い方法は、以下4つの方法が代表的です。

電力会社の支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 振込用紙

電力会社と契約する際は、電気代の支払い方法を必ずチェックしましょう。自分が希望する支払い方法がなければ、スムーズに手続きできません。

 例えば、電力会社の中には”クレジットカード払いのみ対応”というところもあります。

もし口座振替銀行振込で支払いたいのであれば、別の電力会社を検討しなければなりません。

クレジットカードを持ってない方は、事前に必ず支払い方法について確認しましょう。

キャンペーン

電力会社の中には、新規申し込み者に対してお得なキャンペーンを実施しているところもあります。

電力会社の代表的なキャンペーン
  • 電気代の割引
  • 商品券・ギフト券プレゼント
  • キャッシュバック
  • ポイントプレゼント

魅力的なキャンペーンが多く、2~3社で迷っているのであれば、キャンペーンを決め手にするのも良いでしょう。

 ただし、キャンペーンがお得で入会したものの、電気料金が安くならいというケースもあるので注意が必要です。

あくまでキャンペーンはおまけです。キャンペーン以外にも、料金プランや支払い方法・契約期間など、さまざまな項目を比較して電力会社を選びましょう。

セット割(ガスやインターネットなど)

電力会社の中には、ガスやインターネットを一緒に契約すると割引されるところもあります。また、支払いを一本化できるところも大きなメリットです。

 セット割を利用した場合、振込用紙が1枚で済みます。振込用紙には発行手数料がかかっているケースがほとんどです。

そのため、現在ガスと電気、インターネット料金などをバラバラの振込用紙で支払っている方は損している可能性もあるでしょう。セット割を契約すれば、1枚の振込用紙にまとめられます。

利用明細を1つのWEBサイトやスマホアプリで確認できるところもポイント。家計の管理を効率よく行えます。

電力会社を新電力に乗り換えるメリット

「現在契約している電力会社から新電力に乗り換えると、どんなメリットがあるんだろう…?」と考える方もいるでしょう。そんな方に向けて、ここからは新電力に乗り換える代表的なメリットを3つ紹介します。

乗り換えるメリット
  • 電気代が安くなる
  • 特典がある
  • 手続きが簡単

電気代が安くなる

新電力に切り替えて電気代は安くなった?

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 153 100%
安くなった 91 59.5%
高くなった 6 3.9%
変わらなかった 34 22.2%
わからない 22 13.7%

新電力に乗り換える最大のメリットは、電気代が安くなるところ。当サイトの独自アンケート調査でも「安くなった」と答えた人が半数以上です。

大手電力会社と比較して、新電力がなぜ安いのには理由があります。

新電力が大手に比べて安い理由
  • 顧客を絞って販売するため
  • 大規模な設備投資を行っていないため
  • メインの事業で収益を上げているため

新電力が大手と比べて安く電気を販売できる理由は上記の通りです。今より安くおさえられれば、その分趣味・娯楽に費用を回せるでしょう。

 上手に乗り換えれば、年間数万円も電気代を安くおさえられるかもしれません。

たとえば、当サイトでおすすめしたCDエナジーダイレクトの場合、5人家族なら1年間で13,100円お得になる可能性があります。

CDエナジーダイレクト

出典:CDエナジーダイレクト公式サイト

また、新電力会社のほとんどが、シミュレーションツールを無料で提供しています。実際にどのくらいお得になるのか知りたい方は、ぜひ利用してみてください。

特典がある(セット割やキャンペーン・ポイント還元など)

新電力会社には、魅力的な特典が満載。中には、大手電力会社では得られない特典もあります。

新電力の主な特典
  • ガス・インターネットなどとのセット割
  • 新規申し込み者に対するキャンペーン
  • 毎月の支払いで貯まるポイントプログラム

ガスやインターネットなどとのセット割を契約できるのは、新電力の大きなメリットでしょう。ガス会社やキャリアが展開している小売り業者ならではの特典です。

 申し込み時のキャンペーンが豪華なところも特徴的。顧客獲得のために、多くの新電力会社がキャンペーンに力を入れています。

また、新電力によっては、毎月の支払いで独自のポイントが貯まります。貯まったポイントを電気・ガスの支払いに充てられるところも多く、より節約効果を得たい方におすすめです。

「1P=1円」として支払いに充てられるケースがほとんど。商品やギフト券と交換できるポイントもあります。

手続きが簡単

スマホを操作する人

新電力の乗り換え方法はいたってシンプル。検針票現在の契約情報さえあれば、誰でも簡単に申し込めます。

 スマホやパソコンで申し込みが可能。画像アップロードで申し込み手続きができる新電力会社もあります。

契約中の電力会社から新電力へ乗り換える具体的な方法は以下の通りです。

契約中の電力会社から新電力へ乗り換える方法
  1. 検針票と契約情報を用意
  2. 新電力会社の選定
  3. スマホ・パソコンから申し込み

通常、申し込みから3週間程度で乗り換えが完了するケースがほとんどです。現状契約中の電力会社へ解約手続きを申請する必要はありません。

思い立ったらすぐに乗り換えられるところも、新電力の代表的なメリットだといえます。

電力会社を新電力に乗り換えるデメリット

新電力に乗り換えるデメリットについて知りたい方もいるでしょう。魅力的なメリットが多い反面、2つのデメリットが存在します。

乗り換えのデメリット
  • 解約金や違約金が発生する可能性
  • 価格が高騰する可能性

解約金や違約金が発生する可能性

お金を渡す人

電力会社によっては、契約期間前に解約すると違約金・解約金が発生する可能性があります。これから契約する電力会社だけでなく、現在契約中の電力会社にも注意が必用です。

 現在契約中の電力会社についても調べてみましょう。違約金の制度を設けている場合、契約期間満了後に乗り換えるのがおすすめです。

また、新電力の中にも違約金が発生するところがあります。もし「お試しで利用してみたい」と考えているのであれば、事前に違約金の有無について確認しておきましょう。

もし違約金があったとしても、結果的にお得になるかが重要なポイント。契約条件を確認するのはもちろん、総合的に安くなるかを判断しましょう。

価格が高騰する可能性

新電力は、小売業者が電気を仕入れて販売しているため、電気料金が大幅に高騰するかもしれません。こういった市場によって変動するプランを「市場連動型」といいます。

 もし市場価格が大幅に高騰した場合、連動して電気料金も高騰してしまうため注意が必要です。

実際に、2020年の12月に日本卸電力取引所(JEPX)の価格高騰が起こりました。国内発電の主力であるLNG(天然ガス)と、相次ぐ寒波による電力需要の急増が重なったことが原因です。

もし市場価格による価格高騰リスクを避けるのであれば”単価固定プラン”を提供している電力会社と契約しましょう。

新電力はやばい?安くなる仕組みや大手電力会社との違いを解説

新電力とは、電力自由化以降に参入してきた「新規小売り電気事業者」のことです。東京電力や関西電力などの大手電力会社とは違い、携帯会社やガス会社などが電気事業を立ち上げています。

電力自由化とは

電力自由化とは

電力自由化とは、各地域の電力会社によって独占されてきた電力事業への参入を認める制度改革のことです。

これまで東京電力、関西電力などエリアごとに決められた大手電力会社としか契約することができませんでした。

 そのため、消費者は電気代を安くするために他の電力会社に切り替えるということは考えられず、価格競争も起きづらい状況が続いていました。

しかし電力自由化されたことで、2016年4月以降は家庭や商店も含むすべての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選べるようになったのです。

ライフスタイルや価値観に合わせて、自由に電力を選べるようになったんですね。

電力自由化により価格競争が活性化

電力自由化以前は、大手電力会社10社が各エリアの電気料金を決めていました。

 しかし、電力自由化によって様々な企業が電気小売事業に参入したことで価格競争が活性化。

魅力的なプランや割引サービスが増え、契約内容によっては電気代の大幅な節約が可能となりました。

電気とガスのセット割やポイント制度、オール電化向けなど選択肢の幅が広がりました。

新電力の仕組み

新電力の仕組み

新電力と聞いて「イマイチ仕組みがわからない…」という方は多いでしょう。そんな方に向けて、新電力の仕組みを解説します。

新電力とは何かを理解するには、まず電気が家庭に販売されるまでの仕組みを知らなくてはなりません。

電気が家庭に販売されるまでの仕組み
  1. 発電:発電所
  2. 送配電:配電用変電所
  3. 小売り:一般家庭、コンビニなど

大手電力会社は、上記3つの業務をすべて担当。一方、新電力会社は電気を販売する業務のみを担当しています。

 ほとんどの新電力会社は、発電所が発電した電気を配電用変電所から仕入れて販売しているため、電気の質は今までと変わらないケースがほとんどです。

中には、自社で発電している新電力もありますが、送配電は大手電力会社の所有している送配電網を利用しています。

今までと同じクオリティの電気をお得に利用できるところが、新電力最大のメリットでしょう。

大手電力会社との違い

発電所

大手電力会社との大きな違いは、電気を届ける設備の有無でしょう。前述した通り、新電力はあくまでも小売業者です。

送配電を持ってない新電力は、大手電力会社に使用量(託送料金)を支払っています。

消費者が使える電気に関しては、大手電力会社と新電力会社でほとんど違いはありません。値段が安い・特典が豊富など、新電力ならではのメリットも多くあるので、乗り換えを検討してみても良いでしょう。

契約した電力会社が撤退、倒産したらどうなるの?

新電力への切り替えを検討しているけど、「もし倒産したら電気の供給が止まってしまうのでは…」と不安を感じている方もいるかもしれません。

実際に、新電力会社の倒産や撤退は相次いでおり、2021年には過去最多の14社が倒産。過去1年で累計31社が事業撤退しているのが現状です。

 しかし、新電力会社が倒産してしまってもすぐに電気が使えなくなるということはないので安心してください。

これは、新しい電力会社が決まるまでは、各地域の電力会社から電気が供給される決まりになっているためです。

では、契約していた新電力会社が倒産・撤退してしまった場合にはなにをしたらいいのでしょうか?やるべきことは以下の2点です。

契約していた新電力会社が倒産、撤退したらすべきこと
早めに他社の電力会社と契約をする
電力会社を見直す
電力会社が倒産・撤退してしまっても、地域の電力会社から供給されますが、これは一時的な措置です。そのままなにもしなければ電気が止まってしまうことも考えられます。
これを機にもっといい電力会社を見つけられるかもしれませんし、もっと節約できるチャンスかもしれません。
ぜひ様々な電力会社を比較して、自分に合ったプランを見つけてみましょう。

電力会社の乗り換え方法

ここからは、実際に電力会社を乗り換える方法を紹介します。上手に電力会社を乗り換えるコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

電力会社の乗り換え方
  1. 電力会社を選ぶ
  2. 無料シミュレーションする
  3. 電力会社に申し込む

電気会社を選ぶ

まずは、電気会社を選びましょう。どの電力会社を選ぶかは、目的によって異なります。

目的別!電力会社の選び方
  • とにかく電気料金を安くおさえたい!
    →料金プランが安い電力会社
  • セット割やキャンペーンを利用してみたい!
    →ガス会社や大手キャリアの新電力会社

前者の電気料金を安くしたい方は、料金プランが安い電力会社を選ぶと良いでしょう。

一方、ガスやインターネットとのセット割を利用してみたい方には、ガス会社や大手キャリアの新電力会社がおすすめです。

気になる電気会社が決まったら、実際にどのくらい安くなるのかシミュレーションしていきましょう。

無料シミュレーションする

電力会社の公式ホームページには、無料で使えるシミュレーションツールがあります。

シミュレーションに必要な情報
  • 契約中の料金プラン
  • 契約電力
  • 月間使用量

シミュレーションツールを使う際に必要な情報は上記3つです。料金プランは”従量電灯B”が一般的です。契約電力と月間使用量については、以下の表を参考にしてみてください。

家族構成 契約電力 月間使用量
1人 30A 200kWh
2~3人 40A 350kWh
4人 50A 500kWh
5人 60A 750kWh

ちなみに、検針票が手元にあれば、正確なシミュレーションに必要な情報を全て得られます。もし、検針票を用意できる方は、無料シミュレーション前に準備しておくのもおすすめです。

電力会社に申し込む

シミュレーションしてみてお得になることがわかったら、電力会社に申し込みます。電力会社への申し込みは、スマホ・PCからがおすすめです。

実際に申し込む際は、手元に検針票を用意しましょう。最近では、画像アップロードで検針票を提出する方法が主流です。

申し込み完了後、3週間程度で乗り換えできます。

【440人に聞いた】新電力に関するアンケート調査

ここからはライフピックスで独自に調査した新電力に関するアンケート調査の結果を紹介していきます。

電力切り替えや電気代の高さに悩んでいる方は、こちらのアンケート結果もぜひ参考にしてみてくださいね。

新電力に切り替えた人たちのリアルな声がわかりますよ。

Q1.新電力に切り替えたことがありますか?

新電力に切り替えたことがありますか

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 441 100%
ある 153 34.7%
切り替えたことはないが、切り替えを検討している 62 14.1%
切り替えたことはなく、今後も切り替える予定はない 226 51.2%

約半数の人が「新電力に切り替えたことがある・検討している」と回答しました。

新電力は広まってきたとはいえ、メリットや電気の質への不安など認知されていないことも多いようです。

新電力は申し込みが増えると、新規受付を中止することがあります。早めに自分に合った新電力会社を見つけるのが吉です!
それでは、実際に新電力に切り替えた人のきっかけはなんだったのでしょうか?

Q2.新電力に切り替えたきっかけは?

新電力に切り替えたきっかけ

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 215 100%
電気代を安くしたかった 168 78.1%
お得なキャンペーン・特典があった 66 30.7%
ポイントを貯めたかった 41  19.1%
営業・勧誘を受けた 24 11.2%
ニュースやCMをみた 16 7.4%
家族や友人に勧められた 12 5.6%
引っ越しをしたから 12 5.6%
わからない・覚えていない 6 2.8%
その他 12 5.6%

新電力への切り替えを検討したきっかけは、やはり「電気代を安くしたい」と答えた人が約8割でした。

生活のために必要不可欠な電気なので、少しでも安くして家計の圧迫を抑えたいですよね。

「お得なキャンペーンや特典があった」と答えた人は約3割。記事内で紹介した「東京ガス」の電気は基本料金が3ヶ月0円なので、上手にキャンペーンを活用している人も多そうですね。

違約金なども発生しないので、3ヶ月後にまた別の新電力へ切り替えることもできますよ。

Q3.電気代は年間どれくらい安くなりましたか?

新電力へ切り替えた結果、年間どれくらい安くなった?

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 91 100%
1,000円未満 15 16.5%
1,000〜2,000円未満 25 27.5%
2,000〜3,000円未満 9 9.9%
3,000〜4,000円未満 6 6.6%
4,000〜5,000円未満 7 7.7%
5,000〜6,000円未満 13 14.3%
6,000〜7,000円未満 2 2.2%
7,000〜8,000円未満 0 0.0%
8,000〜9,000円未満 1 1.1%
9,000〜10,000円未満 1 1.1%
10,000円以上 12 13.2%

住んでいる地域や世帯人数にはよりますが、年間で「1,000〜3,000円安くなった」と答えた人が多いことがわかりました。

 驚きなのが、「年間10,000円以上安くなった」と答えた人が13.2%もいることです。

年間10,000円も浮いたら、貯金や他の欲しいものにお金を回せて大きな節約になりますよね。

多くの新電力のサイトでは無料シミュレーションが行えるので、現在の電気代から自分がどれくらい安くなるのか、一度調べてみましょう。

電気代は毎月少しずつ上がっています。定期的に見直すようにしましょう。

Q4.切り替えた電力会社の満足度は?

切り替えた電力会社の満足度は

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 153 100%
とても満足 22 14.4%
満足 78 51.0%
どちらとも言えない 44 28.8%
やや不満 5 3.3%
不満 4 2.6%

調査の結果、切り替えた先の電力会社に満足と答えた人は約7割でした。多くの人が電気代の節約や電気の質に満足しているようです。

不満と答えた人の中には、電気代が思ったより安くならなかったり、かえって高くなってしまった人もいるようです。後悔しないよう、事前にしっかり料金シミュレーションを行うことが大切ですね。

キャンペーンを利用する予定の人は、適用期間や対象となるかも確認しておきたいポイントです。

Q5.これからも新電力を利用したいですか?

これからも新電力を使い続けたいですか

アンケート調査結果詳細
総数 割合
n 152 100%
はい 102 67.1%
いいえ 9 5.9%
どちらとも言えない
わからない
41 27.0%

新電力に切り替えた人は、約7割の人が「継続して使っていきたい」と答えました。

電力自由化で、大手電力会社以外も選べるようになったので一度切り替えてみるとその良さを実感できるでしょう。

選択肢は豊富にあります。迷ったら電力会社一括比較サイトを利用するのもおすすめですよ。
アンケート調査の概要
調査機関 株式会社ジャストシステムファストアスク
調査目的 新電力に関する意識調査
調査対象者数 441名(男性276名・女性165名)
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施日 2022年9月21〜22日

まとめ

ここまで、おすすめの電力会社を紹介しました。本記事では、対応エリアが広い人気の電力会社のみを厳選しています。

電力会社を選ぶポイント
対応エリア
料金プラン
セット割の有無
支払い方法

上記4つのポイントを比較しながら、自分にぴったりの電力会社を選択しましょう。

ぜひこの記事を参考にして、電気料金を節約できそうな電力会社に申し込んでみてください。

電力会社に関するよくある質問

Q.電気代が安いおすすめの電力会社は?
A.おすすめの電力会社は東京ガス(でんき)です。
通常の電気代が安いのはもちろん、ガスとセット割を使えばさらに割引となります。

今なら基本料金3ヶ月無料キャンペーン実施中!
まずは料金シミュレーションを使って、今よりどれくらい安くなるのかを確認してみましょう!

Q.電力会社の乗り換えは無料ですか?
A.電力会社の乗り換えは無料です。
基本的に電力会社を乗り換える際、特別な手続きも必要ありません。

新しい電力会社と契約すれば、自動で切り替えが完了します。
申込手数料や切替手数料など、一切かからないので気軽に申し込みできます。

Q.電力会社で電気代シミュレーションはできますか?
A.電力会社によっては、無料シミュレーションが可能です。
無料シミュレーションを活用すれば、契約前に毎月の電気代を計算できます。

電気代がどれくらい安くなるか気になる方は、ぜひ有効活用してみてくださいね。

Q.電力会社の切り替えに必要な情報は?
A.電力会社の切り替えに必要な情報は、基本的には以下の通りです。

・本人情報
・現在の電力会社
・現在の電力会社のお客様番号
・供給地点特定番号
・切り替え希望日

ただし、切り替えに必要な情報は電力会社によって異なるので、新たなに契約する電力会社に確認しましょう。

Q.電力会社エリアとは?
A.電力会社エリアとは、電気を利用できる地域を管轄する電力会社名をいいます。

例えば、関東は東京電力エリア。関西地方は関西電力エリアとなります。

Q.国営の電力会社はありますか?
A.2022年現在、国営の電力会社はありません

日本国内の電気事業は民営化されており、誰でも自由に電力会社を選択できます。

Q.電力会社を一覧で見れるサイトはありますか?
A.日本国内の電力会社は経済産業省資源エネルギー庁の「登録小売電気事業者一覧」より確認できます。

登録されている電力会社は国に届出をしているので、安心して契約できるでしょう。

本記事における出典と根拠

調査実施日 2022年8月29日〜2022年9月12日
調査方法 オンライン調査
調査に利用した会社 クラウドワークス
調査対象者 新電力を利用している男女50名
調査対象地域 日本国内47都道府県

−参考サイト一覧−

東京電力エナジーパートナー
経済産業省 資源エネルギー庁
総務省 統計局
経済産業省
東京都環境局
帝国データバンク

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事